月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


夏雲を見る日々

色んな意味で期末の終わりが見えてきた今日この頃。
友人たちの話題の中心もこの夏の過ごし方にシフトし気味。大学院進学が多数派の学科なので、3年の夏はまだまだお気楽能天気にエンジョイする空気です。

私もそろそろ今夏の旅行の方針を決めないといけませんね。西でも東でも、もう少し遠くまで行ってみるつもり。


ところで最近はモニタに釘付けの時間が長めなので、目の保養に空を見てみたら、久しぶりに堂々とした入道雲を見かけたり。
そういえば去年は遠方の雷雨で薄く光る入道雲を、何度か眺めた記憶があるのですが、今年はまだ一度も遭遇していません。
雨は何度も降って難儀してるのですが、夕立らしい夕立はないイメージ。

ありがたいような、物足りないような……。


さて、そんなこんなで学校は期末真っ盛り。
今期はカレンダーの影響か、普段は2週にわたって設定される期末試験期間が一週間に限定。
お陰様で例年ならそろそろ学食のバイトだけこなしてればいい季節なのに、しっかり試験です。

私なんかは3年になって科目数も激減したからいいものの、バイト先の後輩ちゃんのなかには、文系なのに一日4科目なんて理系顔負けのヘビーさに泣いてる人もいたり。
まぁ、仮に二週間あっても最初の週に集中するのが定石なので、あまり関係ない気もしますが、それは気づかなかったことに。

またバイトといえば、試験集中の影響で、先週は目に見えて学食も盛況でした。
普段なら17時台など一息ついて屈伸してもおつりが来る程度の余裕があるのですが、今週は一息つくのが精一杯なくらい。
普段は学校に来てない輩が来たのか、真面目な人が居残って勉強してたのか……売り上げ的には良いことですが、下っ端的にはありがたくないもの。
閉店間際の駆け込み来店で、閉店後も15分間カウンターで接客してたのはちょっと新記録かもしれません。


ところで、件の期末が終われば来週からはなんと8月です。

模型のジオラマ作りに奔走したのも、遠野に河童を探しにいったのも、アリソンさんやニットさんと夏コミで死に掛けたのも、去年の夏休みのこと。
それからもう1年近く経過していると気付いてしまい、ちょっとビックリです。
どれも印象が強烈だったせいか、どれも感覚としてはまだ春先の出来事のような気分。

なんだか時の流れが速くて――年寄りくさい時間感覚になってしまったのかと軽く落ち込みます。

銀座の鉄道模型

夏に入ったと思ったら、なにやら西日本は凄まじい雨だとか。
全国的な雨模様から取り残されたように地元の午後は快晴でしたが、気温の方は秋を感じる過ごしやすさ。
冷夏……旅行向きなのは上等ですが素直に喜べないものです。


さて、期末第一弾のあった金曜日。
第一弾といっても2限の量子統計力学だけだったので、午後は特に予定もなし。
実習も終わって、イベントを追い回すことに生き甲斐を見出し始めた身としては、もはや選択肢は一つというもの。
IMG_5550.jpg
毎年恒例、銀座松屋の鉄道模型ショウ。
今年はカレンRVが現地で働いてるとmixiで仰っていたので、彼に会うためにも外せないイベントでしょう。
IMG_5557.jpg IMG_5561.jpg IMG_5599.jpg IMG_5587.jpg
模型ショウの方は毎度の如く、新商品とジオラマを見る会。
興味深い新製品としては京葉線の新型車両や、TOMIXの新レールなどなど。

リアさんは物販コーナーで売り子をしていたので、手隙のときを見計らって声をかけてみたり。
接客も真面目そうな好青年でした。私なんぞの相手をしてくださったお礼もかねて、限定グッズを購入したりしつつ、少しだけ雑談。
そのうち、一緒に呑みたいものです。この日は、あんまりいると営業妨害ですしね……。

しかし今回は学校帰りの"寄り道"なのに、なぜか周到にデジカメ持参してきたので色々とジオラマのセンスを盗む方針。
IMG_5559.jpg
今流行の工場とか……。
IMG_5586.jpg
このお寺の日常感とか……。
DVC00063.jpg
季節的にちょうどいいお祭りの風景とか……。
IMG_5589.jpg >IMG_5590.jpg
そしてこの山間の田園風景。
傾斜を剥ぎ取って小さな田畑を切り開いた感じ、それだけでも十分なのになんと正月の儀式なのか、ジオラマの真ん中にさり気なく獅子舞一行が居たりします。

こういう遊び心のあるジオラマ、ただ技術が凄いだけじゃない余裕があって、模型の世界に引き込まれる感じがします。
これがあるから、何度見ても購入する資金がなくても、やっぱり模型ショウに行きたくなるのかもしれません。


もっとも、遊び心も色々……TOMYTECは流石に本気出しすぎじゃないでしょうか?(※褒め言葉)
DVC00064_20090725225643.jpg
これはひどい(※いい意味で……多分)
ちょっとこの夏は岩手いって確認してこないといけないかな。

船舶見物

憧れの天文ショーは悲喜交々は結果に終わった水曜日。
関東は生憎の曇り空で、まさに「日食? 何それ、おいしいの」といった状態。
硫黄島沖の洋上で観察した方々が羨ましすぎる……。

――と、そんな水曜日ですが、洋上ではなく内海。横浜港の大桟橋埠頭にアメリカ海軍のイージス艦が来ていると噂を聞きつけたので、この日の午後はちょっと行って見ました。

JRの桜木町駅から、石造りやレンガ造りで重厚そうな建物が混じりこむ横浜の町を歩いて10分ちょっと。
波打ったようなスロープを組み合わせたような独特な木張りの屋上を持つ大桟橋は、普段は客船とかたまに豪華客船とかが来る、普段は軍艦とは縁もゆかりも無いところです。

そんなところに何がどうしてか、軍艦さんが”開国博Y150”にあわせて横須賀から姿を見せにやってきたのだとか。
DVC00035_20090723030610.jpg DVC00031_20090723030609.jpg
場違い感も無きにしもあらずですが……船も信号用の旗で飾り付けて友好のアピール。
そんな訳で平日にも関わらず暇と好奇心には事足りない方々で、大桟橋は人の列が出来る程度の賑わいです。あまりないことですし、大人気です。
DVC00036_20090723031806.jpg DVC00038_20090723031807.jpg
あまりの人気ぶりにお人払いまでしちゃって……ちょっと物々しすぎる気も。
ちなみに一般公開もやっていたのですが、残念なことに人数制限か何かの関係で私がついた時点では既に終了。見学できませんでした。

さて、艦隊の盾の中を見るつもりで来ておきながら、外だけ見てすごすごと退散では、あまり面白みが無いところ。
折角なので、海沿いの道を移動。学生は夏休みとは言え、平日とあってハッキリ言えば閑散としている開国博のブースやらを眺めながら新港埠頭へ。

大桟橋から歩いて10分弱のこちらの埠頭でも、船の一般公開をしているとのことなので、こちらを見せてもらおうと参上です。
DVC00045_20090723032515.jpg
海底ケーブルを敷くための船だとか。民間船ですが、それはそれで……ハイテク万歳。

DVC00046_20090723032516.jpg DVC00054_20090723032853.jpg DVC00058_20090723032854.jpg
ケーブルを敷くため、船首に滑車がついているのがポイント。これでゴトゴトとやるのだとか。
船首近辺に置いてある設備については説明を聞きそびれたのでよくわかりませんが、公開と言えば軍艦ばかりだったので、武装がないのが逆に新鮮。
また艦橋の後にはヘリポートもあり、なぜかど真ん中に衛星通信用のアンテナが立っていたりと、なかなかお茶目な感じです。
(※もちろん内部の写真も撮ったのですが、暗くてごにょごにょ……)

船内の見物では随所に船員がいて、色々と説明してくださりなかなか新鮮。
ケーブルを敷く船なのでその敷設や回収に使う装置、操舵室では自動船位保持装置と、規模の大きなハイテク機器は興味深い限りでした。


ちなみに船を見たあとは、またふらふらと散策しながら桜木町に戻り帰宅。

ここ数日、友人から貰ったゲーム(※エロい)にはまってしまい寝不足気味なので、そのまま昼寝してしまいました。
そして、今日もまた夕食後は延々プレイして、もうすぐ4時。
明後日は期末です。我ながら、これはひどいぜ。

第二回の崇敬祭

主に世の小中高生はうれし楽しみ夏休みが始まったこの3連休。
各所でイベントやお祭りもやってるようで、いよいよ暑苦しい季節も本番ですね。

そんな中ですが、学校の方は未だバリバリの講義期間。
期末まで1週間を残して、試験範囲の説明やら最後のまとめやらと地味に休めない重要な時期です。
お陰様で水曜の午前中もバッチリ講義が入ってますし、貴重な天文ショーも華麗にスルーする羽目になるのは、理科で商売する(※予定の)者として悔しい限りですが。
……こんなときこそ、伝家の宝刀”自主休講”の出番ですかね?



ところで、先にも触れたとおりこの3連休はイベントの季節。
日曜日は蒲田で行われた”第二回東方崇敬祭”に一般参加してきました。
先月の第一回に引き続いての同人誌のお祭りです。

今回は天気もよく、カタログも事前に用意してあったので、すこぶる順調。
開場にあわせて現地に到着し、そのまま会場入り。特に目当てがあったわけでも無いので、ふらふらとサークルを見て回り、いくつか購入。
最初はそんなに使う予定がなかったのですが、気付いたら結構な出費になってたのはいつものことでしょう。

あらかた見て回り昼飯時も過ぎた頃になったら、お祭りから撤収して横浜へ。
コミケのカタログを購入して、元寮生の家へ行き、昼間っから戦利品整理をかねて酒盛り。
DVC00025_20090720212847.jpg
写真写りが悪いですが、今回のポイントは写真手前のTシャツ。写っているのは背面の柄で、腹側はまた違った感じ。
ネタに突っ走ったいつもの痛Tとは違い、なかなかカッコいいのですが……常用にはまだハードルが高いかな、といったところ。

その後は、酒盛りは夕飯時を過ぎても続きましたが、夜も遅くなってからなぜかカラオケに移動。
いつも通りの面子はいつも通りの混沌でいつも通りの徹夜です。
ちょっと先ほどのTシャツを着て、いつもと違う曲を歌ってみたりもしましたが、概ね誤差の範囲。


……さて、そろそろ就活のことも本腰を入れないといけませんかね。
なぜか学校の就活セミナーの日がバイトと重なるイジメもあるし、何すれば良いのかなぁ。

日常再起動

今の状況はこんな感じ。
endofdarkness.jpg
そこそこ間隔をあけてしまいましたが、大体元気です。いつも通り、余裕なく生きてます。
なんとか件の実習も終わったので通常営業に戻れるでしょう。

当然ながら絵を描いたのも久しぶり。相変わらずの腕前……劣化しないって事は上達して無いんだろうなぁ。
そして描いてる間はなんか違和感満載でしたが、出来やがってみるとやっぱり”自分の描いた絵”だと感じる雰囲気。
なんだろう……この滲み出る野暮ったさ。


さて、そんなわけで少々、出遅れ気味ですが今期の新アニメについて。
昔ならアニメも録り溜めて後回しだったのですが……息抜きと称してキッチリ見てしまうあたりに、我ながら業の深さに思い至ります。

・うみねこのなく頃に
原作が原作なので、シナリオは鉄板……だと思ってる作品。
演出もミステリアスで期待通り。2話から流血でいい感じ(?)です。

・かなめも
原作は4コマとのこと。
滲み出る頭の悪さは期待のさらに上を行く感じ。なかなかきついキャラ設定ですが、これはこれで。
また変な耐性がついてしまいそう。

・大正野球娘
はじめは見る予定がなかったのですが、なんとなくTVを起動したら初っ端から東京節。画面に釘付け、余裕でした。
女の子もなかなか魅力的、大正モダンの雰囲気いいし、何より勢いがあって面白い。
続きが楽しみな作品だったり。

・ニードレス
原作はウルトラジャンプ。ギャグの挟み方が独特で結構面白い作品。
アニメの方は独特のテンポが逆に微妙にズレている感がありますが、ある友人は”午後6時のノリ”。
まさにそんな感じ。展開が速いので、とりあえず見る予定。



さて、実習もおわったのだが……金曜2限提出の課題が手付かずだぜ。
徹夜なのかなぁ。

西武球場の生音

忙しいとか御託は抜きに予定をこじ開け、課題とか日常とか忘れる一日にしましょう――と、勝手に目標を決定。
その伏線にと、土曜日は久しぶりにちょっと真面目に勉強してみたり……ちょっとだけ。

とにかく、そんなこんなで待ちに待ってた7/5は”NANA MIZUKI LIVE DIAMOND2009”。
前回の武道館と同じく、チケットはアリソンさんに用意していただき参加です。

今回の会場は所沢の奥地、西武ドームです。実はこの方面に来ること自体が初めてだったり。
幼馴染がこっちの方の学校に通ってるそうですが、全然縁が無いので、初めて乗る西武線にウキウキしながら乗り継ぎです。
乗り換えは比較的順調に、10時過ぎに最寄り駅へ到着。改札で始発から会場入りし、グッズを購入していたアリソンさん、アッシーさんと合流。

今回はお二人の友人で、たびたび噂に聞いていた柊さんも来てるそうなのですが、買い残しを回収に物販列にいるとのこと。
なので、柊さんが来るまで会場周辺から動けないので、ここで代理で購入を依頼していた品の受け渡しや駐車場の痛車を鑑賞して時間潰しです。
ちなみに私が依頼したのはペンライトとマフラータオル。あまり財布に余裕が無いので、振り回すのに必要最低限といったところ。
逆に言えば、余裕がなくても振り回す分は確保しておきたいってこと。前回で学んだ最大の教訓です、お祭りは楽しめ!

その後、多少のトラブルがありましたが何とか柊さんとも合流し、所沢で昼食をとって補給を行い14時の開場にあわせてドーム入りです。
野球場には入ったのも実は初めてだったりしますが、爽快な広さと巧妙な建築に感動。思った以上に客席もあり、本当に全席埋まるのかと少し心配にもなってしまいました。
――が、その心配は杞憂。開演直前の16時にはほぼ満席の状態でした。

そして西武線の遅れの関係で15分ほど予定より遅くなりましたが、ついに開演。

セットリストとか、よくわからないので細かいライブの模様は割愛しますが、昼間のドーム球場という明るい空間でのスタートはDVDとかで見慣れたホールの暗闇とは一味違った趣。
少々焦らしが過ぎるかなと思う演出や、サイリウムが目立たない物足りなさはありましたが、それを差し引いても十分な盛り上がり。
趣向を凝らした映像や、水芸の披露にもあっと驚かされましたし、アコースティック版のinnocent starterでは改めて歌声に聞き惚れました。

そして個人的に一番印象的だったのは、ライブ後半、日が傾いて会場もサイリウムが映える程度に暗くなったところでの、”ETERNAL BLAZE”。
これは鳥肌が立っても喉が痛んでも、何にも気にならないほど惹きつけるものがありました。

最後はバラードでしっとり締めるように見せかけて、案の定、アンコールでハイテンションにいって終了。

今回もまた非日常を味わえ、良い意味で心から熱くなれた楽しい一日を送れました。
武道館では振るだけだったのを今回は、飛び跳ねるところではちゃんとジャンプしちゃいましたしね、良い運動にもなったかもしれない。


理屈抜きにとにかく、楽しかったです。
そんな訳で、今度はなんか他の歌手のライブにもいってみたくなったりしているところ。

友達捕まえて言ってみようかな……お金さえあれば……!

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2009-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad