月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


発掘作業の話

軽く寝ぼけて、金曜日に作成した日記を編集状態のまま公開しないまま過ごしていた今週末。
結構、へっぽこなミスですよね。どうしたんでしょう、眠かったのかな。


普通なら暇なときに気付くものなのですが、パソコンから離れていたこの土日では今まで気付く機会がありませんでした。
そんな訳で旅先でもネカフェに齧り付く性質の私が、パソコンから離れていたのは例によって静岡へ行ってたから。
今度、静岡の実家にもインターネット回線の魔の手が伸びるとやらで、その下拵えです。
具体的には、回線工事前にどんな契約をしているのか親父さんと様子を見に行っただけのこと。
ちゃっかり無線LANの計画も混ぜ込んだので、今後はサッカーのアジアカップに白熱してもパソコンで実況を追うことができそうです。
ネット依存症になっても安心して帰省できますね。


余談はここまでにして、また別の余談。
親戚と話していたところ又姪の初節句が話題となり、ふと「この家にも昔、お雛さんってあったよね?」という流れから、じゃあ探して出してみようと決定。
基本的に面倒臭がりな人間の集まりにしては珍しい傾向です。
IMGP0005.jpg
物置にある怪しげな箱を取り出してみる。

蓋を開けて、とりあえず勘と親戚の記憶で組み立てたら御殿が出現しました。
IMGP0033_20110130212021.jpg
半世紀以上前のシロモノらしいですが、欠品も多いとか何とか。
最後にだしたのは14年前みたいでその時の新聞も一緒に発掘されました。


建物も建って一段落したら、作業も飽きてきたので今日はおしまいです。
人形はまた後日、気が向いたときに出せば良いやという話になり、暫く御殿は空き家のまま飾られることになりました。

この中途半端感が、家族だなぁと実感するときかもしれない。

追い込む論文

気が付けばあっという間にライブから一週間経過。油断なりませんね。
ツイッターで慣れ合ったり、卒論書いてる間に飛ぶように時間が過ぎていきます。
これから2月にかけては一番冷え込む時期。ますます出かけるのが億劫になって、時間が加速してしまいそうです。

そんなこんなで実験結果も出揃い、研究室内の発表予行も終わったので、ただ今卒業論文執筆中。
1週間もあれば出来るだろうと甘く見通しながら、ボチボチと手をつけてみれば結果的に1日2ページのペース。
いくら"論文はページ数じゃない!"と言っても、中身の無い学部生レベルの論文で体裁さえ整わなかったらガッカリ感満載で卒業も危うくなっちゃいます。
一定の形式に法ってまとめると概ね40ページ程度の目算。
実際は3割ぐらいが図やグラフなので行けるとは思いますが、もうちょいペースを上げないと心配かもです。


余談ながら昨日は学校の後輩の家で焼肉パーティー。
同族が8人ほど押しかけて、決して広くはない下宿で好き放題アニメ見たりオタ芸したり……たまに女装が居たり。
ふむ、誰の家行ってもやることは大差ないですね。

本物の生音

金曜日の卒研発表の予行は、どうにかこうにかそれっぽい事を言って突破完了。
トップバッターだったのが逆に幸いしてか、うやむやのままに「まぁ、いいんじゃない?」で終わらせた感がありますが、お墨付きに代わりはないので関係ないですよ。

こんな次第で憂いを払って迎えたこの土日。
去年夏の西武ドーム公演での告知以来、待ちに待った水樹奈々さんのフルオーケストラライブ"LIVE GRACE 2011"の当日です。
そんな訳で金曜の夜は飲み会のため横浜にて一泊。
土曜はその展開から帰宅せず新横浜の横浜アリーナに移動して、周辺をうろうろと徘徊です。

目的は大学の奈々必死系な知人をはじめ、フォロワーの方々などと離合集散しながら時間潰し。
むしろ時間つぶしと称したイベンターの面々との交流が楽しくて、早めに会場に展開するんですけどね。

途中、どりぷしの友人でフォロワーのダークメアさんと合流して、土曜分のチケットやら、とあるお金やらの受け渡しを。メアさんはなかなか格好いい青年、遠路はるばるやってきて、朝の7時から物販まで並んでたというのですから頭の下がる思いです。
また、この時に仙台からいらっしゃったという迅雷さんとも対面。この日の連番相手でもあり、仙台の話なども聞けて楽しかったです。
受け渡し後は彼らとも別れ、独りでコンビニ巡りしたりしながら開場の時間を待ちました。


少々、開場が遅れて開演も遅れ気味になりましたが18時半頃、開演です。
初日は北側スタンド。ステージは見辛いものの何とか見えますし、会場全体が一望出来るので観客の反応が眺められるという意味では悪くない席。
声優さんのライブは演出やステージもさる事ながら、このペンライトの海が好きなのでどこにいても損なしと感じられます。
聞くところによると、今回のライブではオーケストラの関係者の方も見に来ていて振りの統一感に驚嘆していたとか……これ自体がライブを作るひとつの演出となってる面はありますしね。

それはそれとしてオーケストラの入場から歓声が上がり、何故か音合わせからペンライトが振られ始めます。
内心、気が早いと思いつつも勢いに釣られて振り回していると、続けて指揮者の入場。
OPから映像に合わせて豪華に生演奏。鳥肌モノの迫力に、これを聴けただけでもうチケ代以上の価値はあったと思えてしまう程でした。
そして天井から降ってきて歌いだす奈々さん。
セトリは誰かが初見殺しと言っていましたが、私も聞いたことはあるもののタイトルは解らないような曲が半分以上。また知っている曲でもオーケストラ向けにアレンジされた部分あったりして、少し新鮮な感覚。
もちろん、"知らない曲慣れ"してる私には関係ないですが……。
オーケストラの迫力と、それにも負けない奈々さんの歌声だけで十二分に楽しいです。
アコースティックコーナーや、間奏のオーケストラによるボレロもあり盛り沢山の2時間半でした。
奈々さんのライブとしてはやや短い印象を受けましたが、とにかく凄いの一言に尽きました。

ライブ終了後は軽くお酒を引っ掛けてから、アッシーさんと下宿生、長野の人を交えて飲み会。
いつ寝たのか、起きたらハートキャッチプリキュアのお時間でありました。


一旦、帰宅して体勢を整えたら、隣街でサイリウムを補充して再び横アリへ。
ここで驚いたことに高校時代の同級生と遭遇です。この手の事に首を突っ込むキャラには見えなかったのですが、聞けばもう3回くらい行ってるとか……偶然って怖いです。
そんな彼としばらく雑談しているうちに入場列が動き出したので、私は列を離れて昨日に引き続いての特定芸です。
フォロワーのジノさん、げんやさん、ハンマーさんを捕捉したりしつつ、時機を待つ状態。
依頼されたチケットの仲介を済まし、列が捌けたのを見てから入場としました。

ライブ自体は前日とほぼ同様。
数曲入れ替わったのと、若干のMCの変化があったくらいでしょうか。
指揮者の藤野浩一氏にマイクが振られたのですが「実は私、奈々さんに今まで5回あってます。打ち合わせとリハと昨日、今日と~」なんてノリで、なかなか面白いトークをされる方でした。
印象深かったのは"Justice to Believe"でしょうか。バックコーラスも生でコーラス隊が入れたのですが、間奏での壮大なコーラスには生の本気を魅せつけられた気分です。
家の残念な音響では伝わりきらなかった壮大さに気付かされ、曲自体の印象も変わるほどでした。
ダブルアンコールを"POWER GATE"の合唱で締めて二日目も公演終了。

奮発して両日参加して、本当に良かったです。


そんなこんなで、諸々の連絡不足から打ち上げは無く直帰。

移動中の電車内で、オーケストラのメンバーと思われる方が雑談をしていたのが耳に入ってきましたが、やはり振りが揃っていることに驚かれてた様子。
結構、聴き込まないと難しいですよね~とか、聴衆がこのくらい曲を把握してると演奏する方も安心出来るとかとか。
演奏の難度が高いとか、何だかんだで20曲近いのハードだったとか、音合わせから歓声が上がったのはちょっと困ったとか――違った視点から見てる方の話はやっぱり興味深かったです。

盗み聞きだけなのもアレなので、声をかけてみたいとは思ったのですが……流石にそれを実行する度胸はなかったです。
もっとも、それだけの肝があれば今頃アニメ好きのイベンターなんてしてないで、違った行き方してそうですけどね。現実の壁は意外なところで姿を表します。



余談ながら、これで全財産が完全に溶けた状態……。
コミケで使い切った後、何とか臨時収入に助けられて物販代は回せたのですが、これで打ち止めです。
本当に最近、破産コースまっしぐらなお金の使い方してる気がして……矯正しないといけないです。

新居襲撃の話

全国的な悪天候に浜松ですら積もったと聞くセンター試験の週末。
統計的にも雪が降りやすいそうですが、吹雪の中の試験会場など都市伝説とばかりに殆ど快晴で押し切った関東地方。
ここまでくると何の守護か、はたまた呪いかと……超自然的な不思議を疑いたくもなります。


雪は振らずとも今年一番の冷え込みとなった日曜日。
この日は午後から電車に乗って市内移動です。
目的地は最近、市内南部に引っ越してきたネットの友人、ハルジオン兄貴のお宅です。
ネットの友人……マイミクでフォロワーでもありますが、もっと古くからのチャット仲間故に、そう表現するのもなんか違う気がする間柄。なんと呼ぶのがスマートなんでしょうね、だいぶ前から考えてますが未だに答えが出ない程度に語彙が不足しています。
そして気付けば同じ市内に居を構えてるのですから、本当に奇縁です。

引っ越し祝いの梅酒片手にお邪魔します。
二部屋ダイニング付きと、一人暮らしとは思えない広さの部屋で昼間っから"相棒"のDVDを眺めながら一杯。
軽く一人暮らしに向けてのレクチャーを受けたりしながら陽が沈む頃までのんびり。
肴にした兄貴の作った煮物美味しかったです。

その後は隣街に移動して、軽く街を案内がてらにふらりふらり。
普段、隣街でも用事のあるお店は限られているだけに、誰かを案内しながら歩くと自分でも新たに気づくこと面白いです。
料理屋さん系統は特に。
日頃、腹減ったら帰ればいいと思って眼中にないのですが、誰かと飯食べに来ると探さざるをえないので"発見"ばかりです。
単に関心がなかっただけとも言いますが、はい。
散歩後は、そんな背景の一部に過ぎなかった、とある回転寿司で軽くお夕飯。
自腹で寿司食う日がついに来るとは……とか大人の階段登った気分に浸ってみましたが、やっぱり値段が気になってアレでした。
学生の分際では生意気が過ぎたようです。


ところで今日は学校からログイン中。
先週の実験結果を先生に見せ、一応はこの内容で卒論まとめるとお墨付きを頂戴しました。
これで晴れて実験縛りからは解放です。あとはスライドと論文をまとめて、発表すれば終わりでしょう。

ちなみに今週末から、研究室内での学部生の発表の予行が始まります。
このままだと、嬉し恥ずかし地雷多しのトップバッターになりそうです。
結果を見せるタイミング、誤ったかな……。 

論文準備の話

1月も2週目に入り、どうにか平常運転の感覚が帰ってきたこの数日。

気付けば今週末はセンター試験ですね。
今年はツイッターのおかげで受験生の悲喜こもごもをリアルタイムで見てる……気分になります。
もはや受験したのも4年前のこと。今となっては、あの問題を解けるとは到底思えません。
どう考えてもあの頃が一番、お勉強できた気がします――と毎年、懐古している気がします。
何ともあれ、今でもこの時期になると受験のことを思い出し感慨深いです。


閑話休題。
1月も半ばを過ぎると、早い学校では既に卒論を提出してしまったり、卒研発表が間近に迫っているのだとか。
私の学校でも、そろそろ卒業研究も実験のデータをまとめ、論文や発表に向けた形を整えなければいけない時期です。
そんな訳で今週は久しぶりに朝から学校に向かい、ボチボチと実験必死系。
既に最低限、卒業に必要なレベルのデータは揃っているのですが、追加で測ることになった試料を一気に測定。
今週中に取り終えてしまうつもりで、火・水は時間の許す限り作業でした。
仕上げに木曜日もゼミの前に測定して、これで上手くいっていれば学生実験は全て終了のはずです。
ちなみに金曜日はセンター試験の準備のため休校。実験なんて出来なかった!

まだデータを整理していませんが、仮にダメでも白を切り通す予定と覚悟で……はい。



また学校の話から転じてアニメのこと。これで学生として見れる最後の1クールです。
来期からはおそらく、リアルタイムで見れるアニメも限られてしまうでしょう。
レポートで夜更かししても、実習で詰まっても、就活に飽きても、大体アニメを見てから寝るリズムで生活してきました。
それが出来なくなるのは残念です。
なので今期は出来れば、出来るだけ沢山、リアルタイムで見ておきたいです。

そんな冬アニメの寸評。

・インフィニット・ストラトス
原作は知りませんが、TBSアニメフェスタで見たスピード感のあるPVに惹かれて視聴。
テンプレ的な学園モノみたいですが、戦闘にスピード感があってなかなか格好いい印象でした。
ボチボチと視聴継続予定。問題はノイタミナ枠の"放浪息子"と被ること。

・夢喰いメリー
こちらもTBSアニメフェスタで気になった今期の一押し。
背景に力が篭っていることと、ヒロインのメリー(の主におヘソ)が可愛いだけでとりあえず見る価値アリ。
幼なじみも幸薄そうで好感度大! ストーリーが破綻しても気合で見るつもり。

・これはゾンビですか?
タイトルに惹かれて見てしまいました。確かラノベ原作。
テンポが早い上に、超展開ばかりでよくわからないのですが、とりあえずギャグアニメと認識。
しゃべらないネクロマンサーだったり、ネジが飛んでるとしか思えない魔装少女だったりしますが笑えたのでいいでしょう。
今期の頭からっぽで見れるアニメはコレなようですし、視聴継続予定。

・フラクタル
色々と話題だったり一押しだったりされているノイタミナ枠のアニメ。
乗り物やキャラから溢れ出るジブリ臭がありますが、スタッフ的な意味で関係あるのかは知りません。
少々、危うさも感じますが、変わった世界観で続きが気になるので見る予定。

この他に所用で第一話を見逃した"まどか☆マギカ"と、全く無視してたのですが1話後に評判の良かった"放浪息子"も2話目を視聴予定。
放送前は不作不作と言われていましたが、蓋を開けてみれば妙に見るアニメが多い気がします。


また、これとは別に"這いよるニャルアニ"なる5分にも満たない素人がフラッシュで作ったようなシュールなアニメも視聴予定。
"這いよれ ニャル子さん"なるラノベのアニメらしいのですが、本編を追ってるとは到底思えないので……逆に原作が気になります。
小金が出来たら購入を検討したいのですが、こういう変なものにやたらと惹かれてしまうのはなぜでしょう。
とりあえず、考えることを放棄したお話が大好きです!

雪見の話

年も明けて最初の三連休となった今週末。
月曜には横浜市の成人式があったようで、新横浜駅前は振袖姿の集団で賑わっていたり。
成人式も遠い過去になってしまいましたねぇ~とか適当なこと言ってみたりみなかったりしましょう。


そんな三連休前半の土日のこと。年末以来、豪雪の話題に事欠かない今冬。
何となく雪見もしたくなったので、親父さんを言いくるめてスポンサーになってもらい、1泊2日の雪見旅行に行ってみました。


そんなこんなで土曜日は朝も5時過ぎから列車に乗り込み、東北本線をまずは北上です。
郡山から会津若松に向けて磐越西線に乗り換えると、いよいよ雪もチラホラと見え始め、気づけばすっかり雪景色に変わります。

会津若松で昼食をとったら、ここで今回の主役、只見線に乗り換えです。
只見線は、会津若松から国内有数の豪雪地帯や俗に秘境駅と呼ばれる山間の小さな駅を抜けて、新潟県の小出に至る典型的なローカル線です。
IMGP0073 (2) IMGP0078 (2)
全線を通り抜けるのは日に3往復しか無い程の過疎路線ですが、この季節には返ってその過疎ぶりが人気を呼んでかこの混雑具合。
個人的な経験則として、18きっぷシーズンの土日は本数の少ない絵に書いたようなローカル線よりも、時間1本程度は走っている地方幹線の方が落ち着いている……ような気がします。あくまで私の主観ですが。

そんなことはさておいて、出発の時刻となったらいざ雪深し奥会津に出発です。
途中の会津宮下駅での時間調整風景はこんな感じ。
IMGP0094 (2) IMGP0096 (2)
私らと同族の暇人たちが列車にカメラを向けて群がり、まるで何かの見世物のよう。

そしてまた沿線の雪景もかなりの素晴らしさ。
IMGP0135 (2) IMGP0145 (2)
雪に閉ざされた駅共々、漠然とした「雪国」のイメージそのままの光景に見入るばかりです。
列車が上流に向かうほど、雪もまた深くなっていく様子。
IMGP0166 (2) IMGP0167 (2)
雪原かと思ったら、道路だったり墓場だったり……辛うじて雪から頭を出している部分だけが本来の役割を示しているような状態でした。

そんなこんなで列車はこの日の目的地、只見駅に到着です。
IMGP0180_20110110225612.jpg IMGP0190.jpg
積雪1mオーバーとか……ホントに都市伝説の領域。
この駅では唯一の列車交換も行われました。本来はもう少し手前の駅で行われる予定だったのですが、除雪の影響で反対方向の列車が遅れ、只見駅になったのだとか。
IMGP0194.jpg IMGP0199.jpg
雪を掻き分けるディーゼルカーは本当に力強い。
そして列車も去り、誰も居なくなった駅のホームも風情があります。
IMGP0205.jpg IMGP0208.jpg
あとポイントの融雪装置がちょっと気に入ったり。
ちなみにこの駅で降りたのは私と親父さんともう一人の3人だけ。ここまで来た大半の乗客はこのまま小出へ向かうようでした。
上越線を経由すると、ギリギリで関東に帰れるのだとかなんとか。

そんなこんなで到着しました只見町。駅前から続く道は絵に描いたような雪の田舎。
IMGP0213.jpg IMGP0217_20110110230746.jpg
国道が融雪用のスプリンクラーで濡れてる光景も生で見るのは初めてです。
5cmも積もれば町が混乱に陥る神奈川の人間としては、どれもこれも憧れと驚きを持って見る風景。
一々、凄い雪国だ! とTwitter上ではしゃいでいたら、雪国在住のフォロワーさんに"当たり前過ぎて……”と言われてしまいましたが……こちらは初めて見るのですから興奮せざるを得ませんでした。

この日はこの雪道を辿って、予約していた宿に向かい一泊。
地酒と山の幸で一杯やって早々に就寝と致しました。


翌朝はミゾレ混じりの雨模様からスタート。
この季節に雨が振るのは珍しいという宿の方の言のとおり、程なくして降ってくるものは雪に変わりました。
朝食を採って一息ついたのはいいものの、列車の時間まではまだ暫く間があります。
始発列車が9時少し前ですから、選択肢はありません。
とりあえず散歩がてらに駅の裏手に神社を見つけたので、参拝しに行きました。
IMGP0024_20110110232423.jpg IMGP0018.jpg
雪中行軍!
これでも先駆者がいたようで、どうにか踏み跡があるからいいようなものの……よく見ると踏切のところには"冬の間 通行止めになります”の文言が。

この後は、来た道をもどって駅に向かい、小出行きの列車をお出迎えです。
IMGP0028_20110110232810.jpg IMGP0032.jpg
写真には写りにくいのですが、実は割と吹雪いてました。
幸いなことに定刻通り到着した列車に乗り込んで、昨日に引き続き雪景鑑賞。
IMGP0050_20110110233145.jpg IMGP0078.jpg
小出駅で上越線に乗り換え、六日町からはほくほく線を経由して十日町へ移動です。

ここから再び豪雪路線の飯山線に乗車。
こちらの車両は国鉄型では無くJRになってからの新型車ですが、雪に彩られると十分に迫力ありますね。
IMGP0093.jpg IMGP0109.jpg
新潟から県境をまたいで長野の盆地に入ると、みるみる雪が少なくなって線路も見慣れたバラストの色に。
こうやってみると長野は意外と雪が降らないということなのでしょうか。

この後はしなの鉄道経由で小諸に向かい、小海線に乗って鉄道日本最高地点を経由し小淵沢駅へ。
これだけでも初乗車区間ばかりで、十分に乗り鉄が成り立つのですが、今回の旅行はここまでのインパクトが強すぎたので軽く流す感じに過ぎてゆきました。


そんなこんなで駆け足旅行。小淵沢以降は乗り慣れた中央東線を乗り継いで地元に帰還。
お土産は適当に家で飲む用の地酒のみです。
一息ついたら、ふらっと飲み会に行ってしまったのは余談となりましょう。
特にオチもないです、はい。

年末回想の話

改めまして、明けましておめでとうございます。

年始は元日の日付が変わった頃から”迷い猫オーバーラン!”の一挙放送を最後まで見て、一旦就寝。
9時過ぎに起床して、ボチボチとJRで移動して静岡へ。
残りは、例年通り静岡の親の実家にて飲み散らかして過ごした三が日でした。

従兄夫妻の娘という新キャラも投入され、心なしか活気があった気のする3日間。
来年からちびっ子にお年玉をと、無言の圧力を各方向から受けたような気がしなくもないですが仕方ないでしょう。
「浮いた話聞かせろや」って圧力よりは多分、マシですから。

そんなこんなで話はいつものごとく遡って昨年の12/29の話から順を追いましょう。


29日は企業ブースでグッズ必死系が全力を出すコミケ初日

日付が変わった瞬間からツイッター上では"なのは完売"の文字列が乱舞しましたが、慌てず騒がずひとまず就寝。
5時頃、起床と例年よりはマッタリとした出発で会場の有明へ。
いつもの東急線経由で向かい、道中の大井町駅でマイミクのpuffeさんと合流。
そのまま7時20分頃に西側の待機列に到着です。

この時間帯の到着となると、待機列に到着後も列を固定して座らせるような事はせず、とりあえず立ちっぱなしで開場を待ちます。
puffeさんと適当に雑談しながら、開場待機。
幸いに日も射していたので寒さに凍えることもなく、むしろ快適な程度で開場の10時に。
快調に列は動きだしたものの、西1・2と西4ホールへの列を分けた辺りから上へ登る階段あたりまでの流れが悪く、入場したのは40分後。
しかしそれでも、到着した時間を考えれば十分なタイミングでしょう。

もともと長蛇の列が出来るブースは目当てとしてなかったので、さっさと購入完了したら続いてARIA島に移動。
ここで色々と物色しつつ、マイミクでARIA本を出されているごんちさんに色紙の依頼です。
ごんちさんの絵は柔らかみがあってかなり好みな画風。折角の機会なのでとお願いしてみると快く引き受けて下さいました。
完成まで暫く掛かるということで、その後は閉会近くまで特に当て所なく回遊です。
途中で大学の友人連中と出会したのでそのまま合流することになりました。
彼らは始発より早く並ぶ程度に必死な方々。
手分けして積極的に連絡を取り合いながら、必要なものを買い漁るさまはまさに戦争と呼ぶに相応しい激しさでした。
これはこれで楽しそうですが、回遊が好きな私としてはこれからも独自行動路線でしょう。

大井町で彼らと別れて一度帰宅です。
帰ってそうそう寝落ちしつつも、情報交換をして翌日に備えて就寝です。


明けて30日は東方が大変なことになるコミケ二日目
この日は急遽、ヘクマティアルさんと合流することになり、始発で展開して会場へ。
東館の待機列にてこの日、マイミクになった無料さんはじめヘクマティアルさんのご友人方と合流しての待機となりました。
余談ながら、今回のコミケは服装にこだわることで荷物低減を目指してみたり。
具体的には昨今流行りの防寒仕様の肌着やジーパンを着てみる次第です。
この年末は比較的暖かかったこともあり、比較は難しいですがやはりそれなりに効果はある模様。直接、冷たい床などに触れるとダメですが、ワンクッション置いた状態では全然違いました。

そんなこんなでこの日も雑談しているうちに無事に入場。
あり得ない混雑ぶりをかいくぐり、一部の購入は早々に放棄しつつも一揃い目的のサークルは回ることが出来たので問題はなしでしょう。
無性にグッズ類が買いたい衝動を抑えられず、ふらふらと東方グッズのサークルを回っていました。

帰る前にヘクマティアルさんと合流し、そのまま閉会を待たずに会場を後に。
何となく彼と同じ方向へ行くため、ゆりかもめを利用してみることになりました。
実のところ、コミケ期間にゆりかもめに乗るのは初めてのこと。車窓に映る光景は会場から撤収する人の流れを見下ろす構図となり、なかなかに壮観でした。

帰宅後はこの日も早々に寝落ち。
一旦、目覚めて今年のコミケ向け飲み物のオレンジティーで一服して、翌日の予定を調整しつつ就寝としました。


そしてついに大晦日。世にエロ本必死系と言い触らすコミケ三日目です。
実際には薄くて高い本ばかりでも、必ずしもエロイものばかりではないのですが……その辺は内輪向けのインパクト重視で生きてます。
そんな訳で、始発の列車内で初日に続いてpuffeさんと彼の友人うみねこさんと合流。
真っ当に乗り継いで待機列に固定されたのは0640頃のこと。今回も東側です。
駅から東駐車場までの移動に20分近く費やされるのは、無視できない勘案事項かと感じている今日この頃。

この日は早めだったので雑談などしつつ、たまに友人へ挨拶しに行ってみたり。
今回は3日間とも全て始発以降の待機となったのは、経験的に見て大手以外なら割とどうにかなるのかなと思い始めたから。
10時ぐらいに着いても1時間ほど待てば入れてしまうそうですし、もはや"やることやった"と言う建前と"コミケ待機列に並ぶことそのもの"が目的になっている感じです。
でも、やっぱり並ばないと物足りなく感じてしまうはずでしょう。

それはさておいて、無事に10時には開会され20分ほどで入場。
この日は東西両館にまんべんなく目当てのジャンルが散らばっていて難儀なところ。
同行者が東目当てだったので東に並びましたが、入場したらすぐさま、なのは島のある西館に全速で移動です。
会場から数十分の段階といえば、既にある程度買い物を終えた人らが東西の移動を開始している段階。
流れが渋滞し始める前なのが幸いし、比較的スムースに経路を通過して目的地に展開です。

西にて買うものを買ったら、既に大渋滞となっていた通路に耐えて再び東側に。
鉄道やミリタリ、評論や創作、同人ソフトとあまたの興味深いジャンルをハシゴしていれば、13時を回る前に予算を全て使いきり弾切れです。
買うことも出来なくなったら、何となくまたしても大学の友人連中と合流して荷物番のお手伝いやら、コスプレ見物やらで閉会まで滞留。
どうしても場を離れるのは名残惜しいのです。

そうこしているうちに、15時も過ぎたので最後にもう一回りと西館をふらりふらり。
知人数名とある壁サークルの看板やポスターを賭けたジャンケン大会に参戦です。
ここで驚いたことに知人が見事、戦利品を射止める快挙。じゃんけん強すぎて羨ましいところです。
こちらは当然のこと坊主ですが、折角なので彼の戦利品を囲みながらの撤収となりました。


斯様な次第で18時過ぎに帰宅。しかしこれで終わらないのが大晦日。
とって返すように、高校の最寄り駅に向かい高校時代の同級生達と合流です。
大半が1年近くあってない面々。しかし相変わらずのネットとアニメと科学とメカに塗れた面々です。

何をどうトチ狂ったのか、事ココに及んで忘年会での召集です。
さすがに時期が時期だけに集まったのは6名ほどでしたが、居酒屋にて鍋をつつきながら妙に盛り上がらない雑談会。
盛り上がりに欠けつつもマッタリ会が進むのもこの面々の定番。
リーダー格も居ないまま、何故か高校の近辺をウロチョロしたり、そのまま考えなくマックに流れこむのも、いつも通りの安定感があります。
イイ具合なグダグダを引きずったまま終電間際にボチボチと解散。何故か年は越しません。
そして帰宅してTVを付けたところで年も変わり、年始の迷い猫へと繋がりました。

迷い猫、放送当時は1話目で切ってしまったのですが改めて見ると十分に面白いですね。
突込みどころ満載ですが、年越しのテンションで実況しながら見るには十二分過ぎました。
そしてメイドコンビがなかなか……予告が素晴らしいです。


さて、最後の最後にコミケの戦利品の紹介。
IMGP0001 (5) IMGP0002 (4)
最大のものはやはり左写真下の色紙でしょうか。他のもので被りまくりですが……えぇ。
あと物理的に大きい物としては、タペストリー。
IMGP0003 (3)
ルナ姉が可愛すぎて衝動買いしました。

いつのまにやら明けました

年賀
いつものごとく、あけましておめでとうございます。

昨年まではイベントに旅行にと学生必死系でしたが、今年は順当に生きてれば4月から社壊人。
今までのように気ままに動きまわることは難しくなってしまいそうです。
が、代わりに扱える資金はずっと増えるはず。
そんな一縷の希望を信じて、今まで予算的に出来なかったようなことに挑戦出来たらと思うところです。

相変わらずのグダグダは続くでしょうし、遠征や突発イベントは少なくなってしまいますが……。
本年もどうか、見捨てずよろしくお願いします。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2011-01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad