月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


異国情緒の学会旅行

就活もいよいよもって本格化してきた1月も半ばですが、先の1週間は何を間違えたのか台湾の学会に参加してきました。
この非常に忙しいタイミングでの、初めての海外。それも台湾の“国内学会”。
色々とツッコミどころも多くネタに事欠かない楽しい日々でしたが、色いろあるのでザックリとした感じの日記で。


初日は飛行機の時間が早かったので、関空に前日入りしてソファーで一泊してのスタート。
序盤から眠気眼でハードなスタートです。
2014_01@台湾出張 (1) 2014_01@台湾出張 (58)
台北郊外の桃園空港に到着したら、バスで台北駅に移動し、そこから鉄道に乗って瑞芳駅へ。
この日は夕方に現地の共同研究先の学生と合流する約束なので、日中は観光となった次第です。

そんな訳で向かったのは瑞鳳駅から車で10分ほどの台湾屈指の観光地、九份。
かつて金鉱で栄えた山間の村は、廃鉱と共に時間が止まったかのように、そのノスタルジックな町並みを今に伝えています。
2014_01@台湾出張 (146) 2014_01@台湾出張 (169)
台湾の有名な映画の舞台になったり「千と千尋の神隠し」のモデルの一つと噂されたりで、今や観光客の絶えない賑わいある土地となっています。
それでも、山にへばりつくように複雑に絡み合った路地や建物は風情があり、観光地の年中お祭りと言った独特な雰囲気も合わさって、なかなかテンションの上がる土地に違いありません。
余談ながら、一青窈に縁のある土地なのも私には嬉しいところ。

九份観光後は、瑞芳駅前をしばらく散策して台北駅へ向かい、案内役の学生たちと合流。
彼らは去年8月に私の研究室にラボステイした面々なので、既に顔なじみです。久々の再会を喜びながら夕飯の店に連れて行ってもらい、彼らの大学のゲストハウスにて一泊しました。


翌日は在来線の特急列車に乗って、案内役の学生たちに連れられ台中へ。何から何まで手配して貰い、ガイド様様です。
車窓を眺めてるつもりがいつのまにやら寝落ちして、2時間少々。新幹線ができても並行在来線に特急を走らす度量と、それを維持できる需要があるのがいいですよね。
特に春節も近いせいか、車内はほぼ満席の混雑状態。ちょっと賑やかすぎると思えるくらい活気のある車内でした。
2014_01@台湾出張 (267) 2014_01@台湾出張 (278)
ちなみに台中駅は戦前に建設された東京駅と同じ系統のデザインの駅舎。台湾にはこの系統の駅舎が点在していて立派な次第、羨ましい限りです。

台中の初日は、初めに学会の会場となった大学を見物してから、市内の観光地を何箇所か。
2014_01@台湾出張 (348) 2014_01@台湾出張 (354)
禅寺の大仏や、別の大学内に建つ(台湾で)有名な教会やら。
あとは夜市が有名ということで逢甲や東海の夜市も見物。
2014_01@台湾出張 (411) 2014_01@台湾出張 (425)
夕飯代わりに小籠包やら鶏爪凍やらを買って食べたのですが、どれもこれも美味しかったのが驚きでした。
特に小籠包は絶品、あれこれ着いて行くだけでどこで食べたのか今ひとつ思い出せないのが残念です。

台湾3日目は学会本番ということもあり、基本的に大学内で大人しくの次第。
代わりに夜になってからホテルでトランプを始めて白熱したのが思い出です。

4日目は台北へ戻るのですが、その前に台中市内をしばし散策。
2014_01@台湾出張 (517) 2014_01@台湾出張 (694)
路地に入ればレンガ造りの建物がシレッと残っていたり、趣ある建物が街中に何の飾り気もなく建っていたり……逆に言うと、町並みばかり目が行くのですが致し方ないです。

夕刻の列車で台北に戻ったら、この日の夕飯は台北101ビルの麓の小籠包の有名なお店にて。
2014_01@台湾出張 (748)
有名なお店だけあり、ここも実に美味。加えて店員さんが日本語で対応してくれたのですが、これはこれで逆に落ち着かない様な気分でした。

明けて台湾5日目の午前中は台北郊外の北投温泉へ。
2014_01@台湾出張 (813) 2014_01@台湾出張 (858)
台湾の温泉は基本的に水着着用なのですが、今回行った瀧乃湯温泉だけは日本と同様の裸で入るタイプの温泉。
脱衣所と浴室すら区別がないような、日本でもそうそうお目にかかれない古式然とした有り様は、ノスタルジックを通り越して新鮮でした。
それにしても、ここもやはりワクワクするような町並みでした。

午後の初めは共同研究先の先生に挨拶と研究紹介を兼ねて研究室訪問。
私は初めて会う方だったのですが、聡明な御方であったのが印象的でありました。

その後、夕闇の淡水を散策へ。要するにこの日も夜市見物です。
2014_01@台湾出張 (920) 2014_01@台湾出張 (942)
川幅数キロもある大河淡水河に面する港町、おそらく台北の外港にあたるのでしょう。
英国の建てたレンガ造りの建物も残る港町らしい、他とはまた違った趣きのある町でした。

この日は他に士林の夜市も見物。
2014_01@台湾出張 (972) 2014_01@台湾出張 (1000)
こちらでのメインは他の店が閉店したあとに出る深夜の野外レストランです。
夜更けまで、ひっそりと営業しているその店の料理は、他の店にも増して一際美味しいものでした。
こういう知る人ぞ知る店まで体験できるのは、地元民のガイドのおかげ。
しかし、そのガイド達と同行するのもこの晩までです。

翌6日目はガイドと別れて、研究室の面々だけで工業都市新竹市へ向かいました。
新竹市もまた私のいる研究室と縁のある先生が居り、その方の研究室との交流が目的です。
2014_01@台湾出張 (1007) 2014_01@台湾出張 (1021)
新竹への移動は初めての台湾新幹線を利用。内装は日本とほとんど一緒で……流石にちょっと新鮮さに欠ける印象。
話には聞いていましたが、本当にそのままとは思いもよりませんでした。

斯様にして新竹についたら、そのままタクシーで件の先生がいる大学へ。
こちらでもまた、挨拶と交流を兼ねた研究紹介と研究室見学をしてから、研究室メンバーを揃えての宴会でした。
台湾ビールと紹興酒でいい具合にぼやけた頭を酷使しながら、滅茶苦茶な英語でコミニケーション……我ながら、素面じゃとても出来ないようなもの、よくやったなと思います。
2014_01@台湾出張 (1085) 2014_01@台湾出張 (1089)
宴会後は二次会代わりに夜の新竹市街を散策。新竹も比較的古い街らしく、市街には戦前の建物がゴロゴロしてるのだとか。
道すがら、研究室スタッフの方に色々と文化的な背景を教えていただき、色々と仕入れたウンチクもあるのですが……酔ってたので、裏を取らないと自信がない話ばかりなのが惜しいです。
ちなみに帰路は酔い醒ましも兼ねて、一人オリエンテーリング。新竹駅から件の大学の宿舎まで徒歩で夜の散歩がてらに地図を頼りに歩いて帰りました。
ほろ酔いで夜の街を一人で歩くなど、日本でも十分に危険な気がしますが……気が大きくなっていたと自戒しなくてはいけませんね。
ただ道中、それほど怖いところも無かったので台湾の治安の良さを実感することは出来ました。

そんなこんなで最終7日目は、再び台北駅に戻ってしばし観光してから飛行機に乗り、日本に帰りました。


余談ながら日本に帰って、最初に直面したのは就活という現実。
積もりに積もった就活関連のメールに頭を抱えて……目を逸らしながらアニメを見ている今があります。

新年会と生音の帰郷

学校近くの国道に、温度計が設置されている事に気付いた1月半ば。
朝から出かける用事があったので、なんとはなしに温度を確認してみたところ「-3℃」との表示でした。
寒い寒いとは思っていましたが、日が昇っても氷が溶けないのも当然ですね。


このところ、しょっちゅう関東に帰ってると煽られ気味な日々が続いているのですが、この週末も金曜発の夜行バスで関東へ行ってました。
目的はおよそ1年ぶりに行われた東京エスムジカのライブのため。
長い活動休止期間はあったものの、高校の頃からのファンとしては今も活動が続いているのは嬉しい限りです。
IMGP1864.jpg IMGP1861.jpg
なんか、写真撮影もOKらしかったので、内部を何枚か撮ってみたり。もっとも、暗い会場内を片手間に撮影では、あまり綺麗に写らなかったのですが……仕方ないですね。
歌ったのは最新のアルバムの内容を中心に、矢継ぎ早に10と数曲。お馴染みのMC中の民族楽器紹介もあったりと、楽しい物でした。

ライブ後は、その足のまま元寮制の寮にて酒飲みメンバーで忘年会。
談話室を占領して、鍋をしながら日本酒を空けているうちに、夜も更けていきました。
明けて日曜日、深酒が響いて帰路の新幹線に乗り遅れるギリギリだったのは、よくある綱渡りでしょう。


ところで、新年といえば新アニメの季節。
なかなか忙しいためか、逐次消化する暇もなく空いた時間にまとめて見る日々が続きますが、一揃い気になるのを見たので感触的な話。

・のうりん
ラノベ原作の農業アニメ……という認識で見始めたのですが、全体的にハイテンションで下ネタ多めの印象。
もっと、のんびりまったりな作品かと思ってたのですが、何というか下品めですね。
ただ、割合面白いので当分は視聴継続予定。

・てさぐれ部活もの あんこーる
てさぐれ部活ものの2期。1期は元々見てなかったのですが、大晦日の忘年会で見て以来、面白かったので視聴することに。
GJ部、帰宅部と続く日テレの部活もの。全体的に意味不明で中身が無いのに、安定して面白いからちょっと悔しいです。

・お姉ちゃんが来た
よくわかりませんが竹書房の4コマ原作の5分アニメ。
まだ1話しか見てないですが、おねショタもののエロ漫画の最初の1ページだけを読んでるような印象。
なかなかどうして楽しいですね。続きも見る予定。

・世界征服 謀略のズヴィズダー
原作は知りませんが、何ともキャラデザの可愛い謎アニメ。
世界征服だか何だかと言いつつも、コミカルな演出で可愛らしいもの。――とは言いつつも、戦車の砲弾がちゃんと描かれていたりと地味なところで手が込んでたり目が離せない感じ。
今期一番の期待アニメかもしれません。

・未確認で進行形
こちらも原作を知らないですが、なかなか可愛らしいキャラデザのアニメ。
展開もコミカルなほのぼの枠なのですが、そこかしこに鬱要素っぽい伏線が仕込まれてるのが気にかかるところ。
願わくば、伏線回収しないままほのぼのと続いてくれますように、です。

・そにアニ
ヘッドホンとおっぱいがトレードマークのゲーム会社のキャラ、すーぱーそに子のアニメ。
一体どんな展開になるのかと思いましたが、どうにもこうにも普通のアニメ。
毎回がテコ入れ回かと思うほど可愛いので、細かいことは割とどうでもいいのかも知れません。
とりあえず視聴継続です。

・ウィッチクラフトワークス
時々、書店で推されているのを見かけたマンガが原作のアニメ。
名前は重々承知していましたが、中身は全く知らないままで見たのですが、見てもやっぱり何をしているのかまだ見えない印象。
ただ意外とコミカルでテンポよく進む展開は掛け値なしに面白かったです。

後は継続視聴のマギとキルラキル、ストライク・ザ・ブラッドと、宇宙兄弟……改めて挙げると今期も随分見てるものですね。
それは手も回らなくというものです。

洛北散策の話

深酒は身を滅ぼすと、しみじみ感じ入る今日このごろ。二日酔い辛いです。
気付けば25歳になりました。アラサーです、健康に気をつけて生きるべき年齢になってきてしまいました。
時が経つのは恐ろしく早いものです。


そんな年始最初の連休は、ふと山が呼んでる気がしたので、ちょっと京都に行ってみることに。
IMGP0147.jpg IMGP0148.jpg
当初の予定では、八瀬からケーブルカーを使って比叡山に行こうと思ってたのですが、まさかの運転休止中。
いやはや、日頃の行いが冴え渡ってますね……比叡山に行くつもりで気持ちは動いてたのに、このやり場のない感じをどうしたものかいう話です。
経験的には、ケーブルカー沿いに登山道でもあるだろうと踏んでたのですが、どうも地図を見た限りでは山頂に出る道もなし。
古の山法師はどこから京の都に降りてきたのか不思議ですが、無い物ねだりはしょうがないので叡電繋がりで目的地変更です。

そんな訳でやって来たのは鞍馬の方。
IMGP0152_201401132105527c2.jpg IMGP0154.jpg
具体的には貴船口から歩いて貴船神社へ行きました。
駅から山道を歩くこと10分少々。シャトルバスもありますが、気が乗らなかったので行ってまえの方針です。
歩行者を追い抜いていく車のナンバープレートが、関東から関西北陸まで幅広い辺りに、流石は観光地だと感心です。
IMGP0169.jpg IMGP0173_201401132112069e6.jpg
門前町を抜ければ目に入る朱色の鳥居と、灯籠の列が目麗しいです。
高名な神社ではありますが、境内はいたって小さめ。落ち着いた雰囲気は、まさに山間の古社の風情です。
IMGP0176.jpg IMGP0179_20140113211208029.jpg
ただし、Wifiに対応していたり、フェイスブックやYoutubeの公式アカウントを持ってたりと、神職さんはなかなかモダンな様子。
あまり恩恵に授かれないのが、ガラケーユーザーの辛いところですね。

余談ながら、貴船といえば夏の川床。貴船神社のある沢筋に、神社の鳥居の辺りから延々と上流へと立ち並び、奥宮の辺りまで続いています。
この川床、河の上に床を敷いて食事をするものすごく高級で風流な避暑の遊びですが、冬場はどうしているのかと思ったら見事に片付けてる模様。
IMGP0188_2014011321194339f.jpg IMGP0191_20140113211944273.jpg
川底をよく見ると、足場が打ってあるのに気付きます。なるほどなぁと感心です。
ちなみに夏は高級で名高いこの界隈、冬も湯豆腐や釜飯やらで、なかなか高級でした。

そんな高級店の並ぶ沢筋を遡って来たのは、貴船神社の奥宮。
IMGP0198.jpg IMGP0201.jpg
本義的にはこちらが本体です。川の源流に水神さんを祀ったのが始まりなのだとか。
こちらの方が山奥にある分、さらに落ち着いた山間の風情がある次第。
IMGP0204_201401132130207a2.jpg IMGP0212.jpg
船形石なる「古人が船を石で覆って隠した」と伝わる、やたらと目立つ何かもあったりしました。

貴船神社に参拝後は、この一帯で適当に昼食をとってから、鞍馬寺の方へ足を向けましょう。
IMGP0231.jpg IMGP0238_20140113213024402.jpg
鞍馬寺は地形的には隣の沢筋。山中一帯が境内となっており、貴船神社側からだと裏口から境内に入り、ちょっとした山越えをして行くことが出来ます。
氷柱が残り、斜面には疎らに雪が積もり、ワビサビを感じさせます。

鞍馬山中と言えば、源義経が天狗と修行に励んだという伝説があるところ。
天狗にまつわるお堂や、義経関連のお堂などもチラホラと目に付きます。
IMGP0241.jpg IMGP0251.jpg
山中、少しだけ雪をかぶった静かなお堂の雰囲気は、確かに天狗が跳梁跋扈してそうな何かを感じさせていい感じです。

余談ながら、少し開けたところから遠くを見通すと、今回行きそびれた比叡山も見えたり見えなかったり。
3月下旬にケーブルカーは運転再開するとのことなので、その頃を狙ってもう一度行ってみたいものです。
IMGP0265.jpg IMGP0282.jpg
そんなこんなで、無事に山を越えて本堂に到着。

ここから鞍馬の門前に向けて、さらに下山です。
IMGP0305.jpg IMGP0292.jpg
道中の杉が偉大な由岐神社にも参拝。
鞍馬の麓から、本堂までも意外と距離があった印象。

流石に随分降りてきたせいか、山門周辺には雪はありませんでした。
IMGP0312_20140113214404ae7.jpg IMGP0315_20140113214405997.jpg
下山後は軽く一服してから、叡電に乗って出町柳まで。
ものはついでと下鴨神社にも参拝しました。
IMGP0330.jpg IMGP0333.jpg
この広々とした境内が、平地の神社の山間の神社との違い。
どちらも好きですが……巫女さんが多いのは良いことですね!!


下鴨神社に参拝後「すずめが食べたい」とふと思いつき、帰路の途中だからちょうどいいと伏見まで行ったものの、まだ入荷していないと断られてしまったのが、今回のオチでしょうか。
腹いせに、桃山の飲み屋で電気ブランやら京都の地酒やらを散々飲んでいたら悪酔いしてしまい、どうやって帰ったかも怪しいまま、翌月曜をすり潰してしまったのが反省点です。

帰路の初詣の話

仕事始めの月曜日は、驚くべき寒さで迎えた2014年。
普段通りの時間に、普段通りにどうにか艦これデイリーも終えて寮を出たのですが、日陰が不自然に白くて驚いてしまいました。
日もそれなりに高くなった時間のはずですが、未だに霜が残っていた次第。
奈良の冬がそろそろ本気を出して牙を向いてきたようです。



そんなこんなで、今日から平常日程に仕切り直し。
年末にぶん投げた課題が、堰を切ったように雪崩れ込んできますが、正面から受け止めたら多分ダメです。

ちなみに、前日は友人と18きっぷで東海道本線を鈍行に揺られて関西帰還。
道中、熱田駅で途中下車して熱田神宮に初詣に行ってきました。

JRの駅から熱田神宮の入り口までは、大通りに面した古びた商店街が続きます。
レトロな雰囲気はいいのですが、シレッと大通りに大々的に風俗店の看板が出てるのには軽いカルチャーショック。名古屋恐るべしです
IMGP0129.jpg IMGP0128_201401062213188ab.jpg
それはそれとして、神宮は正月連休の最終日だけあり、人出はそれなりに。
出店がお祭り感を出していい感じです。
数年来の参拝ですが、前回の記憶が割りと曖昧模糊なので、新鮮です。
IMGP0132.jpg IMGP0135.jpg
境内は神明造りに砂利敷きで、まさに神宮といった風情。
ただし、こちらの神宮ではちゃんと普通のおみくじを授けてくれました。明治神宮(明治帝のお言葉)や伊勢神宮(そもそも無い)とは違います。
結果は小吉。「縁談:今は整わず」に凹みましたが、南と西が吉なそうなので吉野か高野山あたりでも言って、引き直してみようかと思う次第です。



なお、途中下車はここだけ。
この後、梅田にて友人と今年何度目かの新年会をして寮へと帰り着きました。
日常が帰ってきますね。

年始の狂騒と年末の反省

新年、あけましておめでとうございます。
昨年は色々と人生をひっくり返して行きましたが、今年はきっと軌道修正の年。
おとなしめに生きていけばいいんじゃないかと思いますが、実際どうなるかは知りません。
多くの方にお世話になり、感謝の念は絶えません。今年もどうか、変わらぬお付き合いをよろしくお願い申し上げます。


新年早々ですが、話は遡って年末のお祭りの話から。
毎年恒例、真冬の有明エロ漫画祭り――もとい冬コミです。


前日に研究室の忘年会を途中離脱して高速バスに乗り、当日早朝に隣街へ到着。
企業にお熱が入る初日は、特に狙い目もなくツイッターの友人がサークル参加するとのことなので、そちらに重点。
実家で軽く仮眠をとってから1130頃の到着を目処に展開です。

この時間ともなると、流石に正面入口を経由しても詰まる箇所はなく、悠々と東館へ。
必要なところをいくつか抑えたら、フォロワーのアリソンさん、アッシーさんと合流して、フォロワーのヘク猫や大鳥綱雅さんのスペースに挨拶です。
その後は一旦、昼食を摂りに外に出てから、午後の落ち着いた企業ブースを巡って、半月勢のサークルの仕舞いに帯同して帰宅としました。

この日は何故か終始、腹痛に悩まされてしまいあまり活動的とは言えない状態のままでお終いです。


続く、東方と艦これで熱くなった2日目も、同じノリで少し遅めに展開。
ここ1年ほど、11時過ぎでも十分だったので油断しきってしまい、見事に艦これの“流行りモノの勢い”の洗礼を受けてしまいました。
身動きも取れず、予想外の通路で一方通行を強いられるような、無秩序一歩手前の混乱ぶりは本当に久しぶり。
お陰で、狙っていたサークルの半分も買うことができない大敗北を味わってしまいました……。
このひどい有様は、初めてかもしれません。

戦術的敗北に目を回し、どうにか再起した午後は、大学の元寮生と合流してお散歩の時間。
焼け野原となった艦これ島で、落ち穂拾いをしてから、企業ブースでふらふらと知人友人に挨拶をして帰路へつきました。
帰りがけ、この日も有明のレストラン街で軽く昼食。
昔なら飲まず食わずで行って帰ったものだと、昔語りしながらもご飯美味しいですね。

ちなみに帰ったあとは、高校の同級生と忘年会。
こちらも大多数が社会人になって、話題に仕事の愚痴が追加された以外は、よくも悪くも変わらない雰囲気。
本当に、いいのかこれで……と、互いに言い合っているうちは、多分変われないんでしょうね。


そうこうして、どんチャンしていいるうちに、コミケも2013年も最終日の大晦日。
コミケ的には男性向け創作がメインですが、個人的には鉄ミリと評論島が一番好きな日です。
今回も例によって例の如し。なのは島や創作島で面白そうなものを拾ってから、割合マイナーな評論島へ――の予定だったのですが、艦これやっていたら出足が遅れてしまったので、意を決して最初っから評論島に行く作戦へ。
到着は1100頃でそのまま評論のある西へ。
手早く回るつもりだったのですが、狙っていた妖怪の本だけでなく、お酒の話やおもちゃの話で色々と捕まってしまい、気付けば1130を回って、手には紙袋一杯の薄い高い本。
やっちまったと思いながら、東へ向かい……あとは予定通りにいくつかの目的の島を爆撃です。
最後に、フォロワーののりしろみちろさんの所で雑談などして、今回も戦利品を集積している大学の友人連中の元へと行きました。

友人連中と合流後は、戦利品の見せ合いやらコスプレ広場の見物やらで、会場周辺を遊弋。
かつては可愛い絵に全力だった方々も、段々評論島にありそうな変わり種にかけるリソースの比重が大きくなっているような印象。
時代が私に追い付き始めた……などと、適当な感想を思っているうちに、今年のコミケも無事に終わりを迎えました。
IMGP1838.jpg IMGP1841.jpg
閉会後は新橋駅へ移動して、そのまま打ち上げ兼忘年会の飲み会に。
コミケよりも女ヲタヲタと呼ばれるライブ会場の住人の話を聞いて、人生への考察を深めたまま、途中で抜けだして半月勢の鍋会場へと移動しました。

そんな次第で、年越しはフォロワーの朔さんのお宅で。
鍋をしながら”手さぐれ部活もの”を見てワイワイし、一段落して年越しそばを”買いに行っている間に”年が変わりました。
年越した蕎麦を考えなしに土鍋に投げ込んだら、めんつゆもザルも無くて大変だったのは、楽しい余談です。
いい大人が真剣な顔でGJ部を見ながら、夜更けに向かう……言い知れぬ年越しのまま、7時頃に再起動して静岡の実家へと向かいました。


二日酔いを抱えたまま電車に揺られて辿り着いた元旦の静岡の実家には、数年ぶりの親類縁者が全員揃っていました。
インフラ系の仕事のため、滅多に休みの合わない従姉夫妻まで来ていて、ちょっとした一大事です。
食事をしようにも机がいっぱいで、居間で身動きがとれなくなる有り様。
それでも、私や従姉の世代が多かったこともあり、いつもより活気のある宴会になった気がしました。

ちなみに、そんな静岡の実家ですが、今年3歳になる従兄夫妻の方の娘さんも来ていたので、日中の話題の中心はほとんどその子。
親戚10名以上が、絶えずちょっかいを出してはご機嫌伺い。下にも置かないVIP待遇です。
「せっかくだから」と言って、何がせっかくなのかも不透明なまま、静岡近隣の観光までして3が日を過ごしました。
IMGP0071_20140104181950141.jpg IMGP0078_2014010418195131f.jpg
一つは、静岡の外港、清水越しに富士山を見晴らす日本平。
生憎と空が霞んでいるために富士山が見えなかたのが残念だったところ……。
もう一つは、富士山が世界遺産登録される過程で、外されるか否かで話題となった三保の松原――の、松ではなく少しだけ内陸に来た御穂神社。
数年前にも初詣に来てますが、活気があり巫女さんも可愛い良い神社です。
件の三保の松原までは、真っ直ぐな参道で繋がっているので、今年はいつにも増して混んでいた印象。
ついでなので松原にも行ったのですが、こちらは「いつにも増して」どころか初めて混雑しているのを見たと思うほどの状態。
人がひっきりなしに往来する松原なんて初めてです。
その人混みを見ただけで、満足してしまい……名物の海越しの富士山も見ないままに帰ってしまったのは、今思えばちょっと失敗だったかもしれません。


そんなこんなで神奈川への帰還は昨日。
今日は近所のお稲荷さんに初詣したり冬コミの戦利品の整理したりと、実家周辺の後始末をこなして終了です。


年越しから蕎麦を買い損ねて外で騒いでしまったり、年始からコミケの精算で青い顔してたり……示唆に富んだ幸先の良い2014年。
就活だ修論だと懸念材料が多い身ですが、可能な限り面白く生きていきたいとおもうので、今年もよろしくお願い申し上げます。
なお今年の目標は、下衆話に話題を提供する側になることです。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2014-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad