月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


盛夏の諸雑事

梅雨明けは蒸すものだとかなんとか……夜になっても気温が下がらず夕飯を食べるだけで汗だくだくの有様です。
ようやっとお盆休みも現実味を増してきたのですが、休暇前に片付けるべきお仕事も色々で、いろんな意味で眠れぬ夜が続きます。


ボチボチと暑さに茹だリながら迎えたこの週末は、先々週に続いて再び夜行バスに乗り込み関西へお出掛け。
午前中はまったりと大阪歴史博物館を見学して過ごし、午後から諸用のために奈良へ移動。
夕方まであれやこれやと要件に追われて終わったのは18時前のこと。

通常であればこのまま関西観光につなげるところですが、今回は京都経由で新幹線に乗り込み帰路へつきました。
日曜は休もうとか考えてしまう時点で、社壊人慣れしてきたというか年齢を感じるというかです。
そんなこんなで、未だかつて無い程に事務的な関西往復になってしまったので、そのまま新横浜に着いたら元寮生を誘って軽く飲み会。
駅前の飲み屋でサッカー観戦の帰宅民に紛れて居酒屋に入り、焼き物を肴にビールを傾け、将来のことやら彼の研究のことやら。
満腹になるまで食べて飲んだら、終電まで余裕があったので二次会代わりに駅前のベンチでもう一杯。
0時前後の人肌の様な温い空気が、夏の色々を懐古させるようで心地良いところ。
もう一月程、秋が近づけば夕方からそんな気温になるので楽しみです。
そんなこんなで居心地の良い中、暗い空を見上げてくつろいでいたら危うく終電を逃しそうになったのはご愛嬌であります。


ちなみに日曜日は実家に帰って、例のごとく怠惰なこと。
茹だるような熱気にヤラれて健康的な時間に起床したものの、廃棄PCを解体したり、ちょっとした買い物したりしているうちに夜になってしまいました。

さぁ何だかんだ言っても、来週を迎えればイベント目白押しの8月の到来。
そろそろ夏の出費の目処を立てないと、破産対策せにゃならんとです。

叙情的な鑑賞会・劇場版2

二十四節気は大暑の時期にさしかかり、暦の上ではまさに暑さも本気を出し始めるべき7月半ば。
関東は長袖が恋しくなるような予想外の涼しさで、気分は夏を通り越して秋に入るのではないかと思ってしまうほど。
誰かと顔を合わせても、とりあえず気温の話になるほどのインパクトです。
個人的には過ごしやすくて大いに嬉しいのですが、天気予報曰くもうこの天気も打ち止めなようで残念です。


例の如く、諸々の重圧から解放されて根拠のない無双感に気持ちも浮つく金曜日の夜は、雨も気にせず横浜に向かって飲み会です。
長野人と下宿生を交えて、京都土産のお酒とコンビニで買ったビールを持参して1杯です。
日付が変わった頃に始まって、ぐだぐだと雑談している合間に疲れもあってフワフワと酔いも回ること。
案の定の寝落ちして、気付けば土曜の正午前。
長野人邸を後にして、下宿生と学校の最寄り駅まで歩いて解散の流れまですべからくいつも通りです。
予定調和過ぎて新鮮味はないですが、まさに日常の安定感。次はコミケ前後でしょうか。


解散後は隣街でカメラのレンズクリーナーやら、今週の新刊やらを購入してから実家で一休み。
夕方までダラっとしてから、映画館に向けてボチボチと出発です。
目的は先週公開された『魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's』。数年前にやったなのは1期に続いての、なのは2期の映画版に当たります。

そんな訳で、出発までのんびりしすぎて到着が待ち合わせ時刻ギリギリなのも予定調和のうち。
つつがなく友人Kと合流して、予めネットで購入したチケットを発券し、さぁパンフレットを購入と思ってグッズ販売の行列にビックリ。
しかも、並んでいるのは見事になのはグッズを手にした方々ばかり。
てっきり、グッズは完売してるものと油断していたのですが、休日に合わせて補充されたのか若干量の販売があったみたいです。
私自身はパンフレットさえあれば何でも良かったのですが、レジばかりは避けて通れない。
仕方ないので列に並んで少々待っていたら、席につけたのは上映開始ギリギリとなってしまいました。

内容自体は2期の大筋を押さえつつ、一部の重要人物やシーンをバッサリ削った印象。
話としてはTV版よりシンプルになったように感じますが、中盤の戦闘シーンや終盤の名シーンを劇場で見ることができて大満足の内容でした。
何より「お話しようよ」と言いつつ終始、力押しで事を進めるなのはの悪魔ぶりが健在で良かったです。
上映時間の長い作品ですが、機会があればもう一度見に行きたいところでありました。


映画を見た後は友人K共々、私の実家に移動して2人で持ち寄った地酒を飲む会。
肴はKの持ってきたBDの鑑賞です。
たまゆらのTV未公開話に始まり、さんかれあのODAやけいおんの映画版を見ながら酒を飲んでいるうちに、夜も更けてしまいました。
アニメを見ながらマッタリ飲んだせいか、気付けば一晩かけて寝落ちもせずに4合瓶を2本空っぽに。
久しぶりに夜通し飲んだのですが、理性的に布団を敷いて就寝し、二日酔いもなく健康的に昼前に起床する事ができました。
前日はもっと少ない量で寝落ちしたのに、不思議なものですね。いつかその理由を解明したいものです。

ちなみに日曜は、そのまま実家でKとまったり過ごして乗り物好きの彼に私の原付を見せてから解散の流れ。
ボーっとしたり妹も交えて世間話したりしていたら、長いようで短い不思議な時間の流れ方がする日中となりました。


斯様な次第で今週も週末は終わりが近づき、段々と月曜の影が恐ろしくなる時間帯。
現実逃避の必須アイテム、深夜アニメも7月から夏アニメに変わったので、ちょっと寸評です。

・輪廻のラグランジェ Season2
鴨川アニメの2期。とりあえず1期の続きでまどかを愛でるために見る所存。
序盤はまだ3人組が離れ離れのままでよくわからないというのが正直なところ。
早く萌豚御用達の日常編が始まるのを待つばかりです。

・人類は衰退しました
原作はラノベ。ほのぼのとしているようで結構、カオスでブラックジョークの効いた内容です。
本当にコレがアニメ化できるのかと不安でしたが、蓋を開けてみると思った以上に面白い。
首なしチキンが歩きまわったりするシュールな光景や、妖精さんのご都合主義的な道具を、違和感なく動画で見ることが出来るとは思いませんでした。
今のところ今期一番の期待です。

・ゆるゆり2期
安定のよだれアニメの2期。
良くも悪くも代わり映えせず、落ち着いて安心してヨダレ垂らしながら眺めてられる印象。
視聴継続です。

・うぽって!!
銃器が女の子とかいう謎設定のアニメ。マンガ原作だそうですが、よく知りません。
ミリオタ同士で雑談する時のようなコアな小ネタと、それに対する丁寧な解説がコメントし難いクソアニメ(褒め言葉)です。
時々、面白いと思ってしまうのが妙に悔しい……そんな感覚です。
最近、銃器ネタから遠ざかっていたので知識の確認と補充も兼ねて視聴継続の予定。

・じょしらく
マンガ原作の落語アニメ……の皮を被った何か。
主に可愛い女の子が当たり障りのある会話を楽屋で繰り広げるのを楽しむアニメ。
際どいネタばかりだと思ったら、原作者が久米田康治先生だったのでさもありなんと言ったところ。
キャラの可愛さとOP・EDのインパクトは今期見てる中で一番かなと思ったり。
何だかんだで普通に面白いのでとりあえず視聴継続の予定です。

・DOG DAYS'
犬耳が可愛いアニメの2期。
こちらも良くも悪くも1期の続きといった風で、代わり映えのない印象。
もっとも、キャラも可愛いですし戦闘シーンもスピード感はあって良い感じ。
この作品の牧歌的な雰囲気もシリアスが面倒くさい身としては結構、好みです。
そんな訳で、とりあえず惰性で見ている感はありますが、視聴継続です。

これに追加で2クール継続中の氷菓と宇宙兄弟も見て、週に8本ペース。
前期よりは減っていますが、相変わらず多いですね。
余談ながら、宇宙兄弟のOPで妙なダンスが入るので、試しに真似てみたらかなり恥ずかしいことに気付いた今日この頃です。

そうだ、古都に行った・その1

梅雨らしいジトジト雨もあまり感じぬまま、いつの間にやら強烈に蒸し暑い日が続くようになった7月中旬。
部屋のPC前に座っているだけでも、じっとりと汗が滲んでくる有様に盛夏の到来を実感します。
もう少し待てば、セミもうるさくなることでしょう。


その1・その2
日記は遡って、微妙にすっきりしない空がサウナのような空気を漂わせた14日の土曜日のこと。
午前中に関西での諸用件を済ませたら、修学旅行以来となる近鉄列車に乗り込んで、向かったのは橿原神宮前駅です。
IMGP4742.jpg IMGP4743.jpg
橿原神宮前は名前の通り、橿原神宮なる神社の門前駅。
すぐ目の前から参道が始まるのですが、それとは別に飛鳥への玄関口の要素も兼ね備えた交通の結節点。
そして飛鳥と言えば大和三山をめぐるサイクリングです。

そんな訳で駅前の小さな写真屋兼業(?)のレンタサイクル店が目に入ったのでとりあえず入店。
特に何も考えてなかったのですが、丁寧に地図を出しておすすめルートを教えて下さったので、それに従うことに決めて出発進行です。

はじめに向かったのは駅前すぐの橿原神宮。
実のところ、それほど古い神社でもなく明治期に入ってから神武天皇の宮殿跡と伝えられる土地に創設されたのだとか。
IMGP4757.jpg IMGP4759.jpg
鬱蒼とした森やいい知れぬ神秘感はないですが、綺麗に整備された広々とした境内と大きな拝殿は立派の一言。
こういう荘厳な建築美を味わうのも、悪くないなと思いつつ、ふらりと境内や摂社を一巡り。

裏手に少し行った神武天皇陵にも参拝したら、進路を東へ向けて飛鳥地域へ向かいましょう。
IMGP4784.jpg IMGP4790.jpg
橿原の考古学研究所付属博物館を見物してから、元薬師寺跡を経由して一路、東方の飛鳥資料館方面へ。
道中は絵に描いたような田舎地帯。
田園地帯と如何にも古そうな集落、思い出したように現れる新興の住宅地がモザイク状に散らばり、良く言えばのどかな雰囲気。
要所に立つ少し塗装の禿げた案内板が、ここが有数の遺跡地帯であることを思い出させます。
IMGP4814.jpg IMGP4816.jpg
ちなみにこの日は、昼から走り始めて以来、外の気温は上昇の一途。
段々と晴れ間も見え始めて、夏の陽気は気持ち良いのですが滝のような汗が止まりません。
水のようにサラサラした汗がとめどなく流れ、久方ぶりに健康的な運動をしている気分になります。

南北に伸びる道を”雷”と名のついた交差点で東に曲がり、真っすぐ行った向こうがお待ちかねのクーラーがある建物……もとい、飛鳥資料館です。
IMGP4822.jpg IMGP4823.jpg
入場料を払い、展示物を見ながらクーラーを浴びてホッと一息。
この日は残念ながら展示物の半分が改装中で見れなかったのですが、何はともあれ助かります。

休憩ついでに向かいの葛を使ったお店で遅めの昼食も。
そういえば、飛鳥から少し南に行った吉野は葛の名産地だったそうですね、あまり奈良の食べ物は知らなかっただけに、こういう出会いで覚えることもよくあります。
IMGP4826.jpg IMGP4827.jpg
ちなみにメニューは葛うどんととろろご飯のセット。
流石に葛のお店だけあって、デザートの葛餅が逸品です。次に機会があったら葛まんじゅうと葛湯も食べてみたいところです。

一息ついて体力を回復させたら、進路を南に変えていよいよ飛鳥路です。
万葉集にも名を残す集落や、古から続く祠を横目に自転車を漕ぎ、引き寄せられるように神社に到着です。
IMGP4846.jpg IMGP4854.jpg
日本書紀にも記述のある古社、飛鳥坐神社は意外とこじんまりとした印象。
もっとも周囲を森に囲まれた斜面に建つだけに、境内の広さは今ひとつ判然としないところ。
奥に向かうと本殿の裏に摂社や奇妙な形の石を祀った広場があったりと、なかなかどうして面白いところです。
ドカッと陽の照る夏日でも、何となく涼しい雰囲気でしたし、季節と時間を選べばもっと神秘的な空気を味わえるのかも知れません。
余談ながら、社務所に銅鐸が吊るしてあったのには面食らいました。
IMGP4873.jpg IMGP4881.jpg
ちなみに門前の集落も、古式然とした落ち着いた雰囲気がありいいところ。
門前町のようなお土産物屋さんの並ぶ光景も嫌いじゃありませんが、こういうのも里のお宮といった風情で良いものです。

飛鳥路は更に続いて流れるように酒船石や亀形石造物を見学。
IMGP4886.jpg IMGP4891.jpg
この辺りの石造物は歴史の教科書で写真を見ても、今ひとつピンと来なかった代物立ち。
実物を見れば何か印象も変わるかとも思いましたが、本物を見てもやっぱり妙な形の石そのもの。
飛鳥人はこれをどんな風に使ったのか……想像すれば古代史のロマンそのものなのでしょうが、私にはまだまだ妄想を膨らませるための知識が足りないみたいです。

折角なのでそのまま初級者向きの不思議建造物、石舞台古墳へ。
IMGP4898.jpg IMGP4905.jpg
後代に盛土部分が失われたとかで石室部分がむき出しとなった有名な古墳です。
さぞ大きいのだろうとは思っていましたが、実物を見ると構成される石は人の大きさを優に超えるものばかり。
想像以上だったことに嘆息が漏れるばかりです。
写真や本で知った気になっていても、やっぱりスケール感はホンモノを見ないとダメですね。
作り方の説明書きもありましたが、本当に人力で運んだのかとニワカには信じられない程でありました。

そんなこんなで飛鳥路を満喫していたのですが、何分にも午後から動き出したので、持ち時間は時間は少なめでした。
全てを回り切らないうちでしたが、時計はまもなく17時を指し示しているのでこの日は撤退することに。
IMGP4909.jpg IMGP4915.jpg
道すがらにお寺や亀石を眺めながら北西に戻ります。

時間切れなどと言いつつも、岡寺駅のすぐ近くで妙に惹かれる小さな神社があったので、ちゃっかり寄り道はしてみたり。
IMGP4922.jpg IMGP4924.jpg
何も知らずに寄ったのですが、実は奈良時代の文献にも載った歴とした古社だったりするので、こういう土地は侮れません。


斯様な次第でどうにか無事に自転車の返却も済んで、再び近鉄電車に乗車。
もっとも、このまま明るいうちから撤収では気が済まないというもの。
二駅隣りの八木西口駅でさっと下車して、観光はエクストラステージです。
向かったのは駅から歩いて5分ほどの所にある今井町と呼ばれる一角。
江戸以前から続くとあるお寺の門前町にして、江戸時代には商業都市として栄えた歴史的建造物群を残す一帯です。
IMGP4928.jpg IMGP4942.jpg
江戸前期から幕末にかけての建造物がひしめくように建ち、多くは現役として機能している稀有な街並みです。
時間が遅かったために内部の見学は1軒しか出来ませんでしたが、街角をぶらりと散策です。
驚くべきは古い建物がギュっと詰まった光景が数区画では収まらず、一つの地域全体に渡っていることでしょうか。
通りを進んでも、路地を曲がっても古風な家並みと、家路を急ぐ人や路地で遊ぶ子供がいる光景は夕暮れの雰囲気とも相まって、ちょっと浮き足立った気分になるものでした。

そんなこんなで飛鳥・橿原を堪能したら、今度こそ近鉄電車で撤収です。
京都に向かい、京都タワー下の風呂で汗を流したら、時期が来るまで京都駅の大階段で一服。
IMGP4954.jpg IMGP4955.jpg
ビールを傾けながら夜風にあたり、夜の京都駅を見下ろしていると高校時代の初めての一人旅を思い出します。
その時も確か、帰りの夜行列車を待って夜の大階段でボーっとしてたなぁ……なんて考えていたら、フォロワーの沙耶さんが近くにいるとの一報。
折角の機会だし黄昏れている場合じゃないということで急遽、夕飯をご一緒することになり、駅ビルの串焼き屋さんで一杯。

その後、いつもの如く駅近くのネットカフェに転がり込んで夜を明かすこととなりました。

その2→

そうだ、古都に行った・その2

←その1


ネカフェで夜明かししていると、外の様子は全くわからないもの。
朝、外に出てみると路面が濡れていたので初めて雨に気付いたくらいです。
聞くところに寄れば、京都市の北部では凄まじいことになっていたそうですが、この時の私は知る由もなく真っ黒に増水した鴨川にびっくりする程度でありました。

ネカフェを抜けだしたのは日曜早朝の6時過ぎのこと。
そのまま奈良線に乗り込んで、一路向かったのはお馴染みで久しぶりの伏見稲荷大社。
IMGP4961.jpg IMGP4965.jpg
京都と言ったらここが定番だと思っているくらいですが、なんだかんだで2年ぶりくらいの参拝です。
到着したのは7時過ぎだったものの、日曜なせいか、JR東海のCMでも取り上げられたせいか既に参拝客がちらりほらり。
想定以上に人が多いのにちょっと驚きながらも、例によって登山の始まりです。
IMGP4997.jpg IMGP5142.jpg
名高き千本鳥居を抜けて山頂までの各社を経由して、境内を一周。
8時前だというのに、この日もまた滝のような汗が流れる陽気に、本当に良い運動です。
早起きして、汗だくになりながら階段を登るなど、文字にするとタダの苦行のようですが、天気は上々の旅行日和で次の日も休日の気軽さ前回。
旅行をしているという実感と相まって、不思議と気持ち良く幸せな気分で歩き回っておりました。

もっとも、喉は渇いて朝食も未摂取では全身干上がるというもの。
8時過ぎて参道の茶店も開いたので、薬力社前のお店で冷やしあめを注文です。
生姜の効いた水飴のような味の、冷たい飲み物。山巡りで疲れた体に染み渡る美味しさでした。
こういう茶店に入ったのも初めてでしたが、趣きのある店内は落ち着くようでちょっと非日常的な空気のある独特な雰囲気。
茶店の店員さんから色々と話も聞くことができて、いい経験となりました。
次に来るときは夕日の時間帯が狙い目とのことですので、是非とも参考にしたいところです。

下山後は昼食代わりにうずらの丸焼きに挑戦。
本当は雀の丸焼きが良かったのですが、季節柄無いと言われてしまっては致し方ない。
IMGP5197.jpg IMGP5193.jpg
噂には聞いていましたが、小骨が多く何だか食べづらい食べ物です。
味は聞いていたよりも美味でよかったのですが、とにかく手間がかかる。
骨格にお構いなくブツ切りにされたうずらを、骨を注意深く避けながら食べていく作業は、何だか食べた気がしない感じがしてしまいました。
上級者向けのおつまみみたいですね。

伏見稲荷を発ったら、再び奈良線を経由して桜井線に乗車。
IMGP5210.jpg IMGP5216.jpg
列車が夏空の元に田園地帯を進んでいくと、右手に大鳥居を過ぎたら三輪駅に到着です。
目的地はここから三輪山の麓へ向かった大神神社。大物主を祀る大和の国の一宮です。
本殿を持たず三輪山そのものをご神体とする古式を遺したており、神域からは縄文祭祀の遺物も発掘されたという国内最古級の社です。
IMGP5227.jpg IMGP5239.jpg
この日はどうやら崇敬会の月次例祭とやらをやっていたようで、駐車場が満車な程の混雑ぶり。
ちょっと間が悪かったみたいですが、人生しゃーなしです。
まずは本殿を参拝してから、摂社巡りへ出発進行。関連する社は広く散らばっているのですが、残念なことに荷物を預ける場所がなかったので近場だけに絞って参拝です。
IMGP5246.jpg IMGP5251.jpg
古い磐座を祀る社から、湧水と神体山への登山口を持つ狭井神社へ。
狭井神社の脇には三輪山への登山道があり、社務所で手続きをすると入ることができます。
IMGP5257.jpg
今回は時間の関係でベントしましたが、次に来る時があれば丸一日時間をとって、摂社巡りもろとも是非とも行きたいところです。

狭井神社を後にしたら、飛鳥・藤原京を一望する展望台を経由。
IMGP5258.jpg IMGP5261.jpg
夏空のもと大和三山を眼下に立ち、この市街地の下にかつての都が埋まっていると想像すると、何だか凄い光景を見ているような気がしてきます。
ちなみに私には知識がないのでわかりませんが、当時からルートの変わらない道もいくつかあるのだとか。
人の歩く場所なんて早々変わるものじゃないのでしょうが、2000年近く人が歩き続けた場所。機会があれば是非とも辿ってみたいものです。

そして摂社巡りはまだまだ続き、知恵の神を祀る久延彦神社へ。
IMGP5264_20120719222350.jpg IMGP5270_20120719222349.jpg
境内の裏手から入って、妹の受験成功を祈願し、参道を下って表側から大神神社の宝物殿へ。
最後に宝物殿を見学したら、そろそろ頃合いかと古の社を後にすることに致しました。

三輪から再び桜井線に乗り、桜井駅で近鉄列車に乗り換え。
ここから列車は一路、伊勢方面を目指します。
この近鉄大阪線の通る道は初瀬街道と呼ばれる、古くは壬申の乱でも使われたという非常に古い街道筋。
畿内から東国へ抜けるというと、今の東海道線(旧東山道)や伊賀を抜ける関西本線のルートをすぐに想像しますが、それよりも少し南側のルートに当たります。
今まで存在を意識することもなかったルートですが、そうやって知ってみると知らない道もまだ沢山あるんだなと思い知らされます。
IMGP5276.jpg IMGP5292.jpg
そんな訳で関心ついでに夏空の棚田を眺めながら、奈良名物の柿の葉寿司を味わいつつ、近鉄名古屋を経由して帰路へつくことと致しました。


ちなみにこの後は、名古屋から新幹線にのって静岡の親の実家へ。
日曜の夕食時から月曜にかけてはマッタリと静岡で過ごして、関東へ帰る流れでありました。
土日と旅行を堪能したのと対照的なえらくマッタリとした月曜日。
日差しが強烈過ぎて、外に出るのも躊躇われる陽気には調度良い過ごし方だったと思われます。


そんなこんなで気づけば今週も木曜日。
追われるように生きていると時間の流れも早いものです。
旅行のおみやげに買った日本酒もまだ開封できていない次第。今週末には誰かと飲みたいものと思って、週末が今から待ち遠しこの夕べです。

映画館で見る短編

梅雨も長雨もどこ吹く風と夏空を見せつけ続けたかと思えば、狙い澄ましたように七夕に雨を降らす罰当たりなお天気次第。
いつ以来かも忘れましたが、珍しく予定もない週末を迎えたこの土日。
お酒も控えめにして、家族と墓参りに行ったり元寮生の今の寮に遊びに行ったりと、比較的健全に過ごしたのですが、どうにも気が抜けたのか風邪気味な次第。

ふっと緊張の糸でも解けたかのように、お腹を壊し喉を痛め鼻水が止まらず微妙に熱っぽい。
たまには早寝でもしないと、そろそろ倒れかねない勢いです、困ったものです。


そんな感じで真っさらに過ごした週末でしたが、去る6日の金曜だけは少し忙しめでした。
例によって残業付きの仕事を終えて、寮を発ったのが20時を過ぎていたこの日は、そのまま真っすぐに新宿です。
向かったのはバルト9なるはじめて行く映画館。
最後に映画を見たのはいつだったか……割と近頃、行った気もしますが思い出せないので気のせいでしょう。
ただし今回の目的は映画ではなく輪廻のラグランジェのOVA鑑賞です。
BD発売前に劇場で先行上映されると聞いて、見に行った次第。

内容の感想は……あいも変わらぬ鴨川アニメだったとしか、コメントしようのないアレでしたが、円盤を買う財力がない身としては中身を見れただけでも御の字でしょう。


余談ながら、帰りがけに渋谷のツタヤに寄り道したら、終電ギリギリになってしまったのはご愛嬌。
今期は金曜の夜に消化すべきアニメが少ないので、帰ってから画面に釘付けになることもなくビールを飲んで”じょしらく”見ておしまい。
このペースなら、今期こそ積み上がったゲームを消化する事ができるかもしれないと、ほのかに期待です。

月末月初の覚書

6月も最終日が土曜日となり、アニメ改編の境目とぶつかったこの週末。
お気に入りのモーレツ宇宙海賊を、何故か友人の家で有無も言わさず見てしまったりと相変わらずの外泊生活です。

金曜の夜に颯爽と上司の呑みの誘いを断って横浜に向かい、学校近辺の友人と駅前で軽い飲み会。
そのまま”他人の迷惑にならないところ”へ向かい花火を楽しんで、長野人邸で夜更けまでアルコール。
私はいつの間にか寝落ちしておりましたが、夜明けまでとんだ痴話を語り合ってたとかなんとか。

土曜日は起きたら二日酔いの頭で正午過ぎの有様。
横浜駅前で昼食をとって解散となったら、一旦は帰宅したものの暫くしたら今度は隣街に移動して、高校の友人達との飲み会。
院生勢に嫉妬の炎を燃やしたり、社壊人組で煽り合ったりしながら、中華料理で盛り上がり、暫くゲーセンを彷徨いた後の友人宅でのアニメ視聴となりました。


いい加減に週末毎の酒浸りな生活もどうにかしたいものですが、手っ取り早く楽しいという刹那的な何とやら。
断る理由もなければ、懲りる理由もないのですから致し方無いですよね。
せめて寝落ちしない程度に酒量を抑えられるよう頑張らなくてはいけませんね。


余談ながら先週はアトリエシリーズの最新作、アーシャのアトリエの発売日。
条件反射のごとくサントラとセットで購入し、パッケージのイラストに感嘆を漏らしていたのですが、考えてみたら前作”メルルのアトリエ”が未プレイだった現実。
生活が落ち着いたらやろう、一段落ついたらやろうと思っていたのに、気付けば忙しさは増すばかりの生活で、おざなりになっていた次第。
そろそろ意を決して着手したい……と言う、来年も同じ事を言うであろうフラグを立てて、積みゲームはまた増えていきます。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2012-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad