月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


試験前の頃

ふと温度計を見れば、まだ10℃をきっていることもしょっちゅうなはずなのに、これと言って寒さを感じない今日この頃。
いい加減、冬も後半過ぎて寒さにも慣れてきたのでしょう。
毎年のことですが、季節が巡るにつれて、温度や空の明るさに対する感覚がいつの間にか変わっていますよね。慣れるんですから当たり前ですが、ふと考えてみると結構、不思議。

さて、毎度おなじみ期末前の季節です。残された時間はあと一週間くらい。
大学生協でmicorSDカードが2GBで330円と、アキバも真っ青のお買い得価格で売っていたので、つい購入して遊んでみたり……。
今回も例に漏れず現実逃避をしたりしなかったりしてますが、そろそろ尻に火が点く頃合です。


今期は未完のレポートを二つも抱えたままなので、いつもよりは危機感がありますが、学年が上がるにつれて受講する科目も分散する傾向にあるので、過去問集めが困難に。果たしてどうなることか。

ちなみに試験自体は2/10に最後の科目があるので、それが終われば晴れて春休み。結果の如何を問わず、とにかく春休み。
一応、カレンダー上は18日まで試験期間なので、おそらくそれまではバイトがあるでしょうが、その頃にはきっと客も減って楽だと信じています。

そんな訳で、そろそろ休みの使い方も計画しないといけませんね。
針路は西へ。四国か、再びの九州か……。

生音の話

暖かい金曜日に続いて、その反動のように冷え込んだ土日。冬のカラッとした快晴にもならず、少しどんよりとした週末です。
とくに土曜日に、小学校以来の友人”K”と”玉蹴り番長”を連れ立って鷲宮神社にまた行って来たのですが、春日部で待ち合わせしてるときに小雪が舞っていたのが衝撃的でした。

もっとも現地に着けば、雪のゆの字どころか雨の痕跡すらないのもまた驚きでした。境目はどこにあったのやら、天気って不思議なこと多いですよね。
鷲宮神社では参拝して、お守りを購入し、いつも通り絵馬観察。そろそろ縁結びのお守りでも、と思ったのですが気付いたら、厄除けのお守りを購入。
ふと、厄除けの派生で罰の当たらないお守りは無いものかと思ってしまったのは、どうでもいいことですよね。罰当たり行為の常習犯としては、ちょっとだけ切実ですが。
絵馬の方は、来る度にレベルが上がってる気はしてましたが、ついに絵馬置き場全体が痛絵馬に占領されていて……もう、語彙の少ない私にはなんと表現したらいいかわからない状況です。

帰りには秋葉原に寄りましたが、ちょっとマニアックなアイテムを買っただけなので、紹介は「気が向いたら後日に書くかも」程度。
帰宅したら、すぐに寝て翌日に備えました。


そして期待に胸膨らます日曜日。
アリソンさんのご厚意でチケットを分けてもらい、水樹奈々の武道館ライブに参加してきました。
実は水樹奈々の曲は"なのは"と"ロザバン"関連くらいしか知らなかったりするのですが、大規模に行われるライブイベントは初めてですし、色々と噂も聞いていたので、楽しみにしてました。
そんな訳でワクワクしながら最寄り駅の九段下まで行き、現地でアリソンさん、アッシーさんと合流し、まずは物販へ。
到着したのは11時くらいなのですが、既に列は縮小傾向。周囲では騒いだりマッタリしたりと"待ち"の状態に見える方々もいました。皆さん、どれだけ早くから動き出してるのか呆れるばかりです……が、それについてはあんまり人のこといえないですよね。

物販後は、ファミレスやら秋葉原やらで時間潰しをしながら、開場を待ちます。
秋葉原への移動後、徒歩で武道館まで戻るときに、道すがら有名大学やら神保町の古書店街やらと、一度見ておきたいと思っていた都会の真ん中の光景を見れたのは嬉しい誤算でした。

そして、16時に開場し17時開幕。
ご託抜きに結論から言えば、最高に楽しかったです! 生で歌声と曲を聞ける迫力とライブの一体感、可愛くて楽しいMC、知らない曲でも問答無用で惹きこまれる魅力がありました。
サイリウム振りやコールも当初、よくわからないので静観しているつもりだったのですが、気付いたら熱気と勢いに呑まれ、見様見真似にペンライトを振りコールしていました。
お祭りだから乗ろうとか、そんな思考を挟むこともなく、場の空気に呑まれるまま。客席全体でホタルイカの様に青い光や篝火みたいなオレンジの光が一斉に動く様は、壮観で少し幻想的、まさに訓練された愚民。自分もその中の1人になっていたことになりますが、後悔なんてしてません。
本気で叫んだりタオル振ったり、久しぶりに良い意味で熱くなれる時間を送れて、来て良かったです。


それにしてもアリソンさんには、サイリウムを分けてもらったりペンライトを貸して頂いたり、お世話になりっぱなしでした。
アッシーさんも、一緒に付き合って下さいましたし、お2人には全く感謝です。ありがとうございます。

そして、次は西武ドームですか……。
夏コミ前の金欠期ですよ? しかもおそらく期末試験直前ですよ? 行きたくなっちゃったじゃないか~。
……意外と真剣に悩まざるを得ない。

足が痛い

寒いんだか暖かいのだかよくわからない今日この頃。
昨日は暖かでしたが、また寒波が来るとか来ないとかで……バイト帰りが一番辛いです。

そしてふくらはぎの辺りが筋肉痛。原因は明確で先日の大山参拝。
下りで想像以上に足の普段あまり使わないところを酷使してしまったようです。
それにしても、既に火曜日……4日目だというのに、まだ治らないとは歳はとりたくないものです。

もっとも、下り坂とか歩いてて痛いんですから、明らかに使ってはいる筋肉のはず。本当に普段使ってないところなら、使わないから痛まないハズな訳ですし、不思議なものです。


ところで既に遅い気もしますが、今期のアニメについて。
”とらドラ”と”クラナド””サンレッド"を継続して見ていますが、新アニメで見始めたのは2本のみ。 

・みなみけ おかえり
待望のみなみけ第3期。雰囲気は1期と2期を足して2で割った感じ。
基本的に原作に則った話の展開で、何も考えずにとりあえず楽しいです。
加えてEDが良い感じ。ちょっと夏っぽいけど、見てて幸せになれる気がします。

・鉄腕バーディー 2
1期の初っ端から原作とは違う展開で話が進んでるアニメですが、1期は最終回まで面白かったので今期も期待。
普段見ない比較的シリアスなアニメなので色々とありますが、何より有田しおん が可愛すぎる……。
そういえば、原作は色々あって連載誌を引っ越したのですが……そろそろ新刊出るのかな。

続きを読む »


初詣に候

センター試験ですが、そこまで気温は下がらなかった一日。
少し霞がかってはいましたが天気もよく、気持ちの良い空模様で……試験受けてるなんてちょっと勿体無い気もするかもしれないですね。

そんな旅行日和の土曜日でしたが、先日の宣言どおりちゃんとお出かけ。初詣も兼ねて神奈川有数の神社、大山阿夫利神社に参拝です。
”阿夫利”……この何とも当て字くさい名前がもう色々そそるものばかりです。


さて、そういうわけで目指すは伊勢原市大山。神奈川県の北西部は首都圏とは名ばかりの山伏がうろつく山岳地帯ですが、その東の果て、平野部に近いとこにある山です。

車に乗って、郊外の半端に整備された垢抜けない道をくねくねと進み1時間ほど。
江戸期からあるという街道を辿って、古い家や神社の残る谷筋を進むと、急に旅館や駐車場が増え雰囲気が一変します。
さらに少しだけ進み、車道の終わり近くの有料駐車場に車を止めたら、その先は歩行者のみの参詣道です。
IMG_4408.jpg
趣きある道に沿って、古めかしい土産物屋や料理屋、旅館が連なり昔ながらの観光地らしい良い雰囲気です。

ちなみに車道の終わりまでは鉄道→バスでもよかったのですが、今回はちょっと面倒だったのと運転の練習もしたいので車にしました。もう初詣の季節もずれているので空いていましたが、それでも一番上の駐車場は満車。
地味だと思ってたのですが……侮れないです。

DVC00027_20090118003546.jpg DVC00028_20090118003816.jpg
門前町を過ぎたら、折角なので文明の利器を活用。下社のある中腹まで連れて行ってくれます。
余談ながら世間には思いがけない物を預ける人がいるらしい……。

ケーブルカーを降りて、急な石段を登り息を切らしたところで、朱色の目につく阿夫利神社下社に到着です。
阿夫利(あふり)は”雨降り”で、雨乞いの神として農耕民に知られたとか。
祭神は大山祇大神、オオヤマツカミと読み、文字通り山の神様ですが、調べてみると海の神やら酒造の神やら武神やらの性格も持ち合わせる、ある意味全能の神。
(阿夫利神社の説明では、海岸沿いに航海する場合には山を目印に航行するので、海洋の守り神なのだとか)
そして下社があるからには当然、本社もあります。
が、そちらは山頂。まずは慌てず騒がず、下から参るのが多分順序です。
DVC00029_20090118004045.jpg
ちなみに本殿の前にある大きな輪っかは茅の輪。これをくぐって無病息災を祈るのだとか。
茅は乳に繋がり、年始などの時間の切れ目にこれを潜るのは生まれ変わることに通じる訳で…………――今、適当なこと言いましたよ。

戯言はともかく、下社に参拝したら行くは山頂、阿夫利神社本社と奥の院です。
IMG_4420.jpg IMG_4419.jpg
昔、冬季は鎖されていたらしい扉(※つまり入山禁止)を抜けて、登山道を登ります。
今と違って、登る人の数が少なければ道の管理も大変になる訳で、まして冬山……詳しい経緯は書かれてませんでしたが、単なる参道ではないです。
IMG_4422.jpg
道中全部とは言いませんが、大体こんな感じ。思いつきで登るには結構ハードです。
さらに中盤過ぎると、積もった雪が残ってる始末。日陰で凍って滑るかと思えば、日なたはぬかるんで地味に歩き辛い。
IMG_4431.jpg

そんなこんなで、少々寒い道を歩くこと70分。
IMG_4433.jpg  IMG_4436.jpg IMG_4442.jpg
ついに山頂に到着です。
結構、人がいて驚き。参拝というよりはハイキングといった雰囲気の人が多かった気がしますが、賑やかなのも安心感があって悪くないです。
余談ながら、一番右、奥の院の写真に右端に写ってる方々はこのとき絶賛鍋パーティー中。携帯コンロやら小型の鍋やら……よくもまぁそんな物を持って登ってきたな、とも思いますが凄く楽しそうでした。
風景も良いですし、いずれ友人でも連れてやってみたいものです。

見るだけ見てまわったら、山である以上下りないといけません。ただ下りるのもつまらないので、別の道を選択。
この手の山の道は大概一つじゃないですよね、色んな道を切り拓いた先人たちは凄いです。
選択した道は、登った時の本道と比べ距離がある替わりに比較的なだらか。何かを迂回するように尾根筋を伝っていく形のルートです。
坂も極端にキツイ場所は少なく、泥濘や凍土には悩まされましたが、それでも本道を下りることに比べれば楽そうな道でした。
たまにデンジャラスな場所もありましたが……。

90分ほどかけて下社まで下りてきたら、社務所で巫女分を補給しつつお土産を購入。
下社すぐ下の茶屋のお団子が、アキバで珍品を見つけたときのように激しく誘惑するのを何とか振り切ったら、帰り道はケーブルカーに頼らず足で麓まで下りる方針で行動です。
麓~下社間は登山道ではなく、真っ当な参道。もちろん山を登るのに変わりはありませんが、比較的整備が行き届いています。
そういうところなので、坂道も男坂と女坂の2本が存在。一般的にきつく短距離な男坂と長くてなだらかな女坂に分けられます。今回はヘタレなので女坂の方を降りたのですが――
IMG_4461.jpg
――あぁっ、凄い、きつい。……いぇ何でもないです。

とにかく、本来ゆるいはずの女坂の想定を超えた急さに四苦八苦しながら下山。途中、神仏習合の時代には阿夫利神社と一体をなした大山寺にも参拝。
IMG_4466.jpg
お寺なのに注連縄とはこれ如何に? とか言っちゃだめですよ。不動明王を奉っているとかで、参拝時も中では護摩を焚いて、木魚で独特のリズムを奏でながらノリノリで祈祷中。祈祷も佳境に入りお経の速度が上がると、動画サイトのMADを聞いてるような、無理矢理感があるのに心地よい不思議な感覚になったのが印象深いです。

参拝後、さらに下り男坂と女坂の分岐点近くでもう一箇所だけ参拝。
IMG_4471.jpg
知恵の神様、ヤゴコロオモイカネのもとで留年しないよう(※切実)お祈りしたら、ケーブルカーの駅は目と鼻の先。あとは料理店の誘惑を断ち切りながら、駐車場に辿り着くだけです。
ところで追分社ということで、まさに分岐点の社なのでしょう。ここに思慮を司る神様を祭るのは何か意味があるのでしょうか?



さて、悔しいに神社について考察する程の学もないので、考えるのはやめてお土産。
DVC00048_20090118021417.jpg
祭神との関連性があまり思い浮かびませんが、一番手ごろだったので熊手お守りを購入。
福を熊手で集めようってんだから、昔の人々も結構、発想が大雑把というか大胆というか。福なんだから、もっと丁寧に集めてあげて欲しいです。
あと出来れば、ご縁も掻き寄せて欲しいです……。


おまけ。
山の中腹で凄い霜柱見つけました。
DVC00044_20090118021443.jpg
ちょっと人が踏んだ程度では凹みません。実に堅牢です。

あと思い付きとはいえ、コレでもそれなりの準備して来てます。冬山なので、防寒着と余分な食料くらいは用意してたりします。
丸腰で突撃かけたりしたら、あまり幸せではないと思います。

続きを読む »


忙しそうで忙しくない話

ヒンヤリ冷え込んだ一週間。
今週末はなんとセンター試験だそうで。もうそんな時期かと驚くと同時に、寒いのも当然と納得する今日この頃です。

そんなわけで比較的寒い日々が続いたのですが、生憎と学校以外には出かけてないのであまり実感できない話。
特に今週は、月曜と金曜(※センター試験準備のため)が休みなので、なおさらひきこもりがち。
金曜もコタツで気持ちよく寝てる間に1日が終わった感覚で、特に生産的なことをしてないのが問題です。
あんなことを言った手前、練習とか……色々やるべきことはあるんですけどね。
課題やなんやとやるべきことがあると、やってもいないのに”そんなことしてる場合じゃない”と自分に言い訳して、他のこともやろうとしない。そして結局、何もしないまま終わる悪いパターンです。

ついでに言うとアニメもろくに見てない始末。
新アニメの季節ですが、今のところ見たのは”みなみけ”のみ。あとは鉄腕バーディーの2期が注目ですが、他には今のところ見る予定がない状態です。”黒神”はちょっと気になっているのですが……どうなることか。

そろそろ正月気分も抜いて、資金も潤沢ですしフットワークだけが取り柄だってことを見せないといけませんよね。
仕方ないので、明日から頑張ります! ――っていうと、大抵明日も同じこと言うんですけどね。

誕生日と成人式の話

雨に始まり、ヒンヤリと芯から冷えた3連休。気付いたら随分、間が空いてしまいましたが単なる怠慢です。
そして、なかなか強力な課題に直面し、あまり余裕はなかったのですが、実はこの連休が誕生日です。
めでたく20歳。なんとコンビニで酒を買っても、誰も文句の言えない年齢です……買わないけど。

そんな訳で、3連休前日の金曜は大学の友人が誕生会をしてくれました。
成人の祝いも兼ねて、中身はちょっとリッチに焼肉屋で食い放題の後、アルコール入り徹夜カラオケの流れ。
野郎の食い放題なので”メニューのお肉を上から下まで”と大胆不敵な注文も3回ほど使用してみたり。何食べたかはよく覚えてない状況ですが、久しぶりに腹いっぱいに食べれました。
(実は焼肉屋のメニューなので、種類も多くないから出来た――ってのは、公然の秘密です)
カラオケもまた”呑んだあと”ではなく、初めての”呑みながら”を経験。いつものように歌うほどに酔いが醒めていくのではなく、段々に出来上がっていき夜が更けるほどテンションが妙に上がっていく、かなりカオスな状態で、お店を出る頃には足元も怪しい惨状なのにゲラゲラ笑っているのだから始末に終えません。
終いには歩いて帰ろうとして途中で1人ダウンしてしまい、タクシーを拾って下宿で寝込んでたのも、またいい経験です。

ちなみに恒例の始末に困るプレゼント。期待半分不安半分だったのですが、開けてみたら同人誌の束。
なんと言うか……チョイスに統一感もなく、地味なのに始末に困る絶妙さでした。


さて明けて土曜と日曜は気付いたら酒と課題の惰性の内に過ぎてしまったのですが、月曜日は成人の日。

別にこの年になってわざわざ自由参加の学年集会に出る義理もないのですが、久しぶりに中学の友人にも会いたかったのでスーツ着て会場前へ。
いざとなったら隣接する図書館で暇潰す予定だったのですが、着いてみるとヒトヒトヒトの一張羅着た新成人の大群。意外と来てる人が多かったのには驚きましたが、その分だけ多くの友人とも再会が出来ました。
想像通りでさほど変わってない人もいれば、見違えるほどかっこよくなっていた人も、何故かチンピラみたいになっていた人も……5年ぶりの変化も十人十色で、懐かしいながらも新鮮でした。
ただ、顔がわかっても名前が出てこない人も多数……。本当に人の顔を覚えるのは苦手で、見覚えがあるのに名前がわからないので声をかけれなかった人も結構いたのが心残りです、特に女性陣で。

式典自体は、出る気がなかったのですが偶然、幼馴染と再会しその流れで2人で会場内へ行くことになったので出席へ。食事にでも誘えたら上出来だったのですが、そんな器用さがあったらここにはいないかもしれないです。
儀式は市長の話や何やがある典型的で退屈なもの。問題行動も、私語を慎まなかったこと程度で、特に何がある訳でもないまま終了でした。
とはいえ、幼馴染ですが女の子と一緒に――ただそれだけで、全身疲れるほど緊張してしまう自分が情けないです。

そして式が終わり幼馴染と別れたら、友人と合流。
暫くの間、人波の引かぬ会場前で、”何かが起こるのを待って”ふらふらし、何人かの旧友を新たに見つけたりしたのまでは良かったのですが――
そのまま一部の友人と、とらのあなやパソコン店に行き生気を取り戻すのだから、処置なしです。

続きを読む »


冬休みの裏側

あけまして1週間弱経ってしまいました。
ろくに外にも出てないので、新年といっても何とも言い難い。とりあえず、天気は良いみたいですね。

私自身は冬のお祭りから、大晦日にフラフラしたまま静岡の実家へ。
初詣に参加し、正月は従兄弟夫婦を向かえての新年会をしたまでは良かったのですが、そのままの勢いで2日の午前にドライブをして以来、ダウン。
HPがやばくても回復技を頼りに進んだら、肝心のMPも切れて技が使えなくなった感じです。

熱が酷いとかではないのですが、鼻詰まりと悪寒と関節の痛み、あと咳き。致命的なダメージではないのですが、遠出も出来ない半殺し状態のまま、冬休みが終わろうとしています。
全く、幸先がいい話です。

続きを読む »


新年あけました

20090101010135.jpg
明けました。
昨年は親戚や友人知人、周囲の人に助けられっぱなしで、本当にお世話になりました。
お陰で、なんだかんだで、同人イベントに行き東北に行きと、新たな方面に世界が拡がりました。

今年も、また何か新しいことがしたいです。

どうか本年もよろしくお願いします。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2009-01 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad