月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


過日の言い訳

日中は穏やかで、春めいた心地になってきた今日このごろ。
就活・学会準備・共同研究先……休日も返上で手が回らない次第。
アニメもろくに見れてない状況。
艦これだけ、スキマ時間につついて……それっきりです。

豪雪帰省と生音の週末

豪雪が見たいと他人事のように話していたら、何の因果か見事に巻き込まれてしまったこの週末。
週の半ばより就活諸々の都合で、関東に帰ってきていたのですが、金曜土曜は一面の銀世界に交通も麻痺する大混乱を体験です。
幸いに金曜は就活の予定もなく、雪遊びに興じていれば良かったものの、問題は土曜日の方。
金曜の実家前でのかまくら作りから打って変わって、フォロワーのアリソンやヘク猫、元下宿生とSSAの田村ゆかりさんのライブに参加するため、埼玉まで出撃しなくてはいけません。
IMGP2047.jpg IMGP2055.jpg
不運なことに最寄り駅からの路線が運休してしまい、辛うじて数駅歩いて都内に出る路線まで移動。
自動車の轍を辿って、駅からは運休情報に惑わされながらどうにか移動。
約束より2時間遅れで大宮に辿り着き、友人たちと合流です。

軽く昼間から居酒屋で熱燗とかした後に、ライブ会場へ。
田村ゆかりさんのライブももうかれこれ2年ぶりくらいかもしれません。
相変わらずのキレッキレのMCと、可愛い歌声に存分に魅了されてきました。

その後は、横浜に移動していつもの面子で飲み会。
飲み屋をはしごした挙句、BGMの懐メロを聴いてしまい始発までカラオケに行く流れに。
この面子でカラオケに行くのも、やはり数年ぶりのこと。
雪で足元の狂った夜に、学部時代を思い出すような遊びをしているのですから、不思議な気分でありました。


そんなこんなで日曜は、またしても就活。
徹夜明けに仮眠して復活ですから、我ながら意外と元気だと自画自賛したくなりました。

週明けからまた、やるべきことが山積みで直視するのが辛い……

繁忙週末の温泉行

関東では記録的な豪雪に見舞われた先の週末。
関西も多少は降り積もり、雪見酒で盛り上がるかと思ったのですが、思いの外控え目にすんでしまい、なんだか肩透かしな気分。
ついったーでは関東勢が休日の深雪におおはしゃぎなのに、こちらは足元がべちゃつくばかりで、日曜にはすっかり溶けてしまう有り様でした。


そんな日曜は、連日の就活疲れを癒しに、元下宿生とまたしても温泉に行くことに。
先週も行った気がしますが、みんな雪のせいだ! って感じで。
行ってきたのは奈良から、関西線を乗り継いで、ほんの少し山中に入った笠置いやしの館なる温泉。
山間の公共温泉ながら、駅前から歩ける距離という環境が選択のポイント。
写真を撮ったのですが、生憎と昨今の忙しさで、整理して圧縮まで手が回らなかったのが残念な次第です。
奈良駅から列車で30分程ですが、良い具合に旅情を誘う寂れた雰囲気が、最高に惹かれます。

なお、温泉は弱アルカリ性のヌルッとするやつ。
公共温泉で派手な設備はないですが、タオル無料に露天風呂と文句はなしでした。

そんな訳でこの日は昼下がりから風呂に入り、その後は併設の食堂でまったり。
座敷席で、お酒を飲みながら持ち込んだマンガを読むだけの日です。
料理こそ、公共温泉の併設と推して知るべしのクオリティですが、風呂上がりに寛げるだけで良い休日となりました。


列車の都合で日暮れ頃に奈良に戻り、二次会(?)をして解散。
近鉄奈良界隈よりJR奈良側の方が、飲み屋は多いと学びました。
奈良の地酒もなかなか美味しいです。


しかして終えた週末から、学会要旨を提出して再び就活の日々へ。
関東に帰りたいと、色んな企業を受けると、なかなかどうして移動費が雪のごとく降り積もります。

節句の神戸観光の話

いよいよもって就活が牙を剥き始め、忙しさが悩ましくのしかかる今日このごろ。
この週末は大人しくしていようと心に決めていたはずなのですが、気付けば突き動かされる衝動に寮を飛び出していたのが日曜日です。


当初の目的は神戸は元町にある中華街の春節見物。折角なので、大阪の元下宿生も誘って中華街まで遠足です。
横浜や長崎の中華街と並び称される有名な中華街だけに、ぜひとも1度行ってみたいと思っていたのですが、ついに来てしまいました。
IMGP1371_2014020311050587e.jpg IMGP1374.jpg
思ったよりもこじんまりとした区画ながら、春節のお祭りだけあって時には歩くのも難儀するほどの混雑模様。
お祭りの熱気を味わい、中華料理を立ち食いし、中国楽器の演奏や獅子舞の演舞も見物できて、滞在は小1時間ほどでしたが概ね満足です。


しかし、目的を達したはいいものの、わざわざ神戸まで出張ってそれで終わりというのも物足りないというもの。
昼前に到着して、このときはまだお昼すぎと言った時間帯です。
そんな訳で、通りがけにちょこっとメロンブックスで買い物などしつつも、次の観光地を探す次第。
元町駅前の観光マップでふと目に入ったのは“有馬温泉”の文字列でした。
IMGP1394_201402031105087cd.jpg IMGP1406.jpg
調べてみると三宮から神鉄に揺られて1時間ほどらしい……ってことで、やって来てました、温泉街。
後で知ったのですが、神鉄は見かけこそ通勤電車なものの、その路線は50‰に達する急勾配に容赦無い急曲線と、ガチモンの山岳路線。六甲山地を乗り越えるエゲツナイ線形は、知らずに乗っても気づくレベルです。
その険しい沿線風景にテンションを上がりめなまま、途中の乗り換えを経て着いた終着駅が日本三古泉がひとつの最寄り、有馬温泉駅です。

まずは駅前で地図を確認して、観光案内所へ。
日帰りの公共温泉は夜まで営業していることを確認したら、不穏なチラシに釣られて温泉街観光から始めます。
IMGP1414.jpg IMGP1415.jpg
不穏なチラシとは有馬節分会なる名前こそ至極真っ当なイベントの情報。
しかし、中身を見てみるとご当地アイドルのライブやらコスプレイベントやらやらやら……。
とりあえず、興味本位で会場のステージまで行ってみると、聞こえてくる厄介な雄叫びです。
ちょうどご当地アイドルが歌っているところでした。
いやはやまさか、こんなところでドルヲタの生態を間近に見る機会が訪れるとは思いもよらぬこと。
独特のMIXに変則的なコールと、普段見知った声優ライブとは一味ちがう雰囲気。しかも屋外、しかも観光地。なかなか面白いですね。
傍目には揃いのTシャツを着た必死勢がこぢんまりと盛り上がっているのですが、この手の集まりは中に入ると楽しいことをよく知っています。
最近、アイドル沼に嵌る友人知人も多いのですが、なんとなく気持ちがわかった気がしました。……ただ、私には複雑過ぎそうです。

このライブが一段落着いたら、温泉街にある寺社仏閣の見物するため行動開始です。
古くから拓けた土地だけに、区画整理の届かぬ入り組んだ路地や、その至る所に祠やお寺があるのが歴史を感じさせます。
IMGP1423.jpg IMGP1431.jpg
始めに行った温泉寺と湯泉神社はその中心部。豊臣秀吉縁の古刹と、温泉地に付きものの温泉自体を神とした風情ある神社です。

また湯泉神社を抜けてさらに坂の上、町外れの北斜面にはみんな大好きお稲荷さんの入り口があります。
IMGP1448.jpg IMGP1450_20140204014442ffe.jpg
長い階段の脇には、みかん畑でよく見かけるような小型のモノレール。
階段の袂に賽銭箱がある辺りに、嫌な予感がしますが……好奇心につられて登ってみます。

階段の上、鳥居を抜けた先にあったのは「先は長い」と煽ってくる立て看板さん。
「残り200m」と絶妙に行けそうな距離が悩ましいですね。悔しいので行っちゃうしか無いでしょう!
IMGP1455.jpg IMGP1456.jpg
そして行き着いた先にあったのが「もうすぐ」の看板。本当に煽られてます……。
ただ、ようやく向こうに拝殿が見えてきたのが希望です。もう一息、気合を込めて登り切りました。

そんなこんなで行き着いたのは有馬一帯を見渡す高台の社です。
IMGP1460.jpg IMGP1457.jpg
曰く古の天皇の行宮に由来するという境内地からは、温泉街もその向こうの三田の住宅街も眼下に収まる素晴らしい眺望がありました。

下山後は市街地観光へ。
IMGP1483.jpg IMGP1491.jpg
風情ある町並みもいいですが、インパクトありすぎる飛び出し坊や(?)はちょっと悪い夢に出そうで困りモノですね。

ふらふらと見てると、住宅街のなかのちょっとだけ高台に位置する場所に、源泉を守る天神さんがありました。
IMGP1493.jpg IMGP1494.jpg
蒸気でいい具合に錆色が滲む境内の中に、もうもうと湯気を立てる源泉があります。
山間の神社もいいですが、こういう開けた温泉街特有の感じも面白くていいですよね。残念なのは、ここも巫女さんがいなかったことぐらいでしょうか。
代わりにイベント上がりなのかなんなのか、コスプレの人がちらほらと歩いてたのが、眼福ということで。

斯様な次第で町を一頻り巡り終えたら、公営の日帰り温泉施設でおまちかねのお風呂タイム。
IMGP1512.jpg IMGP1509.jpg
金の湯、銀の湯と泉質の異なる2つの温泉がありますが、折角なので2館共通券を買って両方堪能。
温泉らしく茶褐色に濁った金の湯は、特に温泉楽して良かったです。
そして風呂あがりには地サイダーで一息。ちょっと炭酸が強烈だったのがアレでしたが……まぁ美味しいです。

最後の最後は、終電手前まで温泉街の飲み屋で地ビールと地酒を楽しんで、突発旅行の割には贅沢とゆとりに満ちて楽しみ、帰路につきました。


運動とお風呂と空腹で深酔いの役満状態で飲みながらも、流石に今回は二日酔いはなし。
同じ失敗は二度はしないです……短期間では。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2014-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad