月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


麦酒と紫陽花の小旅行

梅雨を一足飛びに超えて台風に見舞われた6月下旬。
台風一過の夏空がどうにも憎らしいものの、ままならないのが平日の悲しい定め。
腹いせとばかりに、会社の同期の玄関先で同年代の社員と管を巻いたりする生活を送りながら、指折り数えて迎えた週末。

例によって例のごとく仕事上がりから横浜に向かい、学校のとある先輩の家を訪問です。
もう一人の先輩も交えて、家主の手料理を肴に飲み会です。
今まで絡むことはあってもじっくり話すことはなかったのですが、ビールを飲み始めるとなかなかどうして興味深い話の多い方。
料理も美味しくて、なんだかんだと1時過ぎまで楽しい夜を過ごして就寝となりました。


一夜明けた土曜日は生憎の曇天ながらも、心地よい気温のおでかけ日和。
飲み会の酔いが残りながらも、そのまま気にせず小旅行の日です。
IMGP4468.jpg IMGP4469.jpg
今回の旅行は驚きの特急列車利用! スーパービュー踊り子で快適な眺望を楽しみながら、朝から迎え酒で一服です。
前夜の飲み会以来、最初からクライマックス感ありありのアル中展開ですが、楽しいから仕方がない。
2本目のビールに手を出す頃には列車も伊東線から伊豆急行線に入り、いよいよ車窓に映る景色も南伊豆らしい南国調の植生になって行きました。

ちなみに伊豆急線に乗るのも実は10数年ぶり。
前回の乗車はほとんど記憶にないので、初めても同然の旅程です。
その距離は路線図で見るよりずっと長いもので、熱海から伊東までで下田の半分くらいかと思っていたら、実はまだまだ1/3くらいだった程でした。
そんなこんなで横浜から乗り換えなしで到着したのは、終点の伊豆急下田駅。
IMGP4476.jpg IMGP4477.jpg
駅からして紫陽花と……何かがお出迎えです。
今回の主な目的はあじさい祭りと水族館。下田は今期のアニメ”夏色キセキ”の聖地でもありますが、今回は一応おまけです。

もっとも、最初に立ち寄って地図をもらった観光案内所でも聖地巡礼者と勘違いされてしまったり。
まぁ若い男二人組ではそう思われても仕方ないのかもしれません。折角、丁寧に教えてもらったので行き掛けに舞台となった神社のモデル、下田八幡宮に寄り道です。
IMGP4492.jpg IMGP4495.jpg
街の大通りに面した参道から、少しだけ奥に入った静かな神社。巫女さんが居ないことだけが残念でしょうか。
もはや定番の感のある痛絵馬も当然、見受けられましたが数はまだ控えめな印象でありました。

神社のお参りを済ませたら、さらに大通りを南下して、開国縁のお寺、了仙寺の境内を抜けてペリーロードへ。
IMGP4505.jpg IMGP4511.jpg
川辺に沿ってお洒落な建物が立ち並ぶ光景は実にいい雰囲気です。
風も抜けて心地よく、つい歩みもまったりとなってしまいがち。
通り抜けるだけの予定がつい写真を撮ったり建物を眺めたりと、すっかり長居をしてしまいました。
IMGP4532.jpg IMGP4536.jpg
長居の極めつけはペリーロードの突き当たりにある旧澤村邸。
中で夏色キセキのポスター展示やら、ちょっとした休憩所やらがあり、ホっと腰を下ろしたら落ち着いてしまって、なかなか動き出すことが出来なくなる空間でありました。

澤村邸から重い腰を上げたら、ちょうど昼飯の頃合い。
どこか近場で海鮮料理が食べれればベストだったのですが、残念ながら近場に手頃なお店がなかったので、そのままあじさい祭りの会場へ向かうことになりました。

あじさい祭りの会場はペリーロードのすぐ向こうにある下田公園内のあじさい園。
IMGP4554.jpg IMGP4564.jpg
「なだらか丘にあじさいが沢山咲いてる」程度かと思いながら行ってみると、驚くほどの急斜面にびっしりとアジサイ。
見渡す限りの大輪のアジサイに、初見から圧倒される迫力です。ひまわりに圧倒されるという話は聞きますが、まさかアジサイに度肝を抜かれる日が来るとは思いもよりませんでした。
IMGP4592.jpg IMGP4607.jpg
綺麗は綺麗なのですが、とにかく凄いという言葉が先に立つ印象。
これでも先日の台風の影響で全盛期は過ぎてるというのですから、最盛期はどれほどだったのか……来年も見てみたいものです。
IMGP4611.jpg IMGP4612.jpg
ちなみに、この公園の辺りはえらく斜面が険しいと感じたら、元は北条水軍の山城があったのだとか。それは険阻なわけです。
そして周囲の他の山を見回しても同じようにキツイ斜面が多い。そういう地質なのかもしれません。

あじさい祭りを一巡りしたら、そのまま公園の反対側にある下田海中水族館へ移動。
IMGP4622.jpg IMGP4624.jpg
入江に水槽入りの船を繋留し、地上施設と艀で繋いである珍奇な構造の水族館です。
どうしてこんな構造を思いついたのか、いたく興味深いですが誰に聞けばいいのやら。しかもちゃんと船渠で作って今の場所まで引っ張ってきたのだとか。常識に囚われない発想って羨ましいです。

ちなみに水族館としては展示は決して多くなく、特段珍しいものがある訳でもないといった印象。
もっとも魚は眺めているだけで癒されますね。大水槽を泳ぐ数多の魚だけで十分に満足です。
IMGP4639.jpg IMGP4684.jpg
あとは、入江の出口を封鎖して中でイルカを飼っていたのが印象的。
見慣れた水槽とは違った濁った入江の海水では、あまりイルカの姿を見ることは出来ませんが、訓練なのか飼育員がイルカに乗っていたりと、たまに不意を突いて気を引く感じが意外と面白かったです。

水族館後は流石にお腹も空いてきたので、併設のレストランで昼食。
マグロ丼とわかめをねりこんだ蕎麦のセットをいただき、市街地へ戻ることとなりました。
IMGP4687.jpg IMGP4689.jpg
復路は公園内の山越えではなく、海沿いを抜ける回り道のルート。遠回りですが平坦なのがポイント。
あくまでバスは使わないのもポイントです。

道中、湾に突き出た犬走島へ渡れる防波堤を歩いてみたり、市街地でなまこ壁の民家を眺めたり、お土産物店によって適当なものを物色したりと、ふらふらしながら下田駅に戻ってきたのが17時半ごろ。
駅についた頃には歩き疲れと前日からの酒で、私も先輩も結構グロッキーな有様。
目的も達して時間もいい頃合いなので、もう後は横浜に帰るだけの流れです。
IMGP4692.jpg IMGP4723.jpg
ところが、予想外なことに既に帰りの特急は全て終了。
仕方ないので帰りは鈍行列車を乗り継いでの移動となり、腹いせに駅弁でもと思っても、そちらも既に終了という状況。
代わりに地ビールを購入して列車に乗り込んだら、海側のボックスシートに陣取ってあっという間に寝落ちしてしまいました。
後は伊東駅で伊東線に乗り換え、熱海からは東京行きの東海道線。ちょっと贅沢にグリーン車でうつらうつらしながら横浜に至り解散となりました。


そんなこんなで予想以上に強行軍となってしまった伊豆下田行。
体力的には過酷でしたが、お酒飲んで、アジサイと水族館でなかなか楽しめた次第。
伊豆まで行って温泉に入れなかったのと、”あまんちゅ!”の聖地巡礼が出来なかったのが心残りですが、致し方なし。
「また行きたいところ」がまた増えてしまいました。

幕張の連続した生音

梅雨入りのニュースを見た気がする割に、あまり雨に悩まされることも少ない6月半ば。
気付けば1年も半分を過ぎようとしているのですね、この週末のライブで言われるまで全く意識していませんでした。
今年も初っ端から冬コミ明けで無理したり、春の竹原を巡ったりと、色々とあった気がしますが既にはるか昔のような気分。
歳を取ると1年が早いと言いますが……目まぐるしいままに時が流れているよう。思い返しても、休日の情報ばかりで、平日は黒塗りされたようによく判らないままに過ぎ去っているようで、早いのだか遅いのだかよくわからない感覚です。


そんな日々の定期的な清涼剤が飲み会に旅行、それとライブ。
今週の土日は、茅原実里さんの幕張メッセライブです。当然のごとく、両日とも参加と相成りました。
IMGP0013_20120618000347.jpg
両日とも開演30分前の15時半頃に到着し、そのまま同じマイミクさんと連番です。
到着ぎりぎりということもあり、開場前での友人知人との交流はそこそこに会場内に入り、あまり待つこともなく開演です。

初日は先のツアーの集大成というべき新アルバム曲メインの熱い内容。
二日目は「打ち上げ」的なコンセプトで、ツアーどころか最近のライブでは聴いてなかった曲もふんだんに流れる内容。
始まる前は金欠を押して両日とも行くべきかと内心悩んでいたのですが、期待を良い意味で裏切る熱い2日間となりました。
何よりも驚いたのは、2日間で被っている曲があまりなかったこと。
両日とも行って初めて完全に楽しめる、むしろ両日行けばみのりんのライブのあらゆる魅力を堪能出来るのではないかと思えたほどでした。
アレコレと言われている運営についても、私の周りでは特に水を差されることもなし。
2日続けて観光もせずに全力で当たり、久々に喉が潰れて腕が上がらず足も力が入らなくなるまで跳び続けてしまった程。
手放しで満足だったと言える楽しいライブでありました。


ちなみにライブと移動に明け暮れた週末ですが、前夜の金曜日は会社の同期と2人でささやかな飲み会。
すっかり歳をとったのか、つまみの買い出しも自然と肉より魚志向。
割安が魅力の宅飲みのはずが、地味に良いお値段してしまいましたが、買うもの買ったら寮に戻って久々にテレビ視聴。
偶然やっていた香港映画なんかを眺めつつ、一般人と取り留めもない話やら仕事の愚痴やら、落ち着いたサシ飲みも良いものです。
夜の見回りと称して、日付が変わった頃に寮の同期や後輩の部屋の様子を見に行くのも乙なもの。
たまには寮を離れずにいるのも良いものと感じながら2時過ぎに寝落ちし、駅へのアクセスの悪さにげんなりする土曜の朝でありました。

そしてまた、土曜の夜も夜更けまでサシ飲み。この晩の相手は高校以来の友人、総統代行です。
ライブ明けでぐったりと帰ってきた私に、狙いすましたような飲みの誘いをする鬼畜ぶり。
二つ返事で行ってしまう私も私ですが……そのまま代行邸にてアニメを視聴しながら、彼の用意した料理で日本酒を嗜み、鳥の鳴き声で帰路に就くこととなりました。
帰る頃には朝刊の配達も終わる時間帯。

2日続けての深酒……さすがに不健康が過ぎた感。
我ながら、日曜日はよく寝坊せずに幕張に行くことが出来たものだと、驚くばかりでありました。

旧い空気の飲み会

6月も1週間が過ぎ雨の日が多いと思っていたら、関東もついに梅雨入りだとか。
道端の紫陽花も華麗に花開き綺麗なものですが、外は生憎の雨模様。通り道ならいざ知らず、わざわざ愛でりに行くのは少々億劫です。
天気予報を見ても、雨と曇が続きあまり冴えない様子で気温だけは程々なライン。
もうちょっと涼しければマシなのでしょうが、半袖のまま寝ると逆に肌寒いのが絶妙なところ。
そんな暑気に苛まれる前の、しっとりと落ち着いた青空の少ない季節の到来です。


日曜の終わり以来、待ちかねていた今週の金曜日の終業後もまだまだお仕事の延長。
会社の移動前の部署にて少々遅めの新人歓迎会があったのですが、私の送別会も兼ねているとの名目でお呼ばれして参加です。
今年の新人が軽い人間だったお陰なのか、幹事の程良いぐだりっぷりが良かったのか、宴席は和気藹々と進み無事に一次会を乗り切り、油断したら逃げ遅れて二次会へ連行です。
幸いに偉い人が帰った二次会もそれなりに盛り上がり楽しめたのですが、内心では終電時刻が気が気でなかったのが私の本音。
実のところ、この日は例によって下宿生が出張で関東に来るというので、いつもの面子で深夜から飲む算段を立てていました。
結局は、付き合いもあるのでと終電限界まで引っ張った挙句に宴席を一足先に抜ける大技をかまして横浜へ。
今にして思えば、1次会で脱走するより度胸のある行為な気もしますが、お酒の力を借りると人は強くなるのです。

そこそこ飲まされつつも緊張感のせいか、あまり深酔いせずに済んだのが幸運でしょうか。
東京駅の横須賀線ホームから数分で東海道線に接続するような危うい乗り換えコースを駆け抜けて、すでに呑みが始まっていた長野人邸に無事到着です。
これでこの日の懸念事項も全て済ませたと思うと、急に緊張も解けて後はいつもの飲み会に。
たまたまやっていたサッカーを見ながら、酒をあおり仕事の愚痴や将来の事を語ったり。途中で後輩も参加して麻雀やなんやとしているうちに夜更けになってしまいました。

この日は珍しくいつものような寝落ちをせずに、東雲の頃合いまで遊んで就寝です。
寝ないという気合があったのか、緊張感が残っていたのか、不思議な事ですが不思議です。

もっともその反動は大きく、起きたら正午を回っていたのが、唯一の誤算でしょう。
特に予定もないと言いながら横浜駅前まで降り、元寮生の誕生日だからという名目で回転寿司を食べて解散です。
私はアキバに用件があったので、そのまま電車移動。

道中は埼玉の実家へ向かう下宿生としんみり懐古話ばかりに。
特にこの季節にこの面々で、サッカーを見ながら夜明けまで飲んでいるという状況、一昨年のワールドカップの頃にそっくりだと感じたのが効きました。
あの頃はメール一本で、バイト終わりからの流れ集合が基本。天気が良ければ野音で打ったり、テンションが上がれば花火をしたり、起きれなかったら自主休講したりと、本当にやりたい放題でした。
勤め始めの頃は意識して触れないようにしていましたが、一度振り返ってしまうと、やっぱりあのクズな生活は楽しかったと……もう、どんな手を使ってもあの頃には戻れないんだと、寂しいまでに思い知らされます。
金銭的には今の方が余裕があり、好きにライブも旅行も出来るとしても、当時の無駄に有り余る行動力とどうしようもない適当さ加減には敵わないように思えてしまうのが残念です。

幸いにまだ学校周辺には友人や後輩も居て、もうしばらくは学生生活の残滓が混ざったような生活が続くのでしょうが、彼らも着々と人生の岐路に立つ頃合い。
いつかは今のような生活すら、終わるのかなと考えてしまう今日この頃です。
その時にはどんな生活になるのか、今からは想像もつきませんが、強く生きていければいいものです……。


そんなこんなで色々と考えこんでしまってるように見せかけて、秋葉原についたら割とどうでも良くなっている程度に短期思考だったりするのが現実逃避の常習犯の現実。
モーレツ宇宙海賊BD4巻の回収と、ヨルムンガンドの原作を購入し、PCショップを軽く回って実家に帰還です。
今は金欠で手が出ませんが、賞与が出たらPCの改修も検討したいところです。
SSDも安くなったのでOSごと入れ替えたりとか、BDを読めるようにするとか……もっとも、きっと賞与は呑み代とコミケで溶けるので、今年も余程のことがなければ気のせいに終わるのでしょうが!

ちなみに明日は特に予定もなし。アニメを消化して、そのあとはどこに向かうのやら。

無為なる週末

道端の紫陽花が花開き、雨の日もじわじわと増えて半袖が普通になってきた6月初め。
初夏かと思っていたら、もう梅雨も目前ですね。

少々、上司に思うところが溜まってきたりと精神的に荒み気味な平日を乗り越えて、やっと迎えた週末。
なんやかんやと言われますが、いつも通りに実家に帰ってアニメ消化と一服です。
今週は特に予定もイベントも無かったので、土曜は久々に昼前まで惰眠を貪り尽くす感。
そのまま、車の掃除を手伝ったりしながら過ごし、夜になってから大学の友人たちと飲み会となりました。
ちなみに、この日の飲み会は横浜駅前の飲み屋さん。いつもの宅飲みとはちょっと違う感じでなんやかんやです。
先週の学祭や打ち上げに来なかった面子もいて、そんな話題もでたりでなかったり。

飲み屋を出た後は、二次会替わりにと近くでやっていた縁日へ全員で見物に。
露店が立ち並び、地元民が闊歩するちょっと早めの夏祭りです。
IMGP4432.jpg IMGP4440.jpg
考えてみると、地元以外の友人とお祭りを巡るというのもなかなか無かったこと。
鷲宮の土師祭くらいかもしれません。
ジャンクな味付けの粉物買ったり、お酒を傾けながら揚げ物食べたり……なかなかどうして楽しかったです。

お祭りを引き上げた後はまだ終電はあったものの、電車で帰るのも面倒だと例によって長野人宅へ。
久しぶりに徒歩で向かう事になりました。
酔いどれで連れ立って、適当にアタリを付けながら夜道を彷徨い、学校の友人の研究室でちょっとだけ騒いだら、あとは倒れるように寝落ちして1日が終わりを告げました。
しこたま飲んだ挙句に横浜駅から歩いたとはいえ……日付が変わってすぐにダウンするとは、流石にもう若さが足りないと痛感しました。


ちなみに、そんなこんなで一夜明けた日曜日は、再び学校を通って帰路へ。
午後は祖母の旧宅の庭いじりをしながら過ごす割と健康的な日でありました。


飲み会やその帰路でもチラチラと触れて感じたのは、もう若くないということ。
認めると悲しくなりますが、肉より魚を選んでしまったり、酒の量が減っていたり、着実におっさん化です。
学生同士で知り合った後輩が就活中だったり、久しぶりに平時に入った学校が地味に色々と変わっていたり、時の流れの速さをジワジワと実感させられて、愕然とするばかりです。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2012-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad