月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


横須賀探訪

青い空が眩しい、絶好のお出かけ日和の今日。
授業も午前で終わり、午後はまったく予定がない。

そんな訳で昼食後、友人に"無人島、行かないか?"と話を振ると"よし行こう"とのお返事。

即断即決、企画から行動まで10分ちょっとの学校発の小旅行に行くことになりました。
……当然ながら、荷物を置いてる暇なんてないので、学校行ったそのままの格好です。

目的地は横須賀の猿島
猿島は、横須賀港の沖に浮かぶ小さな無人島ですが、東京湾唯一の自然島であり、日蓮上人の渡海伝説とやらを残したり、幕末から戦前にかけては砲台(要塞)として利用されその遺構が残るなど、なかなか侮れない経歴を持つ小島です。


猿島に行くこと自体は、春休みに見た"スカイガールズ"に横須賀中央駅近辺のシーンがあったことから始まって、聖地巡礼を兼ねて暖めていた計画だったのですが……まさか今日行けるとは、前日まで思っていませんでした。

なので、ほとんど無計画のままとりあえずは最寄り駅(だったと記憶している)京浜急行の横須賀中央駅へ。
大学からだと、いったん横浜駅まで相模鉄道で移動してから京浜急行に乗り換えとなります。
行程的には1時間半ほどの距離。半分近くが大学~横浜間の移動なのが、なんだか悔しい気もします。


横須賀中央駅前。
DVC00017mini.jpg

アニメと一緒だ! とは言いません……。この辺のシーンははっきり覚えてないので、照合のしようがないです。
こういうとき、もっとアニメを真剣に見るべきだったと思います……HDDに残ってるのでいつでも見直せるのですが。

到着したら、まずは駅前で目的地、猿島へ向かう連絡船乗り場を探します。
本来、土地に不慣れであることを晒すのは、防犯上好ましくないのですが、アテがあるどころのレベルではないのでおとなしく観光案内の地図を見て検索。
ざっと探しただけであっさりと、連絡線乗り場は三笠公園の近くであることが判明。
三笠公園は、去年の夏の横須賀基地一般公開の際に、行ったことがあったので迷う気もせずさっさと行くことができました。

余談ながら、一緒に来た知人も親戚がこの辺に住んでるそうで、駅前いったいは慣れているとか……
それならなぜ基地の位置すらよくわかってないのか、ちょっと問い詰めたい気もしましたが、その辺はまた別の機会に。

とにもかくにも、無事に連絡線乗り場まで到着。
三笠公園に隣接しているだけあり、近隣には"海軍カレー"などの旧海軍をネタにしたグッズを売るお店も点在しています。
海軍の金曜日はカレーが伝統。海軍基地の町、横須賀といったらカレーはお土産の定番です。

そして地味に高い往復1200円の連絡船切符を買ったら、船に乗り込み片道10分の船旅です。
DVC00020_20080429013407.jpg
この島が猿島です。
近づくと、簡素な桟橋が目に入ります。この錆び具合が、いい雰囲気出してると思いませんか?
DVC00023.jpg
ちなみに、桟橋周辺は砂浜のようになっているので、バーベキューや海水浴が出来るようになっています。
売店の人の話では季節なると、結構混むのだとか。

しかし、今回の目的はどちらかというと要塞遺構。
砂浜を尻目に島の内部へと続く道を進んでいきます。――とは、言っても最奥まででも片道600m程度。
それでも、一度奥にはいると苔生した仄暗い感じが、なかなか良い雰囲気が出ています。
DVC00026mini.jpg
説明の掲示板を読む限りでは、どうやらこの切り通しは要塞の通路として掘られたものらしい。
側壁は石積みで補強されていますが、島自体が岩のようなものでこの切り通しの両脇に横穴が掘られ、兵舎や弾薬庫として利用されたそうです。

DVC00029mini.jpg
写真奥の階段を上ると、切り通しの上の小道に続いていました。
基本的に通路部分以外は立ち入り禁止のため、自然のままに緑が茂っています。要塞として機能していた時代もきっと、カモフラージュのため島は緑に覆われたんじゃないかと思いますが……その手の説明は見当たりませんでした。

DVC00034mini.jpg
また島の上部には、かつての要塞島を偲ばせる砲台跡がちらほら。
今はどう見ても台座だけですが、多分かつては、この上にカノン砲でも置いて東京湾の守りに備えていたのでしょう。

DVC00037mini.jpg
桟橋側から見て島の裏側にあたる方にも、岸辺に下りれる場所があったり。
こちらは完全に磯となってますが、私たちが来たときはちょうど干潮時。イソギンチャクやらナマコやら海草やら……この歳になるとあまり見る機会のない、潮溜まりのいろんな生き物が見れました。
DVC00051_20080429020236.jpg
――まだらの特大ナメクジ……ではなく、おそらくウミウシ。こんなでかい軟体動物ははじめて見ました。
その、ゆったりうねうね動くさまは、動画でとりたくなるくらい、クセになりそうな気持ち悪さでした。
こういうものは知識として知っていても、実際に見ると新鮮で本当に楽しいです。これだけでも往復の船賃分くらいの価値はあったと思います。

一転して、再び島の内部に入ると、また要塞遺構。
トンネルとかあると遺跡らしい雰囲気が出て、かつて要塞があったんだと実感が湧くような気がします。
DVC00062mini.jpg

この辺の遺構は明治期に建設されたもので、関東大震災の影響や、技術の進歩による海上要塞の価値の低下で捨て置かれたままになっていたものだとか。
明治初期の建築方式を今に遺し、貴重な資料となっているところもあるのだそうです。

1時間ほどかけて、島を一回りしたら桟橋に戻って船便を待ちます。
ちなみに私たちの待つことになった船が、この日の最終便だったとか……。
この船が行った後は、"無人島なるよう管理され"るそうで、島の売店や桟橋の職員も全員引き上げ、無人島になるんだそうです。
ちなみにキャンプなどの宿泊も禁止だとか。誤って残った者は何らかの存在に消されるんじゃないか――と、ちょっとホラー風味のどうでもいい妄想が膨らんだのは、本当にどうでもいいことです。

DVC00067.jpg
そして迎えの船。当然ながら、対岸に見える陸地が横須賀市街です。


待ってる間に"猿島ビール"をお土産で買い、無事に猿島観光を終え目的は達成したのですが、まだ日没には十分な時間が残っていました。
このまま帰るのはもったいないってことで、次に向かうは中央公園。
猿島から見ると、駅をはさんで反対側くらいにある丘の上の公園です。"スカイガールズ"第4話の後半では、この公園から町を見下ろすシーンが出てきましたし、是非とも本物の風景も見ておきたいところです!
(何しろ、このシーンで見える猿島が、今回の計画の発端ですし……)

そんな訳で、駅の裏手にある住宅街のわかりにくい道を抜けながら公園へ。
まずは公園の象徴となるモニュメント。
DVC00075_20080429023201.jpg
大体アニメと一緒です。違いは、アングルの差程度。
そして見下ろす市街地。海に浮かぶのが、先に訪れた猿島になります。
DVC00076_20080429023419.jpg
作中では、なにやら色々あったため町並みこそ、すっきりさっぱり平らになっていましたが、位置関係は概ね一緒。
写真のほうが若干、左にずれぎみですがその辺は記憶だけが頼りだったので、仕方ないです。

公園はわかりにくいとこにあるものの、町を一望できる見晴らしいの良いきれいなところでした。
(ちなみに、昔は公園のある丘が演習場だったらしいです)


公園の風景を堪能したら、再び駅前に舞い戻り駅前でお店巡り。
横浜駅西口とは一味違った、地元に密着した店を見て回った後、友人と別れて帰宅しました。


今回お土産は 猿島ビール1本のみ。
友人が買った三笠側の 東郷ビール とセットで近いうちに飲み会のネタにする予定です。

空白の日

クリーム色の雲が空を多く、途中から雨まで降り出す始末のパッとしない今日。久しぶりに、何もイベントのないままに始まった日。
目覚めたら、13時を大きく過ぎている始末。ゲームもしたいし、片付けるべき宿題に、予習すべきテストや課題、さらには最近弄りまくったパソコン周りのバックアップ……やりたいこともやるべきことも沢山あるのですが……――


――とりあえず、ネットにつながらない

実は前の晩から、繋がらなかったりしたのですが夜中で、確認も面倒なので大元の回線が故障した程度の認識で放置していました。
朝、私が起きるころには、保守の人が夜通し修理して復活している……そんな文明社会を信じてました。
ところが朝、起きてみても繋がらないとのこと。
家中のLANが繋がらないので、とりあえず自分たちで調べられるところまで探ってみると、どうもネットの回線を分岐させ、家中に行き渡らすハブがお亡くなりになっていることが発覚。
どう弄っても電源が入らない……これじゃ繋がるわけがない
この間は、デジカメが壊れたばかりですし、どうも我が家にグレムリンでも現れたのかもしれません……。

ところが、マンション備え付けのくせに使ってるハブが市販の一般的な奴という驚きの新事実が幸いし、自前で交換品を用意できる様子。
そんな訳で雨の中、車を走らせ電気屋さんへ。
本当は隣街で買う方が何かと良いのですが、面倒なので運転の練習もかねて近場にあるのすませました。

買ってきたハブをつないで、ちゃんと回線が繋がっているか確認して終了。

ちなみに買ったのは中型の8千円程度の奴。費用は親もちなので、さほど問題じゃなかったのですが……同じようなので小型で千円ちょっとのから大型の数万円するのまであるのだから驚きです。
しかも大して見た目は違わないのに、倍くらい値段が違うのがあったり……ネットワーク周りはよくわかりません。

続きを読む »


夜の学校

なにやら話題の裁判に、判決が下りたとかどうとか。
やったことがやったことだけに、致し方ない判決だとは思うのですが……遺族の方が声高に"死刑"を求めるのは、どうも不快です。
心情は理解できても、色々思うところがありますし、何より……遺族のパフォーマンスとマスコミの食い付きが、量刑に影響を与えたかもしれないってのが、(他の犯罪被害者との)公平性に疑問符をつけかねない気がする。

あんまり世間の流れに逆らうと、袋叩きにされそうなので、あんまり言いませんが……。


それはそうと、今日は火曜日。雇われてから2度目のバイトの日です。
今日も前回同様に皿洗いの担当だったのですが、どうもサークルか何かの団体がいたらしく、彼らが閉店間際にいっぺんに出て行ったおかげで、洗うべき皿が土壇場に大量入荷。
ベルトコンベアでガンガン運ばれてきても、洗う側の処理が追いつかず、洗い場に皿が溢れててんやわんやの大騒ぎになったりしてました。

結果的には30分の残業になって、学食を出たのは21時を回ってからだったのですが、ふと忘れ物を思い出しサークル棟へ。
この時間帯にサークル棟へ行くのは、忘年会以来――何でもない普通の日に訪れるのは初めてです。

既に夕食時も過ぎ、周囲の講義棟は明かりも消えすっかり静まり返っているのですが、サークル棟だけは明かりが残っている。
陶芸部あたりが、麻雀してるかな? 程度の気持ちで行ってみると、なぜか我がコンピ研の部屋にも明かりがついています。
先輩が残っているのかと、期待を込めて覗いて見ると…………なんと中に居たのは女の子!


……何のことはありません。吹奏楽部が勝手に入って、勝手に練習か何かしているだけのようです。
別に鍵はかけてないし、盗まれて困るものは別室に保管してあるし、トラブルがあったという話も聞いたことないので構わないのですが、
よく見てみると他のサークルの部屋も、吹奏楽っぽい人たちが中で練習していました。

サークルというとイラ研やコンピ研のルーズなイメージが強い私としては、こんな時間まで残る真面目なサークルの気合には、素直に驚かされました。

残念なことに、吹奏楽が練習以外で演奏している姿やイベントは知らないのですが……そのうち彼らの"本番"を探してみよう。

休日の使い方の話

天気は不安定だった今週末。
あっちへふらふら、こっちへふらふら……少し涼しいくらいの空気と、目に優しい新緑が広がる外向きの季節だってのに、屋内ばかり行ったり来たりでどうしようもない感じです。


そんな訳で、まず金曜は放課後から知人の下宿に上がりこみ、日付が変わったころから横浜のカラオケ。
毎回のごとく、ダメ人間のカオスな選曲になってしまいましたが……酔っていたので、問題はなし。
夜が明けたら、解散して土曜日はそのまま昼寝に使用。
さらに日付が変わって日曜は、また高校の知人と集まって昼食会でした。今回は隣街でおこのみやきと比較的リッチなメニュー。
後輩連中も大学に進学して、会話の主題が高校のことから単位のことに変わったあたりに、時間の経過を感じているうちに解散でした。

解散後は、隣街で"ネギま22"やら"人類は衰退しました3"やらと新刊を揃えたついでに"博例神社例大祭"のカタログも購入。
16時からの発売で5分前ほど前からとらのあな店内に居たのですが、店に入った段階で明らかに普段より人が多い……。
案の定、カタログの販売開始から一気に行列が形成される次第です。私みたいな暇人が、こんなに居たのかと思うと怖いものです。


――と、余談ながらこの週末分の出費を概算したら、木曜に働いた分の倍は使っている。
新刊購入は、もはや必要経費みたいなものだから、仕方ないですが……こういう使い方してるから、お金がたまらないんですね!


そういえば、月曜日――つまり明日は量子力学の小テストがあります。
既に25時を回っているのに、なんら対策をしていない……。2年になって、(悪い意味で)心に余裕が出てきたみたいです。

労働初日の話

じめじめとした雨の降る今日この頃。また新しい豪雨がやってくるようですが、流行なのでしょうか?

さて、今日は初バイトの日。
飲食店のバイトということで、とりあえず皿洗いから。
生まれてはじめてタイムカードを使って、出勤時刻を記録したら、上司(?)にあたるパートの方に要領を教わりながら作業開始です。
17時くらいから20時半まで3時間ちょっと、皿洗いの他、トレイの補充や皿の運搬など裏方ばかりやってました。

それで……何というか、知人が"ファミレスで働くな"と語っていた理由がちょっとだけ理解できた気がしました。
皿洗いは延々と下を向いて手作業ばかりなので、手首と足腰に妙な負担がかかり、思った以上に大変です。
もっとも、それでも(おそらく)学食なんでヌルい方だと思いますし、時間も極端に長くないので文句は言わずに働きますが――

日雇いって、意外と学生には割りのいい仕事だったのかもしれないと思った、今日この頃です。


ところで勤務中に、コンピ研の団体さんに遭遇。
軽く会釈してスルーしましたが……次ぎ部室に行った時は絶対ネタにされそうだ……。

ところでそのときは新入生のひとりが、PSP片手に先輩たちとモンハンプレイ中。
私よりサークルになじんでるのには、いい兆候で嬉しいのですが……1年坊主からそれで大丈夫なのか? 工学部。

定職を得る話

今日は5月並みの陽気だったとか。徹夜まがいの夜更かしとあいまって、"春眠暁を覚えず"を地で行くような爆睡かましてしまいました……授業中に。
そして、気づいたら午後。

昼食をとったら、とりあえずは掲示板で定員オーバーで受講者の決定が抽選となった科目の合否を確認。
見事に片っ端から落ちてました。
これで、今期に受講する教養科目は、驚きの0個! 順調に留年フラグを立てているようです。


そんな訳で、時間割が見事なまでに穴だらけになったことを確認したら、今度は生協前の求人票でお仕事探し。
近隣のいくつものバイトが掲示されていて、気に入ったのを選んで自分で連絡をとるシステムです。

1軒目、工学部側の学食の配膳のお仕事……は、既に一杯になったのでだめとのこと。
なら、さっさと求人票も回収してくれ! なんて文句は、チキンなので心のうちに仕舞って次の求人。

2軒目も、学食のお仕事。ただし今度のは学校の中心側のお店の求人です。

早速、電話――
――アルバイトの希望の旨を伝えると……"これで3回目だ。いったいなんなの?"と老年の方の声。
いきなり年寄りが出て"なんなの"っていわれるとは、斜め上どころか、次元すら超えた予想外の反応です。
先方はかなり不機嫌なようでしたが、幸い話は通じるようなので、とりあえず腰を低くしながら確認してみると……どうも、求人票の番号が間違ってる様子。
先に同じ間違い電話した奴らが、どう応対したのか知りませんが、番号が漏れてイタ電されてると思ってる様子なので、その辺の事情を言い訳がましく説明して撤退しました。

ここで、終わりにして次のバイトを探しても良かったのですが、流石にこの求人票を放置したら次ぎかけた奴が、殺されそうなので一応、生協に連絡。
窓口で間違えを指摘したら、ついでなのでと学食の店長に取り次いでくれる――と、いうより気づいたら取り次がれていたので、そのまま面接の流れに。

さらにその流れのまま、気付いたら採用でした!
たまには他人のために、動いてみるのも良いことみたいですね。思った以上にあっさり決まってしまいました。

これで火木の週2で夕食時のお仕事です。
学校内なので交通費は出ませんし、食品関連の接客業なので結構大変かもしれませんが……学校が休みの日はバイトも休みなので、休日の予定も組みやすいですし、時給もそれなりで条件は悪くない職場だと思います。
ちなみに仕事始めは今週の木曜から。

上手く出来るか、不安だなぁ……。

軽い覚書

ネットを漁っていたら、こんなものを発見。私の趣味にクリーンヒットです。
そんなわけでつい……迷わず、出来心で、ダウンロードしてDVDに焼いて起動しようしました。
ところが、予想外のトラブル(※主にDVDに焼くあたりで)にでくわしてしまったり、起動も思っていたより手間がかかったりかからなかったり。

気付いたら、午前4時……本当にありがとうございます。


ーーで、やっとこさ起動したのですが……設定やなんやがウィンドウズとちがい、リナックスなんてかじった程度にしか使った事のない私には、扱い切れそうないです。

ただまぁ、壁紙がデフォルトで巫女さんだった時点で、夜通し頑張ったかいがあったと思います。

春の寒い日の話

朝から曇天、たまに雨もぱらついていた今日。
それでも、見つからない仕事に悩んでもいられないので、とりあえず日雇いして稼いでました。
もっとも……稼いだ以上に、その日のうちに使っている疑惑があるので……始末に終えませんが。


そういえば、金曜日。ついにわがサークルにも新入生が現れました。しかも2人ほど。
まだ定着するかはわかりませんが、ゲームの話やゲテモノ食いの話に盛り上がってるみたいで、話を聞いている限りではサークルの活動(?)内容と相性がよさそうです。

問題は――部室でひたすらモンハンをして、あまり後輩に絡もうとしないサークルの形容しがたい雰囲気に耐え、部屋に自然と吹き溜まる事ができるかどうかでしょう。
慣れるまでは、居場所がない様で居辛い部分もある雰囲気なのですが……慣れると自分の部屋にいるようで、結構落ち着きます。


さて、余談なのか本題なのかわかりませんが、季節なので1話を視聴した新アニメの感想でも。

"仮面のメイドガイ"は原作は1巻だけ読んで、カオスぶりが良かったので視聴。
OPから楽しんでる感じですが、絵柄が……良くも悪くも原作に似ている気がして困る(※あまり上手いと思わないから)。とりあえず見続けるつもりです。

"絶対可憐チルドレン"……原作は古本屋で読んだだけです。でも、結構面白かった記憶があります。
なんとなく、なぜか知りませんが見ていて懐かしい感じがしました。本編も小ネタも面白いので、文句なしに視聴続行――と、思ったらいきなり第2話を録画し損ねた……。

"SOUL EATER"は全体的になんかカッコいい演出ですね。OPも酔いそうな視点の移動が、結構好きです。
しかし……レイトショーと夕方のやつ、違いがわからないのですが? さしあたり夕方の方をメインで見る予定です。

"図書館戦争"……物語の要は、図書の検閲……思いっきり憲法違反な気がしますが、最近の安易に規制で済まそうとする風潮だと、現実になりそうで結構怖い。
アニメはクオリティも高くて、期待大です。でも、お気楽能天気アニメを優先する私が、続きを見るかわからない。

今期のベストは今のところ"狂乱家族日記"。OP・EDとも早口な電波で、ぜひとも口ずさめる程度にはなりたいところ。
内容も電波な展開なのに、家族をテーマに扱って筋が通って進みそうで好感が持てます。
多分、最優先のアニメになる……と思う。


そういえば、来週から実験が始まります。
また締め切り(=落とすと、即留年確定)の影におびえながら、必死に実験のレポートを書かくのかと思うと、それだけでげんなりです。
レポ書きしながら、徹夜でアニメをみる生活……心と体の両面に悪そうだ。

バトン消化+α

面接したコンビ二バイト、落ちました!
やはり未完の履歴書はまずかったのか……。
引きこもりでも就ける基本中の基本なバイトに落ちたヘタレなんて、はじめて見ましたよ。

……また、履歴書を書くのかと思うと面倒くさすぎる。
どこかに履歴書の要らない、楽な仕事はないものだろうか? 給料は……期待しないから、なんかないかなぁ。


さて、甘えた戯言(※でもちょっと本気)は置いといて、ミクロン隊長のもとからバトンを拾ってきたので消化です。

――――――――――――――――
貴方について教えてください。
・年齢:19歳

・性別:野郎

・生年月日:1989年1月

・血液型:比較的A型

・身長:170cm前後     

・体重:50kg程度

・家族構成:両親と妹二つ

恋愛について教えてください。
・好きな人いる?
いる……のかな?。

・初めて付き合ったのはいつ?
遠い未来。

・キス体験は?
無いらしい。

・告白されたことある?
もちろん無い。

・告白したことある?
そんなアクティブでない

学校について教えてください。
・何クラスある?:現在は学科で1つ。

・クラス友達多いほう?:多くはない。

・好きな教科・嫌いな教科は?
好き→地理
嫌い→物理、数学、英語

・今までの最高点は?:中学のころの100点満点。

・合唱コンクールは何歌った?:覚えてないです……。

・隣の人と話す?:たまにはなす。

・好きなTV:ドキュメンタリーとか好き。

・嫌いな芸能人、好きな芸能人:わかんない!

・今の格好:ジャージ

・はまっている漫画:"鉄腕バーディー"、"ケロロ軍曹"……だが"ARIA"は神だ。

・このバトンを回してくれた人について教えてください。
ミクロン隊長……実は私が初めてチャットで会話した方。
今でもよく覚えてます。

・このバトンを10人に回してください。
物理的に無理です。

新学期の話

既に数日前の話ですが、新学期初日は夕方からひどい雨。
次の日も、朝から嵐のような天気で教室移動に心が折れそうになるほど・・・・・・。
桜の花びらも一気に散り、若葉が萌えて季節も急に進んだ感じです。


さて、そんな新学期なのですがどうも風向きがよろしくない様子。
具体的にいえば、教養科目が全然とれない!
1年のころに比べ、必修科目が幾分減りその枠に自由に教養科目を入れられるようになったのですが・・・・・・学校側は相も変わらず、工学部向けに開講される科目が多くない。
人数過多で抽選になったり、空いているのに受講できる講義がなかったりと、気づいたら穴だらけになってしまいそうな状況です。

無理して変な科目とるくらいなら、いっそ留年して1年くらい好きな教養科目だけ受けるのも悪くない気がしてきたりして。
教養は早いうちに集めましょう! と、言われているのですが・・・・・・なんか難しそうです。


ところで、学校が再開して最大の変化は本を読むようになったこと。
通学中の車内で読書をするのは、もはや改札を通るときに切符を出すのと同じくらい当然の動作となってきてます。
そんな訳で、学期早々に1冊読了。

「旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。」(萬屋直人 電撃文庫)
徐々に滅亡に向かいつつある世界を、少年と少女が原付で旅するーーはっきり言って、ひどくありがちな設定の物語・・・・・・なのですが、この手の奴は好きなので、ついつい読んでしまいます。

具体的な地名はほとんど出てきませんが、舞台はおそらく夏場の北海道。
衰退の原因を、戦争や環境破壊などでなく、少しファンタジックで穏やかな事象に設定しているのですが、
それがただ悲壮感を和らげるのでなく、ちゃんと物語の深い部分に組み込まれていて、読んでいて引っかかる部分があまりありません。
もともと旅行好きの私ですが、読むうちに2輪車に跨って、どこか遠くへ行ってみたくなりました。いずれ原付でも買いたいところです。

余談ながら、2話目で人力飛行機が出てきます。描写に力が入ってる様で、小難しい技術論こそスルーしていますが、それでも十分にマニアックな部分にまで触れています。
人力飛行機に興味のある方は、少しだけ参考になるかもです。


最後に、原付が買いたいとかどうとかは伏線でもなんでもありませんが、ちょっとバイトに応募してみました。
学校の近くにあるセブンイレブンです。
空き時間になっていた2限に電話してみたら”今日の放課後、履歴書もって来い”と言われてしまい、突貫工事で履歴書を作って(※完成しなかった・・・・・・)面接してきました。

採用不採用は後日連絡とのこと。
最近、調子に乗って"Core 2 Quad Q6600"(※ちょっとハイランクなCPUです)と"GeForce 9600GT"搭載のグラフィックボード(※明らかに無駄にハイスペックです)なんか買っちゃいましたし、しっかり稼がないとなぁ

お祭り騒ぎの話

春風に桜の花びらが舞う絶好のお祭り日和。
地元では桜祭りがあったので、中学以来の友人と連れ立ってぷらついてきました。

戦果は若干の食べ物と古本市の本、それから高校のころの教師との遭遇があった程度。
小さいころは、たまのお祭りでこそ散財しながら雰囲気を味わっていたものですが、
今や理不尽なお値段にばかり目が行ってしまい、お祭りを素直に楽しむ歳でもなくなってしまったようで……気づいたら隣街のとらのあなで、品定めをしている状態です。
――そして中学の知人まで、とらにいける仲間になっているのだから、世の中侮れないです。


ところで、世間の多くの中高生がそろそろ春休みの終わりと新学期を迎える時期だと思いますが……私の学校もまた、明日からばっちり新学期です。
ちなみに大学は、もう数日~1週間ほど始まるのが遅い学校も結構ある様子。個人的には羨ましい限りなのに、退屈だから早く始まってほしいと抜かす知人もいる――その前向きな姿勢はえらいと思う……けど、あまり見習わない。


余談ながら、成績表があったのでちょっと確認。
全体的にボーダーぎりぎりなラインですが、どうにか専門科目は確保。再履修させしないでいいなら、後は野となれ山となれです。
引き換えに教養科目を落としたのは痛いところですが……。

春の風

昨日はニュースになるほど風が強く、久々のアルバイトも無駄に大変なものになってしまいました……。
反面、空はきれいに透き通りバイト先の高台からは富士山が拝めるほど。桜の花びらも舞って、絵になる光景でした。

さて、そんなわけでバイトに行き、強風にあおられて景気よく空箱が吹っ飛んでいったりしましたが、それはどうでもいい話。

それよりもバイト先まで行くとき、最近開業した新路線を使ったことのほうが私には重要です。
横浜市営地下鉄の新線――4号線なんて味も素っ気もない路線名に、グリーンラインというちょっと無茶した愛称をつけた路線で、やたら広い横浜市のうち、都会のイメージとはかけ離れた北の内陸部を走っています。
駅舎やホームは落ち着いたデザインで、車両も中は透明な内装を多用した結構かっこいい造り。
地下鉄のくせにやたらと地上区間が多く、乗ってて気分の良い列車でした。


ところで、ついにARIAのアニメも最終回が終わってしまいましたね。
話の内容は、概ね原作最後の2話分をつないだ感じ。妙に手を加えた風もなく、文句なしに良かったです。
でもこれで、完全にARIAの物語は終了ということになって――しまう訳じゃないですね。
ドラマCDがある。どうも、物語を耳で追うのは画面の壊れたテレビを見ているような感覚になり性に合わないのですが……。
(だから、ラジオの類も含めてノータッチだったりします)
ところで、アニメ版のオリジナルストーリーを天野こずえ先生が漫画化とかないかな?
出たら割高でも、絶対に買うのだが……。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2008-04 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad