月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


南都八景その平城京

初夏らしい陽光に恵まれ続けている5月下旬。
天気がいいことは美徳です、心まで晴れ晴れします。具体的には授業等々の兼ね合いで研究の本格化が遅れる分だけ気が軽いです。
近隣の境域な地名や街道も覚え始め、県内の位置関係も把握し始めてきた頃。
高い建物の少ない奈良の空は本当に広く、少し開けた場所まで行けば、その遠く向こうにはようやく名前を覚え始めてきた大和の山々が見えます。
晴天のもとに見える山の緑は、まるでここまで来てみろと小旅行に誘っているよう。
折角の休日とあっては誘われるがまま、地図を片手に原付に跨り、勢いと感覚を頼りにお出掛けです。


金曜の夜に同級生と飲んだまま眠ってしまい、目覚めた頃には日も高くなっていった土曜日。
生駒から名古屋方面へ抜ける街道をしばらく進み、途中で曲がって近鉄の交差点、大和西大寺駅前まで原付でトテトテ走ります。
駅前の駐輪場に原付を預けたら、ここからはのんびりとまったり徒歩行軍。

平城宮跡を横目に古風な町並みを抜けて、最寄りのバス停から続く人の流れを見つけ、そのまま着いていくと、その先は目的地の航空自衛隊奈良基地です。
先日、学内の掲示板をなんとはなしに覗いてみたときに、うっかり見つけてしまった一般公開の告知。
こっちには自衛隊の基地が少なく縁がないと思っていたのですが、殆ど近場に空自の幹部学校があったとはまさに灯台下暗しです。
IMGP8227.jpg IMGP8228.jpg
そんな訳で常識に則り車や自転車での来場は遠慮して来てみたのですが……そこは驚きの車社会! しっかり会場併設の駐車場がありましたから、一部の常識で世間は語れないと痛感です。
こんなことなら直で原付で来ればと思いましたが、それは後の祭り。いざ内部を見物です。

受付の簡単な手荷物検査を通ったら、最初に目に入ったのはかつて日本の空を守った飛行機の数々。
IMGP8231.jpg IMGP8237.jpg
今は一線を退いた古い機体が飾られていました。
F15やF2のような現役の機体は各種イベントで見ていましたが、F86やF1のような機体は観るのも初めてです。
IMGP8245.jpg IMGP8246.jpg
丸みを帯びたフォルムと妙に金属的な塗装は、なんとなく昔の特撮モノのメカを思い起こさせるデザイン。
一世代前の人が描いた未来と言ったイメージなんですかね。
IMGP8252.jpg IMGP8259.jpg
今の大型化した機体と比べ、コンパクトな機体と貧弱そうに見える足回りも時代を感じさせます。
実にいいものが見れました。

飛行機の次に見に行ったのは、なぜか空ではなく陸のじえいたん。
何故か軽装甲機動車や高機動車の展示があったのです。
IMGP8261.jpg IMGP8269.jpg
高機動車の方は体験乗車も出来たので、折角ですからもちろん体験です。
想像よりはマシな乗り心地の後部座席に揺られて、グラウンドを軽く2週。
自衛隊車両にもカーナビとETCが付いていることを発見したのが最大の収穫でしょうか。
IMGP8280.jpg IMGP8281.jpg
基地イベントお馴染みのミリタリーな露店もしっかりありましたが、財布に余裕が無いので残念ながらスルーです。

この後は、旧軍以来の資料を集めた資料館を見物して、奈良基地見物は終了。
来た道を戻るように平城宮跡の方へ足を向けましょう。

平城宮跡は言わずと知れた世界遺産、古都奈良の古の中枢部。
何年か前に、遷都1300年を記念して色々と整備が進んだ一帯です。
IMGP8295.jpg IMGP8311.jpg
整備は進んだといっても、資料館や復元家屋の整備が進んだくらいで、広大な敷地の大半は公園地帯。
過ごしやすい気温が続くこの季節には、見渡す限りの草原はなかなか良いものです。
外周部の再現家屋などは観光客が多くとも、少し内側に入れば犬の散歩や、球技に凧揚げ、昼寝に興じる人々。まさに平和そのものの光景がそこにはありました。

しかし、残念ながら私は未だ観光客の側。
敷地の中央を抜けて、復元された朱雀門の見学です。宮域南端のもっとも大きい門です。
IMGP8319.jpg IMGP8324.jpg
正面のレールの向こうに見えるのは、玉座のあった大極殿。
遺構が埋まる広場を突っ切って、大極殿まで。
IMGP8336.jpg IMGP8343.jpg
内部には玉座を収めた高御座まで復元されており、正面の広場にひれ伏す臣下を想像して悦に浸ってみたりできました。
IMGP8346.jpg IMGP8350.jpg
締めは平城宮跡資料館の見学。
最新の考古資料に基づいた想像図や、諸々の木簡などの展示だけでなく、復元や保存に用いた理化学機器や技法の紹介もあって、理系的な目で見ても興味深い展示内容。
元素分析の方法論など、思わずなるほどと思うものがありました。


ちなみに日が暮れる前に寮に帰り、アニメを見て寝て起きた日曜日は、再び来た道を進んで平城宮跡の更に先まで。
奈良市街の奈良国立博物館にて、仏像と青銅器の見学をして半日を過ごしておりました。
のんびり展示を眺めていると、奈良らしくしおりの予定表を参照しながら展示を見ていく中学生と思しき集団が何組も。
奈良に来て以来、修学旅行生を目にする機会も多く、昔を思い出してしまうことも多いのですが……まさか青銅器で半日、楽しんでる自分がいるとは想像すらも出来なかったでしょう。

考古学者は昔の夢の一つでしたが、真逆の方向に舵を切った挙句の現状。
昔を想って寂しいお酒が捗ってしまうのも困りものですが、いい加減に学生もののアニメを見ても思い出す事が多いのが悩ましいところです。

関東帰省と戦車道

生駒の山中に流されて早1ヶ月半。
ようやく研究室の配属希望も出し終え、諸々の学校の都合も重なって「修士2年で最も暇な期間」に3連休が降ってきたこの週末。
前哨戦の配属試験から、研究生活序盤戦のインターバルとして、またとない帰省の機会です。

早速、夜行バスの手配をして、ついでに大阪住まいの友人にも声をかけ、先般より暖めていたとある聖地へ行って見ることにしました。


出発は金曜の夜、大阪駅で前座とばかりにビールを一杯引っ掛けて東京行きのバスに乗り、東京駅から更に水戸駅行きの高速バスに乗り継ぎ。
水戸駅前に降り立つのも水戸コミ以来かれこれ4年ぶりくらいとなりますが……今回の目的地は納豆ではなく更にもう一足。懐かしさに打ち震えてる暇もなく、大洗鹿島線に乗車して10分ほど気動車に揺られたら、到着です。
久々の関東の鉄道が斯様に単線2両の非電化路線というのも因果なところですが、目的地が大洗ですから致し方なき事!
未だに何かと話題な冬の覇権アニメ、ガールズアンドパンツァーの舞台(?)です。
個人的には、これを両手放しに舞台と呼べるのか疑問ですが、それはそれとして海が綺麗な良い町なのもまた事実。
1月の頭にも1回来ているのですが、最終回の放送された3月頃に色々とコラボ企画があったとかで、その残り香があるうちにと、再び来てみた次第です。
IMGP8051.jpg IMGP8057.jpg
下車して早々、架空の横断幕に面食らったのはご愛嬌。噂には聞いていましたが、想像以上に目立つ位置にあったのでちょっと困惑してみたり。

駅舎内の観光案内所が痛グッズ置き場となっているのは想定の範囲内。
IMGP8062.jpg IMGP8059.jpg
特筆すべきは大洗駅の模型がハイクオリティで貰いたくなるほどだったことでしょう。
ココでスタンプラリー用の台紙と、市街地図を調達したら街に向けていざ出発です。

初めに向かったのは駅から海側に5分ほど歩いた先の通りにある商店街。大洗の中心市街です。
飯屋の調達も兼ねてますが、メインはこのシレッと店先においてある登場キャラクターの等身大パネル。
IMGP8080.jpg IMGP8092.jpg
全部で55体、名前のあるキャラのほとんどが制作され、所々のお店に特に何する事もなく、本当にシレッと置いてあります。
たまに中の人のサインとか、キャラクターにちなんだ商品もあったりしますが、大半は販促用の大型ポップみたいなノリでただポンと置いてあるだけ。
お陰でちょっと探したり写真を撮るだけだったりなら、お店側に気兼ねすることなく、気の向くままに出来る感じが気負わなくていいのが嬉しいです。

反面、気楽な気分で商店街に足が向くので、普段ならスルーしたり逆に変に警戒したりな知らない土地の個人商店にも気軽に近づけてしまいます。
なかなかどうして上手いやり方でしょうか、昼食もそんなそど子パネルのお蕎麦屋さんで一服。そば湯の出るちゃんとしたお蕎麦屋さんは久しぶり、美味しゅうございました。
IMGP8120.jpg IMGP8102.jpg
その後もガルパン酒の醸造元”月の井酒造”で試飲したり、作中で戦車が突っ込みお店を損壊、店主が「これで立て直せる!」と宣って話題となった旅館を見たりと、暫く商店街をふらふら。
ちなみに作中ではこの商店街を戦車が追いかけっこするのですが、実際に歩いてみて思ったのは本当にカーブの多い商店街だなということ。
旅館の前もさることながら他にも数箇所、知らずに進んだらハンドル操作を誤りかねない不意なカーブがちらりほらりと。多分、自動車でも追いかけっこするにはちょっと怖そうな道に見えました。
IMGP8094.jpg IMGP8125.jpg
余談ながら、何故か煎餅を売っていた謎の干物屋さんで、干し芋が売り切れている自体に遭遇したり。
お店の方と世間話がてらに聞いてみたら、干し芋も季節ものだということを教えてもらいました。てっきり保存食だと思ってたのですが、違うんですね。

そんなこんなで商店街をぶらりと歩いているうちに、気付けば町外れの大洗磯前神社まで。
IMGP8139.jpg IMGP8141.jpg
道路を挟んで海側の大洗ホテルと合わせて、どちらもスタンプラリーのスタンプ置き場です。
大洗ホテルの方は売店内にあったので、手ぶらで帰るのも申し訳ないと”炊き上がったご飯に混ぜるだけでわかめご飯風になる”シロモノを購入。
試しに今日の夕飯にしたら、意外と美味しかったので通販まであるレベルでした。

閑話休題。
大洗の神社もこれで二度目の参拝。前回が初詣シーズンの賑わいでしたが、この日は普段の休日の人出。
好天と新緑、のんびりした雰囲気と鳥居の向こうの海、改めて落ち着いて参拝してみてもやっぱり良い立地だなとしみじみ思います。
IMGP8150.jpg IMGP8149.jpg
聖地の神社といったら、おなじみの光景はノーコメントで。

神社のあとは目の前の海に釣られて、ふらふらと引き寄せられるように磯に腰掛け缶ビールで一杯。
好天の休日に海を眺めながら飲むお酒、シチュエーションだけで最高にいい気分になれます……出来れば関西でも同じ事が出来るような海辺を早く見つけたいものです。
IMGP8172.jpg IMGP8179.jpg
続けて、更に海沿いを散策しマリンタワーでスタンプを押してから、アウトレットモール内のわいまい市場で一休み。
芋アイスを食しながら、見つけた等身大パネルのおさらいをしていたら、そろそろ帰る頃合いを意識する時間となってしまいました。

わいまい広場でお土産を少々購入し、取りこぼしのパネルを探しながら駅に戻ったら、楽しい町ともお別れです。
IMGP8196.jpg IMGP8198.jpg
行きは気付かなかったのですが、ホームにも何気なくガルパンが侵食している事を発見したりしつつ、このまま帰りは列車を乗り継いで横浜へ向かいました。


横浜まで帰ってきたら、この日はそのまま元寮生やコミケ繋がりの方と合流して駅近くの飲み屋さんにて一次会。
その後、元寮生・下宿生と保土ヶ谷の長野人の新居に向かい、お馴染みの4人で二次会と相成りました。
IMGP8207.jpg IMGP8209.jpg
二次会の酒はもちろん大洗土産。ガルパンラベルの月の井飲み比べセットと、諸々のお酒や干し芋なのです。

余談ですが、大洗の町は月の井酒造もさることながら、普通の居酒屋や酒屋も妙に多かった印象。
決して広いとは言えない商店街を歩いているだけで、片手で足りない数の酒屋さんを見た気がします。
そしてまた海鮮も美味しく、眺めの良い海、さらには温泉もある訳ですから、大洗はつくづく酒飲みのための町なんじゃないかと思えてしまいました。


なお、気持よくひっくり返って一晩明けた日曜日は、友人らとそのまま何故か関内二郎と野毛山動物園をハシゴして、1人離脱し実家へ。
少し前にフェイスブックで発見した中学時代の同級生と会うために久々に母校の最寄り駅で待ち合わせし、10年ぶりの再会を軽いお酒で祝ってから、実家に戻り一夜を明かしました。

なお、帰路はちょっと贅沢に新幹線。朝は余裕を持って起床し、久々のHD画質のアニメを満喫してから出発。
ぷらっとこだまを使って、下宿生とのんびり関西へ帰りました。

生駒西方と南都周遊

研究室配属を決める恐怖のテストも一段落し、配属が決まるまでのインターバル期間。
実験実習という名目上の授業はあるものの、特に宿題もない現状はなかなかどうしてまったりとした時間です。
先輩曰く「2年間で最も暇な期間」だそうですが……真偽はともかくとして謳歌しない手はないでしょう。

そんな比較的呑気な日々のどまんなか。
生憎の雨模様となってしまた先の土曜から日曜にかけては、今やすっかり大阪の住民となっている元下宿生と、ふらり出かけて関西観光です。


生憎の雨模様の中でも、気合とテスト明けと週末の開放感が重なりあって、夜からなんばに繰り出しCDを借りたり漫画を買ったりして始まったこの週末。

土曜日は前日の夜更かしもあって昼前まで寝ていたのですが、ふと外を見てみると意外なことに雨が降ってない状況。
この後でとてつもない後悔をする羽目になるとは、薄々勘付きながらも降ってない事実を前には出掛けない訳にはいかないと思って、電車に乗り込みいざ出発です。

途中で列車を乗り換えつつ、行って降りたるは近鉄線の石切駅。生駒山の西側、大阪平野を見下ろす急勾配に位置する駅です。
なお、出発時はギリギリ保っていた空模様は、この時点で余裕のアウトな雨模様。もう少し頑張って欲しかったのですが、致し方なしです。
IMGP7883.jpg IMGP7888.jpg
もちろん、流石にこの日は用意よく傘があるので、待ち合わせの友人もまだ来なさそうなことから、先にちょっとだけ駅前散歩。
この生駒の山は古くは神武東征の神話から名を残す古い古い神の山。
今や頂上には遊園地や電波塔が立ち、斜面にはケーブルカーが這うなかなか俗っぽい山になっていますが、今も周囲を囲うように”大社”級の神社やお寺が点在し、新興宗教の施設もあったりと聖なる山の面影を今にとどめています。
この日に行った神社もそんな神社の一つ、石切劔箭神社です。
先に一人で行ったのは斜面の上側にある上ノ宮。駅前から連なる高級そうな住宅街を抜けた先、隣は全く別の宗教施設だったりする、なかなか刺激的な立地ですが、雨の境内はいい具合に雰囲気があったところです。

勝手に先に神社巡りを始めていたら、思いのほか早く到着の連絡があったので、駅に戻り友人と合流。
IMGP7889.jpg IMGP7893.jpg
駅前から斜面を下るように連なる参道の商店街を本宮へ向かいます。
道中の商店街、妙に占い屋が多かったりと奇妙な雰囲気を醸し出していましたが、これはこれで面白いかもしれないと思いながら進みます。

お祭りで使うと思われる巨大な牛頭。謂れのよく判らない石切大天狗の社。
IMGP7891.jpg IMGP7896.jpg
あまり馴染みのない文化や信仰に新鮮さを感じながら歩いているうちに、本宮に到着です。

願掛けしながら百周回るとかいうお百度石など、関東ではあまりみないシロモノでしたが、こちらに来てから神社で何度かお目にかかっていたり。
IMGP7898.jpg IMGP7899.jpg
社務所一体がアーケードのような屋根で覆われた親切設計なのは、流石に初めて見ました。

なかなかに新鮮な神社参拝を終えたら、このまま更に下って新石切駅から電車に乗車。
この日は雨もひどいので、もう散歩はやめて私の寮に向かい、そのまま15時過ぎからお酒を飲む流れとなりました。
肴は奈々さんのライブBD。途中で夕食時だからと”宅飲みを中断して飲み屋に繰り出す”奇妙な事案も発生しましたが、美味しく色々と飲んでいるうちに、日付が変わる前にはあっさり寝落ちしてしまい、翌日スイッチが入った頃には11時を回ってしまいました。


前日の飲み会のため、起きたら11時を回っていた日曜日ですが、外を見れば二日酔いも眠気も吹っ飛ぶ快晴ぶり。
順次、準備を整えたら目的地を奈良公園周辺に設定して出発です。

学校から駅まで山道を歩き、途中で乗り換えを挟みながら近鉄奈良駅へ。
駅前の本格派なうどん屋さんで探索前の腹ごしらえです。
飲み会明けというと、最近は妙にうどん屋さんに行く機会が多かったのですが、普段は横浜駅前の安いお店。
しかしこの日に立ち寄ったうどん屋さんは、値段もそれの倍くらいするちょっと気張ったところ。
最初は観光地価格だな程度の認識でしたが、食べてみるとのどごし柔らかで実に美味しく眼を見張るものがありました。
こういう観光地のちゃんとしたお店と言うと今までずっと蕎麦屋ばかりでしたが、今度からうどんも選択肢に入れていいかなと思うほど。良い物食べると認識が変わるとは本当のことだったようです。

さて、うどんを食べたらお腹も落ち着いたので、おまちかねの鹿狩……もとい奈良観光。
IMGP7902.jpg IMGP7917.jpg
修学旅行生や家族連れに混じって、野郎二人で意外とアグレッシブな鹿と戯れてみたりです。
人の流れに乗って、そのまま春日大社を経由します。
IMGP7925.jpg IMGP7953.jpg
春日大社に来るのも家族旅行以来ですから3年か4年ぶりのこと。
新緑の好天のもと、木漏れ日が射す境内は賑やかでなかなかに楽しい雰囲気がありました。

この春日大社から、そのまま散策路を修学旅行生と抜きつ抜かれつ進み、若草山から手向山八幡宮を経由して、東大寺大仏殿へ。
ここに来るのは修学旅行ぶりなので、もう7年来。
あの頃は「あ~大きな建物だ~」程度でしたが、この歳になって改めて見ると見上げるばかりのスケールの大きさに息を呑んでしまいます。
IMGP7973.jpg IMGP7982.jpg
そして中の大仏にも……。普通、色々なものを大人になって見直すと”意外と大したことなかった”と思うものですが、大仏に関しては別問題。
大仏ってこんな大きかったかな、(ゲームのラスボス的なイメージで)なんか勝てる気がしないなと、そんな印象をになってしまいました。圧倒的な存在感には畏敬の念を抱かざるを得ませんでした。

大仏を見たら、そのまま正面の参道を戻って南大門へ。
IMGP7990.jpg IMGP7992.jpg
この一体の雰囲気はまさに奈良のど定番。修学旅行向けのチープな土産物屋の雰囲気も嫌いじゃありません。

参道を抜けたらお約束の興福寺へ。
IMGP7993.jpg IMGP7995.jpg
修学旅行で訪れた際、あまりに開放的な伽藍にお寺っぽくないと思ったのですが、久しぶりに来てもやっぱり何かやっぱり広々していた印象ですね。
個人的にはもう少し、薄暗いくらいの雰囲気のほうが好みなのですが……これはこれということで。
最後に、夕暮れも近づいてから市街南側の奈良町界隈を散策。
IMGP8012.jpg IMGP8020.jpg
ぐるりと京終まで一周回って、興福寺のお膝元まで戻ってきたら、最後に何故かアニメイト奈良店によってから、締めの飲み会へと至りました。


この土日でしこたまお酒を飲み、ほうぼう見て回ってわかったのは意外と奈良市街はおしゃれで面白い街だったこと。
また、観るべきところはまだまだ沢山あるということ。平城京跡や国立博物館もまだですし、生駒山頂も東側の神社群も行く目処はなし。
とんでもない田舎と思ってましたが、2年間で見て回り切ることが出来るのか、ちょっと心配になって来ましたね!

連休らしからぬ連休の話

連休明けしょっぱなから、憎らしいほどの好天に恵まれながらも、風が妙に冷たい5月上旬。
目下の課題であったテストも、結果はともかくとりあえず終わってしまい、気が抜けたのか急に風邪気味になってしまいました。
明日から今度は実験実習なのですが……野となれ山となれの合言葉で乗り切りましょう。


テスト前ということで、倫理的には勉学に励んですり潰されるべき黄金週間後半でありましたが、そうも行かないのが人情というもの。
講義が終わった連休前日の2日木曜は終バス限界までは勉強してたものの、そこからバスと近鉄と高速バスを乗り継いで一路、親の実家がある静岡へ。

夜行バスでは初めての3列シート! 広くて快適なのですが、快適すぎて逆に妙に落ち着かないなと……興奮しつつ寝たんだか寝てないんだかよくわからない状態のまま、一晩過ごします。
バスは順調に東下りするかと思いきや、連休の渋滞に巻き込まれて盛大に遅延。
それでも無事に静岡駅に到着し、電車を乗り継いで親の実家に到着です。

到着した当日は、特になにもないままに過ごし、勉強しようと思った志も折れるままに夕方に。
そのままお酒を飲んで寝てしまったのは予定調和といったところでしょう。
盛りだくさんだったのは翌4日土曜日のこと。具体的には従兄の娘が遊びに来るということで、家中が3歳児中心に回り始めたことでしょう。
到着した瞬間から、下にも置かぬ親戚中の注目と庇護のもとに好き放題。
庭先で車の玩具を押したり、ボールで遊んだり、午後からは動物園に行く予定が混んでいたらか公園になったりと……。
つくづく、子供に甘い一族なんだなと思いながらも、取り巻きの一員として主に運転手役を担っているうちに一日が終わってしまいました。


そういう次第で驚くほど瞬く間に過ぎ去った2日間を終えたら、連休はまだ2日残っているのに早々に撤収。
奈良に帰還し、流石に頑張らねばと大学図書館に篭ったのですが、どうにも私以外の同期も休みボケにかかったのか今ひとつエンジンがかかってない有様。
お互いにグダグダと楽しく過ごしているうちにテスト本番の今日にいたってしまったのが実態でありました。

それはそれとしても、とりあえず終わるものは終わったので、後は野となれ山となれ。
今週末からは関西観光もできるかなとほのかに期待しつつ、目下の実験実習に挑む予定となっています。
どうなることかは知りませんが、研究室選びもなんとかなると信じてます。
なので、今日は学校の同期とテスト終わりの打ち上げに深酔いしていたり。久々でもないけど、やっぱりお酒は美味しいですね!

運命石と生音散策

大型連休ですね、気温は初夏とは思えない涼しさです。
これが奈良の涼しさかと思ったら、地元の住民曰く「今年は寒い」のだとか。
それでも寮の部屋に戻れば大した暖房がなくても、困らない程度には暖かったり。
集合住宅のありがたさを改めて実感です。


研究室配属がかかったテストも間近に迫り、大学受験以来と思うほど寸暇を惜しんで勉強している今日このごろ。
あまり時間もないので土日返上で勉強してしまい、天変地異を心配されてしまう程です。
そんな訳で時間もないので、あったことの記録のみで。

自画自賛級に頑張ってアレではありますが、さすがに月曜祝日くらい遊んでもいいかなと思ったのでお出かけしてみたり。
向かったのは大阪の電気街、ミナミの日本橋界隈。
久々のアニメイトで買い物がてらに友人と合流し、なんばの名物カレーとやらで昼食。

続いて劇場版シュタインズ・ゲートの鑑賞です。
シュタインズ・ゲートは一昨年だったかに放送されたアニメの後日譚形式。
久しぶりに観るシュタゲの動く絵に懐かしさを感じながらも、内容は全くの新規のもの。
今度は立場を入れ替えて、牧瀬紅莉栖を主人公視点において、今度は岡部倫太郎を救う流れです。
しかしながら内容こそ新規ですが、根底の大筋はアニメ版を早回しでなぞるようなもの。
思わず涙ぐんでしまい、十二分に楽しめましたが、筋書き自体は放送当時のような驚きはなく”なるほど”といったところでありました。
あとはゲーム・アニメともに全くやってないで見た友人は感心していましたので、意外と初見殺しではなかったのが意外だったところです。

その後は一旦、居酒屋でお酒でも呑みながら時間つぶしをした後、今度は天王寺近くのライブハウスにてnano.RIPEのライブに参加。
人類は衰退しましたや花いろの曲で、すっかりはまってしまい、1回行ってみたいと思っていただけに待ちに待った機会。
アニソンバンドとは違ったロックバンドのノリに若干、いつもと勝手が違うものを感じつつも気持ちよく聞くことが出来て存分に楽しむことが出来ました。

ライブ後は再度飲み直して、奈良の寮へ帰還。
翌日からはまた平常運転の勉強日程でありました。


そんなこんなで明後日からはGW後半戦。
今年の連休は短い上に、後半の後ろ半分はテスト前日の対策となるので、実質は2日ぶんしかないようなもの。
明日の夜行バスで帰省の予定です。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2013-05 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad