月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


文化祭前半の事

さて、小雨ぱらつくときがある程度に空模様は不安定な週末。
今週はついに待ちに待っていたわけではない文化祭です。

その関係で今週の金曜と来週月曜はお休みとなり、驚きの4連休。”GW意味ないじゃん”と言いたくもなるような長い休み、真にありがたいものです。
さて、そんな中ですが、わがサークルも例年通りに出店する様なので、金曜日はその手伝いに召集がかかりました。
出展準備もこれで実に6回目。気付いたら部長が私と同学年なのだから、時間の早さに驚かされます。
それと、ほとんど文化祭に顔を見せない私ですが、なぜか準備日だけは驚きの出席率だったり。
準備が一番、楽しいとはよく言ったものですが、お祭り本番とは違った意味での活気が性に合うのかもしれません。色んな作業が見れて面白いですし。
そんな訳で雨降るなかでも、いつもの学祭前同様に賑わう学校へ行き、サークルに顔を出し、準備の手伝い。――とは言っても、今年は1年の人員が多いので、あっという間に終了してしまい、はっきり言って空気部員に出番なし。
適当に掃除して、1年生に話しかけてるうちに終わってしまいました。

さて、明くる土曜日は学祭本番。
DVC00071_20090531033615.jpg
賑わってると見るか否かは、主観にお任せ。局所的に混んでるので、その場にいた人間でも意見が分かれる程。玉虫色の混み具合とでも言ってみる。
出店は主に学校のメインストリートやその周辺の校舎に展開し、主に食い物の販売です。定番のやきそばやお好み焼きから、タピオカやらビーフンやらとちょいとマニアックなものまで。
万物を網羅するほど幅広いようで、実は突飛な物かまともな物かの二択な出店です。
あとは、たまに陶器とか古本とか、よくわからない何かもいるのが油断ならない。

それと、道を一本抜けると平和そのもの。
DVC00073.jpg
この写真、さっきのと同じ日の同じ敷地内のものなんだぜ……(※右の建物から向こうは暇人が犇いてます)。

ちなみに私はイベント類は昼頃に集中しているのですが、私はノンビリと出立し午後から参戦。
まだ土曜日なので多くのサークルで夜の飲み会があり、遅めに行っても祭の終わりどころか日が沈んでからが本番とも言える雰囲気。
イジメか幸運か、シフト表に店番の割り当てがなかったので、適当に出店を見て知り合いに愛想振りまく、ふわふわ時間を過ごしながら疲れたらサークルのところで休憩を繰り返し、能天気に祭を堪能してきました。

夜、日が沈んでからは客足も途絶え、OBや院生のお歴々も集まってきたので頃合を見て宴会へ移行。
2年生が妙に酒飲みなためか、今年はお酒の準備も入念に。校内で飲み会ができる事に、誰も疑問を抱かないのが、大学クオリティ。
空腹にアルコールを入れて、一気にいい感じになったところで、毎年恒例のサークル全員の自己紹介です。
色んな意味でレベルの高い、特に新入生の自己紹介と遠慮のない無茶振りに、他の余興なんて全く不要なくらい大盛り上がりでした。
自己紹介後は、鉄道好きを宣言した新入生と、”鉄と油はロマンだよね”と言った内容を語ったりしながら解散までグダグダの流れとなりました。


久しぶりに気持ちよく深酔いした感覚で、いい感じ。足元ふらふらでしたが何とか無事に帰宅。
些事ですが、帰路に仮面のないメイドガイがバス停に居るのを目撃してしまったのは、酔い覚ましに好適でした。
……この文化祭の一番の思い出になるかもしれない。

紙遊び

文化祭もマジかに迫りつつある割には、あまり学校に活気の見られない今日この頃。
いったいどうしたことなのか、不思議ですがあまり知ったことではないと切り捨ててみる。

さて、今週・来週は中間テストや課題の提出、実習の中間発表など困りごとてんこ盛りですが、そういう追い詰められたときだからこそ、現実逃避をしてしまうもの。

そんな訳で、久しぶりに真面目にお絵かき!
DVC00064.jpg
……ご覧の有様だよ。

ここに至る過程を事細かに書くと、自己嫌悪してしまいそうな気がするので割愛しますが……気付いたら、真剣にやってました。

ちなみに風景(?)も描いてみたり。
エルナト大尉の要望で幼女を入れてみたりしたのですが、どうも私の中の幼女のイメージがかなり歪んでるようで、大変なことに。
個人的には結構、気に入ってるんですけどね。

余談ながら、昨日はこれを描いてるうちに気付いたら明け方になってしまい、翌朝はあえなく遅刻。
3限からなので、11時に起きれば間に合うと油断したら12時半まで寝てしまい、テストで早めに帰ってきた妹に起こされて登校。
ギリギリ、講義の最後の30分には出席できましたが……お陰で朝飯をろくに食べれず、腹ペコでバイトする羽目になってしまいました。
空腹時の学食とか、ホントに我慢比べ。

大宮の鉄道祭り

暖かさもすっかり定着したこの週末。
まだ七夕にはちょっと早い気もしますが、ハルヒの新作も出て特に根拠なく励まされた気分の今日この頃。

月曜に引き続き、土曜日も埼玉に参上です。
11時には大宮駅に到着し、先日私の学校に現れた友人K、さらに30分遅れて玉蹴り番長と合流。
行ったのは大宮駅の少し北側。鉄道博物館との間にあるJRの大宮総合車両センターです。
IMG_5422.jpg
この日は鉄道ふれあいフェアってことで、一般開放中。Kからお祭りがあると聞いて、二つ返事で行ってみた訳です。
ちなみに番長は鉄道の人ではないので、告知無しに”大宮に来て”とだけ言ってお呼び出し。色々と意表を突かれた様でしたが、この際、それが目的だったので良しとしましょう。

そんな訳で、入り口でパンフを戴き侵入。Kは以前にも来たことがあるようなので、彼の案内をメインに移動です。
IMG_5423.jpg IMG_5424.jpg
ちなみに左の写真の高架線は新幹線とのこと。
意外でも何でもなく賑わってました。ちびっ子、親子連れから財布の大きな大人まで、老若男女から女を若干差し引いたくらいの幅広い客層が、あっちへこっちへ。

さて、そんな訳でとりあえず向かったのは物販コーナー。展示物は逃げないので、後回しで行ってみることに。
IMG_5426.jpg IMG_5431.jpg
今回は遅めにきたので、珍品逸品は売り切れて人も空気も余裕のある物販。コミケの14時ごろと似た空気が流れるイメージ。
正直、まだこの廃材の価値を鑑定出来るほど、経験値を溜めてないのでわかりませんが……なかなか好きです。特に奥の”町田”って書いた行先幕は予算さえあれば欲しかったところです。
ただ、流石に写真右の世界は、まだ、あと2段階くらい変身しないとついていける気がしない。

物販を出ると順路的には、JR貨物の工場の中へ。
IMG_5435.jpg IMG_5437.jpg IMG_5446.jpg IMG_5443.jpg
入り口付近の青い機関車コンビは人気者。長い間、使用され、「the 電気機関車」といったイメージの機体は近場で見ると、やはり迫力があっていいものです。
また工場内部では点検や改造なんかも行うので、あられもない姿で展示された機関車も。
特に青いDD51-893。車輪は奪われエンジン取っ払われて、無残なお姿……このあと、どうなることやら。カメラを向けた人の何割かは知ってるのでしょうが、私は興味があるだけで知らない人。

工場内には他にも食品販売や、車両基地の一般公開なら定番の鉄道模型展示も。
ジオラマこそないですが、結構長い線路で、楽しそうですがメンテも大変そうです。
IMG_5451.jpg IMG_5452.jpg IMG_5458.jpg
そして、なぜかヤクルト。何故だろう……。

IMG_5471.jpg
ちなみに工場の天井にはクレーン(※オレンジの奴)が。これで機関車とかを吊るして、横に移動しながら運びます。
動いてるところも見たかったのですが、今回はたまの休日(?)ってことで静止状態。これだけでも十分に魅惑的な存在感だし……こういうプラモってないのかな。

IMG_5476.jpg IMG_5483.jpg IMG_5486.jpg
そして工場を出ると、再びセンター内をうろうろしながら車両撮影。
国鉄型の車両には今一つ詳しくないのですが、とりあえずあるので撮影。ある意味、本能です。
日光線の車両(※右)はなかなか独特な雰囲気。是非とも、乗りに行って見たいものです。

撮影会があらかた終了した後はもう一箇所の物販を回り、資料館を見て撤収。
IMG_5489.jpg
なんか妙に物販が多い気がしますが、食らいつく私とKに若干置いてけぼりの番長の扱いと同じくらい、気にしない方針。
一応、住み分けがされておるようで、この物販は量産グッズや地域の物品を売るコーナーの様子でした。
そして、ちょっとした出来事があったのですがそれは戦利品の話で。


さて、物販から資料館といったら、大宮の駅前に戻り一服して、アニメ店めぐり。
鉄分補給からアニメの人に、信号の色が変わるように実にナチュラルに切り替えです。……なんとも、工学部生。
Kと番長は色々と買い込んでましたが、私はお祭りで使い込んで既に危機的状況だったので、特に買わずに一巡り。
金曜に色々買っちゃいましたしね、”ヒャッコ1~4”とか”ふわふわ時間”とか。

アニメ店を巡ったら、「やることがない」と言いつつ街を放浪。カラオケに行くことになったら安いカラオケ店を探して再び放浪。
案外、楽しい無駄な放浪で色々と消耗したので、諦めて手近のカラオケへ行き、2時間ほどアニソン分多めのカラオケをしてから、さらにもう一度「やることがない」と相談会。
私の家で呑むって案もありましたが母親の断固拒否で挫折したので、結局はそのまま夕食を食べ解散の流れとなりました。

続きを読む »


平和な平日の話

段々と汗ばむことも増えてきたようですが、何だか世間では風邪が流行ってるらしいですね。
もっとも、お上の騒ぎっぷりに比べると、電車の中の様子はいつも通りなんで、当分は流行に乗ることもないと思ってたり。
どうもマスクってのは嫌いなんですよね……って本音。

ところで今週も先週に続いて水曜に依頼され、バイトは3連勤。
折角、学校は午前で終わるのに、お陰様で帰れない水曜日。ちょっとお出かけ、とも行かないので久しぶりに大学図書館に行って時間潰し。
当初の予定は課題とかを片付ける方針だったのですが、予定というのは崩れるためにあるもの。当然のように、どうしても関係のない本に目が行ってしまいます。
有毒生物の辞典だとか、日露戦争の写真集だとか……どういう基準なのかわかりませんが、研究資料って言われると何でも揃えてしまうイメージで、意外とカオスに取り揃え。
80年代のパソコン雑誌なんてものまであったので、つい食いついてしまったら、結局何もしないまま時間だけが過ぎてしまいました。
”驚きの大容量500kバイト”を記録できるカセットとか……驚きというか、都市伝説じゃなかったんだ。

図書館漁りが面白くなってしまい、木曜日の午後も課題そっちのけで徘徊してたのは、流石に反省しています。


そんなこんなで気付いたら5月も残すところ10日ばかりとなっていますが、今月末には学祭があります。毎年2度ある学祭の早い方。半分は学校あげての新歓といった意味合いです。
多分、我がサークルも参加するので1日くらいは顔を見せる予定。
今回から”17時以降は禁酒”令も出てますが、多分、建前で終わると信じたいですし、今年はどんな変態が出るか、今から少し楽しみです。

泉家訪問の話

五月晴れとでも言うのか、非常に天気のいい月曜日。
日差しも強くて、ちょっと痛いくらいだったりしなかったり。最近、後ろ暗いことばかりで日の光に当たると溶けてしまいそうです。


そんな健康的で結構な月曜ですが、実は前日の夜から友人たちと驚きの徹カラ。月曜は1限だけなのをいいことに、現実から目を背けて長期休みのような暴挙です。
なんでこんな事になったのかよくわかりませんが、誰も止めなかったんだから、皆ストレス溜まってたんでしょう。反省も後悔もしていません。
そんな訳で麗しの朝日を見たのは、帰りの電車の窓からだったり。よくよく考えてみると、月曜の朝日を見るなんて始めての経験かもしれないですが、別に特段の価値を見出すこともなく友人の下宿に行き仮眠。

一応、1限にはしっかり出席し、学食で朝食をとったら本日のメインイベントです。

東急東横線から中目黒、北千住と乗り継ぎ東武線へ。もう何度も乗って見慣れ始めた景色を漠然と眺めながら、東武動物公園駅でいつもの久喜方面とは別方向、南栗橋方面へ。
そして2駅目には本日の目的地、幸手です。
DVC00036_20090518234318.jpg DVC00037_20090518234319.jpg
私鉄らしい簡素な駅と、広々とした駅前。到着早々の第一印象は”何もない!”といったところ。
後で知ったのですが、実は市街地は少し北東に行ったあたり。日光街道沿いの宿場町だそうで、町自体の歴史は長いようです。水路跡や古い商店、そこここに点在する寺社や祠にその片鱗が見られる様で、いずれはそっちを探索しても面白い気がしました。

――が、今日の話題は別。
ここでアリソンさん、アッシーさんと待ち合わせし、合流次第レンタサイクルを借りていざ出発。
古風な建物が目につく商店街をすり抜け、住宅街に入り込み、ちょっとややこしい道をアッシーさんについていくと、そこにあったのは”らきすた”で見たのと同じ建物。
DVC00046_20090519001738.jpg
まぁよく出来た泉さんち……ではなく「きまぐれスタジオ 美水かがみギャラリー幸手」という施設(?)。
要は”らきすた”のこなたの家のモデルであり、美水先生の生家です。つまり久しぶりの明確な聖地巡礼!
しかも中を見学できるそうで、先日、アリソンさんが行ったことを話題にしていたので、行きたいと言ったところ案内していただけることになった次第です。
入場券も用意してくださいましたし、何から何までまたお世話になってしまいました。ありがとうございます。

ちなみに内部はまさに”アニメの通り”。普通、この表現じゃ何かおかしいはずですが、今回は多分、この表現であっているはず。
DVC00045.jpg
こなたの部屋。アニメ通りの物の配置と、絶妙なマンガのチョイス。流石です。
DVC00038_20090519003314.jpg
こちらはゆうちゃんの部屋にあったノート。
高2と思われる内容ですが、懐かしいだけで全然わからない。ベクトル? 何それ美味しいの? って状態。
物理屋の卵として、もっと難しいことやってるはずなんですけどね……高校時代のことって意外と使いませんでした。

ちなみに家は3階建て。1階にこなたやゆうちゃんの部屋、作品ギャラリー、2階はリビングや水回りの公開と売店、3階は交流スペースという構造。
交流スペースにはノートやファンの撮った写真や絵、同人誌なんかも置いてあり、これはこれで興味深い空間。
折角なので私もノートに書き置きをしておきました。

あっという間に制限時間が来て、外に出たら近場ということでOPのあるポイントにも参上。
DVC00054_20090519003313.jpg
こなたが変な踊りをするところ。アリソンさん曰く、たまにフィギュアを置いて撮影してる人がいるとか……。
言われなきゃ気づかない、何の変哲もない農道。初めて特定した人は何者なんだろう。

このあとは町中をふらっと商工会議所へ行き、アッシーさんのスタンプラリーのコンプリート記念品を受け取り、お2人の住む草加へ移動しました。
余談ですが、この商工会議所も、入り口が楽しいことになってましたが、ご愛嬌。


草加ではアリソンさんのお部屋を訪問。率直に言って、こなたの上を行っていた気がします……。
はい、私の部屋も下宿生の部屋も、相当にカオスだと思ってましたが、比じゃなかった……。
そんな凄いお部屋(※褒め言葉)を暫く見学。フィギュアが居並び、壁中はポスター。写真は撮りませんでしたが、参考にしようかと思います。
ちなみにアッシーさんの部屋も見せて頂きましたが、こちらはノーコメントで。

アリソンさんの部屋に滞留した後は、お2人も渋谷のNHKにお楽しみがあるということなので、それに合わせる形で出発し、帰路へ着きました。


1月のライブに続きアリソンさん、アッシーさんにはお世話になりました。本当にありがとうございます。
そしてまた7月のライブでも、お世話になる予定だったり。

やばいぜ、人の世話になるのが板についてきてしまった……。

皐月の勤労

蒸し暑い日々から一転して、ちょっと肌寒い1日。
しかし肌寒いといっても、Tシャツに長袖一枚羽織ってれば余裕なレベル。たった数日間の初夏の暑さに、体が順応し過ぎたのでしょう。


さて、5月も中盤に入り新学期からのゴタゴタも落ち着き始めた今日この頃。
油断してるとさり気なく中間試験があったりしますが、今はまだ気付かない振り……。
ちなみにサークルの新入生は何と今年は10人以上。何がどういう風の吹流しなのかさっぱり想像もつきませんが、おかしな旋風が巻き起こったようで……予想外の急成長のお陰で、閑散としていた部室が男で一杯に!
気付いたら野郎の犇く一大麻雀サークルと化してます。
しかも昔から顔を覚えるのが苦手な上に、ここのところあまり顔を見せなかったので、周囲は見知らぬ人ばかり。
もう……何だかすっかり、アウェーの気分です……。
もっとも、サークルの本質的な部分は結局変わってない気がするので、じきに慣れるでしょう。


ところで、ここ最近は新入りの娘も来てちょっと頑張り気味な学食のアルバイトですが、なんと今週は驚きの4連勤。そろそろ怠けっぷりに定評を得たい私としたことが、真っ当な学生なみに働くことになってしまいました。何の因果でしょうね。
本来は火木だけの週2日だったのですが、水曜に”今すぐ来て”との呼び出しがあったかと思えば、なし崩し的に金曜も助っ人するハメに。
あるベテランのパートさんが怪我して出れなくなったとかで、その空いた穴に助っ人として狩り出された形です。
その方は夕食時から後片付けまで、洗い場をほぼ1人で切り盛りする凄い方だったのですが、その方がいなくてはとても処理が追いつかず2人がかりに。
そのため、洗い場の経験のある私が助っ人に呼ばれた様です。
戦力として数えられてるのは、ちょっと嬉しいですが……なんというか、厄介事を任されてしまった感じです。

……給料日は、期待していいのかな。

城址探索の話

急に汗ばむ陽気となった日曜日。初夏というより夏な天気でしたね。今日も蒸し暑かったですし段々、怠けたい季節です。

さて、そんな日曜日ですが優雅に昼過ぎ起床なんてしてみましたが、家にいるのももったいない気がしたので、いつものようにお出かけ。
いつもの通勤電車に乗り、普段の乗り換え駅より少し手前で下車。
降りたのは以前にもちょっとしたイベントで行った小机駅。今回の目的地はそのとき行けなかった小机城址です。
IMG_5332.jpg IMG_5333.jpg
駅を出るとすぐに、何度見ても”大都会”横浜の一角とは思えない長閑な光景。
そのなかをを正面に見える丘目指して5分ちょっと歩けば、目的の雑木林に到着です。
ちなみに写真ではわかりにくいですが、城のある丘は川沿いの細長い平野に突き出す形となっています。中世の典型的な城のある地形だそうですが、確かに兵を置くにはいい気がします。

IMG_5335.jpg IMG_5336.jpg
入り口は路地裏から人ん家の裏山へ入り込むような感じ。かなりわかりにくい……。
あと心なしか、この近隣の民家は大きい気がしました。古くから住んでるからですかね。

城址自体は看板の説明の通り、自然の地形……もとい城の痕跡を特に弄らないまま残したようで、丘の規模の割にはかなり起伏の厳しい地形。
そのなかを散歩道が代表的な遺構が見てまわれるように整備されているのですが、その整備も柵以外は最低限のつくり。踏み固められているようで、道や階段が崩れたりはしていませんが、草が生え落ち葉が積もっている様は自然のなかにいる感じでいいものです。

そんな城だか丘だか雑木林だかよくわからない森のなかを、デジカメ片手にふらふら。城の見学がてらに、色んな機能やアングルを試して撮ってみたりしながら散策。

IMG_5346.jpg
とりあえず城ということで祠。悪戯して落ち武者に祟られるのが定番ですが、爽やかな快晴では出るのはお化けでなく虫。どうでもいいことですが、今年最初の虫刺されが出来ました。
ちなみに、このお稲荷さんはすぐ下の民家の屋敷神っぽい建ち位置なので、特に曰くは無いだろうと予想。激戦地でもないようですしね。
あと、この祠の背後に別の祠があったりしますが、関係は不明です。祀ってる神様も違いましたが気にしない。

IMG_5366.jpg IMG_5355.jpg IMG_5379.jpg
左から二の丸跡、空堀跡、本丸跡。
空堀は写真だと大したことないようですが、実際に見ると崖のように見える箇所もあるほど急で深いもの。空堀なんて単なる窪地だと思ってましたが、これなら水など無くても防御になると納得です。
説明板の内容に寄れば二の丸、本丸の平地は築城時に山を削ったものだとか。空堀も築城時にわざわざ掘ったらしい説明ですし、丘一つ改造したことになるのでしょう。
どれだけの労力だったのかちょっと想像できませんが、地方領主の動員力でやってのけてしまったのですから凄いものです。

もっとも現代の文明はさらに桁違い。
IMG_5390.jpg
山をぶった切って、空堀の何倍もある切り通しを作り、高速道路を敷いてしまいます。
お陰で山の向こう側に行くには一旦、山を降りて登り直さないといけません。

そんなこんなで城をめぐったら、別の出口から出て駅前の商店街を抜け、古風な銭湯の存在にちょっと感動しつつ帰宅しました。

ちなみに説明板によればこの小机城は築城年代は不詳ですが12世紀には既にあり、戦国時代には小田原の後北条氏の勢力下の城で交通の要衝だったとか。廃城は江戸時代の初めだとか。
実はちゃんと整備されてる割にまだ不明な点が多いのだそうで、世の中、意外に身近なとこに謎ってあるものなようです。

続きを読む »


暮れの春

なかなか晴れなかった雲も過ぎ去って、過ごしやすい空気がやってきた土曜日。
最近,図書館でふと開いた本から春の終盤を指す”暮れの春”なんて表現を発見。
頭の悪い人らしく、新しく知った言葉はとりあえず使いたがってみたいのですが、欠乏気味の想像力では今一つイメージが沸かず使いどころがわからないところ。
初夏とは一味違ったニュアンスを伝えられそうなんですけどね。ちなみに春の暮れは単なる夕方。日本語は難しい。

それと同書によれば秋は深まりますが、春は深まらないらしい。言われて初めて気がつきましたが,こっちは何となくイメージが沸きやすいですね。
新緑も落ち着き快適な陽気になっていく様は、奥へ行く感じとは少し違いますし、何より深まるのは草むらの仕事。
サイクリング代わりに行った近所の神社も、見慣れた知らない花が咲き、境内の木々にも新しい葉が茂って、爽やかな光景がいい感じ。
でも実は木々に陽光を遮られ、心なしか冬より薄暗くなってたり。……そして、虫や雑草との戦いが始まるんだ。


ところで”けいおん!"効果でギターだ何だと軽音楽が流行っているそうですが、気付いたら私の回りにもその影響が。
連休明けに学校に行ったら、友人がここ数日、エレキギターを入手し練習してると話してました。次の日にはキーボードまで配備された様で……。
よくもまぁ用意出来たもんだと感心していたら、別の友人もギターが云々と言っていたり、意外と皆さん楽器持ってるんだと驚いてる今日この頃です。
私自身も、アニメを見てるとなんだかバンドが楽しそうに見え、ちょっとやってみたい気もしてきたり。
友人も何かやりたげな雰囲気ですし……音楽の授業は黒歴史でトラウマですが、そろそろ克服かなぁと思ってみたりです。
ーーが、生憎と思いつく範囲にはカスタネットすらないのが現状。幸か不幸か、やるとかやらないとかの段階ですらない感じです。


ところで音楽といえば、母親が昔使っていたオーディオセットの残骸を静岡で発見。
面白そうだったので、つい状態の良いものだけ掠奪してしまったのですが……使い方がわからないぜ。
DVC00030_20090510015146.jpg

美食遊興の連休

結論から言うと、課題は帰ってから一晩かけてどうにか終わらせた連休。
静岡に行ってからは、課題もPCにも触れないまま、ただひたすらぐだぐだな日々。

3日には浜松の山奥にある秋葉山までドライブ。
IMG_5220mini.jpg
特に根拠はありませんがふと行きたくなっただけ。
中腹には秋葉神社の下社が、山頂には上社があり火防の神を祀ってあるのですが、本殿の目と鼻の先まで林道が通じているので、大山や高尾のような山登りはなし。
すれ違いもままならない隘路(※最近、こんなのばっか)を抜けたさきの駐車場に車を止めて参拝するコースでした。
ちなみに夕飯は港町らしくお刺身。とある馴染みの魚屋さんに予算を言って予約すると、その日取れた新鮮な魚から、予算に応じて盛ってくれる感じ。
マグロなどの赤味魚をメインに色んな魚の盛り合わせ。内陸にある地元では高級店に行ってもありつけない良質な刺身が、手ごろな値段で……港の魚店、恐るべし。


4日は従兄と従兄の嫁さんが来るということで、近隣の酒屋から良質のお酒が入荷。
昼食後に親父さんの案内で実家近隣の旧跡を巡る散歩をしたら、庭で火を起こしてバーベキューです。
良い酒が呑み放題、お肉も食い放題でやりたい放題、本当にありがとうございます。酔った勢いで口を滑らせアニメやコミケの話題が出てしまったり……段々、ダメ人間ぶりが親戚一同にも浸透し始めているのはご愛嬌。
戦利品もって帰省したりしてるので、”何を今更”な感もありますが、気にしちゃいけない。
この日は夜まで呑んで食ってを繰り返して、そのまま早めの就寝。贅沢です。美味しいです。最高でした。

明けて5日は子供の日ですが、生憎と我ら孫世代も子供と言える歳じゃなくなってきたので、特に何もないままノンビリと毒を抜くような一日。
夜には従兄夫婦は帰宅し妹連中はサッカー観戦に行ったので、留守番組の私は持ち帰り寿司を買ってきて優雅な夕食。
――と、見せかけて買ってきた寿司はタッパーに入ったマグロの赤身ばっかり。
スーパーの惣菜感覚……と、言うには流石に高いですが回転寿司よりは安い港町価格で、美味しいお寿司が気兼ねなく腹一杯。


そんなこんなで良い物ばっかり食べて、何だか罰が当たりそうな連休でしたが最終日は8時には静岡を出発して、高校の最寄り駅で友人たちと昼食会。
ファミレスで財布を気にしながらの昼食です。前日との落差が激しすぎますが、こちらが本来あるべき姿。
本の受け渡しや近況の話をし、その流れのまま隣街のアニメ店に行って帰宅。
実に自然な流れでゲーマーズに行くのが……類は友を何とやら。

さらにアニメイトによってこんなものを購入。
090507_004008.jpg
散々贅沢しましたが――かんなぎに始まり、かんなぎに終わった連休らしい。

帰省潮流

GWのスペシャルということで、CATVでかんなぎの一挙放送をやっていたのでつい徹夜で見てしまったりとかしてみたり。
連休初っ端からある意味、幸先がいいです。

それにしてもかんなぎ、約半年ぶりでしたがやっぱり面白いですね。いろいろアレなことになったのがもったいない限りです。
そして周辺知識を詰め込んで再び見たアニメは、背景の描き込みや微妙な小ネタにも気付けて……なんか、マニアックだな。

さて、そんな訳で久々に清清しい朝日に「おやすみなさい」をしてから、午後まで就寝するという、不健康の鑑を地で行く者ですが、連休ということでいつもの通り静岡のネットから遠い世界に行ってきます。
今回は連休にあわせて重い課題があるので、ちょうど良いようなな悪いような……ありったけの関連しそうな参考書を持って行く展開になっていたり。
さてはて、グーグル先生のご教授なしに課題をこなす事が出来るのでしょうか?


ちなみに実習のほうは、さしあたり第一関門を突破。現時点では”ロータス効果”をテーマに一発プレゼンをかます事になりそうです。
聞きなれない物理現象ですが、科学雑誌をめくってパッと目に入ったのでチョイスしただけ。自分でもよくわかっていません。

ちょっとした中間報告を連休明けまでにネット上から提出なのですが……さて、作業するタイミングはあるのだろうか。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2009-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad