月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


大晦日!


今年も大晦日の日の出はコミケ待機列から。
西館が先なのですが、付き合いにて東側に待機中です。
今年最後の一日、薄くて高い本に全力全開の予定です。



今年は多くの人に出会い、いろんなことを教えられた1年でした。
お会いした方もそうでない方も、本当にありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

最後の生音

12月も気づけば残すところ4日ばかり。
クリスマスの飾りも片付いて、世間はすっかり年の瀬モード。
アニメも最終回ラッシュが続き、今年もやり残したことを悔いる頃合いですね。


そんな歳末の処理、具体的に言えば冬コミの準備に追われるべき27日月曜日のこと。
午後から準備を切り上げて、有楽町の東京国際フォーラムまで出張って、今年最後のライブに参加です。

参加したのは"Girls Dead Monster Last Live final operation"。
AB!の劇中から飛び出したバンド、ガールズデッドモンスターの最後の活動となるライブです。
ガルデモのライブ、当初はそこまで関心なかったのですがMJで聴いて以来、一度くらい行きたいなと思ってるうちに、あれよあれよと機会が巡りラストライブのチケットを確保です。

今回は諸々の都合で開場時刻ギリギリに到着し、友人と軽く雑談したまますぐに入場へ。
中の人によるドラマCDのような寸劇(?)を前座において、ステージの幕は上がりました。
AB!のOP”My Soul,Your Beats!”のガルデモVerからライムスタート。

相変わらずセトリは割愛しますが、全体的にはLiSA→marina→LiSAの3部構成で展開。
CrowSongを始めとした熱い跳び曲から、しんみりとしたバラードまでガルデモの曲は網羅するように歌われました。
特に"My Song"のあたりでは、示し合わせたように誰もがサイリウムを振るのをやめ、聴きいっていたのが印象的でした。
みのりんの"sing for you"やスフィアでのあやひの時共々、最近この手の反応が流行ってるのかとも勘繰りたくなりますが、じっくり聴き入るのも良いものです。
最後の曲にはアニメEDの"Brave Song"をファンとの合唱形式で締めくくり。
アンコール時には、麻枝准氏が登場してボーカル二人に花束を渡したり、さらには再びの"CrowSong"では食券が舞う演出があったり。
ステージの構造も劇中ライブのステージを模した構造をしてるなど、気の利いた演出もあり。
時に熱く時に泣かせる、本当に楽しいライブでした。


そんなこんなで今年のライブはこれにて全て終了。
月1を超えるペースで行っていたような気がしなくもない1年で、気付けば懐具合は常に綱渡りの有様です。
遠征や、声優さん以外のライブ、オタ芸などの厄介な人のことまで……友人も妙なことを覚えて染まってしまい、年の始めには想像しなかった程にイベンター化してしまいました。
来年もこの調子で行けたら楽しそうだと、願うばかりです。


そして残すイベントは正真正銘コミケのみ。
最後の3日間に全力全開で傾注するのみ! ――と思ったら預金が1万円しかないことが発覚です。
イベンターしすぎですね、どうなることか!!!

年内課題の修了

世間は聖夜ですか、そうですか。ホワイトクリスマスはそのまま埋まることはありませんでした、はい。


天気予報も的中して、寒々しい大気にも挫けず休日の23日もイブの24も揃って学校にて後輩の実習のお手伝いしてました。
発表用のパワーポイントを作ったり、グラフをまとめたりと――去年やったことなど忘れかけているので、自分も思い出しながらの作業です。
まだまだ教えるには経験不足と言わざるをえず、指導に詰まったりと不勉強を痛感させられる次第です。
ただ逆に言えば一から丁寧な確認が必要となる作業だけに、今まで曖昧に済ませてしまったことを復習できるいい機会でもありました。
この経験が卒研発表に役立てばいいのですが……。

そしてまたこの日程、配属から9ヶ月が経ち、研究室に私物が積み上げている私はまだマシな方。
いざとなればパソコン立ち上げて、適当に椅子繋ぎ合わせて寝っ転がりながらネットサーフィンだってありなんですからね。
むしろ客人扱いで研究室に呼び出され、休みを磨り潰しながらも未知のプレゼンテーションに備える後輩さんこそ、本当に大変としか言い様がないです。
去年の私は、ほとんど研究室には顔を出さず、家で済ましてたなと思い出があります。
それと比べて、彼の真面目さに敬意を抱きながら、ゴロゴロと椅子で遊んでいる――そんな昼下がりです。


それはそれとして、去る21日火曜日はついに話題の学会発表がありました。
正確にはとある学会の学術シンポジウムにてポスターセッションとやらに参加してきた訳ですが、学会とかシンポジウムとか、違いもよくわからないのでとにかく「学会発表」です。

発表は前後半に別れており、前半は特にやることもないので会場内をふらふらとお勉強。
いろんな研究テーマがあるんだなと、素直に感心する次第です。
同じ材料系とか物理系で括られていても、テーマの意味すら解らないようなレベルで縁のない研究もあり、観て回るだけでちょっと知識の幅が広がったような気分です。

そして後半はお待ちかねの晒し者タイムこと、発表の番。
晒し者とは行っても、研究内容をまとめたポスターを壁に貼り付けて、興味を持った人が来たら説明するくらい。
誰も来なければこれほど気楽なものはないでしょう。
そして祈りが通じたのか、幸か不幸か、研究テーマが比較的マニアックなためか、それともショボいポスターが魔除けになったのか、時間中に話を来たのは数える程。
聞いてくる人にしても暇つぶし程度なので、内容を深く抉ってくる質問も無いイージーモード。
もはや”発表”と呼べるのかどうかも怪しい状態でしたが、どうにか無事逃げきってしまいました。
めでたしめでたしです。


そんな訳で翌日の学校の大掃除もこなし、最後に研究室の忘年会。
前回の飲み会では私はかなりフィーバーしてたという評価だったようで、今回も”期待”してると言われてしまったり。
話を振られたら、とりあえずアニメネタで返してたのが良くなかったみたいですね。
どうにもお酒が入ると、ハメが外れて仲間内でやるのと同じノリになってしまう様で……一般人の前では痛々しいので自重したのですが、他に話題を知らないのが残念な人です。

流石に長丁場は居たたまれないので、参加は1次会だけにして、その後は終電を盾にして早々に離脱です。
ふらふら気分で、酒臭い車内のアルコール度数向上に貢献しつつ、帰宅となりました。


そんなこんなでドタバタしているうちに、気付けば年内の学校の予定も無事に終了。
気付けばコミケまで一週間を切っていますし、年末年始の迎撃準備を早いところ始めないといけませんね。
最悪最大の問題は、イベンターのし過ぎでお金が無いことですが……こればっかりはどうしたものか。

結婚式に行った話

クリスマス前後より本格的な寒さが到来すると天気予報も告げる12月の第3週。
外も寒ければ、財布の中身もお寒い状況。冬コミ向けに資金を振り分けられるのか、怪しい状況。
加えて誰かが「24・25は予定が真っ白。まさにホワイトクリスマスwwww」みたいな事をツイートしてた気がしますが、事情はこちらも同じこと。
友人とトマト鍋でもつつく事になりそうなならなさそうな、良くわからない感じ。


独り身には居た堪れない季節の到来のなか、追い打ちをかけるように先の土曜日は従姉の結婚式がありました。
朝から早起きしてスーツを着こみ、東京駅前の会場まで家族で移動。親戚の控え室で従姉一家と合流です。
去年もほぼ同時期に従兄の結婚式があったのですが、その従兄夫妻に生まれた娘さんも既に生後5ヶ月。
新生児室で見たときと比べると、すっかり人間の形になっていて赤ん坊の成長の速さに驚きました。
主役の座を奪っちゃいそう云々とか冗談抜かしながら、暫く待てば結婚披露宴の始まりです。

昼間から酒呑んでご飯を食べて……殆どそんな感じ。
親戚枠の繋がりでは同じテーブルには家族ばかり。
かと言って他の席の賓客の方と絡む訳にも行かないので、とりあえずビールとワインを御馳走になることしか出来ませんでした。
幸か不幸か「次は君の番だね」といった心をハンダゴテで抉るような事は言われなかったので、良かったとしましょうか。


余談ながら結婚式から帰宅したら、そのままひと休みして横浜に向かい、長野の人の家でたこ焼きを焼いてみる会。
気付けば、そのままの流れで翌朝8時過ぎまで”リトルビッグプラネット”をプレイし続け、かなりグロッキーな状態で帰路に着くこととなりました。

帰ってみると親に「こんな生活が出来るのも残り少ないよ~」と釘を刺される始末。
なんてことでしょう……。

普通の飲み会の話

オタ芸カラオケから一週間、来週の学会に向けて実験の追い込み! と見せかけて実はあまり実験してなかった日々が続きました。
それでもデータをまとめたり、ツイッターに興じたりと、じわりじわりと持ち込んだ私物で学校に居付き気味です。
友人宅や研究室に泊まり込むのも板についてきた最近は、駅まで歩くのすら面倒臭く感じてしまう有様です。


そんなこんなで昨日は昨日とて、バイト明けに飲み会はと誘われたので、帰るよりも楽だと参加表明です。
今回の面子は研究室の先輩と同輩の4人。実は研究室の面々と個人的に呑むのはこれが初めて。
あまり交流の無い方々と飲むので話題がよくわからない感……ですが、いい機会ですよね。

――と、前向きに行ったは良いのですが、滅多に行かない居酒屋での飲み会。
加えて、好みの女性の話やら、スポーツの話題やらと慣れない話題を振られて、なんと答えたものか上手い切り返しがわからない。
これが世に云うリア充のノリか~とか考えながら、仕方ないので、とりあえず注がれるがままに呑んじゃうことで乗り切る方針に決定。
注いで飲ます事自体が、普段の飲み会では考えられない事なので、これはこれで慣れないことなのですが……お酒は好きですから!

斯様な次第で、ときには杯を呷って逃げ、たまには訳の分からない返しで切り抜けながらも、気付けば段々と記憶が曖昧です。
幸いに前後不覚とまではならず、終電が終わってからお店を切り上げ。その頃にはテンションも壊れてワイワイ騒ぎながら研究室に移動して追加でもう一呑み。いい加減、きつくなって来たので脱走して、友人の家に転がり込んで一泊する流れだけは覚えています。


当然のこと、今日は学校も午後から登校。二日酔いで頭ふわふわです。
研究室に行けば、その後も呑んでいたらしい先輩が虫の息で転がってるわ、他の方は夕方まで来ないわ……でも、これはどちらかというと平常運転かもですね。

来週には研究室全体での忘年会、時期が時期だけに似た様な展開になりそうなのが目に浮かびます。


そんなこんなで割と年末シーズン。
そろそろ予定を決めて、各方面との調整もしなきゃいけない時期です。

とりあえず年の瀬4日間はコミケに展開。毎年のことなのでこれは確定でしょう。
今年は去年のようなライブ日程は組み込まれてないので余裕があるハズです。

あとは忘年会があと何回あることか……。
今月のクレジットカードの請求が3万(※主に年明けの奈々さんライブ)もあるので、迂闊なことが出来ないです。

偵都の話

12月も中旬に突入して、昼過ぎから日が斜めに射す事に冬至の近さを実感します。

先の金曜は不意に実験がキャンセルとなり、久しぶりに本当に何もしないうちに終わってしまいました。
その反動か、土曜は出かけない訳には行かない気がして、不思議と朝から目が覚めてしまいました。
折角なのでと、少し前から温めていたミルキィホームズの聖地巡礼に横浜に出発です。


乗り慣れた電車を乗り継いで桜木町駅で下車。
みなとみらいの玄関口だけあり、土曜の朝は混雑気味です。
ミルキィホームズの舞台は"偵都ヨコハマ"。その名のとおり横浜をモデルにしていて、時折ですが実在する光景が出てきます。
そんな次第で、余り深くは考えず何となく場所の予想もつくとこだけ巡ってみることにしました。

まずは駅近くを使われている10話のネタから、超横浜美術館別館こと横浜ランドマークタワー近隣のカット。
IMGP0005 (2) → 探偵オペラ ミルキィホームズ第10話-5
見ればわかりますよね……はい。
ランドマークタワーのお膝元、横浜ロイヤルパークホテルの正面入口前から撮影です。
IMGP0004 (2)探偵オペラ ミルキィホームズ第10話-6
超横浜美術館別館に駆けつけるミルキィーホームズたちのカット。
背後に日本丸(と思われる帆船)を見えるので、おそらくこんな具合でしょう。
撮影は同じくホテル入口の歩道からです。
IMGP0006 (2)探偵オペラ ミルキィホームズ第10話-7
同じ立ち位置から振り返るとこんな具合に。
駆けつけた4人組をG4が迎撃(?)するシーンと柱の形が一致するので、間違いないハズ。

IMGP0017.jpg探偵オペラ ミルキィホームズ第4話
ちなみに横浜美術館は実在します。
桜木町駅から見るとランドマークタワーの裏側あたり。第4話などで出てきてます。


ここから次のポイントの山下公園まで徒歩で移動。
IMGP0028.jpg探偵オペラ ミルキィホームズ第10話
道中、折角行き当たって撮ったので、OPのワンカット。
新港パークの緑地から撮ったのですが、少し観覧車とランドマークタワーの位置関係が違います。
もうちょっと慎重に歩けば、見つけられたかもしれませんが……そこまではこだわらない主義と言い訳ます。

ついでのついでで大桟橋埠頭にも行ったので、このカットも。
IMGP0056.jpg探偵オペラ ミルキィホームズ第5話-3
第5話の最後のほうで、船旅に出る二人組の女怪盗を見送るシーンです。
最初は大桟橋の根元の辺りから適当に撮って済ますつもりだったのですが、右のかまぼこみたいな建物の見え方が気になって歩いているうちに、先端の方まで来てしまいました。
船を見送るシチュエーションを考えると、大桟橋の先端なのは妥当なのでしょう。


そして目的地の山下公園に到着。
好天に恵まれた土曜ということで、家族連れやらカップルやらで賑わっていました。
まさに平和といった感。カモメが鳴いて、海沿いのいい雰囲気です。
IMGP0065_20101212193559.jpg探偵オペラ ミルキィホームズ第5話-2
同じく第5話の、今度は序盤のカット。女怪盗のトイズでトラックが吹っ飛ぶシーン。
実際には車道ではありませんが、マリンタワーの位置関係や海岸側の柵の形が一致しているのはこの辺りです。

ちなみに池も探したのですが……。
IMGP0076_20101212193558.jpg探偵オペラ ミルキィホームズ第5話
噴水しかありませんでした。
山下公園で内水と海が同時に見える位置はこの辺りしか無いのですが……う~ん。

ちなみに彼女らがきのこを焼いていた辺りは特に探していません。
が、雰囲気そっくり。
IMGP0074_20101212193557.jpg IMGP0088_20101212194421.jpg 
お姉さんがレジャーシート敷いて読書していたり、割と七輪できのこ焼いていても違和感ないかもしれません。
右の写真は帰りがけに中華街を経由して寄った加賀町警察署の正面。
G4の出動シーンなどで出てくる警察署はここがモデル……らしいです。確かに形は似ています。


最後に列車に乗って横浜駅へ移動。西口駅前でデジカメを構える不審者ごっこをして締めです。
IMGP0090.jpg探偵オペラ ミルキィホームズ第10話-2
第10話冒頭に出てきたデパートのシーン。この後、彼女たちは物産展で試食を"収穫"するのですが、この日は特にその手の催し物はなかったみたいです。

収穫後は屋上と思われる場所で歓談するカットがあるのですが、実際の高島屋の屋上はこんな具合。
IMGP0092.jpg探偵オペラ ミルキィホームズ第10話-3
雑談は出来るでしょうが、背景や机の形が一致する場所は残念ながらありませんでした。


そんなわけで参考画像が用意できたカットは概ねこんな具合。
この後はバイト先の忘年会があるため、舞台探しを切り上げて学校へ向かうことになりました。


忘年会後、今度はイベンター仲間で徹夜のカラオケ大会をしたのですが、これはまさに"動物園"の形容がぴったり来る有様。
二人が対面で打ち合うさまを周りから煽ったりとオタ芸ファイトクラブの様な惨状でしたが、これはまた別の話としましょう。

新実験の話

12月も既に1週間以上が終わっている現実に驚きを隠せない今日この頃。
1年で一番日が短い季節だけあり、4限の終わる頃には日が傾き帰る頃には真っ暗になっています。
午前中を寝て過ごし、午後は研究室、夜更かしだけはお得意の私にとっては、登校時だけが日に当たるタイミングと行っても過言ではない状況です。


そんな訳で先の聖地巡礼以来、平日は殊勝に学校に通っています。
月曜には卒業研究に最低限必要な実験データが一揃い測り終わり、何とか肩の荷も下りた感。
学会発表にも間に合いましたし、どうにか最大の関門は逃げ切った様です。

なので、火曜からは余裕も出来たので新しめの実験も追加。
試料を変なオイルに浸けてコトコト煮込みながら、3000Vの高電圧を暫くかけてみる遊びです。
これで物質の性質が変化したら面白いな~と、思いつつも内心は余り期待していないところ。
建前的にも卒研発表的にも上手くいってもらった方が嬉しいのですが、事実上のエクストラステージ。
どう転んでも卒業はできると思うと気楽な限りです。


気も抜けたので、そろそろ見てないアニメをDVDで借りて見る作業がしたいのですが、動かせる現金がないのがネックなこと。
とりあえずは先日の天体観測に絡めて”宙のまにまに”が見たいかなと思ったり思わなかったり。

それとは別に、ツタヤの100円セールで借りてみた”ホッタラケの島”を見ておいたり。
CGが少々、気持ち悪いように感じましたが、慣れてしまえばホッタラケの島の珍妙な光景が面白い映画でした。
物語自体は……悪くなかったかと思います。



余談ながら肝心要の学生最後の冬休みは概ね23日頃から。
あまり乗り気ではなかったゼミもあと2回で終わりで、実験さえこなせばあとは時の流れるまま。
実験漬けかと心配してましたが、どうやらコミケに専念できそうです。

下町聖地散歩

気付けば12月も既に5日。
コミケカタログも発売され、世はクリスマスの彩りに飾られ、年の瀬が目前に迫ってるのがよく伝わってきます。
忘年会にイベントに……出費が厳しい季節の到来に、身も懐が一番寒いです。


さて、そんなこんなで師走も冒頭はイベントの空白期ということで久しぶりに関東近隣へおでかけ。
東急線を乗り継いで、降りるは東急多摩川線の武蔵新田駅です。
現地で友人Kと合流し、駅前商店街に繰り出しましょう。

今回の目的はこんな感じの街探し。
IMGP0038.jpg←→それでも町は廻っている #08[字]_11260329
右側は”それでも町は廻っている”のワンシーンですが、構図とかガン無視なことを除けば、だいたいイイ具合な一致ぶりです。
そんな訳で、久しぶりのお出かけは聖地巡礼の新ネタ探しにやって参りました。

――とは、言ったものの今回の聖地は比較的機能を残し、未だに人の賑わう商店街。
IMGP0008_20101205174012.jpg IMGP0036_20101205174011.jpg
巡礼必死系でもない私には、人目に耐えてまで構図を検証する気にはなれませんでした。
仕方ないので、ざっくりとした流れで気になった所だけ撮影して済ましてしまいました。

ハードルが低いのは武蔵新田駅の商店街をしばらく進んだ先にある新田神社。
IMGP0013.jpg IMGP0026.jpg
OPには狛犬が、EDでは正面からの絵が使われています。
祭神は新田義興。南北朝時代の南朝方の武将だそうで、祭神にしては新しめな感覚です。
何でも罠にはめられて矢口渡で殺害されて以来、犯人一族を祟ったり怪異を起こしたりするために祀られているのだとか。
ご由緒だけでは、どうにも執念深い怨霊としか読めませんが地域では英雄として祀られているのだとか。

他にもこの周辺には紺先輩のアパートの近所に使われた構図が何枚か。
IMGP0049_20101205175152.jpg IMGP0050_20101205175151.jpg
比較画像? そんなものありませんよ、えぇ……録画失敗ばかりでしたので。ごめんなさい。
余談ながら紺先輩のアパートそのものと思われる建物もあったのですが、普通に人の暮らしていそうな家だったので、流石に撮るのが躊躇われました。よって割愛です。

武蔵新田周辺をめぐったら、続けて徒歩でとなりの下丸子駅へ移動。
それ町では丸子町商店街となっていますが、実際は下丸子商栄会という名前。上丸子も近くにあった気がします。
IMGP0054.jpg IMGP0061.jpg
全くの余談ですが、この近隣はやたらと銭湯とコインランドリーが目についた印象。
お風呂や洗濯機が無い古い家が多いためなのでしょうか、趣きがあって非常に目につきました。

そしてこちらの商店街も割と人が多め。流石は都内の下町といったところか、土曜日に来たのが不味かったのか。
IMGP0088.jpg IMGP0080_20101205180031.jpg
喫茶シーサイドのモデルになったと言われる喫茶店も確認です。
少し細い道に入ったちょっと分かり難いところにありました。ただし隣は歯科ではありません。

IMGP0094_20101205180649.jpg
下丸子商栄会のメインストリートは、駅前から少しずれたところに。
エンジン付きキックボード(?)で走るには十分な道幅ですが、大人しく歩いていけばいいと思う距離です。
当然ながら魚屋、床屋、八百屋のモデルと思われるお店も確認できました。

以上で巡礼は終了。
構図を考えることもなかったので比較的ざっくりと回りましたが、賑わう商店街やご近所の世間話、様々な個人商店と、それ町の作中と同じような空気感が本当に残っていたことには驚きました。
フワフワと歩きまわるにはイイ雰囲気ですが、観光地気分で訪れる所ではないといった印象でした。

一つ、気になったのは新田神社近くの酒屋さんにあった、好きな文字を酒瓶のラベルに書いて貼れるサービスでしょうか。
色々と美味しそうな酒もおいてあって、割と気になります。


巡礼後は一旦、大倉山に寄り道した後、日没に合わせて自宅から車を失敬して丹沢山中のヤビツ峠へ。
夏ごろ、星がみたいな~とボヤいていたので、冬にしましょうとKと話していました。
そしてこの日は折よく、冬空の快晴で土曜日に新月と考えうる最高の条件が揃ったので、お出かけの流れのまま行ってみることに決定です。

まずは秦野側からのアプローチの途中にある菜の花台にて。
IMG_0249.jpg IMG_0261.jpg
夜景がきれいな場所ということで、恐ろしきリア充の巣窟状態。
カメラに三脚立てて、野郎二人で写真撮影に興じてる図は楽しくもあり寂しくもあるのです。

その後はさらに山を登りヤビツ峠の鞍部付近にある駐車場へ。
IMG_0290.jpg IMG_0293.jpg
街灯りも殆ど入らず、外灯もないため、この近隣では最も星空を見るのに向いているポイントです。
寒い時期ということでほとんど人がいませんでしたが、それでも暇そうな若者や家族連れがちらほら。
Kの一眼にはいったい何が写ったのか……まだ見せてもらってませんが期待です。


そんな訳でカメラの電池が怪しくなるまで夜景や星空の撮影に興じたら、寒い寒いと嘆きながら帰宅です。

防寒対策をしなかったので寒い撮影会となってしまいましたが割と楽しかったです。
天体観測なんてしてしまったせいで、宙のまにまにが気になりだした今日この頃。
急に先の夏ごろにBD-BOXが出てたことを思い出して、泣く泣く見送った悔しさを思い出してしまった……。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2010-12 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad