月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


就活を兼ねた旅行の話・初日編

どうも文字通り「全力全壊」で現実逃避がお上手な日常ですが、たまには非日常を味わいたくなるのが人の性。
何がどう幸運を運んだのか、ある企業の選考において面接まで話が進み、工場見学を兼ねて滋賀まで訪問することに。

そんな訳で新横浜より新幹線に乗り込んだのは、先週の金曜日のこと。
目指すは琵琶湖東岸のどこぞです。
米原で乗り換えに降り立てば、そこは寒い寒い盆地帯。地元の一番寒い日並に寒いような気が……。
とは言え、凍えてても始まらないのでうまいこと荷物を隠し、予定通りの面接と工場見学へ。
そして終わったのは、15時頃。

さぁ終わった終わった! 何かと忙しいし、さっさとお家に帰りましょう――となるのが、あるべき姿なのでしょうか?
答えは当然ノーなのです。風は寒いですが気の向くまま。
とりあえず彦根は以前行ったので、長浜に行きましょう。


歴史的には琵琶湖の主要港があり物流の結節点だったと聞く長浜。
何があるか、何にも予習しないままの訪問です。
IMG_1874.jpg
駅前の観光案内所で地図を頂戴し、いざ出発。まずは駅近くの旧長浜駅舎鉄道資料館へ。

長浜駅は名古屋方から京都へ抜けるルート、及び京都から敦賀へつなぐルート上にあり、琵琶湖の水運と鉄道を繋ぐための玄関口として、鉄道建設のかなり早い段階に建てられたのだとか。
資料館に使われている初代駅舎は、それ自体が現存最古の駅舎として鉄道記念物になっている代物。モダンさを感じる洋風建築です。
IMG_1894.jpg IMG_1908.jpg
展示内容は、鉄道好きとしては興味深いことこの上ない代物です。
中は当時の物品を展示してあったり、別棟では北陸本線のアレコレやかつて使われた機関車が展示してあったり。
関西の交通事情はあまり詳しくないので、勉強になります。
鉄道建設費を圧縮するため、琵琶湖水運を活用したとか……言われてみれば何でもないことですが、やっぱり目から鱗です。


適当に見学後は、たまたま遠足か何かで訪れていたちびっ子たちと機を同じくして出発。
長浜城跡へ向けて移動です。
IMG_1914.jpg IMG_1921.jpg
城跡の癖に天守閣がある! と言ったら地元の方に怒られそうですね……。
Wikipediaによれば、羽柴秀吉が最初に築いた居城なのだとか。後に彦根城が築かれる際、廃城になり、今ある天守閣は現代になって模擬復元されたものだそうです。
どちらにしろ、湖と青空にお城でなかなか絵になる光景。内部は資料館となっており、私が行ったときは縮緬の特別展をやっておりました。
ちなみに最上階は展望台。吹きさらしでこれは寒いと思いきや、山の方は雪が積もっていました。

ついでなので琵琶湖も間近で。
IMG_1925.jpg IMG_1926.jpg
湖なのに対岸が見えない感動です。近くには豊臣秀吉像もあり、お膝元であることを改めて実感。


お城を後にしたら、長浜駅へ戻り、預けた荷物の回収と、観光案内所で見つけた安めな宿の予約です。
予約した宿があるのは、駅を挟んで琵琶湖とは反対側。
歴史ある町らしい趣ある街並みを、宿に向かいがてらに散歩です。
IMG_1933.jpg IMG_1936.jpg
古風な建物が並ぶ通りを行けば、観光地らしいアーケードもあり。
水の便を図る水路が巡らされているのが、さらにいい雰囲気を出しています。
IMG_1945.jpg IMG_1953.jpg
あちこちにお寺や社も点在し、ふと見つけた参道の奥にそれなりの規模のお寺があったり。
歴史と伝統を生かした土産物屋もあれば、一本外れると昭和の雰囲気漂う商店。
IMG_1977.jpg IMG_1971.jpg
生活感ただよう狭い路地など、歩いているだけで楽しくなってきました。
のんびりふらふら、宿屋を見つけて荷物を預けたら、夕暮れ時までカメラ片手に歩き回っていました。
あまり観光地化されているのを善しとしない方も多いですが、こういうとき、あまり不審な目で見られない観光地が嬉しい限りです。


ただ夕暮れ後、17時過ぎたらほとんどの店が閉まってしまうのだけは参りました。
どこへ行ってもほとんど閉店。空いているのは酒屋さんくらいで夕食を食べ様にも行く場所無し。
皆さん健康的だと感心しつつも、腹が減っては流石にひもじいと、灯りにつられて入ったお店が居酒屋。
こうなったら仕方ないかと、空気読んで清酒を注文したら、軽く1000円超えてしまったのは迂闊でした。
もっとも、ほろ酔いに面接が終わった開放感と散歩疲れも重なり、かなり気持ちよく寝れたので、これはこれで良かったのかも。

IMG_1994.jpg IMG_1998.jpg
ちなみにこの晩の宿は、畳張りに部屋の仕切りはふすまのみと、かなり純和風な所。
窓も現代風のサッシなどありません。
代わりの防寒に、ガラス戸が二重になっていたのには感心しました。


余談ですが、この日の夕方、新幹線が架線トラブルで長時間運転見合わせとなる事故がありました。
私が知ったのは、宿についてからだったのですが、直で帰ってたらどこかで足止めくってた可能性があった訳で……これも運が良かったと言えるのでしょうか。



短い割に、思いの他、盛り沢山になってしまった就活行。続きます。
二日目編へ→

就活を兼ねた旅行の話・二日目編

初日編に続いて、そんなこんなで酒精と添い寝して明くる土曜日30日。
6時半には起床して、前日に買っておいた朝食のお団子をうまうま。

スーツを鞄に押し込み、旅行装備に切り替えたら8時発の電車で出発です。

米原で近江鉄道に乗り換え。
JRの駅舎の脇にポンと建つプレハブ風味の駅舎が何とも言い難い気持ちにさせてくれます……。
IMG_2009.jpg IMG_2010.jpg
駅で乗り降り自由のフリーきっぷを購入し乗車。ワンマン運転で無人駅も多い、まさにローカル線といった趣。
ガタンゴタンとレールのつなぎ目で規則的にたてる懐かしい音を聞きながら、移動します。
途中の高宮駅で単行電車に乗り換えて二駅、ついたの多賀大社前駅。
IMG_2023.jpg IMG_2024.jpg
多賀大社は古事記にもその痕跡を残る古社で、祭神はイザナミ・イザナギの二柱。
「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」とも謡われたそうで、伊勢も熊野も行った身としては是非行っておきたい神社です。

駅から多賀大社までは10分ほど。駅前から参道が続き迷うことのない1本道です。
IMG_2030.jpg IMG_2033.jpg
道中、延命地蔵を祀るお堂の門を開ける光景に遭遇。作業されていたお爺さんに伺ってみたところ、近隣で持ち回りで管理されているのだとか。
似た様なお堂は他にも幾つかあるそうで、どこも似た様な管理をしてるだろうと。素朴な神仏がまだまだ大切に扱われている様で、ちょっと嬉しくなります。
ついでに参道沿いのどの家の玄関にも吊るしてあった「笑門」絵馬の意味も伺いたかったのですが、そちらは時間切れで失敗。

そうこうしながら、ちょっと歩けば到着です。
IMG_2042.jpg IMG_2050.jpg
拝殿はとにかく立派の一言。宝物殿がないのは意外でしたが、それでもよく整備され、格の高い神社らしい風格がありました。
ちなみに祖神であり長寿に関する逸話もあるのですが、また夫婦神と言うことで縁結びもご利益の一つ。
祈ることと言ったら当然……ねぇ。

余談ですが、休憩所の天井には絵馬や講の碑が掛けてあり、参詣で賑わった様が偲べます。
IMG_2053.jpg IMG_2056.jpg
ちなみに絵馬と言うのは、もともと神馬を奉納したのが、上に掛けてあるような絵に書いた馬になり、それがさらに簡略化されたものなのだとか。
神社によっては絵馬関係ない事績や記念、逸話から題材を取った物もあるそうで……そう考えると痛絵馬も……と、閑話休題。

神社裏手に隠れるように祀られていたお稲荷様を参拝し、社務所に戻りお守りを購入したら、鳥居前のお土産物屋で一服です。
名物の糸切餅と生姜の利いた甘酒で一服しながら、電車の時間まで待機です。
糸切餅、あんこを餅で包んだシンプルな甘味で、美味しかったです。


さて、時間がいい具合になったら高宮まで折り返して、貴生川行きに乗り換え豊郷へ。
駅前でtwitterやらでお世話になっている鮟鱇さんと合流。
ここから先は彼の当日のブログを参照された方がわかりやすい気もしますが、一応続けます。

合流し軽く挨拶したら、そのまま自然流れで豊郷小へ。
コレで3回目になりますが過去2回とも車だったので、豊郷駅から向かうのは初めて。意外と近い。

そんな訳でやって参りました、9月以来の豊郷小学校!
IMG_2140.jpg IMG_2152.jpg
早速「軽音部室」こと會議室へ。
ひっきりなしに物が寄贈される様をtwitterや「今日の部室」で読んでいると、最早、何が増えてるとかどうでもよくなってきますが……流石に、ホワイトボードはよく目立つ。
何が生焼けなのか、よくわかりませんが大変です。

そしてもう一箇所、旧小学校図書館を利用した観光案内所へ。
IMG_2164.jpg IMG_2165.jpg
「けいおん!」に占領されてやがる……。
個々にある物品もほぼ全てファンが置いて行ったものだったはずです。話には聞いていましたが、ここまでとは思いませんでした。
そして、観光案内所の方に声をかけられ始まる雑談。案内所の方も、この状態を楽しんでる様で物品の話やら観光の話やら。
何度も訪れている鮟鱇さんは、すっかり顔なじみになっているようで、羨ましい限り。
もっと近ければ私も混ざりたいものですが、それで身上潰すわけには行きませんからね。


そんな訳で一周りしてやる事もなくなったのですが、時間はまだ12時頃。
帰るには全然早すぎますし、折角の機会なので、ずっとしたいと思っていた町歩きをすることに。
まずは中山道沿いに伊藤忠兵衛記念館へ移動。
道中、八幡宮やら風変わりな崩れ方をした廃墟やらと寄り道しながら、記念館へ到着。

伊藤忠兵衛は、誰でも知ってる大企業、伊藤忠商事と丸紅の創業者。
典型的な近江商人であり、まさに地元の名士なのでしょう。
IMG_2186.jpg IMG_2188.jpg
立派な日本家屋です。
風呂から台所から便所から庭まで見学出来、建物だけでも十分に面白い。
さらに家財道具なども展示してあり、ボロボロの蓄音機など、よく残っていたなと思うものまで……。

見学後は駅前のパン屋で昼食を購入。駅のコミュニティハウスで軽く食べたら復路の行程。
約1時間半と微妙な残り時間から、市街から線路を挟んで反対側を巡って豊郷小に戻るルートに決定。
IMG_2246.jpg IMG_2264.jpg
快晴の中を雑談しながら進み、何故かあらゆる石に注連縄がしてある白山神社を参拝。
町の中心部がある西側に比べ、とにかく空が広い。見渡す限り平らな土地に田んぼが広がり、遠くまで見渡せます。
右の写真の送電線下にある赤茶色の屋根が今の豊郷小学校。
現在の小学校でも目立つのに、新幹線も電柱もなかった時代、出来たばかりの旧豊郷小学校がどれほど立派で目立ったことか……町の方々が誇りに思い大切にするのも、改めて理解出来る気がしました。

町を小さく一周して、戻ってみるとこんなパネルが出来ている。
IMG_2286.jpg
安直なネーミングと良心的な値段のレンタサイクルのお知らせ。
大回りしても10km強、平坦な地形に近江の古い建物と田園風景が点在する土地柄は確かにレンタサイクルで回るにうってつけかもしれません。
新緑の季節など、気ままに走ってみるのも気持ち良さそうです。
この値段なら気合で持ち込む必要もない感じですし、豊郷小に車を止めて自転車で町内観光なんて良いかもしれない。

そんなこんなで再び観光案内所の方と雑談しているうちに、twitterつながりのめたるかさん参上。
そろそろ出発とあって軽くしかお話出来ませんでした、明るそうな方でした。

帰りの出発はいつもギリギリ。駆け足で駅に入るとちょうど着くタイミング。
米原に戻り、乗り継ぎの時間を時刻表とか見ながら過ごして、鮟鱇さんともお別れに。
鮟鱇さん、見た感じは活発そうな少年(青年?))。一緒に回っていると、色々と手に取ってみたりなかなか好奇心旺盛な方という印象でした。
鮟鱇さん、めたるかさん、観光案内所のお二人、お付き合いいただきありがとうございました。
また機会があれば、是非お会いしたいです。


米原で別れ東海道線を東進する帰路。そのまま帰らないのがこの日のクオリティ。
IMG_2299.jpg
名古屋で途中下車し、駅近くのメロンブックスでエルナト大尉と待ち合わせです。
大尉と会うのも3年弱ぶり。相変わらずそうな感じで何より。
メロンブックスからアニメイト、ソフマップと同人やらエロゲやらマンガやらを見て巡りながら世間話。
売り切れ御免の"なのはVivid"を持っていた大尉凄いと思いつつ、私も"キルミーベイベー2"と文庫1冊を購入。
その後、地下道のレストラン街で夕食をとり、新幹線の時間が迫ってきたのでお別れとなりました。
名古屋は意外と行く機会もありそうですし、また会えることでしょう。短い時間でしたが付き合い多謝です。

続きを読む »


叙情的な鑑賞会・劇場版

寒暖の差が激しいながらも、高く突き抜ける青空と遠く雲たなびく夕空が印象的な今日この頃。
寒いのは苦手ですが、冬晴れは好きです。
また天気が下り坂なのが残念。足先から凍える感覚は恐怖過ぎます。


さて、そんな華麗に飛翔したくなる空に誘われ、我慢強くない私は友人Kを伴ない映画館へ行ったのは昨日のこと。
平日13時からなら余裕で行けると踏んで『魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 1st』を観に行きました。

そんな訳であまり時間に余裕もない開演20分前到着。
席の予約もないのでチケットカウンターに行ってみると、意外と並んでいる。
大学生2枚で頼むと、中の人は「お二人連番となりますとコチラとコチラとコチラのどれかになってしまいますが……」と端っこや最前列を指し示す。
想定以上に混んでるらしい。

まぁ良席ど真ん中希望でもありませんし、次の回まで待つ訳にも行かないのでそのまま選択。
チケットを買った頃には入場時間となり、パンフレットだけ購入してそのまま入場。
満席とまでは行きませんが、そこそこ8割以上は席が埋まっている状況。
流石に公開第一週のことはあると言ったとこでしょうか。


そんな訳で少々長すぎる予告CMに辟易しながら本編スタート。
ストーリー自体はTV版とほぼ同じ。テスタロッサ家の事情と戦闘シーンが手厚くなった分を適宜省略した感覚です。

レイジングハートの初起動からガシャンがシャンとロボットアニメを疑いたくなるメカ描写や、何故か鎧みたいな効果音のバリアジャケット。
アレと思って後でパンフ見たら案の定戦闘機のドッグファイトを参考にしてる空中戦描写に、大画面でより格好良くなった魔砲描写。
そして相変わらず要所要所で容赦ない外道なのはさん。
あとはリニスの出番が増えたのは、ちょっと嬉しいかも。

これといって新しいこともない分、もっと見たいと思っていたシーンがクローズアップされている印象でした。
無印なのはを見た人がもっと楽しみたいためにある映画、面白かったです。


そしてED後、エンドロールになっても静粛な劇場。
奈々さんの主題歌を聞きながら静止画カットを観賞して、明るくなってから立ち上がる観客。
何にも疑問に感じませんでしたが、後で友人に指摘されてみて、あまり普通なことではないと気づいてみたり。
こんなところでも行き届いた訓練を垣間見てしまったとは……。


そんなこんなで次はハルヒでしょうか。
ライブの谷間は映画シーズンとは、つくづく搾取されてるものです。
お金が無いので、学校へは徒歩移動。一人で歩いたら40分で着いてしまったぜ。

鎌倉江ノ島紀行

日頃の行いも一息尽き、就活の方にも手を入れざるを得なくなってきたことを認識する今日この頃。

開放感に浸るべき土曜日は、天気もとってもよろしいです。
かねてより、実習が終わったらどこか行こうと友人と話していたこともあり、その予定を実行することになりました。

今回の同行者はいつもの飲み会面子とは別の友人。
以前アリソンさんとMusicJapanに同行頂いた方だったりしますが、別に関係ない話。

そんな訳で件の友人と昼前11時にJR鎌倉駅前で合流。
IMG_1696.jpg IMG_1702.jpg
まずは鎌倉の定番と晴天に賑わう小町通りを抜けて、未だ初詣の余韻が残る鶴岡八幡宮へ。
彼は初めて来たそうですが、私も中学以来で6年ぶりくらい。
変わったのか変わってないのかも曖昧な程ですが、一応は懐かしさを感じつつ軽めに参拝です。
IMG_1707.jpg IMG_1711.jpg
相変わらずの石段。お守りの授与所一面に破魔矢が吊るしてあったのが印象的でしたが、どうしたことか撮影禁止なのが惜しいところ。
巫女さんばかりとろうとする不届き者でもいたのでしょうか?

参拝後は源氏山公園を目指して閑静な住宅街へ。
メインルートから外れ、人波も落ち着いた中を他意なく散策です。
IMG_1719.jpg IMG_1727.jpg
人力車を横目に、横須賀線を狙うカメラ少年を過ぎ、寿福寺の境内を抜けた先は、道路も舗装されぬ歴史地区に。
市街地とは人味どころでなく違った静まり返った雰囲気。年代未詳のジブリ的な古さに、返って興奮気味になりながら静かに進みます。
IMG_1728.jpg IMG_1729.jpg

歩道が岩穴を潜ってみたり……トンネルの向こうは舗装された道。
IMG_1732.jpg
このギャップはどことなく、夕暮れ時にぜひみたい光景です。もしくは何故かお風呂屋で働かされるイメージで。


歴史地区から岩場に沿って進むと道は源氏山公園へ。
バリアフリーどこ吹く風と、看板に従って進む道は墓場の裏の容赦ない山中へ。

IMG_1735.jpg IMG_1746.jpg
藪に囲まれ、ここが本当に歩いて良いものなのか不安になる獣道をかき分けると、不意に道が良くなり開けた台地の上に出ます。
源氏山公園の源頼朝公とハイキング客の図。冬晴れした土曜の昼下がりはとっても平和です。


公園から化粧坂を経由して、欲にまかれた人々の集う銭洗弁天へ。
奥宮の泉でお金を洗うと倍に増えると言う、なんとも現世利益の極みをついたような実利的で霊験あらたかな弁天様です。
金欲に切実な学生として、当然のごとく実践。
100円払ってお線香を買い、ザルを拝借。財布からありったけの硬貨を出して芋洗いごっこ。我ながら無難な行いです。
人が集まれば剛毅な人も増える訳で、目撃しただけでも1万円札をジャブジャブ洗う女性やら、10円玉を缶いっぱいに詰めて来た幼女やら……。
お札を洗う度胸、貯金箱を持ってこれる計画性、結局こういう事が出来る人にお金は転がり込んで行くのでしょうか。
がっかりな学生さんは倍になっても数千円と、慎ましやかに生きる予定です。

洗った銭を平然と財布に戻したら、再び閑静な住宅街に侵入。佐助稲荷を参拝して鎌倉駅へ。
駅前で昼食を、と思ったのですが残念なことにそこは観光地価格。倍になったのはそばの値段と有り難くないオチに、なら江ノ島まで行ってしまおうと、そのまま江ノ電に乗車。
そういえば「月色プラットホーム」の舞台ってこの辺だったかな……と、知らない人の多そうなラノベを思い出しつつ、久々の江ノ電を満喫して江ノ島着。
IMG_1788.jpg IMG_1790.jpg
おぉ、人が多い。何故こんなに多い。理由は定かでありませぬが、目指すは皆様、江ノ島方。
半年ぶりくらいの江ノ島、意外と早く再訪できて嬉しい限りです。

そんな訳で、再び片瀬海岸から長い橋を渡り江ノ島上陸。
いい具合に落ち着いて、参道の食堂で昼食タイムです。江ノ島名物のしらすを乗せた丼……は友人で、海鮮は得意でない私は無難にラーメン。
お腹も落ち着いたら、海の幸に満足した友人を適当に言いくるめて、江ノ島神社に参詣。
道程を把握してると、不思議と早く感じるもの。適当にサクサクと進み、参拝もそこそこに最奥の磯まで来てしまいました。
IMG_1835.jpg IMG_1836.jpg
調子に乗ってフジツボを撮ろうとし、濡れた海苔に足を滑らせ、危うく海に落ちかけたのはご愛嬌。
乗合船の幟格好良く撮ろうとしたり、鳶を追いかけたり……奇行し放題やらせてもらったところで、頃合を見て帰路へ。
今回は、乗合船が運行中だったので来た道は戻らず船で陸側へ。
IMG_1845.jpg IMG_1850.jpg
男前な海の老人の小舟で橋の袂まで。いい具合に空も綺麗で、絵になる感じでしたが……人もカメラも性能不足なのが悔やまれるところ。


仕上げに湘南モノレールで大船へ向かい、解散となりました。

続きを読む »


季節恒例の話

さて、この木曜日に無事に実習の発表会も終了。
運悪くトリを飾ることとなってしまいましたが、どうにか詰まることもなく卒なく発表。
先生方の口撃も、学生の質問で制限時間を押し潰されたおかげで、どうにか回避。
単位は……もらえると信じてます。

そんな開放感から、放課後はついつい友人の誘いに乗って、元寮生の家で飲み会です。
ウィスキーをオレンジジュースで割って、柿ピーつまみながら今期アニメの観賞会です。
レディ×バト見ていたら終電の時間はとうの昔に過ぎ去っている現実。まさに「どうしてこうなった」です。

仕方ないので、そのまま適当に一泊して学校へ。
金曜日の講義が参考書不要で命拾いしたぜ……。


と、言う事で目下の懸念事項も過ぎ去ったので、乗り遅れ気味ですが今期のアニメのことでも。
本数が少なくなったとは言われてましたが、なによりtvk土曜日深夜の延々アニメやってる枠が消失したのには驚きました。

・バカとテストと召喚獣
原作のラノベ、名前は知ってましたが未読。
あまり奇抜な設定は好まないのですが、軽いノリとニヤニヤ感があるので特に気にしない方針で。
男女ともに濃い割に今一つと感じるキャラがいない、良いキャラアニメだと思います。
主に秀吉も捨てがたいが、霧島さん派です。

・はなまる幼稚園
ようじょ幼女してるアニメかと思っていたら、予想通りのようじょアニメ。
しかし幼女だけでなく、先生連中にモブから園長先生まで可愛いとは恐れ入りました。
草野先生が好きなのでロリコンじゃないと思いますが、視聴継続です。

・ひだまりスケッチ×☆☆☆
鉄板過ぎて言うことは特に……。何で原作買ってないんだっけ。

・おおかみかくし
ひだまりからの流れで何故か見てしまったアニメ。原作はゲームだそうですがよく知らないところ。
とりあえず”はっさく~はっさく~♪”と劇中のCM曲が独特の拍子すぎて大好きです。
視聴継続するかは未定……本当に。

この他、ソラノヲト、デュラララ、レディ×バトもちょっとだけ視聴。
どれもそれなりに面白かったのですが、色々の関係で積極的に継続する気はなし。
ただ今期、母数が少ないわりに面白いの多い気がしたりしなかったり。


さて、実習も終わったし、本格的に就活しなきゃいけない。
現実の壁は厚く、憂いは尽きぬものですね。

王国民の生音

実習の発表日も確定。
今週の木曜日、裏を返せば今週中にさしあたりの懸念事が終わるということ。
始末がついたら息抜き代わりにちょっと遠くまで行きたいところです。

そんな訳で、追い込み時期なので適当になってしまいますが、この土日のこと。
田村ゆかりのライブに参加してきました。


行動開始は金曜の深夜のこと。
普段、依頼して済ましていた物販ですが、今回は自前で買うため前日から新横浜入です。
終電直前に到着し、とりあえず先に着ていたアリソンさんと合流。
既にこの時点で、そこそこの列ができているとの情報。王国民のやる気が既に半端ないと実感。

その後、アッシーさんの到着をマックで待ち、合流後は適宜カラオケで寒さ凌ぎをして4時過ぎに待機列へ。
何はなくとも、とにかく寒いです。冬コミの耐寒競技の再来です。
むしろ立ちっぱなし、押し競饅頭なしと、個人的には冬コミより悪条件。
全身ガッチガチに強ばり、眠気も重なって頭も働かない状態。友人から差し入れにもらった肉まんが有り難すぎました。

そんなこんなで連絡をとりつつ、マイミクや大学の友人からの購入依頼を整理し、午前8時になったらいざ物販です。
幸いに列の回転は早く、10時頃には購入には購入完了。
始発前から並んだ甲斐あり、ほぼすべて買えましたが、本命のやたら高価なパペットだけは売り切れ。流石に驚き呆れるばかりです。

物販後はガッチガチに寒さで凝ってしまった体と空腹を癒すべく横浜へ。
道中、下宿生と元寮生と合流してそのままファミレスでぐったりです。
ちなみにアッシーさんは二人と初対面ですが、アリソンさんは以前にも何度か対面済み。つくづく、奇妙な取り合わせな気もしますが、ライブのことや地元のネタなど話しつつ待機です。
この物販から開場までの時間が、一番テンションが上がらない……。

頃合を見てファミレスを出立したら、いざ会場の横浜アリーナへ。
入場列が出来たらすぐさま並び、開場と同時に入場です。
場内でマイミクの方に荷物を渡したり、荷物の整理とロッカー預けをしたら、座席へ。
今回の場所はなんとセンター席(※アリーナの横アリでの呼称)のしかも前方とかなり有利な席。舞台が目の前に迫る最高の席でした。

ライブTシャツまでは買えませんでしたが、鉢巻とピンクペンライトで初参加から王国民に擬体して開演待ちです。
ちなみに誰かさんにいたっては、ピンクの法被までオクで仕入れて着込む気の入れ様、フル装備の本気モードです。

ライブはYou&Meを皮切りに矢継ぎ早の曲と、長めのMCの組み合わせ。
詳しいことはもっと訓練された方に譲るとして、個人的にはMCにおいてゆかりんが結構、客席をイジッているのが印象的でした。
特定の人の歓声に対して、バッサリ切り捨てるコメントしたり……そんなご褒美、良いのだろうか。
中盤以降は跳び曲やコール曲の連続で、時折まっすぐ飛べてなくなるほど息切れしてしまいましたが、それでもテンション上がりっぱなしです。
センター席ということで本人を間近に見ることも出来、コールの複雑さでついていけないところもありましたが、存分に楽しかったです。

見事に洗脳され、「めろ~ん」もノリノリだし、初めやるつもりのなかったチェルシーガールの口上も気付いたらやっていたぜ。
そしてダブルアンコールでは、You&Meのラップを担当したmotsu氏が登場して二度目のYou&Meを歌い、ゆかりんはぐるりとかなりの時間をかけて会場を一周。
閉幕後の3本締めで、テンションはハイのまま無事終了となりました。


予定外はいつものこと。
今回はこれで帰宅ではなく、下宿生より飲み会の提案です。
翌日に仕事のあるアッシーさんを先に返して、アリソンさんも参加が決定。
横浜で買出しと夕飯をしたら、元寮生の家に向かい、いつものノリの残念な宴会です。
面子はライブ参加の4人に、長野の人とライブに参加していた大学の別学科の先輩という、かなりの変則メンバー。
しかしゆかりんライブでかなりハイテンションになった状態に、お酒も入って、何だかよくわからないままに大盛り上がり。

先日のショタDVDやコスプレ画像のような禁断情報まで流出させて、カオスな状態のまま一眠りして13時起床し帰宅となりました。


今回もまた、お付き合いいただいたアリソンさん、アッシーさんに感謝です。
ゆかりんライブ、初めての前列でどうなることかと少々不安でしたが、特に問題も無いまま良いことずくめ。
まさに神席で、楽しいライブがさらに楽しくなりました。

さて……これで今年の運使い切ったとか言われたら困るぞ。

お誕生会

急に冷え込み、雨まで降り出した火曜日。
一説には地元で雪もちらついたそうですが、あいにくと横浜は雨でした。

さて、そんな寒くなる前の日の事。
世は成人式ということで、横浜アリーナも正装や盛装の紳士淑女で満たされているその裏で、町の片隅ではひっそりと変態の誕生パーティーです。


今回のターゲットは1月生まれの私。
様々な要因で、昼間から集まることになり、ユルユルと元寮生のアパートに向かいマッタリとお好み焼きパーティー。
変態的な話に盛り上がり、コミケで購入したカードゲームに興じ、何故かあるショタDVDを鑑賞し、麻雀して夕暮れ時には解散。
健康的なのか、不健康なのは良く分からない流れとなりました。

そして問題の品がこれ。
DVC000013.jpg
着用済みである……。


ひだまりスケッチの制服のSサイズ。いわゆる誕生日プレゼントです。
前例にならい、着ざるを得ない流れなのですが、案の定ピッチピチのマニア向け状態。
なんでもダボダボとピチピチでどっちが面白いか、真剣に悩まずに決めてみたそうです。
結果として、着る身としてはダボダボの方がマシだった気もしますが、着せる方としては正解だった模様です。

ちなみに初めてスカート穿きましたが、足元スースーしてなんとも落ち着かない気分。
これで町歩くとか、ちょっと考えられないぜ~――とか、考えていました。が、10分もすれば何となく慣れてしまう。
「やらされるのはわかりきってたし、スネ毛くらい処理しとくべきだったな」と冷静に考えながら、パンツ見えないよう恥じらってる自分がいました。
コスプレ姿でDVD見て、麻雀して……違和感は感じなくなりましたが、流石にもう着る機会はないでしょう、多分。

ちなみにこれとは別に、おまけのセクハラグッズも少々拝領。
皆で鑑賞したショタDVDも贈呈されて……もう知らない人に家探しでもされようものなら、自己弁護しようがない。


ところで本日の実習でのこと。
実習の先生のとこに"田村ゆかり"フォルダ消さないまま、USBメモリを持って行ってしまった。
誰さん? と聞かれたので色んな言葉が頭に浮かんだのですが、口では淀みなく歌手と言った。
シレッと考えと違うことを言える、何となく大人になれた気がしました。

言い訳と呟き

日記の癖にだいぶ期間が空いてしまいました。良くないことです。
日々のどうでも良いことを文章にする訓練のようなもの、なかなか理念通りに入ってませんが、もうちょっと頑張りたいです。

さて、そんなこんなで気づけば冬休みも終わり、社会どころか学校も平常営業。
来週月曜には成人式を控え、その後にはセンター試験もあるそうです。世の中、順調に回ってます。

そんななかですが、期間が空いてしまった理由は言うに及ばずの事。
講師の方から「火曜までにパワーポイント作って持って来い」と言われたので、相変わらずの50分休み10分作業ペースで実習課題をこなす日々です。
今日何とか素案を作ったのですが、明後日成人の日は嬉し恥ずかしの新年会。
明日(今日?)中に形にしないと楽しいことが待ってます。


なんとも余裕があるんだかないのだかわからない日々の生活ですが、最近よくやってるのがTwitter。
たまには流行りものに流されてみるのも良いかなと思ったのですが、気付いたらプチプチと愚痴ってる感じです。
まとまった文章ではなく適当に放言してるため、思いついたままに推敲も無し。
相手を想定しないチャットのようなノリで、実習の課題を進めながら片手間に投稿です。

ところで、そんな片手間に無責任なことの一環で、「ついったーのつぶやきをコピペして日記にしたら面白いと思うんだ~」と放言してみたところ、マイミクでフォロワーのある方から「じゃあお前やれ(※意訳です)」と言われてしまいました。

しかし遡ってみたところ、ほとんど会話とアニメ実況と愚痴で構成。
その場の勢いではなにか発見があるかもと思ったところで、実際には思った以上にどうでもイイことばかり。
我ながら、何でこんなこと文章にしたのだろうと呆れてみる始末です。

裏を返せばその気楽さが良さとも言えるので、別に悪いことではないと思います。
ささやかですが新しい知り合いが出来たり、なんと紙の年賀状を送って頂いてしまったり……でも―――

(ムダ知識は得意だけど勉強は苦手なんよ? と言われて)
「とりあえず、ムダ知識の背景を覚えるんだと自分に言い聞かせるんだ。学問が出来るとムダ知識の守備範囲も広がってさらに変態に磨きがかかる。」
「なぜ変態が出るかって? 一例を上げるとすれば、実験器具を一杯知ってると変態プレイの小道具がいくらでも思いつくようになるんですよ。 あとは……知恵があると頭のネジが緩む。」

「4次元ポケットってさ、3次元の腕を突っ込むと4次元空間から荷物を出し入れすることが出来るわけで、これを応用すれば次元を一つ下げる技術がきっと見つかる。つまり二次元から3次元にちょっかいを出すことも可能に! 画面の向こうのあの娘からちょっかいとか……ご褒美だな。」

「最近、自分の発言が人工無能に似てる気がしててイヤになる。知ってる文章を適当に切手はって誤魔化す日々.大体、なにかおかしいけど気にしたら負ける」

――意味の通った日本語になってるものでこのレベル。
本当に……何でこんなこと文章に残そうと思ったのか、わからない。

夢幻の記録

改めまして、新年明けましておめでとうございます。

正月の帰省から帰宅し、今日は月曜日。
社会もアニメもその他諸々もほとんど平常営業に戻り気味。
学校はまだしばらく冬休みですが、やるべきうんたんが多く気分はそろそろ平常日程になりたい願望。


さて、平常日程の話は脇に置いといて、日記である以上は日々の悪行を記録してこそ日記というもの。
多少、今更感はありますが……話は遡って去年12/29以降の行動についてです。
つまりはコミケとその周辺の出来事。
意外と……この辺の記録、参加毎に生かされてるので大事にしてるんですよ? この日記で旅行の事後確認の次くらいに役に立ってるくらい。


そんな訳で、12月の29日は企業ブースが盛り上がるコミケ初日
必須項目は”すのこタン”くらいだったのでゆるゆるマッタリと出撃する心づもりだったのですが、はやる気を抑えられずに地元を始発で出立。
この日は翌日のけいおんライブのチケット受け渡しのため、マイミクの風さんと面会予定です。
いつも通りの妙に混んだ電車に乗り、予定前倒しで有明に到着。
待ち人多しの駅前で、多少手間取りつつも風さんと合流。
本当は受け渡しだけの予定だったのですが、お互いに独りで東に待機と言う事なので急遽、一緒に待機列につくことになりました。

風さんはライブにコミケにあちこちに出没される方で、どんな方か想像しかねていたのですが思った以上の好青年。…………青年? 青年の定義は後で確認。とりあえず爽やかな男性でした。
前日からろくに寝てないのに、ライブ3連戦とコミケ3連戦だと元気な方。なんだかチロルチョコまでいただき、ありがとうございます。

さて海沿い東館の寒気を耐えれば、コミケ初日の開場。
ちなみに始発着でしたが初日なので入場は開場15分ほど、前回と大差なし。
はじめに以前、大宮の鉄道イベントでイラストを頂いたGonchi.さんのサークル"ChocolateBox"へ。
早い時間に行ってしまったこともあり、ろくに雑談する間もなく他所へ行ってしまいましたが、本の方は綺麗で安定感のある、柔らかそうな絵。一枚絵も良かったですが、マンガにしても期待以上のクオリティで感服です。
その後は適当にARIA島を周回後、企業へ。
あいも変わらずの大行列に撃退される形でふらりふらりと13時過ぎには帰宅しました。

帰宅後はおうちでうどん食べて、明るい時間から早めの就寝。
20時頃に起床し、準備を整えたら23時過ぎにいざ翌日へ向けての出発です。


東方他、色々やってくるコミケ二日目

東方でおなじみケシの人と合流したら、日付が変わった頃に大井町に到着。
端からネカフェは諦め前回と同じ鮫洲近くのファミレスへ。
明確にグダグダ。なにを話してたかよく憶えてないくらいグダグダ。とにかくグダグダ。気付いたら出発時刻。
始発前の大井町駅に向かい、途中のコンビニで補給して同行の下宿生待ち。

待ってる間、寒さ凌ぎにりんかい線の改札前にいたのですが、始発のより早い京浜東北線から列車がくる度にりんかい線へ人々が流入してきます。
1時間近く待つのですが流石に皆様、妥協しない模様。そんな私らも30分前には合流し列車待ちの列へ。
余談ですが大井町の駅員さん、始発電車からコミケスタッフ顔負けのウィットに富んだ構内放送を流しておられます。
始発を待って気の高ぶるホームの客もホッと和む良センス。恐れ入ります。

満員電車で鮨になったら、この日も再びの東館へ。
防寒対策にダンボールなんて敷いてみたりしつつ、懐炉で暖を取り耐える時間です。
この日はコミケ後にライブがあるので、荷物を軽量化。寒さ対策も懐炉と上着1枚と下敷きと、必要最低限しか用意しなかったのですが、好天が幸いしてどうにかなりほっと一息です。

入場は開場からおよそ20分後。東方はまたしても混んでいる……。
そんな大混雑を切り分け、2つほど目的のサークルを放棄しつつ巡回。その後は同人ソフトを周り、西館の鉄道島やミリタリー島を回る通常日程です。
一通り、目を通したら再び東へ戻り13時頃まで巡回。
ここから大急ぎで移動開始です。

目指すは”けいおんライブ”の開催される横浜アリーナ。
途中の東神奈川でライブに同行する友人Kと合流し最寄の新横浜駅へ。
会場へ移りKが物販してる間に、風さんと再会し軽く挨拶。整理番号付きの立見席なので後はひたすら順番待ちの仕事です。
会場の手際と遅い順番が相まって2時間ほど待機してから入場。ブロック単位では比較的若い番号だったのが幸いし、一応は最前列を確保出来ました。(※Kは色々あって確保失敗。気を効かせられず、悪いことをした……)

そんな訳で入場したらあれよあれよと開演です。
曲順は概ね、OP→キャラソン→放課後ティータイム→OP・ED→「レッツゴー」の流れ。
持ち歌が少ないなかですが、なぜかカップリングは使わずにCagayake!Girlsを二度歌ってます。
詳細は色んな方が既に語ってると思われるので割愛しますが、会場全体が大いに盛り上がり私は十二分に楽しかったです。
ついでに二期製作決定の発表も。単体で考えると一番、テンション上がったのがあの瞬間だった気もしますが、気にしない。
全体的にイベント慣れしていない出演者を応援する様な感覚があった気がします。あとは延々とハイテンションなの。

ライブ後は心地よい疲労感のまま帰路へ。
何もなければ後は本当に良い夢見るだけだったのですが、これで終わらないのが年末日程。
コミケ期間中だったのが勿体無い程です。
帰宅し一息ついたら、ついつい10分ほど寝落ち。危うく終電逃すところを運良く目覚めたので、ギリギリ遅刻で済ませました。
そんな訳で、今度は八丁堀へ移動です。


大晦日はコミケ最終日

八丁堀駅近くのコンビニでアリソンさんと合流したら、この日もこの日とてファミレスに駆け込み始発を待つ遊びです。
いい加減、顔を覚えるのが苦手な私でもアリソンさん達はすぐに分かる様になった昨今。
去年の冬コミの頃はこの1年、そんなに会う事になるとは思いもしなかったなぁ……とか思いつつ、まぁぐだぐだです。
アリソンさんは相変わらず大食でした。

八丁堀から京葉線の始発電車で新木場へ。同志はそれなりに――と、思っていたら、駅についてみるとシャッターが降りたままのりんかい線改札前に大行列が。
今回は圧勝かと読んでいたのですが、上には上がまだまだ沢山。それでも前回の失態を考えると、かなり余裕な状態で改札を抜けユルユルと始発電車に乗車。

当日最初の人波をスタッフが堰き止め、ゆっくりと誘導する……毎回の光景を眺めながら、この日は西館側の待機列です。
大晦日は異例の寒波が押し寄せたらしく、いつにも寒い。明け方過ぎて、日が昇り日差しがさしてきた頃が一番寒く、仮眠も目覚める程でした。
押し競饅頭かと思うほど人の詰められた待機列が、逆にありがたい感覚。
ちなみに寒さに耐えた入場は、何とか開場前の列移動で屋根のあるところまで誘導される程度の位置。3日目となると、目に見えて企業ブースへ行く人の数が少なかったことが今回、強く印象に残ってます。

この日、真っ先に目指すはなのはさん。
西に強力な壁サークルがあったせいか、真っ先に行った段階ではなのはの辺りは壁でも余裕の状態。
あれ? こんなに急がなくても良かったのかな? と肩透かしを喰らいながらもふわふわと見て周りガッツり買い込み。
東方以外でこんなに買うのは初めてだろうという気分を味わいながらふわふわ時間です。
ちなみに一周りして戻ってみるとそれなりに混んでたので、頑張った甲斐はあった模様。

その後は激しい混雑が楽しい東へ。
主に創作系で風景物とか見ながら回遊です。途中でアリソンさんと合流してもう一巡り。
14時を目安にこの日もまた横浜へ移動開始です。

今度の横浜は神奈川県民ホール。茅原実里ライブFinal,カウントダウンの会場です。
京浜東北線で一路、関内へ向かい、そこから徒歩で県民ホールへ。
途中のコンビニで昼食をとったら、朝からライブの物販列に並んでたというアッシーさん、コータさんと合流。
代理購入していただいた旗をもらったら、気分は茅原実里ライブに切り替えです。

世間話をしながら適宜、入場。久しぶりの指定席ライブはやっぱり楽です。
会場もコンパクトで舞台が近くいい感じ。嬉しい限りです。
振って跳ねてコールして、サマーキャンプでも感じましたがみのりんライブは一体感があって良い。
物理的にも気分的にも、あっという間のFinalライブを汗をかきながら満喫したら、3本締めで終わり……と、思ったら折よく、終了から暫くして水樹奈々さんの紅白登場。
会場外のあちこちでワンセグを起動してテレビ視聴です。もちろん私たちも視聴。
サイリウム振ってる方がいたとか3本締めがあったりとか、ちょっとだけおまけのミニライブ感を味わったら、今度こそ終了。
カウントダウン参加のアッシーさん,コータさんに別れを告げ、帰路に着きました。

年末の日程はこれにて終了。
いつにもましてハードな展開でしたが、好天に恵まれ何とか体調を崩さずに最終日を迎えました。

続きを読む »


新年好!!

お年賀猫からー励行ver

コミケにライブにと費やし、知人らと初詣に行ってたらこんな時間に。

何はともあれ、明けましておめでとうございます。

私個人としては大学も最終学年になる予定ですし、色々と大変な年になりそうです。
が、それでも去年に負けないほど数多くの初体験や出会い、新たな趣味を探して生きたいものです。

グダグダな人間ですが、本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2010-01 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad