月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


学祭生音の季節

直撃コースの台風の話題で盛り上がり、各地のイベントを駆逐しようとした10月最後の週末。
結果としていつも通り、進路が南にずれて台風の威力は発揮されなかったものの、時期の悪いことに学祭シーズンと重なり、小田急の鉄道フェスタや各地の学祭を中止に追い込んだりしたのだとか。



土曜日は適当気まぐれに自転車圏内にある麻布大学を見物する予定だったのですが、件の嵐のために模擬店中止のお知らせ。
昼ごろから降りだした雨に負けて、学祭見物は諦めたのですが、一つだけ見たいものがあったので夕方過ぎからふらりと麻布大へ向かいました。

目的は奥華子の無料コンサート。
無料と聞きつけた途端に、雨でも行くのだから我ながら現金なものです。
アニソンではないので手ぶらでふらりと会場の体育館へ向かうと、既にそこそこの客の入り。
100人強といったくらいですが、学祭で行われたのは実質このコンサートだけ。
これを聴くためだけに雨のなか来たと考えれば、凄いことです。開演の頃にはさらに観客が増えてましたしね。

定刻通り17時に開演。
時かけの挿入歌の「変わらないもの」で始まり、およそ1時間の内容です。セトリはいつも通り略。
以前にも東邦大の学祭で聴いたのですが、相変わらず本当に良い歌声でした。
いつも行くライブの様な"盛り上がる"タイプの対極を行く、大人しく歌に聴き入るコンサート。
振りもコールもない、純粋に歌声だけでの勝負。むしろ、振りとかする方が野暮に思える曲調ばかりです。それでいて全然飽きさせないのですから本当に凄いです。

しかしこの種のコンサート、拍手以外の反応が客席から返ってこないので、やりづらいんじゃないかと思ってしまいます。
「CM曲コーナーしか盛り上がらない」と本人が言っちゃってるのですから、相当なものです。
手拍子曲とかも客層のせいか、なかなか乗ってこないですし――と、心配してしまうのは何かに毒されすぎてるのですかね。
何はさておき、聴けて本当によかったのは確かです。

コンサート後は雨も酷かったので、早々に退散。本当にコンサートのためだけに学祭行った感じでした……。


さて、そんなこんなで雨中のコンサートから一夜明けた日曜日。
前日の雨模様から一転の台風一過! とはならず、そこそこの曇り空でしたがときどきは太陽も顔を見せ、野外イベントにはいい天気。
昼前には起き抜け、この日に向かったのは明治大学。
IMGP0001 (7)

ELISAの無料ライブがあると友人のイベント好き連中より聞きつけ、ペンライト片手に見に行きました。
つい先日もELISAはani-nationでも見る機会があったのですが、それ以来、独特のMCが何故かツボにはまってしまいました。
曲もさる事ながら、もう一回MCの様子を確認したくて来てしまったと行っても過言ではないです。
そして今回は単独のミニライブ。主催のアニメ・声優研究会の司会の方もいたのですが、ELISA本人が話す時間も長く、やはり何とも得ない切り捨てる感じが……――ってなんか変なこと書く前に止めておきます。
とりあえず、司会の方の盛り上げ方も面白く、退屈させない掛け合いで良かったです。

曲の方はレールガンやefの曲がメイン。アニメを見てなかったせいか、あまり関心がなかったのですが生で聞いたらどの曲もすっかり好きになってしまいました。
そして当然ながら(?)同族が大集結していたので、いつものノリでペンライトを振り回していました。
特に最後の「Real Force」でのELISAコールは場所にも拘らずピッタリ揃っていて楽しかったです。

ライブ後は明大前駅近くで合流した友人たちと昼食をとってから、少しばかりメインステージを見物して撤収となりました。


対極的な雰囲気のライブを2日続けて見ることが出来て、なかなか充実した週末。
どちらも好きでどちらが良いとは言えませんが、客層や反応の違いが全然違いは意識しなくてもハッキリと感じられて、そういう方向でも面白かったです。


余談ながら今日は確かハロウィーン。気付いたのが今日。
お陰さまで一ネタ仕込むどころか、絵を描くこともままならずです。
最近はツイッターのおかげで否応なく季節のイベントには気付かされる感じだったのですが、今回はすっかり失念していました。
今日になっていきなり「とりっくおあとりーと」です。
こんなに季節感がないのか!!

計画散財の夕べ

先日までようやく秋の気配かと思っていたら、相転移のグラフ並の急変化で冬と化したここ数日。
気がついたら白い息が出るのですが……紅葉でも探しに――なんて考えてたのに、お家出たくなくなったのです。


そんなこんなでここ数日のこと。
水曜日から少々脱線していた実験の路線を本来の方向に修正。抽象的に言うと、予備実験の些細な誤差にこだわっていたのを、いい加減直らないので本実験を再開することにした感じです。
特に語ることもないですが、こうやって行った実験はちょっとしたものでも必ずノートに記録しています。
基本は実験内容と大雑把な結果だけですが、砕けた言い回しを使ったり、余白にその日の雑感を書き込んだりしていました。
先日、ふとした拍子に知人に見られて大受けされました。
ちょっと恥ずかしかったので、今後、管理は厳重にしないといけないです。


こんな風に火水木と学内では勤勉に頑張ってみたのですが、帰り際は毎日のごとく隣街に寄り道。
火曜日は「放課後ティータイムⅡ」とDefTechの「MindShift」の2枚のCDを購入。
水曜日も電撃G'sFestival! を購入。
合わせて8000円近い出費。およそ半額は電気屋のポイントカードで賄ったとは言えなかなか大きい出費です。
予めわかっていたので今月はギリギリ大赤字ですね。

CDの方は特に補足も要らいないでしょうが、G'sFesの方は付録がメイン。
正直なところ、本誌の方がオマケというか……付録がなければ買うことはなかったでしょう。
で、ちなみにその付録は抱き枕カバー……。
立体感を出すための中身は別売り。これが意外とお高いので、しばらくはペッタンコのまま隠匿しておきましょう。
日の目をみるときが来るのかは大いに謎ですがね。

それにしても、これでフィギュア、立体マウスパッドに続いて抱き枕まで取得。
また一つ"これに手を出したらアウト"のラインを踏み越えてしまった気がします。
のめり込んでないのでまだセーフと自分に言い聞かせますが……大学入る前の自分が見たら、何と言うことか。

突発の生音

土日ともにほぼ引き篭もってるうちに終わった週末。
続く月曜日も研究室の鍵を忘れて、実験室に引き篭もりさっさと帰宅してしまった10月第4週。

一応、論文を読み込んで座学の勉強はしているのですが……やはり実験が進んでないと何となく何もしてないような不安感が募ります。

そんな不安の反映なのか、今日は不思議な夢を見ました。
いつもやっている実験は幾つかの測定器のスイッチを弄り、機械が磁場や温度を変化させ、それによる物質の性質の変化を測りとるというもの。
一度、機械を動かしだすとしばらくはやることがないので、正常に動いているか見守るだけです。
当然のように居眠りの時間となっています。

今回もいつも通り、椅子を二つ並べて寝ていたのですが、ふと目を開けてみると様子がおかしいのです。
起き上がって確認してみると、あるべき場所に機材の一部やパソコンがない。実験装置は動いているのですが、測定した値が記録されない状態です。
これでは意味が無いととりあえず実験装置を停止させるのですが、この装置も一部の機械が変わっていたりして何かがおかしい気がしました。
しかし何より、この状態では測定し直そうにも記録できないので実験になりません。
何があったのか実験室にいた人に聞いてみると、どうも他の研究室の人が機材を借りたいということで持っていったのだとか。
居眠りしていた私にも非がありますが、それは無いだろう。そう思って、機材を返してもらおうと外に出るのですが……まぁ外の様子も何かおかしい。具体的に言うと、いつもと実験棟の間取りが違いました。
しかし、不思議とどこへ行くべきか分かっていて、足は自然に実験棟奥の試薬を量りとったりする部屋へ動いていきました。
この実験棟奥は普段から薄暗いのですが、この時はいつにも増して陰気な空気です。
ところが、そんな中で何故か廊下の角を曲がった先でデッサンをしている人の集団が道を塞いでいます。
意味がわかりませんが、とりあえずこれをすり抜けないと先に進めないと思い、間に割り込もうとしたところで、一人の女性に呼び止められました。
振り返ってみると長い真っ直ぐな黒髪のお姉さん、なんとなく茅原実里に似た様なイメージの女性にデッサンのモデルになって欲しいと頼まれました。
今更、実験をやり直すのも面倒だし、機械をつなぎ直すだけなら時間は十分だろうと、下心込みで承諾するのですが、何故かここで急に目が開かなくなってしまいました。
眠くて眠くてたまらない時の、瞼が勝手に落ちてしまう様な、そんな感覚です。
これではダメだと力いっぱい目を開いてみた瞬間に、現実でも目を開き眠りから覚めました。

当然、何の異常もなし。慌てて実験装置を確認すると、少々寝過ごしてしまったようで予定より20度ほど温度が高くなってしまいましたが、問題はない範囲。
その後も特になく無事に実験は終わったのですが、実験室で夢をみるほど眠り込んだ事自体初めてのこと。
しかも文章では伝わりにくいのですが、後半から少々不気味な夢で、さらに目が覚めたとこから夢が始まる構成だったのでかなり印象的でした。
何より、こうやって半日以上経っているのに細かいところまで夢の内容を覚えているのも不思議です。
疲れているんですかねぇ……。



さて、そんな与太話は置いておいて、実験の遅滞の原因となっていたのは実験機材不調。
話は校正と呼ばれる機材の調整作業をした金曜日に遡ります。


この日は夕方から学内のイベント好きの繋がりで横浜駅前に集まり、ぞろぞろと東京はTBSのお膝元の赤坂へ移動。
先輩の好意で"ani-nation 2010"というライブのチケットが手に入ったので、大連番での参加をしてきました。
話を振られたのが数日前という……これほど突発参加のイベントもなかなか無いですね。

出演者はm.o.v.eや桃井はるこ、MOSAIC.WAVにサイキックラバーとELISA。
名前は聞いたことあっても一度も生歌は聴いたことのない方々だったので楽しみにして参加しましたが、何よりの印象としてmoveは熱いですね。
主にアニソンのカバーを歌ったのですが、格好良いラップとユリの歌声には一瞬で引き込まれたと言わざるを得ません。
特にらき☆すた挿入歌だったGravityは、元がmoveのパロディだったというだけに相性バツグン。本当に格好良かったです。

またELISAも落ち着いた声と曲に惹かれました、それ以上にMCの良くも悪くも残念な感じが印象的でした。
話を切りだしておいて着地点を考えてないような妙に滑った雰囲気と、行き場のない話題を不意にバッサリと斬って捨てる感じが、かえって中毒性があるような無いような……。

ちなみにイベント好きの同行者は後方で全力のオタ芸。途中で"閃ブレード"と呼ばれるペンライトのお化けを壊す人が続出したようで、徒手空拳で打ってるさまはなかなか奇異の一言。
一番前で知らんぷりしていたのですが、背後からの言い様のないプレッシャーがちょっと面白かったのですが、やはりライブでオタ芸は私には無理です。

ライブ後は渋谷駅近くのラーメン屋で軽く夕飯を食べての解散となりました。


最近は何かと忙しくイベントの話題ばかりですね。
なんか知りませんが、機会を見つけては参加ばかりしてるので致し方ないです。

イベントといえば、来月初めは学校の学祭があります。
金曜のライブにて同行したイベント好きの面々で何やら企画を出すので、何故か私もお手伝いすることになっております。
5月の学祭は見事に逃亡を完遂しましたし、それ以前の学祭もほとんど幽霊同然だったので、企画者側としては事実上の初参加。
多くの学生が引退する最終学年に至って、初めて本格的に関わるとは……我ながら因果の極みです。

後輩が来た日

長袖の上着も厚手のものに取り替え、すっかり涼しさが定着した今日この頃。
よく考えたらあと1週間と少しで11月ですよね、1年が終わろうとしていますよ……早過ぎるです。


肌寒い日が続く今週も、順調に実験したり学祭の準備したりしながらの平常運転。

変化といえば火曜あたりから、ローソンではけいおんフェアがあったということでしょうか。
午後の紅茶を買うとポイントが貯まり抽選で云々とのことで、キャンペーン初日に学内のローソンに行ってみたところ、既にミルクティーが完売していたことには軽く戦慄しました。
仕方ないのでレモンとストレートと茶葉二倍ミルクティーを1本ずつ購入して、3Pコースに応募し即撃退されました。

ちなみに午後の紅茶を買ったのは久しぶりでしたが、やっぱり甘いですね……個人的にはレモンティーが一番好きです。


そんなこんなで紅茶でティータイムしながら、グダグダしているうちに気づけば今日は木曜日。
不意に研究室の先生より呼び出しがあり、何の用かと思って行ってみると見慣れない学生さんも一緒にいる。
一体、誰かと思ったら実習で来ることになった3年生で、これから私が面倒を見るようにとのお達しでした。

実習というのは、教授にお伺いを立てて、卒論紛いの調べ学習をして、締めにパワポで発表したアレ。
去年は私が散々泣かされたあの実習を、気付けばなぜか指導する立場になってしまった次第です。
私自身がまだ研究室に来て1年足らず、やっとこさ慣れてきたばかりだというのに……本当に最近は「どうしてこうなった!」現象ばかりですね。

斯様な次第でこの日は簡単な顔合わせとミーティング。
まだほとんど話していないので何とも言えませんが、第一印象はまさに普通の工学部の学生さん。いうなれば同族な感じ。
どんなテーマでやりたいのか等を話したのですが、見事なまでに口車に誘導されて、あれよあれよと教授の手間がかからない方向に誘導完了。
ざっくり言えば、私が日頃やってる実験とほぼ同じことになり、それならば使い方教えといて――ということ。
先日の件といい、油断も隙もあったものではないです。

もっとも、今まで手を抜いてた測定器の動作原理などを補完してもらえそうですし、これはこれで悪くないのかも。
……とりあえず趣味が合えば面白いのですけどね♪

貧乏海釣りの日

ゆかりんのライブから一週間が経過し、秋晴れに恵まれた土曜日。
今週は友人の誘いにのって、金欠を無視して性懲りも無く横須賀まで。

いつもの岸壁ではないとこで海釣りをするというので、カメラ片手に合流です。
カメラと文庫本、既に装備品から釣りは眺めるだけと決め込んでる感じで……。
友人の長野人と横浜駅で合流し、各駅停車で気持よく寝ながら移動し、京急線堀之内駅最寄の海辺つり公園に到着です。
IMGP0027_20101017164249.jpg
晴天の土曜日ということで絶好の野外活動日和。
私ら以外にも、家族連れからご老体まで釣り客ばかりがこんなに集結です。
これだけいると糸が絡んだりしないのかと不安になるのですが、行ってみると案の定、絡んだり引っかかったりの事故がしばしば起きる。
お互い様の感覚で特にトラブルにもならないあたり、同好の士が集まるところではどこも似た様な雰囲気になるものなんだと、独り感心しながらたまに竿を投げたりしながら日向ぼっこタイム。
こういうのんびり感があるのも、なかなか悪くないものです。

そんな次第で、何だかんだで昼過ぎから竿を振りだして、気づけば日も傾き始める15時台。
IMGP0034_20101017164726.jpg
元寮生があとから酒瓶片手に合流したので、軽く酒盛り開始です。
暑くも寒くもない秋晴れの心地良い空のものとで、海を眺めながら一杯。
これで新鮮な魚があれば文句なしだったのですが、生憎と釣果は小アジが一匹のみ。
結局、この日はどうも全体的に魚が居ない日だったようで、後にも先にもこの一匹きりでした。

お酒も入って景気良くなってきたところで、日も暮れだしたのでボチボチと撤退。
横浜に帰還し、とりあえずの気分でスーパー銭湯へ。大小様々な風呂があり、久しぶりにのんびりと入った気分。
長野人はなぜか、プリキュアのタオルをこれ見よがしに使っていましたが……敢えて何も言うことはない。
最近は旅行先で大きいお風呂に入るのが楽しみになりつつあったのですが、学校の比較的近くにもこんなところがあるとは知りませんでした。
結構、値がはるので思いつきで入ることは出来ませんが、たまにはいいかもしれないです。

その後はスーパーで鍋の具材を買って、そのまま先週に続いて鍋パーティー。
このところ毎週のようにこれやってる気がしますが、気にしたら負けですよね。
今からこのペースでは冬は鍋飽きてるだろうなぁと内心、思わなくもなかったり。まぁ、楽しいと思う時に楽しんでおくべきとアリシアさんも言っているので、今のうちにしっかり楽しんでおきますよ。


余談ながら、研究室の方は新たなる難題が発生。
何でも12月の学会で私がポスター発表をすることになったのだとか。
要旨は教授が書いて既に提出しておいたのだとか。
研究室内でも学部生で学会送りになるのは、ほとんど無いことだとか……別に目覚しい成果が出てる訳でもないのですが、なぜか参加決定は事後報告。
先輩には"院に行かないのに、よくやるよね~?"と言われる始末。むしろ私がなんでそんなにやってるのか聞きたいぐらいです。
どうしてこうなった!!

祭りのあとの寸評

しっかり実験をこなした火曜に引き続いて、見事に寝坊をかました水曜日。
起きたら12時という現実に打ちのめされ、しぶしぶ学校まで向かい先日から置きっぱなしとなっていた自転車を回収したら、研究室にもよらずに帰路へ。
帰り際に隣街だけは寄り道して、ちゃっかり同人誌を買ってるあたりがさらにアレな感覚です。
続けて木曜日も、研究室の中間発表(2周目)のために午前中は何もしないで過ごした怠惰ぶり。

姫の言いつけも守れずにこの体たらく、流石に少しばかしは自己嫌悪もしたくなります。
致し方ないので「明日からは頑張る」と魔法の言葉を唱えてごまかしましょう。
ここ数日、毎日使ってる気がしますが、気のせいですよ、多分。


そんなこんなで楽しい現実から目を背けて、安楽な世界に逃げ込むヘタレマスターの必需品。
今期も新アニメに一通り目を通してみたので寸評でも。

・パンティ&ストッキングwithガーターベルト
グレンラガンのガイナックスが作った全力全壊の下劣アニメ。
下ネタのオンパレードも下品を通り越して清々しいレベル。あまり下品なネタは好きではないのですが……ここまで来るともうそんなお上品なこと言わずに楽しいです。
アメコミの様な画風が適度に生々しさを抑えてるのかもしれないです……とりあえず目が離せない。

・荒川アンダーザブリッジ ×2
荒川アンダーザブリッジの二期。良くも悪くも1期の延長といった風。
さしあたり視聴継続です。

・そらのおとしものf
こちらもそらのおとしものの二期。1期の"空飛ぶパンツ"に続いて、2期では"かなまら祭りをするエロ本"をやらかして一部で大好評。
文字にした時のインパクトではパンツの圧勝ですが、見た目のインパクトはなかなか十分。むしろなぜ放送できたのかわからない段階。
原作は面白いので視聴継続ですが、何が何だか……。

・それでも町は廻っている
原作は全巻所持。独特の空気感があり、ただのほのぼのとは違った一癖ある日常系です。
1話も空気感こそ少し違う気がしましたが、独特な雰囲気がありこれはこれで十分に面白い内容。
OPが想定していたより格好イイ映像であったこと、そしてEDでも度肝を抜かれたので、これは期待です。
余談ながらモデルとなった舞台も東急沿線と比較的近所だったり。

・侵略! イカ娘
原作は"可愛いだけで中身がない"を突き詰めていった様な内容。ここまで来ると返って4コマでは成り立たないんじゃないかと思う領域。
アニメもまたそれを見事に動画にしたような内容。1話に3本話を詰め込んでいるので、心配していたよりはテンポが早く、とにかくイカ娘が可愛いことが大事で、それ以上でもそれ以下でもない。
頭を空っぽにしてヨダレを垂らしながら見るには最適な内容かもしれません。
ちなみにこちらも舞台は江ノ島の方だとか……今期、神奈川多いなぁ。

・探偵オペラ ミルキィホームズ
コミケでは飛行船を飛ばして宣伝していたという2話目から視聴開始した謎アニメ。
とりあえずちょこちょこと動き回っていて、展開がカオスで、中身があるんだかないんだかわからない感じ。
こちらも漫然と見るには面白いかもしれないです。


そんなこんなで今期、とりあえずは6本を視聴予定。
久しぶりに沢山、アニメを見ることになりそうです。忙しくなる時期だってのに、大丈夫なのだろうか……?

陰干し酒宴の生音

野となれ山となれと日記を書いたあとには酔い潰れ、起きたら12時を廻っていた金曜日。
勉強する気なんて微塵もし起きる訳がなく、意味もなく自転車で学校に向かい、下宿生主催の"平野綾の誕生日を祝う会"に参加です。
いつもの飲み会とは違う、学科もサークルも趣向も違う先輩後輩をアニソン好きの繋がりだけで集った不思議な宴会でしたが、日付が変わった頃から趣旨は誕生会からアニソンを聞く飲み会に変質。
案の定というべきか否か"王国民"も多数混ざっていたので、ゆかリんライブの予習をする流れになっていたりしました。


そんなこんなでアニソン漬けで口火を切った3連休。
徹夜明けの疲労感で土曜日を磨り潰しつつも、日曜は昼ごろから行動開始です。

この日曜・月曜には田村ゆかりの"LOVE LIVE 2010 STARRY CANDY STRIPE"パシフィコ横浜公演がありました。
私自身は月曜のみからの参戦でしたが、日曜参戦の友人知人も多数。
折角の連休でもあるので、いつぞやの横アリライブで味を占めた元寮生宅での飲み会を再び開催の流れです。

そんな訳で日曜は参加しない私は、夕方には元寮生と合流して飲み会の準備。
今回は鍋にしてみようと、適当に具材とお酒を調達。
先日の豊郷行きで購入した地酒も持参して、準備も粗方整ったら、映画でも見ながらまったりとライブの終了を待ちましょう。

そんなこんなで、時刻は23時半。
ライブ未参加ですが、イベントごとと飲み会には常連の長野の人が最初に到着。
続けてライブが終わった下宿生、ガハラ氏、アッシーさんとなぜかびしょ濡れのアリソンさんに加え、ガハラ氏の先輩にあたる方(※仮に先輩さんと呼称)も来たので、中夜祭のような飲み会の始まりとなりました。
驚異のイベンター振りで諸々の疲れも溜まっていたアッシーさんは一足先に寝落ちしましたが、残りの面子は結局4時過ぎまでぐだぐだと雑談しながらの酒宴に。
毎度のことながら、取止めのないことを繋いでなかなかカオスな流れでありました。


一夜明けて月曜日は見事なまでに快晴。
11時頃にのそのそと起き上がり、昼飯を横浜市街で食べてから会場へ向かう流れで出発です。
この日に連番で参加のアリソンさん、アッシーさん、元寮生と共に、昼食を横浜駅西口の"麺や維新"なるラーメン屋で済ませ、ゲーマーズの"ゆかり王国物産展(※ライブ記念特設コーナー)"に立ち寄ってから、会場のパシフィコ横浜へ移動。
IMGP0002 (3)
大ホールの裏側、海に面した広場で陰干し中の王国民たち。
桟橋中央の建物は水上レストランの様ですが、特に関連性はありませんです。

会場に着いたのは、入場開始とほぼ同時の15時頃。
階段に腰掛けて雑談しながら入場列が一段落するのを待ち、入り口で配っていたコール本を受け取って会場内へ。
パシフィコ横浜のコンサートホールに入ったのは初めてでしたが、感じたのはやたらと縦に長い印象。
遠いではなく高い……3階席にいると2階席の様子は全く見えませんし、1階も見れるのは前列だけ。
前回は神席だったために返って見れなかった王国民の統率された動きを眺めたかったのですが、今回もお預けな模様です。
幸いにステージ自体は問題なく見れるので、特に不満はありませんがね。

斯様な次第で開演となりましたゆかリんのライブ。
例によってセトリは割愛と致しますが、流石に最近はしょっちゅう聴いてるだけに知ってる曲がほとんど。
曲名までは出なくとも、メロディが頭に流れる程度には知ってる曲ばかりなので、振りもコールも戸惑うこと無く同調できました。
柔らかみがあり可愛らしい歌声はやっぱり良いものです。特にアコースティックでの響きはまさに癒しでした。
そして歌もさることながら、今回も圧巻はMCです。
開場前に日陰で休憩する王国民を陰干し呼ばわりし「明日はちゃんと社会に帰ってね」と耳が痛いことを言い、観客の男の娘を弄ったり、挙句の果てにはよりによって鼻水の話まで。
バックバンドのメンバーを変態呼ばわりしてみたりと、ぐだぐだでやりたい放題のMCというより漫談状態。
すっかり笑わされてしまい、もはや歌とどっちがメインなのかわからない領域でした。

そんなこんなであっという間に楽しい時間は過ぎるもの。
IMGP0009[1]
ライブ後は4人で再び広場に戻り、ひと休みしながら余韻に浸ります。
なぜか途中からアッシーさんと夜景写真の撮影練習(?)をしていたのは謎ですが……。

その後は重い腰をあげて横浜駅前に移り、地下街で夕食を食べて解散となりました。


そんなこんなのそんなこんなで、金曜の夜からアニソン漬けだったこの連休。
帰り道は独り、いつもの列車に揺られているとジワジワと現実が戻ってきて寂しい気分になりました。
もちろん、姫君に月曜から社会に戻れと命じられては頑張るしか無いのですが! 月曜日はちゃんと朝から学校で実験してましたよ、かなり奇跡です。


全くの余談ながら、飲み会では豊郷で買った地酒を2本とも消費。
一つは精米歩合40%の生酒という高級品。すっきりと飲みやすい味で美味しかったです。
もう一つは精米歩合80%の火入したお酒。私自身はあまり詳しくはないのでよく知らないのですが、酒蔵の店主さん曰くこの80%という数字のお酒は今では珍しいものなのだとか。
飲んでみると、既にビールと生酒を入れて酔っ払い気味の舌でも何だか米の味がすると気付くほど濃厚(?)な味わい。
癖があると説明されましたが、苦も無く飲めて案外、私はこっちの方が好みかもと感じました。
また機会があれば、買って飲み直してみたく思います。
――むしろ、日本酒でも作り方で味が違うとやっと理解できた。そこから大発見。

面倒事の始末

すっかり長袖が定着し、秋色に染まり始めた10月上旬。
実は豊郷から帰って以来、実験は投げ出して比較的真面目に論文と向き合っていた今日この頃です。

理由は既に何度か触れた中間発表のため。
発表の際には実験の目的と意義を説明するために、理論についても触れなくてはいけないのですが、これがなかなか厄介。
教授も今ひとつ把握してないと思ったら、先輩の遺した説明も論文と食い違うところがあり、残り時間は少ないしと、八方塞がりな状態でした。
情けないことに右往左往としてるうちに時間も過ぎ、結局よくわからないまま発表では見事に集中砲火を浴びた次第でありますが……。

何はさておき、終わってしまったので後は野となれ山となれ。
これで目下の問題はほぼ去ったも同然。学祭までは特に難儀な話題もない(はず)です。
さしあたりは今週末に迫ったゆかリんのライブに向けて予習をしたりしなかったりです。
アルバムの新曲は概ね覚えてから参加したいですよね。


ところで久しぶりに読書の話。
長く積んであった「氷結鏡界のエデン」(細音啓 富士見ファンタジア文庫)を3巻まで読了。
実験の合間の暇つぶしに読み続けていたところ、あれよあれよと1日1冊のペースで読めてしまいました。
良くも悪くも展開が早い印象でした。重厚そうな世界観の割にラノベの一巻分程度の容量で物語が動いていくのは、読む分には重さを感じず良いのですが、どこか違和感を感じてしまうところ。
まさに「ライトノベル」といったところではあります。

キャラ付けも展開もすいすい読めて好きなのですが、一点だけ、妙に無理に科学の用語や知識を使おうとしてるとこが気になってしまったのが残念です。
例えば、「音速より早い衝撃」と言っても一般的に衝撃波は音速で伝わるものだったり……些事と言ってしまえば、全くその通りではあるのですが。


余談ながら新アニメの寸評は後日に。
今季のアニメは意外と見るものが多くて、まだ見終わっていませんです、はい。

集団で豊郷に行く話

中間発表の日程が今週の木曜に決まり、悩みの種は良くも悪くも決着の早まった10月序盤。

金曜の深夜に車を借りて家を発し、国道16号線を横浜方面へ進んでいるうちに日付を跨いで始まった10月2日。
10月初めの土曜日は色々と密度濃い目で進んだので、そのお話で行きましょう。


ご機嫌な様子で一人、首都高横羽線から湾岸線経由をドライブ。金曜夜の首都高を満喫(?)しながら船橋に向かい、同行者の回収準備。
1時過ぎに待ち合わせ場所に車を止めたら、10分ほど待機していると続々と集合です。
既にお馴染みのアリソンさん、アッシーさん、柊さんと先週は一緒に飲んだばかりのヘクマティアルさんも加えて車内は総勢5人。
流石にちょっと狭い気もしますが、致し方ないので最後列の柊さんには我慢していただいて、いざ出発です。

京葉道路から恐怖の都心の首都高を抜けて中央道を西へ。
みんな大好き、甲府の夜景を満喫しながら、いつも通りの道をいつもより少し遅い時間に通り抜け。
妙にハイテンションで漫談を繰り広げるアッシーさんと、さですとの練習中のようなアリソンさんの会話を、ゆかり王国民に警戒心を感じる助手席のヘク猫さんと聞きながら、とにかく進め進めの精神でした。
4時を回り始めた頃から、大音量の"You&Me"をモノともせず寝落ちしたヘク猫さんを筆頭に、同行者も次々と寝落ち。
5時を過ぎた頃から意識も朦朧とし始め、速度が思い通りならず意識も飛びかけ始めたので、身の危険を感じて内津峠PAで休憩したのが6時過ぎのこと。
1時間強を仮眠に費やして再起動したら、まずは一気に長浜へ向かって鮟鱇さんと合流。

総勢6人の大所帯で国道8号線を南下したら、ようやく目的地の豊郷小学校に到着です。
IMGP0080.jpg
「何度目だよ!」ってツッコミは却下の方向でお願いします。
もともと、登校したことのなかったヘクマティアルさんを豊郷に連れて行く企画から始まったのですが、あれよあれよと同行者が集まり、この状況に至った次第。
多いことは楽しいことです。

1階、2階や音楽室は相変わらずのご様子。
IMGP0004.jpg IMGP0016_20101003232705.jpg
――とは言いつつも、番外編の校舎内を駆け抜けるシーンとか見てしまうと。
この廊下とか教室を見るだけで感じる感慨深さは、一体何なんでしょう。
数カ月に一度、見物にきてるだけなのに不思議と懐かしさを感じてしまいました。

そして部室へ。流石に仕事が早い、ホワイトボード(と、黒板も)には映画化決定の文字が書き込み済みでした。
時期が時期なのか、最終放送後の最初の土曜日だったせいなのか……人が多いの一言です。
IMGP0009_20101003232706.jpg IMGP0010_20101003232706.jpg
何だかんだでオフシーズンを狙ってきたせいもあるのでしょうが、部室にこんなに人が詰まっているを見るのは初めて。
フォロワーの方曰く、最近は結構人が多いと聞いてはいたのですこんなに居るとは思いもしませんでした。
この後は講堂にてヘク猫さんとアッシーさんが謎のパフォーマンス(?)をやらかしたり、観光案内所では亀パンを始めとするグッズ類を購入したりと、半ばいつも通り過ごしているうちに昼時に。

昼食は豊郷小学校から歩いて10分ほどのところにある玉屋といううどん屋へ。
「飛び出し女子高生」探しも兼ねて徒歩で移動です。
IMGP0040.jpg IMGP0042_20101003234919.jpg
道中の発見は中山道沿いのムギと唯の2体。
他にも道端のそこかしこに「飛び出し坊や」やその亜種が立ち、改めて意識して探すとなかなか興味深い道中でした。
たまにエクストリームスポーツのように荒ぶった飛び出し方をしている奴も居ましたが……えぇ。
ちなみに玉屋さんは店の内外にアニメ関連のポスターがあったこと以外は普通のうどん屋さん。
飛び抜けた可もなく不可もなく……普通に美味しかったです。


食後は中山道を再び徒歩で移動。
気のいい玉屋の店主さんが原付で追い越しがてらに手を振ってくれたり、寂れたスーパー跡に寄り道したりしながら、豊郷小を超えてさらに移動。
IMGP0049.jpg IMGP0050.jpg
飛び出す律ちゃんを発見。二体目のムギちゃんの立つ角を左に曲がると歩道に大きな鳥居がありました。

鳥居をくぐって国道8号線方面へ向かうとお目当ての神社に到着。
IMGP0058.jpg IMGP0059.jpg
豊郷小に行く際にはいつも前を通り、気になっていた阿自岐神社です。
いつもいつも気になっていたのに行く機会がなく、後回しにしていたのですが、今回は時間も余り気味だったので私の趣味にお付き合いいただきました。
祭神は味耜高彦根神という聞きなれない神様。名前も含め渡来系の移住者に由来するそうで、延喜式にも名を残す古社だとか。
田んぼや工場の広がる平野に佇む、小さいながらもよく管理された里の神社ですが、古い割には神域になるような"それっぽい"何かが目に付かなかったのが印象的でした。
すぐ近くにも小さな古墳があるので、案外そちらが本体だったのかもしれないな等々と、逆に想像が膨らみそうです。
IMGP0065.jpg IMGP0067.jpg
ついでに言うと拝殿(?)と本殿の間が渡り廊下みたいものでつながっていたのも、見慣れない構造で興味深いです。

興味深いというと神社の境内には庭園もあり、解説板によると庭園の成立事情は未詳なのだとか。
IMGP0070_20101004002257.jpg IMGP0074.jpg
帰ってから検索しても新発見がある訳ではなく、一説には国内有数の古さだと説明されているくらい。
日本庭園といった感じではないのですが、池と島で構成された静かな庭でなかなかいい雰囲気。
地味にコレってオススメされるべき面白さがある思うのですが……あまり名が知られても雰囲気が壊れそうなので調度いいということにしておきましょう。


神社を見て回った後は、再び豊郷小学校に帰還。
ここで私とアリソンさん、鮟鱇さんの共通フォロワーのイルプリンチペさんが登校されたので合流。
再び校舎を見学することになったのですが、何故か音楽室から校庭でやっている少年サッカーの試合を見物する流れに。
ちょうど音楽室の窓が校庭を見下ろすS席のような位置にあり、見物しているうちに意外と白熱した観戦に。
ズルズルと目が離せなくなってしまい結局、試合終了まで男ども7人で窓から校庭を眺める異様な光景を演じてしまいました。
IMGP0082.jpg IMGP0085_20101004003333.jpg


そんなこんなで豊郷を味わったら、そろそろ家路につかなければいけない時間。
IMGP0094.jpg
帰る前に豊郷の酒造"岡村本家"に寄って地酒を購入。
ご主人に丁寧な日本酒の解説付きで対応をしていただき、さらにアッシーさんとヘク猫さんに至っては精米歩合や火入れした酒と生酒の飲み比べまで。
本当は多分、私が一番飲みたかったんでしょうけどね……出発まで見送ってもらい、何だか恐縮です。
2本ほど購入したお酒は、後日の飲み会に供する予定です。


お土産も出来たら、イルペリンチペさんを稲枝駅に、鮟鱇さんを長浜まで送り届けてから、東名高速へ。
行きとは打って変わって出発時から全員、寝落ちモード。
打つ手なしなのを何とかアリソンさんと交代で運転しつつ東へ進み、4人を長津田駅まで送り届けてから私は帰宅となりました。


そんなこんなで、同行してくれた皆様には弾丸行と狭い車に耐えて頂き感謝の次第。
ありがとうございました。


私はというと、帰ったらビール飲んでさっさと寝落ちして、あくる日曜は昼過ぎまで寝るいいご身分。
IMGP0051_20101004005757.jpg
夢にエクストリーム飛び出し小娘が出てきたのが、唯一の不覚でしょうか……。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2010-10 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad