月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


出会いと聖地と生音・聖地編

4月も間近に迫っていながら、まだまだ肌寒さを感じる週末の事。
それでも新芽が顔を出したり蕾が膨らんだり、チラホラと春の兆しも目立つようになって来た感じです。

そんな中でも、なかなか春は来ないようで就活は木曜日にも面接二連発。
片方は翌日には残念なお返事が来てるレベルで、なかなか精神を削り取られています。
左様な現実から逃げる訳ではないですが、木曜日の深夜からムーンライトながらに乗り込み、目指すは兵庫県の西宮。


言わずと知れた"涼宮ハルヒの憂鬱"の舞台。
名古屋で行われる奈々さんのライブのついでとばかりに、一足伸ばしてちょっと巡礼の段です。

ライブと合わせてちょっとだけ長い2編の予定。

名古屋のライフ編はコチラから→


23時過ぎに横浜を出るムーンライトながらに乗り込み、大垣からは普通列車。
大阪駅にて阪神の梅田に移動して、いざ来るは西宮駅へ。

ここでツイッター繋がりのあごきちさんと合流する予定なのですが、少々時間がかかるとの事なので先に駅周りの観光から。

西宮と言えは、ハルヒだったり甲子園だったりしますが、忘れてはいけないのが西宮神社。
IMG_3255.jpg IMG_3261.jpg
全国各地にあるらしい漂流神の一種、蛭子神。所謂エビスさんが祀られる神社の親玉です。
参拝したのは朝の9時過ぎ。ちょうど掃除の時間帯らしく禰宜や巫女さんが箒や雑巾で丁寧に作業してる様子を見物。
朝から良い事ありそうな感じです。

神社で気力を充実させ、駅近くのレンタサイクルで自転車を確保したら丁度いい具合にあごきちさんの到着。
颯爽と格好良い自転車に跨った、爽やかなあんちゃんの登場です。
この一体の地理に明るいと言うことで、案内してくださる事になった次第。ありがたい限りです。


そんな訳で、聖地巡礼にいざ出発です!
IMG_3277.jpg IMG_3278.jpg
…………と、その前に「エンドレスエイト」諸々で頻出の喫茶店ドリームで朝食。
モーニングセットでトーストとサラダを注文。美味しいですけど、正直に言って高校生がたむろする値段設定には思えない件。

さて、腹ごしらえも済み、一雨来てる間をドリームで雑談して過ごしたら、次のポイントへ向けて移動開始です。

IMG_3281.jpg IMG_3283.jpg
キョンが奢らされるレストランや、野球場(及び盆踊り会場)のグラウンド。

IMG_3288.jpg IMG_3301.jpg
みくるの投げ込まれる池に、キョンの通学路上の自転車置き場。

お馴染みのポイントを自転車で巡りつつ、阪急の甲陽園駅前へ。
ちなみにあごきちさんは、ここの駅前の駐車場に車を停めて来たのだとか。
予定として、お仕事がある彼はここで離脱し残りは頂いた地図を元に独自に回るつもりでした。
ところが、ちょうど彼の車を止めた駐車場に行くタイミングで、独自に夙川公園から北高へ巡っていたというアッシーさんと遭遇。
折角なので適当な紹介をして、また妙な取り合わせのまま3人で駐車場へ向かい、雑談タイムに。
豊郷のこと、鷲宮のこと、あごきちさんの車内のマニアックなグッズや釣具のこと。その他諸々と1時間近く歓談していました。

思わぬ流れを楽しんだら、今度はアッシーさんの案内で北高へ向かう通学路へ。
今回は案内されてばかりで、ありがたい限り。誰かと巡るのもなかなか楽しいものです。

IMG_3322.jpg IMG_3328.jpg
何度もアニメで見て、初めてなのに見慣れた通学路。
橋のアーチの正体が気になっていたのですが、どうも水道管か何かの模様。

この橋あたりはまだ「坂道大変だ」程度だったのですが、驚いたことに実は道半ば。
ここからさらに倍くらいの体力を消耗します。
学校までの道のりをちょっとしたハイキングだと表現するシーンがありましたが、全然大げさな表現ではなかった現実。
私の学校も大概だと思ってましたが、その比ですらなかった様です。

IMG_3333.jpg IMG_3343.jpg
おかげさまで正門からの眺めは最高。
一雨降った後の抜けるような青空とあいまって、山登りをしたと思えば爽快な光景です。
とても通学するところとは思えませんが……。

憧れの北高を拝見したら、坂を下ってまさに"下校"です。
道中、ちょっとだけ寄り道して越木岩神社を参拝。
IMG_3360.jpg IMG_3365.jpg
ちょっと寄り道気分で、小さな社を想像していたら思いの他に本気な規模でちょっと驚きです。
甑岩と呼ばれる古代祭祀の形式を残す巨岩を祀り、西宮神社とも関係があるとかないとか、それ以前の縄文・弥生の祭祀が云々と、謂れは複雑ですが由緒ある神社なのだとか。
どうもこの一帯の神社事情も複雑なようで、改めて調べてみると面白いかもと思ってます。

さて、神社趣味は置いといて麓に下り、消失にてキョンとハルヒ、小泉が食事をしたファミレスにて一服。
IMG_3373.jpg IMG_3387.jpg
光陽園学院のモデルとなった学校やその周辺、長門のマンションのモデルを見物。
この近隣には、他にも出てきた風景が一杯ありどこを撮っても何かしら写ってそうな感じです。

本当にハルヒの舞台に立ってるんだなと、改めて噛み締めながら、自転車を押して次は夙川公園へ。
みくるが未来人を告白した公園ですが、幸運にもさくらの季節に重なり、満開とまでは行きませんが良い具合。
IMG_3390.jpg IMG_3403.jpg
野郎とデートですが、ひたすら歩きます。
具体的に言うと、図書館まで行ってしまいました。これまた中まで映像どおりで呆れる具合。
併設の郷土資料館は既に閉館となっていましたが、次があれば見学したいところです。


斯様な次第で、主たる場所を巡ったら自転車を返しに西宮駅へ帰還。
アッシーさんの荷物を回収するため、いったん三ノ宮へ向かった後にJRにて東へ進路を取ります。

ただし私は途中の大阪で下車。
用件はついったーにて知り合ったAliceさんと夕食会。
Aliceさんは特定のアニメ繋がりの様な、いつものオフとは違う関係性で知り合った方。
なかなかいつもとは違うノリにドキドキしながらお会いしましたが、真面目そうな青年という印象。
自作PCなんかも趣味な様で、趣味が合うのかと思いつつの雑談が出来ました。
ありがとうございました。また機会があれば、是非会いたいところです。


そんなこんなで、いろんな方にお会いし助けられた土曜日も最後の締めは23時半着の列車で名古屋入りして終了。
ネットカフェで一泊し、翌日に備えます。

名古屋の生音編に続きます。

生音編→

出会いと聖地と生音・生音編

←聖地編

前日の西宮巡礼から、名古屋で一泊し始動した土曜日。


ライブの開場まで、だいぶ時間があるので名古屋観光を行う方向で行動開始です。

IMG_3417.jpg IMG_3418.jpg
地下鉄フリーパスを買って、向かうは朝方の大須観音。
秋葉原、日本橋と並ぶ電気街大須の商店街もココの門前町から始まったと言うことで、是非とも思い参拝です。
ちょうど仏壇供養のお祭りの準備をしている真っ最中でしたが、何とも言い難い。

IMG_3424.jpg IMG_3485.jpg
その後は自然な流れで商店街巡り。
朝方と言うことでまだ人通りも少ないのですが、看板を見るだけでも電気屋から服屋、飯屋も八百屋もあり寺社までもが点在する混沌ぶり。
面白い色々がこの一角に凝縮されているような魅力的な街並みです。
主に神社を中心に一巡り。古墳跡まであるとは、驚きの限りでした……。

いったん、名古屋港や栄地区、市の博物館の見学に大須を離脱。
昼食を食べに戻ってきたら見違えるほど人がいっぱい居て面食らったのは秘密。
それでも、活気のある商店街は一人でふらふらしていても居心地がいいので大好きです。

IMG_3463.jpg IMG_3542.jpg
ちなみにこの日も天気はそこそこ良好。桜も咲いてましたが、鶏さんは丸焼きに散ってました。


そんな風にして、適当に名古屋をうろつき昼食のきしめんで腹ごしらえをしたら、会場である笠寺駅近くの日本ガイシホールに移動。
到着早々、マイミクの風さんと遭遇し「朝方、ピンクのサイリウムを配った有志がいるんだよ~」なんて噂話をしながらアッシーさんの元へ。

…………えぇ、黒い長髪にミニスカハイソで背の高い女性がいました。
"俺、女装してライブ行くんだ"的なフラグは立ってたし、実行する人だとも知ってましたが、やっぱり驚きました。
ついでに言うと、お連れさんも一杯いたようでこれまた驚き。
現地で知りあって、一緒になってピンクのサイリウムを配ってたのだとか。
まさにこれ以上の「お前だったのか!」はないです。本当にもう驚くばかりです……。

女装の大男と風さんとしばらく歓談した後、同行者を探しに行く風さんと別れてアッシーさんのお知り合いの方々と再合流。
最年少15歳という、かなり気合の入った集団。何でもモバゲーの"蒼の翼"とか言うコミュニティの集まりなのだとか。
初参加でサイリウム山盛り、法被着用の上級者もいて、最近の若い子は凄いなぁと感心しながら、時間まで一緒に過ごします。
なんだかんだしてる間に、記念撮影にまで紛れ込んでサーセンです。

そして、開演30分前。
1,2,3,4,5,6,奈々ーーー!!!

噂に名高い開演前の円陣をこの面子で組んで、気合を注入です。
円陣は都合3回。最初に一回、入場口前でもう一回。
最後に入場口で同じように円陣を組んでいた方々と、一緒になって一発。
IMG_3557.jpg
最後の円陣は何故か皆さんの飲んでいたアリナミン7を7の字型に組んで、それを囲ってやりました。
テンション上がっていたとは言え、シュールな光景です。


そして入場後、15分程でチャイムの音も響き開演と相成りました。
ライブの内容は良くも悪くもほぼ横アリとほぼ同様のもの。
若干セトリも変わっていましたが、とにかく飛んで跳ねてコールして、最高の時間です!
定番の跳び曲にUOも折って、いつも以上に全力全開です。
古いアルバム曲なためか、聞いたことの無かった"you have a dream"と"jump!"が良曲だと覚えたぜ。
7月のアルバム発売と西武ドーム2daysの発表も万歳三唱。
また、夏場の地の果てに行くことになるとは思いもよらなかったです、もちろん行きますよ。


そして予定通りのアンコールも終わり、奈々さんの挨拶で締め……で、終わらないのがこの名古屋公演。
ダブルアンコールの"もう一回"コールに、レコード会社の人、NHKのアナウンサーと間を繋ぎつつ次の段取りについての説明です。
NHKのアナさんから「皆さん、良く疲れませんね~。右腕強いんですね」と妙な評価を頂いたりしつつ、平たく言えば、いつも通りの歓声をお願いしますとのこと。
奈々さんも戻ってきて、少しばかりMCをしたら、舞台サイドのスクリーンにNHKの放送が映し出されて生中継の開始です。

1曲目は"夜桜お七"。
話によればNHKのMusicJapanのブログにてピンクのサイリウムを用意してとの事前のお願いがあったのだとか。
ちゃっかり朝に配布された件のピンクです。
話に聞く配った本数では、会場の規模から言えば微々たる量のハズですが、結果的には会場は一瞬にしてピンク色に。
息の揃った振りもさる事ながら、相変わらずの練度に驚くばかりであり、それと一緒になっていることが楽しくてたまらない私もだいぶ毒されてるなぁと思う次第。
それにしても奈々さんの演歌を聞けるとは。いつか聞きたいと思っていただけに素直に嬉しかったです。
2曲目は"POWER GATE"。
UO一択でした。春うたということで、よく予習してきたことが功を奏し、奈々さんの曲にしては複雑な振りも何とかついていきながら曲を聞くことが出来ました。
横アリでも聞きましたが、環境の変化が続くであろう私にとっては本当に励まされる曲だと気付いた今日この頃です。


生中継後は再び挨拶し、"アオイイロ"の合唱から3本締めでライブ終了。
皆様、お疲れ様でした。西武ドームで会いましょう。――なんて言いながら会場を出てモバゲーも皆さんと合流。
お疲れ様の挨拶をかわしつつ解散となりました。
締めにアッシーさんとビールを一杯あおりつつ、笠寺駅の混雑が収まるのを待って名古屋駅へ。

駅前にホテルを取ってあるアッシーさんと別れて、メル友のはやてさんと合流しそのままカラオケの流れに。
あくる日曜日は、はやてさんの家で仮眠をとってからゲーセンをうろうろしつつ帰路に着きました。


そんな流れにて、多くの方とお会いし助けてもらった3日間。
人見知りな方で、あまり多くの方と付き合う方でもないので、本当に楽しかったです。
あごきちさん、あっしーさん、Aliceさん、はやてさん、風さん、蒼い翼の皆さん……本当にありがとうございました。
機会があれば、是非またお会いしたいです。

続きを読む »


水戸の祭の話・自宅より

無事に帰りついて一日経過で候。
書きたいことは数多ある2日間でしたが、寝る間もないままに現実が襲ってくるので、手短にいきましょう。

てんちょ~さんと別れ、メールで日記を投稿した2日目の待機列は前日よりちょっと後方。
いつものコミケと比較したとき、数としては大したことがないのですが問題は入り口。
待機列から横断歩道を挟んで、狭まった店に入ると即階段という構造です。

入場まで30分程度待ちましたが、処理が遅いのは物理。
代わりに前日に続くイバライガーやら何やらが、盛り上げて楽しめたので割り切ってしまえば面白かったです。

この日も特に目的もないままにふらりふらり。
ちょっと振舞酒など頂きながら、数冊だけ買って場外へ。
コミケSPと連動したイベントをやっている南町広場で、前日に集めたスタンプラリーをピンバッチと交換です。
どこでも仕事なさる西又御大の絵……段々、言い知れぬ安心感を感じるようになったら末期なんでしょうかね。

その後はイベント広場に吊るされた鮟鱇を眺めたり、待機列の解消された広場で行われているコスプレを鑑賞。
ゆっくり寝て体力的に余裕のある状態と日差しも出て落ち着いた天気は、まったりと屋外イベントを楽しむには最高のコンディションでした。
最早おなじみに感じる光景も怖いもの見たさ(?)に集まった一般市民が混ざると、なかなか面白い光景です。
反応は十人十色、しきりに感心するおじさんに、面白がってる若者もいれば、妙に視線の冷たい幼女も……まさに非日常、お祭りでした。

暫くして、買い物を終えた友人らと合流。ちなみに面子は下宿生と1日目の夜に現地入りした元寮生です。
昼食を食べに、黄門そばという蕎麦屋さんへ。
前日の夜から食べてなかったので勢いのまま大盛りを注文したのですが……ちょっとすごく大変でした。
昼食をとったらもう当分、蕎麦はいらないかなと考えつつ水戸駅へ。
帰路の常磐線へ乗り込み、水戸の街にお別れを告げました。

もちろん、直帰することも無く横浜の元寮生の下宿で軽い打ち上げ。
戦利品の酒類を試飲する程度に飲んでから、解散となりました。

続きを読む »


水戸の祭の話・現地より

前日朝方の雨模様から一転、青空が広がる2日目の朝は放射冷却で、かなりの寒さです。

水戸へは下宿生と共に土曜日深夜にバスにて移動。
到着次第、映画館のオールナイトで一泊。
バス内で知り合ったコミケ歴20年の猛者と待機列まで同行。
私はあまり本調子ではありませんでしたが、下宿生と猛者で盛り上がってた模様です。


待機列で暴風雨の洗礼を受け、足元から凍える状況にて開場。
入口の小ささに手間取り、なかなか入れないままに15分足らずで売り切れの情報が流れはじめ、周囲には絶望の空気が流れます。
…………が、特にアテもなくふらりふらりと一期一会を巡るのは予定調和です。


意外に小さい会場を巡り、昼過ぎには撤収。
水戸市街のイベント広場に移動して、スタンプラリーに参加しました。
バスに乗って弘道館、偕楽園を巡る定番ツアー。
とにかく梅である印象でした。納豆より梅みたいな?


足が動かなくなるまでうろつき、日が暮れて意識が朦朧としてきたら、日立まで宿泊しに行きました。


そして始発にて展開。
マイミクのてんちょ~さんに会ったりしつつ今に至ります

遠征準備

作文に次ぐ作文で、頭がオーバーヒートしちゃいそうな今日この頃。
時事問題って政治的な話も多くあまり触れたくないのですが、なかなかままならない日々が続いてます。
週5でスーツ来てると、そろそろ自分が学生なのかなんなのか、わからなくなってきそうで怖いです。

強いて変化を言えば、今週は金属屋さんの工場見学の機会があり、なかなかいいものが見れたと思う次第。
熱した金属を叩いて調整する鍛造作業は迫力があり、30分は眺めても楽しめそうです。
志望順位としては上位なので、場合によっては半生眺める光景になるかもしれませんが……果たしてどうなるかは、だれにも分からない。

また研究室関連の作業もそろそろ本格化。再来週から実験が始まるそうですが、その前にお引越しのお手伝い作業。
学校の果ての我が学科棟にある研究室で余らせた机から、私の所属予定の研究室がある学部共有の別の建物まで運ぶお仕事。
不用品置き場から教授が適当に見繕って、生徒が軽トラに運び込む程度の物品管理の大雑把さはなかなか。もはや一種の略奪です。
私の居場所も確認できました。ネットと水道の環境あり、電子レンジと冷蔵庫はそのうちやってくるとかこないとか。一人一個の机を与えられ、パソコンは自弁だそうです。


そんなこんなで地味に真人間的生活ですが、今晩からはコミケットスペシャルに向けて水戸へ行く予定。
泊まりがけの同人イベントは大阪へ紅楼夢に行って以来。
前回もイベントではなく旅行向けの装備主体でしたが、今回も同様の方針。
なんか例大祭も余裕でしたし、そんなに準備しなくても春秋イベントは乗り越えられそうです。
本を入れる紙袋と電池さえ忘れなければ、きっと大丈夫。荷物は厳選して、ちょっと行って来ます。

混沌と例大祭と生音と混沌

春休みも後半戦。流石に暖かい日が目立つようになった3月第2週です。
就活だ選考だと、どうのこうのと忙しい現実から抜け出した土曜日。
日中は祖母の法事と言うことで、おとなしくしていましたが、午後は陽が沈んでから横浜に展開です。

事前の準備も何もないままにサイリウムとペンライト、タオルのライブ3点セットと、硬貨を詰めた袋とカタログという同人イベントの必需品をバックに入れて、いざ出発!
見切り発車だ、気に済んな~っと。


夕食時に横浜駅前までくれば、続々のこの日のために声をかけ、謎のつながりで引き寄せられた方々と合流。
まずは元寮生と合流し、ドンキホーテでウルトラオレンジのサイリウムを買い込みつつ、アリソンさん待ち。
アリソンさんの到着次第、お酒売り場へ。
酒と肴を吟味しながら暫くしたら今度は下宿生も合流です。

不穏な面子で集合して夕飯と飲み会一式を揃えたら、元寮生の下宿へ移動です。
のんびりとお菓子でも嗜むお茶会を開きつつ、さらなる集合を待っていると、長野の人と大学の別学科の先輩ガハラ氏がおいおい到着。
そう、ゆかりんライブ後の飲み会と同じメンバーの集合です。

顔も揃ったら、軽くお酒をあけながらキノコや魚を食べながら、誰かを待つようにグダグダの会。
もうすっかりお馴染みの安定感溢れる変態連。きっと綺麗な飲みニケーションなんです、多分、きっと。
そして日付が変わった頃、13日の奈々さんライブは前日から物販に並び、ライブ後もマイミクさんと盛り上がっていた猛者アッシーさんが終電に合わせて参上です。


実はこの飲み会の言い出しっぺと言うことでしたが、丸1日寝ないままの奈々さんのスパルタ講義だったようで、全力全開。
到着時点で既に死にそうでした、お疲れ様すぎる。
…………が、それもともかくメンバーも揃ったと言うことで、飲み会も本番です。
スナックを開けながら、地方談義やライブ談義をしつつまったりと飲み会。
よくわからないまま、話がコスプレに転がり何故かアッシーさんが女装したまま寝てしまったり。
mixiのバカテスアプリに約2名ほど廃人状態となっていたり。
ひたすら行く予定の同人サークルを纏める作業に全力全開な人がいたり。
好き勝手したままお酒が転がる、いつもの飲み会のまま始発の時間までのんびりです。


さて、日曜日の始発電車のお時間。
何をとち狂ったかほろ酔いから仮眠もせぬまま酒気だけ抜いたら、下宿生とふたりだけで有明に向けていざ出発です。
行くは毎年、お馴染みの"博麗神社例大祭"。
毎度おなじみの"ケシの人"が事情によりいないのはちょっと残念ですが、仕方ないこと。
実は奈々さんライブにも巻き込みたかったけど、色々とドンマイなことがありました。

会場は今年も東のほとんどを活用してもので、待機列も東2を活用する程度の余裕ぶり。
有り合わせの荷物で参加と、周到な準備をモットーとする私としては徒手空拳に近い状態でしたが、気候も幸いして案外にどうにかなるもの。
上着にフードは必須かな……と室内の明るさに難儀しつつも1時間ほど仮眠を取りながら入場待機です。
流石にテンションも上がりきらず、落ち着いた状態のまま体力の維持に努めるイメージで。

そんなこんなで少々、早く着きすぎてしまった様で、所謂"早朝ペナルティ"って奴をくらってしまいましたが……比較的影響の少ないままに開場10分ほどで中へ。
いつぞやの殺人的混雑に比べれば、比較的余裕のある場内でそうそうに目的の品を買い揃え、いつも通り当て所なく一期一会を楽しむイベント遊び――のつもりでした。
見てまわる途中、見つけてしまったのは紅楼夢で買い損ねた左先生の絵の高級タペストリー。
前回、散々悩んだ挙句に電車代を理由に断念したシロモノですが、今回は資金も大丈夫。
OK、買いました……イベント予算の4割近くを持っていかれたので、グッズの類はほとんど買えないまま大きなタペストリーを抱えて、イベント会場で嘆息です。
まぁ、買ってしまった自分に思うところはいっぱいありますが、後悔も反省もしてないです。


そんなこんなで、下宿生もリストの品々を買い揃えた頃合で、会場を離脱し新横浜へ。
冬コミの際もそうですし、最近はそんな流ればかりですね。
駅近くのファミレスで休憩中の元寮生、アッシーさん、アリソンさんとアリソンさんの知人レオさんに合流です。

ライブ初参戦でガッチガチに固まるレオさんを囲みつつ、例大祭組は遅めの昼食で「スパルタ授業」の準備。
頃合を見計らって外のコンビニで飲み物を準備し、横アリへ移動。
購入タイミングの関係で、席は7人ぞろいではなく4席連番と2席,1席の組。
それぞれに別れて、あとは開講を待つのみです。
ちなみに私の席は4連番の一つで、ステージ正面付近の奥のスタンド席。ステージは小さいのですが、会場全体が見渡せ演出は一番楽しめるそこそこの良席でした。
そして遅刻ギリギリでガハラ氏も到着。私にとっては8ヶ月ぶりのお待ちかね、水樹奈々さんの横アリ2日目ライブは学校のチャイムの効果音と共に始まりました。


ライブはまさにスパルタ。跳び曲やコールも盛り沢山で、UO折りまくり声出しまくりの全力全開なライブです。
相変わらず全曲わからないのでセットリストは載せませんが、流石に知ってる曲も多々あってコールのタイミングも最初からわかってるのはやりやすいです。
もちろん、知らなくても楽しいのですが、今回は特にノリ重視で熱いライブでした。
序盤からアップテンポの連続で攻め。
合間合間に行われたバックダンサーやバンドメンバーのPV付きの歌もやりたい放題の演出で面白い。
中盤では定番曲「ETERNAL BLAZE」ではイントロから一瞬にして会場中がオレンジに染まった一体感には、一緒になってUO折りつつもちょっと驚きました。

そして、古参のファンには歓喜と驚きのPrits再結成。
アンコール後の終演直前の挨拶で流すBGMにてテンション上がった奈々さんが歌ってくれたりと、本当に最初から盛り上がりっぱなしの良いライブでした。
横アリで参加したライブは毎回が"最高"で困りますね。


ファンの三本締めにて終わったら、再び7人で集合。
緊張のレオさんもすっかり跳びまわっていたとか。あっという間に人を魅了するライブの魔力ですね。
全力を出しきって今にも寝てしまいそうなレオさんが、先に離脱して残った6人はファミレスへ移動。
店員さんもびっくりの4人がけに6人押し込む荒業で、がやがやしながら着席。荷物は足元に大変なことです。
ライブの反動で、ぐったりしながらファミレスで夕飯をとりつつ雑談タイム。

ちょっと疲れて、何話したか憶えてないのですが……帰りがけに間違えてUO折ったことだけはよく覚えてます。
仕方ないと下宿生が外で振っていたら、中のお客さんがガン見してました。
とりあえず挨拶したら、向こうも手を振ってくれました。青ペンライトも出してきたので、きっと同族です。
河口湖の終演後のハイテンションを思い出す心温まる(?)交流でした。

続きを読む »


生存確認

春のような陽気かと思いきや、手のひらを返したような寒波。
もっとも、身近な所では被害もせいぜい鎌倉の御神木が折れてしまった程度。
春の嵐で雪が降ってたまるか! と笑いながら言ってるくらいの感覚です。


就職活動は相も変わらず週4日ペース。
思った以上に選考を受けている企業が少なく、若干の心もとなさを感じている今日この頃。
強く生きたいです……。
IMG_3073.jpg
まぁ、やることやらせてもらってますけどね!

奈々さんライブ、楽しみだ!!

都心放浪記

このところの日記のネタの通り、最近は都心に行く機会が多いです。
何だかんだで用事なんて皆無に等しいオフィス街。興味の対象ですら無かった話題のオシャレな街。
折角の機会と、時間が空けば地図と勘を頼りに寄り道してる今日この頃です。


ふらりふらりと都心散歩してみれば、やっぱり色々あるというもの。
東京駅の近くまで来たときには、ちょっとだけ足を伸ばして銀行の親玉、日本銀行まで。
IMG_2980.jpg IMG_2984.jpg
重厚な外観も良いですが、メインは道を挟んで向かいの別館。日銀だけにお金を展示する貨幣博物館です。
入場無料でありながら、一級の質と量。何気なく展示のセンスもよく、侮れませんでした。
皇朝十二銭のあと、一時期貨幣の流通がストップしてた時期があったとか……些事過ぎて教科書にも載らない日本史の小ネタが満載でした。

続く別の日には青山から六本木へ、大都会の真ん中をお散歩。
意外と普通の住宅があることに、驚いたのは内緒。御茶ノ水界隈もそうですが、住人なんて居ないと思い込んでると気付かないものです……。
そんな青山の一角で行ったのは乃木希典邸。
IMG_2995.jpg IMG_3009.jpg
日露戦争で有名な将軍、乃木希典の旧宅です。自害したのもこの家なのだとか。
簡素な家は外から窓越しに見学が出来る構造。傾斜地に広がる庭はなかなか綺麗なものでした。

ちなみに乃木邸のすぐ裏には乃木神社。名前の如く乃木夫妻が御祭神の神社です。
日露戦争での多大な損害の責任を負うとして自害した夫妻ですが、その死後には軍神として神格化されてしまったのだとか。
IMG_3023.jpg IMG_3024.jpg
知る限りの彼の逸話から想像するには、彼が神格化を喜ぶとは思えないのですが……まぁ神になったものは神社に祀られるのです。
ヤマトタケルノミコト然り、坂上田村麻呂然り、古代からの習わしです。
脇には無料の宝物館もあって恩賜の時計や刀、遺影なんかが飾られています。いい感じに歳をとった格好良い爺さんって印象。


六本木ではフジフィルムスクエアにも寄り道してみたり。
IMG_3034.jpg
こちらも入場無料の写真展やカメラの歴史を追う博物館があり、見ごたえアリでした。
東京ミッドタウンという所の一角にあったのですが、本体は……おしゃれすぎて近寄れなかった!


まぁ……なんというか、時間配分で言えばどっちがメインかよくわからなくなってきてるオチです。

続きを読む »


情けない話

春の陽気と思わせて、一気に冬の肌寒さに叩き落す油断ならない季節。
とはいえ、肌寒さも一時期のどうしようもない寒さに比べれば、だいぶ柔んできた感覚です。
高校大学の受験も勝負が見え始めた時期。
河津桜も見頃だそうで、そろそろ本格的な春を期待したいです。


いい加減、就活尽くしで話題も乏しい今日この頃。
説明会場を探して地図片手に歩きまわる暮らしも、軽いオリエンテーリング気分で楽しいです。
以前は眼中に無かったビルなど建物の固有名詞も、意識してチェックする様になり、妙なスキルばかり就職活動で成長してる気分です。
人間性? そんなのは一朝一夕で変わられては困るのです。


さて、そんな中で水曜日の会場は何と秋葉原。
とある電気機器関連と言うことで、電気街のほど近くが会場でした。
流石に勝手知ったるとまでは言わずとも、何度も訪れた街。
駅に到着してから説明会場へ向かう10分間に、コミケットスペシャルのカタログと切符を買う程度の余裕を見せてみる次第。
入ったビル自体は、初めて中に入るもので、結構新鮮だったのですけどね。


説明会後、帰路は渋谷を経由して神奈川方面へ行くのですが、ふと思うこともあり久しぶりの献血へ行ってみることにしました。
看板を持って協力を呼びかける方を目印に、サクサクと献血ルームへ。
渋谷もアキバの新しい献血ルームに負けず劣らず綺麗な仕様です。
今回は体重も十分にあり、問題ないだろうと思ったのですが……疲れてたのでしょうか。
なんか目の前が暗くなって来たんです。
"これが貧血なのか~"とか冷静に考えつつ、周りの音も水中に顔を入れた時のようにちょっと遠く感じます。
何となく眠くなったような、吐き気のするような、悪酔いから頭痛を引いたような感覚でした。

結局、これは色々とよろしくないかなと献血は中止して水分取って帰ることに。
看護師の方には無用な手間をかけるわ、献血はしないわで、我ながら情けない限りです。
考えてみれば、いつも献血するのは買い物やなんや歩きまわった後など、血の巡りが良いとき。
血の気が多いように思ってたのですが、単に血圧上がってただけ。
席に座って話聞いてるような状況の後では、ダメだったみたいです。


さて、余談ながら秋葉原で購入したのは25日深夜発の夜行列車の切符。
向かうは神戸方、主に西宮とか回ろうかと考えてます。
25日の午前は面接、27日は名古屋、28に帰宅し、29日から学校で実験。
予定が確定してる一人旅なんて、初めてじゃないだろうか?

引越し狂騒曲

IMG_2904.jpg
郊外の私鉄の始発駅で、一番端っこの車両に陣取って撮った一枚。
すぐ隣の車両には、普通にお客さんもうろうろ。
それでも珍しい風景は案外簡単に作れてしまうものです。
ARIA的な幸せ感の一種?


さて、この土日は飲み会の連続。
いや、就活しろしって感じですが、息抜きの合間に人生するって感覚です。
土曜日は横浜の下宿生の家で、普通の飲み会。
酔っ払いながら、ゆかりんのライブ映像流してコールの練習をする、救いようがない集まりです。

明くる日曜日は、一度自宅で補給して世田谷で友人の"番長"と合流。
番長の親戚宅で車を拝借し、環八通りから国道17号を経由して埼玉へ向かいます。
この日の目的は引越しの荷物運びの援助。
大学の寮から新居へ家財道具を運びこむ簡単なお仕事です。

やんややんやとニトリで家具を購入してから、寮に到着。
彼の寮に来たのは初めてでしたが……正直に言えば「人の住む場所じゃない」。
一人暮らしの友人もそれなりにいるので、散らかった部屋は見慣れたつもりでしたが、もっと恐ろしい何かを見たぜ。写真を残せないのが残念ですが、男4人部屋の共同生活……ハンパないよ。

さて、どん引いてる暇もないので、チャッチャとお荷物をまとめて車に搬送です。
滞りなく積み込んだら、新居に移動して運び込んで再びお出かけ。
外で夕飯を食べ、お酒とおつまみを買ってから新居に帰り、家具の組立です。

テレビ台を組み立て、テレビを設置。さぁアンテナ線、と思ったら見慣れたコンセントタイプでは無く剥き身の線をネジで止めるタイプ。昔懐かしい感じです。
翌日、そのままコードを改造すれば良いと発覚ですが、この時点では知る由もない。
これでは繋げない、テレビ映らない、とお仕事を諦め、PS2だけ接続。
話に聞いて"テレビ買ってアンテナ線ちゃんと用意しない人なんて居るんだ"と半信半疑だったら、身近に居たぜ……と考えてみたり。

まぁどちらにしても、予定通り"苺ましまろ"のDVDを再生して続きの作業。
最初っからテレビ見るつもりなしなので無問題。
アナちゃん可愛いよ! とか言いながら、日本酒の紙パックを開封です。
こんな風に書くと、作業終わって一杯と言う感じですが違います。
ジュースを飲むように極めて自然な動作で、燃料投入しただけ。まだ家具組み立てます。

お酒片手に続いて取り組んだのはパソコン机。
この頃には午前の1時を回って、よくわからないけど楽しい感じで作業してます。
鉄製の足をボルトで固定するだけの簡単な作業ですが、片足に8本ずつ計16本のボルト全てにワッシャとスプリングワッシャを咬ませるのが、ほろ酔い人間にはいい感じ。
なぜかしらないけど、楽しかったです。

最後にノリノリで背の高い本棚を立てて、完成。
作業が終わる頃には、アニメは5話目に突入してました。
その後、床面を片付けたら、キリのいいところまでアニメを眺めて就寝となりました。


ちなみに明くる本日はドン・キホーテとヤマダ電機をハシゴして、家電の類を購入。
寮では共用設備だったので、ろくな家電類は持って無かったのだとか。
ここでアンテナ線コーナーのパッケージを見て、同軸ケーブルの皮を向けばそのまま繋げられると気付いた次第。
買い出しが終わったら寮に戻り、暖房や電子レンジを運び込んで、ついでにアンテナ線をつなげて作業終了。

車を返しに環八経由で帰路へ。
道中、ヨコハマ買い出し紀行のケヤキ並木と「辻の茶」だなぁ……とマニアックなことを一人で考えていたりです。


ところで、初見の「苺ましまろ」ですが面白いですね。
そんなに新しくないハズですが、今でも通用するキャラデザとネタでのんびりなのに目が離せない。
家具組み立てのBGMとしては、かなり不適切な内容ですね。

家具と言えば、作中のエアコン。縦に置くタイプだったのが気になる次第。
サークルの部室や旅館で、縦型のエアコンを見たことがありますが、一般家庭での使用例は寡聞にして知りません。
アレって何か違いがあるのでしょうか?

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2010-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad