月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


奥地へ行こう

今日は休日。
空は霞んでいても、天気も良い。
すごしやすい陽気に誘われ――ではなく、親父との計画により、奥多摩へ行ってきました。

朝、0830時ごろ最寄り駅を出発。

途中で数回乗り換えて、青梅線に入り一路・奥多摩駅へ。
ちなみに青梅線は中央線の手先のような路線です。
途中の青梅駅までは東京発着の電車が頻繁に出入りする通勤路線。
ところが、そこから先はうって変わってローカルな雰囲気の路線になります。

そして1時間ほどで到着。
とは言うもの奥多摩駅に関しては"終点まで行く"のが目的だったため、特に行くところもなく、駅近辺で折り返しを待って(約20分)時間つぶし。
駅前は他の観光地同様、どこか時代に置いて行かれた感の漂う売店が目に付きます。
わびさびと言えば聞こえが良いですが、きっと実態は……。
(もちろん、時期が時期なので登山客で混雑してましたよ)

DVC00016.jpg
散策中に見つけた水神様の湧き水……。
どう見ても"清水で癒されて"オーラを放ってるのに「飲むな」と言う。
考えさせられる光景です。

そしてさっさと折り返し。御嶽神社の最寄り駅、御嶽駅まで移動します。
このとき、こんなのに乗りました。201系"四季彩"編成。
奥多摩限定の特別編成です。
20070430005223.jpg
内部もちょっと特別。
20070430005420.jpg
片面クロスシート!
谷間を抜ける青梅線では、クロスシート側だけが延々と川に面しています。
そのため、景色を楽しみやすくするためにこのような妙な配置になっているのです。

御嶽に到着したら、バスに乗ってケーブルカーに乗り換えぐいぐい登っていきます。
混んでいても、坂を歩くのに比べたらぜんぜん楽。機械万歳! ――と、手放しで喜んでいたのは途中まで。
このあと、さらにリフトで登って神社へ向かう。

ひたすら山道です。遠く、稜線の先に目指す神社が見えます。
どうやらリフトは隣の山へ連れてきてくれた様です。
新緑の美しい山道をひたすら進みます。
機械にごみを入れても、ゴミしか出てこない――なんて比喩はあまり関係ありませんが、機械に頼っても使い方を誤ると自滅すると言うことですね。

整備された参道は隣の山に移ってからのみ。
宿坊やお土産屋が寄り添うように集まる道を抜けて、鳥居をくぐり境内へ。
ちなみに隣の山も下側は山道。
山頂付近に門前町を築いた先人たちは偉大ですが……もう少し考えた方が良かったかもしれないですよね。

それから今日は奉納剣道大会の日とぶつかってしまったようで、むさいのがゴロゴロいましたがおとなしく我慢して、石段を登ります。
20070430005958.jpg
数えてませんが、かなりの石段。
脇に立ち並ぶ石版は、墓石でも謎のモノリスでもなく"講"とかいうものの石碑だそうです。
ですが……詳しいことは知りません。

そんな訳で登りきったら関東平野を一望できる社がありました。
携帯で撮ってもよくわからないので、写真はなしですが、まさに絶景です。
山深く入ってきた気がしていたのですが、眺めて見ると意外にすぐ近く(?)から視界の果てまで平野が広がっています。
流石に日本最大級の平野は広いですね……。

お参りを済ませたら、無料公開していた宝物殿を見学して、すぐ下のところで蕎麦を食べて下山しました。

ついでなので下山中に見かけたので1枚。
DVC00032.jpg
観光地で観光客を拒む神社…………。
単に私有地なのか、選ばれし者しか参拝できない聖域なのか、"参拝客は入れる"という頓知ネタなのか――意図はよくわかりませんが、なんとも神々しさを感じる(??)看板です。


下山したあとは、川沿いの遊歩道を一駅分歩いて帰宅しました。
遊歩道中、いい店があったらお土産を買おうかと思ったのですが、残念ながらありませんでした。
(この一帯は水が良いらしく、オリジナルなお土産としてはワサビや餅の類が目に付きました)


今回、踏破力には自信のある私ですが、久しぶりに足がヤバイと思うほど歩きました。
うん、疲れた♪


余談ですが、宝物殿が無料公開されていたのは御嶽神社が"美しい日本の歴史的風土・準100選"とやらに選ばれたためだそうです。
"準"っていうのがものすご~く引っ掛かったので、調べてみるとこういうことらしい。
この手のことは、極めて主観が入りやすいのであまり好みではないが、タダになる効能があったので感謝です。
でもなんか、ちょろっと調べたら選ばれた土地は軽く100を超えている……。
なんだか一気に、ありがたみが薄れた感じです。

暇じゃないのに――

久しぶりの休みである。
昨日は再び、知人のアパートで集まりをしました。
ゲームしてアニソン聴いて酒盛りして……堕ちてる感じです。

そんな訳で、あまり勉強していない。
一応、化学実験のレポートは済ましたので、後はゆるゆる出来るのだが……。
外人教師が気違ったことぬかしていたのが、気にかかる。
どうにかなるといいのだが、面倒なものになりそうな気がするので早めに済ましたい。


そういえば、今日は久しぶりに雷付きの夕立が来た。
遠方の景色がぼやけて、水彩画みたいなシルエットになります。
今まではなんとも思わなかった光景ですが、ボケっと見てたら妙に落ち着きました。
ついでに近所にも何度か落雷してるようで、ベランダで見物してたら空気の振動が直接伝わってきました。
夏が近づいてますね~♪



以下は危険。ご用とお急ぎのない方は、流し読みしてください。
そうでない方は……。

続きを読む »


余談の塊

精神の回復には、サボることも大切なんだそうです。
落ち着いて考えれば、今の生活も暗いことだらけではない。
だから、久しぶりにちょっとした日常を思い返してみようかと思います。



まずは通学の話。
普段は国道沿いの歩道を鬱々と歩いていますが、ちょっと気分転換に別ルートを選択。
両側とも一段上が住宅となっている、切りとおしのような狭い坂道を抜けて丘の上を進むみます。
少し古めかしく、地形に合わせた歪な家が並ぶ様子は私好みです。

そして丘を登りきると、畑が現れ視界が広がります。
DVC00018 (2)
うん、どこの山道だ! って感じ。
ちなみに遠くに彼の横浜のランドマークタワーが見えますね。
ヨコハマ買い出し紀行を彷彿させる、いい感じのシルエット。

このあと、高速道路の上を渡り、大学の裏口側へ通じています。
高速のインターチェンジのような曲線を多用した大きな構造物を眺めるのも、楽しいものです(変な趣味だ)

ちなみに学内も煩雑な地形で、結構歪な建物が多い。
2階にしか玄関がなかったりとか、半地下とか、空中廊下の先は1階だとか……改めて散歩すると興味深い。



また先週あたり大学入試センターから成績表が送られてきた。
こんな時期になって何でだよ、とも思えますが貰えるものはありがたくもらって置きました。
結論から言うと、概ね自己採点通り。
ここで嬉々として点数を晒すほど迂闊ではないつもりですが、総合的には他人様に見せても恥ずかしくない点数でした。



それと、ここ数日、混んだ車内でも本を読むすべを身に着けたので"ゼロの使い魔"を読んでます。
"今更かよ!"とか突っ込まないでください。今更なんですから。

内容はすでに評価を散々見聞きしたので、すでに語ることもありませんが、軽く読める筋の割に細かいところでなるほどと思わせる分が多くて良いですね。

今まで読んだ分では、2巻で"駅"のシステムが出てきたのには感心しました。
厳密に言えばこの制度……モンゴルが大成させたものなので中世欧州にあったのかよく分かりませんが……。

他にも気になるキーワードがいくつか。
プリンス・オブ・ウェールズと言えば英国皇太子(ちなみにブリテン島の美称は"アルビオン"。ドーバー海峡の"白い崖"にちなむそうです)
ガリアは言うまでもなく、今のフランスからドイツにかけての呼称。ローマ時代にはガリア王国が存在したとかしないとか。
ゲルマニアも意訳すればドイツ一帯ですよね。中世での実態は分裂状態で強国とは正反対の存在だったのはご愛嬌。
レコン・キスタは国土回復運動と訳され、イベリア半島(スペイン)をイスラム王朝から取り戻そうとする動きですしね。
(今でもあの地域は独特の街並みが多いそうで……イスラム建築が好きな私にはそそられるものがある地域)

どうでもいいところではハルケ・ギニア。
初めハルキゲニアと脳内処理して混乱したのは、秘密です。

中世はなかなか汚らしく興味深い時代。"ん?"と思うところもなくはないですが、面白いので全然良しで、
続きを読むのが楽しみです。

泊まり込み

夏の気配が混じりはじめましたね。
蒸し暑い夏が始まる前の、心地よい風が吹いてた今日この頃。

なかなか気分は晴れませんが、それでもマンションの階段で立ち止まってみると、少しは気持ちが軽くなった気がしました。

軽くなったついでに、ここから飛んで逝きたいな――と、思ったりして……。
もちろん、まだかなり未練があるので、人生からログアウトするのは我慢しますが。
(ついでのついでに"未練"って何だろうと色々考えたのですが、結論がマンガやラノベに行き着くあたり、我ながら悩ましいものです)
閑話休題。




土曜は大学の知人のアパートに行きました。
大学同様、かなり山の中にあるワンルームのアパートです。

私の手土産はお菓子数点と、ネタのためにマンガやラノベ数冊、アニソンの入ったノートPC。
お酒を飲むと聞いたので、洗面器も持参しようかと言いましたら"出した後どうする?" とつっこまれてしまいました。

さて、お呼ばれした家に入ってみると、案外片付いた広めの部屋。
テレビとPS2とロフトがありました。
PS2はかなり初期のものだそうです。"蚊"とかガン種のゲームが転がってます。

と、言うわけで最初にやったのはロフトに上ること
"この不躾野郎め"としか思えない行動ですが、やっちゃったんだから仕方が無い。(一応、許可は取りましたよ)
どうせ物置だろうと、舐めてかかったまま上って見ると――

シャーマンキングのポスター??
ここで一歩引くのが一般人。私は一歩踏み込む側です。
VHSが詰まれています。FFのポスターも確認できます。
少し古いPCがあります。PCはミスチルの曲を流しています。壁紙はカウボーイ・ビバップなようです。
そしてハルヒのDVDが全部ある……。
AIRのグッズがたくさんある!!


私が"良いもの持ってるね♪"とAIRのファイル(?)を掲げて言うと、主は"AIRは神ゲーだよ"と返してきました。

ネタなんかいらなかったようです。真性の方が居たんです。
AIRのDVDは触るのも許されませんでした……。

ちなみに今回彼の家を訪ねた面子は私のほかに2名。
一人は、以前から一線は越えてないものの興味ありげ。
もう一人は――はじめは一般人かと思われましたが、やっぱりご同類でした
(彼は大学生になったら足を洗うつもりだったそうですが……)

うん……類は友を呼びすぎだ。



さて、そんなこんなでなぁなぁのまま、ゲームをやりつつ酒盛りがはじまりました。

当然、ネタになるような吹っ飛んだ発言も出てきます。
(さすがに少女とリスカの話題で"その血を啜らせてもらえ"と言ったのはやりすぎたかな)

中盤からはアニメ上映も開始され、らきすたやハルヒやkanonが垂れ流ししているうちに缶チューハイは6本目を数え流石に足もふらふらに。
ちなみに私は酔ってもあまり変化が無いようです。(言動も含め)
そして気づいたら行動不能で、2時前には寝るしかない状態でした。

次に意識が戻ったのは翌日(日曜)の9時過ぎ。
土曜の晩は、新聞屋さんが日曜の朝刊を持ってくるまでモニタの前でMP回復している私としては、かなり損した気分ですね。


そして、みんな起きたところでパスタな朝飯を頂きながらハヤテ鑑賞。
録画でなく見たのは初めてですが、改めて妙な時間帯にやる気になったものだと思います。
難しいネタも細々紛れ込んでいて、一人で見ていたらきづかなそうな部分も多い……。

ところで、よくよく考えるとずっと昔、私はこれと近い時間帯でギャラクシーエンジェルやデ・ジ・キャラットを見ていた記憶があります。
あの頃はまだ、アニメオタクなどといった意識は全くなく、ごく当然に"妙なテンションのアニメ"として見ていました。
なかには最近になって、何が面白かったのか理解できたネタすらあります。
おそらくハヤテも、昔の私がそれらを見たのと同じような感覚で見ている少年少女が多いのかも知れません。
――終いには、こういうので慣らされていった子が、次の世代になっていくのでしょうね。




朝飯のあとは前日の続きで、ゲーム大会再びです。
途中でBGMを垂れ流してたPCがハピマテ6連続をやらかしたときには、"洗脳される"という悲鳴と"懐かしい"という感嘆が交差していました。

最後は昼過ぎに、昼飯を食いに街に出撃しました。
途中でアニメイトとゲーマーズによったのは当然の成り行きですよね?
(本当はメロンブックスにも行きたかったけど)
真性のオタクのリッチな買い方を目の当たりにしたり、自分も目の色が変わっていると指摘されたりしているうちに、私は念願のARIAのサントラ2枚購入。

ARIAの楽曲集は全て揃いました。
去年の前半までは"アニソンに手を出したら負けだ"と思っていたのに、人間ずるずる深みに嵌っていくものですね。
――次はドラマCDかな。
ちなみにこれで今月の小遣いはなくなりました。お陰で現在、昼飯は悲惨な状態です。



さて……噂の(?)カウンセリングは水曜日に予約。

今ならまだ、何かしらのリセットが可能な気がします。
でもリセットボタンを押したら、大切な何かを失うような気もします。

深刻に考えれば視野が狭まりよろしくないけど、軽く考えるには重大すぎる。ゆっくりじっくり考えるべきだけど、悠長すぎると選択肢がなくなってしまう。
18年間で一番重い問題はどうなることやら…………。

何とかの憂鬱

生憎です。
軽いうつ病ではないかという話も……。
早い話、勉強嫌いが理工系に進んだがための、自滅なのですが。

とりあえず、日記を書く程度に余裕があるうちに先日のネタを消化です。



先日書いたとおり、去る4/15に新装開店したとらのあなへ行ってきました。
同行人は高校の知人です("総統代行"と"ハニワ"と呼ぶことにします)

そんなわけで、朝9時過ぎから出撃。10時開店に合わせる形で行くことにします。
予算は1万円、月の小遣いの半額に当たります。

私が行くとすでに二人とも待っていました。
時間も良いので、即進入――と、行きたかったのですが案の定、店からは長蛇の列が裏路地に向けて連なっていました。
隣の広場でフリーマーケットを行っていただけに、ちょっと視線が痛い状況。
大々的な――とは言い難いまでも、店の入り口がある通りの前では、猫(虎?)耳の女性がティッシュを配ってたりと、少し独特な空気が。
足を止めて、写真を撮り去っていた青年もいました。
(きっと、何かのネタにされる……)

ちなみに向かいには古本屋、近くにPCショップとアニメイトがあり立地としては正しいのか、間違ってるのか良くわからないです。

そんなこんなで少しばかり待たされてから、入店。
私とハニワは別の店に何度か行ったので、特に面食らうものはありませんが、初めての総統代行は少しばかり楽しそうだった

雑居ビルの3・4階に入っている店は、下が一般の品・上が同人関連という構造で、狭い中に多くの品を押し込んだ、普通のアニメ店でした。

そんな訳で、目に付いた品を手にとってはハニワの寸評を聞く形で、しばらく店内観察をするものの、レジが混んでたので特に何も買わずに撤退。

隣のフリマにも寄ったのですが……。
今まで大人しめだった総統代行が元気になって、人の輪に入ってしまいました。
ハニワと私が取り残されてる間に、なぜか和服を買って戻ってきました。
何でも、ばらして何か作るらしい。和服は結構、簡単にばらせるらしい。
(でも、着ている時でもヒモ一本切ればポロリ――と、おいしい状況に行くほどやわではないそうだ)

ついでなんでゲーマーズへ。
ここで、平積みされた"らきすた"を見つけてしまいました。

以前からピックアップされていて気になっていたのですが……
魔が指したのか何というのか、乗せられたと言うのか……新刊でまとめ買いしてしまいました。
初めてです。
他に全て新刊なのはARIAくらいですが、それだって数ヶ月かけてじっくり集めました。
4冊まとめ買いは"ありえない"の一言です。
財布に1万は言ってたから心理的に余裕があったのでしょう。

その後、いったん某電器店裏の自転車置き場に総統代行の自転車を"停めなおし"に行きました。
2時間まで無料だから、一回出て入り直そうって話です。
その間に私は電器店でUSBメモリを物色。2GBを買ってアニメを詰めて、学校のPCで見ようって話です。

が、買う前に総統代行が帰還。
曰く、もっと安い店がある――のでそちらへ移動。
ソフマップだったのですが、確かに2GBで3000円弱、安いです。
即買いです。
1万円の魔力でした。実際には残り7000円程度でも、頭の中では1万円だったので迷いません。


そして昼食。
私は一人で席取りをし、その間に2人が買ってきてくれました。
待ってる間、らきすた(カバーなし)を読んでたら、ツッコマれたのはご愛嬌ですよね。


昼食は特にネタなく食って、今度はアニメイト。
総統代行にあらゆる店の位置を教えるということで、外せないポイントです。
さて、アニメイトではとらのあなに対抗してか図書カードプレゼントのキャンペーンが。
対象は3000円以上購入の方。

ハニワはパスらしい。総統代行はお金がないらしい。
――でも、私は買いました。
霜月はるかの"ティンダーリアの種"というCDアルバムです。
お値段3150円。ぴったりです。
なので、ゼロの使い魔の図書カードをいただきました。

その他、再びとらのあなへ行ったり、東急ハンズに理化学機器や雑貨を見に行ったり――
ペーパーナイフのコーナーでハニワが異常な興味を示したりしました。
("今もバックに忍ばせてる"とか言ってました。高校時代に一度、刺されそうになった私としては、ゾッとする話です)

最後に隣町を出て、ハニワと別れ総統代行とともに帰宅。
道中、総統代行の知合いの後輩は、同人のアシや軍事マニアやナイフをあげたら刺しそうな変わった娘が多い、といった話やその他諸々なことを聞きながら帰りました。

結論から言って「文系は楽そうですね。うらやましい」という認識を改めて確認させられる結果となりました。



余談その1。
購入したUSBはすでにハヤテのごとくを学校で見るために使いました。
なかなかありがたい状況ですが、見るためだけに20分近く消費するのは痛すぎるかもしれません。

余談その2.
図書カードは本日、ネギまを買うために使用です。
一般の書店で使ったので、ちょ~っと気が引ける感じもしましたが他になかったので仕方ないです。



ここ最近……ホッとした環境を思い返してみると――
学校近くの少しなかに入った住宅街。
PCのモニタの光。
本屋のラノベorコミックコーナー。

我ながら、趣味が露骨に出てるものですが、そんなときでも手放しで肩の力を抜くとは行きません。

今度、カウンセリングでも受けようかと思ってます。
(どこか中途採用している鉄道会社は無いものだろうか?)

死に損ないの日

行ってきました。
らきすた4冊・CD1枚・USBメモリ……軽く散財しました。
一緒に言ったコールサイン"総統代行"には「クレジットカードを持ってはいけない」と言われました。

ちょっと、色々(精神的に)余裕がないので詳細な更新は後日。

沈む話

初夏を思わせる陽光と、適度に涼しい風の、日陰が嬉しい一日でした。
快晴の空に浮かぶ雲も、夏っぽいものを含み始めて旅行にもってこいの季節ですね。
電車の空調も暖房から冷房に変わっていました。


さて、今日はサイクリングサークルのバーベキューでした。
ここ数日、胃袋に"現実"と掘り込まれた鉛のタグをぶら下げている様な欝気分で、全く気乗りしなかったのですが、出ると言った以上出るのが礼儀なので参加です。

そんなわけで、目の前に肉があれば鉛を積んだままでも、肉を食って、肉を食って、肉を食う日でした。
ちなみに新歓につきもののお酒は、ほとんどなしです。
酒代があれば肉に振り分けるような、そんな雰囲気のなかだったので酔いつぶれているのは一部の上級生のみでした。

結構な数の揃った新入生はただ食いさせていただきました。先輩方、ありがとうございます。

と、こういうイベントは何かやらかしてくれそうでしたが、大したネタになる話もなしで終了。



それから、ここ数日、忙しい上に気分も沈み続けて日記の更新も滞ってしまいましたが、その間に
「夏月の海に囁く呪文」由宮諒(電撃文庫)
なる本を読みました。

瀬戸内(だったハズ)の島を舞台に、ある噂話を中心として発生したことを綴る短編連作の物語です。
様々な年代の登場人物が、同じ噂をいろんな形で聞き及んで、それぞれの行動に出るのですが、旅情を誘う穏やかな話でふっと切なくなります。

特に2話目の『ネバーランド』は、今の私に色々と響くものがありました。
直接関係はありませんが、私は小さいころ大人になる実感が全くなく(ついでに怖いので)、中学高校に入るころにはきっと私自身の人格がそっくり入れ替わるものだと漠然と想像していました。
そうすれば、(当時の)今の自分にはとても出来ないことが可能になり、耐えられないことにも耐えられるのではないかと考えて、大人と子供のギャップを自分に説明するのです。
結論から言って、当然そんなことは起こる訳もなく、根っからの勉強嫌いも直らなかったのでどうしようもない話ですが……。

一応、短編の形をとっていますが全体で一つの物語として完結しています。
最後にはクスッとさせるオチまでついて綺麗にまとまったいい物語だと思いました。
電撃らしからぬイラスト抜きの文庫なので、小さくまとまったドラマにすれば結構良いものになりそうな気もしますが……内面描写が充実している分が、難しいかもです。



さて、明日は"とらのあな"へ高校の友人と連れ立って行く予定。

バトン消化

まずはエルナト大尉から回って来たバトン。

指定キャラバトン

指定キャラ:涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)

●このキャラのこと好きですか?
好きです。

●このキャラのこと何て呼んでますか?
ハルヒ

●このキャラのイメージカラーは?


●このキャラのイメージソングは?
……う~ん。
べたにハレ晴れかな。

●このキャラの血液型は何だと思いますか?
Bかと

●このキャラの出てくる作品の中で 「こいつとならくっついてもいい!」って人はいますか?
キョン……ベタ過ぎるかな。

●このキャラに言われてみたい台詞はありますか?
「おい、起きろ」
……いえ、何となく。

●このキャラと手を繋ぐ、抱きしめられる(抱きしめる)、キスをするのうちどれか一つを選んで下さい
抱きしめてください。

次にぴょんさんのとこからきたバトンです。

容疑者バトン

容疑者→molmol

★何だ!お前は!?
奇人です……はい。

★そこで何してる!?
沈痛な面持ちで悩んでます。

★誰を狙っている??
誰も狙ってやいませんから、お嫁さんください。

★お前の右手に持っているものは何だ!?
英語の課題のプリントです。
スピーキングなんて大嫌いだ!!

★行きたい場所はどこだ!?
伊勢の……砲台山(虎尾山)にもう一度。

★他に要求したいものがあるなら言いなさい!!
単位をよこせ……。

★他に要求したいものがあるなら言いなさい!!
お嫁さんもください。

★お前の人生の目的は何だ!?
マッドエンジニア。
世界を破滅に導く偉大な発明を♪

★何だと!?それを達成するための努力をしているのか!?
何にもしてません。

★そうか・・・
失望させましたか。ドンマイ。

★お前の横には何がある?
パソコンがある。我が最高の相棒だ。
今の精神はこいつが支えているようなもんだしなぁ……。

★では、お前の一番近いコンビニは何だ?
セブンイレブンだ。滅多に使わないけどな。

★よし、落ち着け。お前・・・カツ丼でも食べるか?
と、豚コレラで死んでまう!

★では、最後にあいことばを言え!!
お嫁さんください

以上です。

本格化

いきなり、雨がひどくなった日。
雨宿りと称して19時くらいまで、コンピ研に居座ってました。


なので帰宅がおそめなのですが……、
今日は物理数学の講師がいきなり(高校で触れてもいない)虚数平面を常識扱いして講義を開始してしまった。
力学の課題もあるので、そろそろ勉強しなきゃならないです。


……やりたいことは沢山あるんだが

コンピ研

絵が描けない……orz
久しぶりに、描ける環境と気分だったので軽くスケッチしてみたが、ヒトが歪む…………。
鈍りすぎた。

あ、でも、別に専門科目が理解できないからって、諦めて落書きしていたわけじゃありませんからね!!
……そんなことしたら、隣のヒトの視線が……グサリと。
だからね、ドイツ語の時間に後ろの席で――
閑話休題

最近、天気の寸評を考えている余裕もない。別に特別忙しい訳ではないはずだが……。
移動中も、今までなら漠然と空を見たのが、ここ最近は急いで歩いてしまう。
別に困ることではないが、なんだかもったいない気がする。


なんてことを、葉桜になりかけた桜を見ながら思った今日も、サークル訪問をしてきました。

昼休みは再び、イラスト研究会へ。
エロゲの話題が出るとは予想外ですが、それ以外は予測どおりいたって微妙な話題で、なかなかついていけません。
とりあえず、アニメに対する評価は手厳しいようです。


午後は昨日の今日でサークル棟へ突入。
鉄研とコンピ研……どちらを優先するか悩んだのですが、結局入り口に近いコンピ研を選択。
吹奏楽部が強大な力を誇示している廊下を抜けて、サークル室前へ。
中をのぞくと――

何か真剣にPSPで遊んでいる

意を決して入ってみると、どうも彼らはモンハー2の通信プレイやっていたらしい。
その室内はパソコンではなく、その周辺機器ばかりが転がっていました。
簡単な説明によると、"見ての通りの感じ"らしい。
フィギュアとマンガの棚がある部屋で、そんな説明されたら(いろいろ)引くヒトの方が多いんじゃないだろうか? なんて疑問は胸にしまって説明と雑談で時間つぶし。
その間も、モンハーは続行です。今の流行だそうですが、なんと言うか"さすが!" って思いました。

ついでに言えば、工学部の過去問は一揃いあると豪語していたので、それは非常においしい所ですね。


さて――
鳥人間:終日活動。部費あり。
イラスト:昼休みと木曜日。部費不明。
コンピ:終日。部費あり。
サイクリング:終日と月一旅行。部費不明。
――が現候補。
常識的には2つが妥当。
まだ深入りしない方がいいが、むげにも出来ない。どの程度、関わっておくかなぁ~……。



余談の定番(?)アニメ鑑賞。
"らきすた"はハルヒと同じ製作だったんですね。
(スタッフなどの)字幕の入れ方は、確かに似ていると感じました。
(イラ研のある方は、やっぱりダンスがきもい――旨のことを言ってたなぁ。確かによく動きすぎてと怖いと感じるときはある)
内容は立ち読み程度に知っていたので、どうアニメにすんのか不思議だったのですが、思った以上に面白い。
個人的にはハヤテの次にヒットです。
アニメが終わったころ、古本屋で買占めかな……。

サークル探索

月曜日。講義開始初日です。

1限目に間に合う時間に到着したはいいもの、1限はなにも講義をとってないのでやることがありませんでした。
そこで早速、朝から文化系サークル棟の訪問。目標はコンピ研と鉄研です。

棟内は狭く、雑然として何やら魔窟のごとき様相で、慣れれば居心地良さそうでした。
が、内部は……朝のせいか、誰もいないので妙に静か。コンピ研も鉄研も入り口しか確認できません。
あまり手持ちぶさたに、廊下をうろうろしても変な目で見られるだけだと思い、撤収。
後日、最訪問します。

その後、掲示板の確認などをして時間つぶしをして2限目に出席。
初講義は説明が主だったので、基本的に大したことはやらずに終了です。

昼休みは、いったん鳥人間のところによってから、
本命の一つ――イラスト研究会に突入。
今までの経験上、そんなに絵のかけない人でも何とかやっていけるはず! と、根拠の希薄な確信をもとに活動場所へ。
入ってみると漫画研究会も同じ場所で活動している様子でした。
(何が違う? 一緒じゃん――といった感じの自虐ネタで紹介してくれました)

一通り説明を受けながら機関紙を拝見して、昼休みは終了。
画風も質も様々でしたが、"アトリエ"シリーズがわかる方やハルヒネタを振ってくるような方など――高校のクラスに似た雰囲気で、空気は私にあってるようでした。
…………それが良いことか悪いことかはなんとも言えませんが。


そして午後の授業が終わったら、もう一つの本命――鳥人間のサークルへ再訪問しました。
昼休みに寄ったときは、新歓担当がいないとかで軽く話を聞くだけでしたが、午後は詳しく内容を聞き、ついでに去年のフライトの映像も見せていただきました。
ちなみにこのサークル、"低価格・高品質"を謳ってかなり安い部費で飛行機を作っているそうです。
節約も徹底していて、サークル室内のPCや棚は全て拾い物だそうです。
(大学内に予算消化のため、壊れてないゴミが転がってるそうです)

また工学部は全学科、一応に揃っているので履修の相談にまで乗っていただきました。
そういうわけで結局、翼まで見せてもらって3時間近く滞留しました。


さて、明日からは専門科目も始まります。
どうなることやら…………。

まとめる日?

やっぱり鬱です。
単位のことが、黒い靄を放ちながら脳内を巡回している感じです。
でも履修手続きが完了するまでは、ずっと頭の隅に引っかかり続けると予測されるので、仕方ないでしょう。



今日はおよそ2ヶ月ぶりに、次の日に学校のある"普通の日曜日"でした。
2月から4/4まで、試験も学校も課題もない究極の春休みを謳歌していただけに、気分が重い……。
また早起きして、勉強しての日々が帰って来るかと思うと、
5月の連休を待たずして、五月病になってしまいそうな感じです。

しかし、春休みに気を抜き過ぎたかと思うときもありますが――それについては、悔やんだら(何かに)負けだと思うので後悔する気はありません。
楽しかったことは楽しかったことのまま、それでお終いにした方が明るいと信じてます。
(だから学ばないやつと言われるのだろうけど)


それから、ここに日記を書く時間もだいぶ削られるので、長い記事ではなく端的にあったことを残すだけの日が増えると思います。
本来、日々の小さなことを拾う目的で書き始めたので、それでも事足りるかもしれませんが……
今までの文章など、小一時間推敲を重ねてやっとあの程度なので、短時間で書いた文などいったいどうなることかわかったもんじゃありません。
それでも、見放さないで頂ければ幸いです。





完全にオマケですが、PCで予約録画したハヤテの2話目が見れました。
ちゃんと機能したようです。
(ちなみに1話目は朝からやってるとは知らなかったため見逃しました)
原作は流し読みしかしてないのですが、確かに面白いですね。
それとマリアさん――引きつった笑みが私のツボだったのですが、おかしいですか?

寝ぼけた休日

隣町に"とらのあな"が出店されるらしい。
なかなか便利な街だと思ってはいたが、ついに同人誌まで新宿に行かなくても買えるとは嬉しい限りだ。
これで本当にないのは映画館だけになったかもしれない。
…………メロンブックスがまだか。

そういう訳で、なぜそんなことがわかったかと言うと今日も隣町に遊びに行ったからです。
ちなみに告知は駅の床にでかでかとされていました。
床にとらのあなのマスコットが描かれてるとは、インパクトあり過ぎです。
しかし、通行人の何割がその意味するところを理解したのだろう?



さて、上記の通り今日"も"買い物の日です。
昨日、散々欝入っていた割に一晩経てば、暢気なものです、まったく。

本日の主目標はアクティブスピーカー。
イヤホンジャックから取り入れた音を自主電源で増幅させて出してくれる優れもの――って、説明した分だけややこしくなるな。
普通のスピーカーです。
あいにく我が家には一つもなかったのですが、PCでアニメや音楽を扱っていると、モニター内臓のスピーカーの音の悪さに泣かされます。
(家族用のが優秀だったせいで、贅沢になっただけとも言えますが……


買ったのは880円の物。あまり高くても使いきれないので、マシになればいいと思い決定です。


そして目標購入後はおなじみなコース。
ツタヤにて"劇場版AIR サウンドトラック"なるものを見つけたのですが、残念ながら"鳥の詩"は収録されてなかったので無視。

途中、模型屋によって鉄道模型の新製品をチェック。
模型屋さんという空間も、結構独特な空気が流れていて私は大好きです。
ショーウィンドウに大量に並んだ光景は、どんなときでも何ともいえない明るい気分になります。(もしかしたら、これが"も――何でもないです)
ちなみに……この手の店は、一品で1万・2万もざらにある世界なだけに(私も含め)眺めるだけの客が殆どです。


次に本屋によって"リリアとトレイズ"の5・6巻と、やたら告知の激しい"夏のあらし"などを購入です。

このとき同じところで"十三番目のアリス3"なるものも発見しました。
"十三番目のアリス"自体は古本屋で時折見かけちっちゃくて可愛い娘と大きな拳銃の表紙が、すごく気になって購入を検討していた作品です。
が、一度も続刊を見たことがなかったので一冊で完結しているものだとばかり思っていました。

なので次は古本屋へ。
脳内目録を書き換えて、試しに1巻を読んでみようと文庫コーナーへ行ったら――
売れちゃってました。
一瞬、謀られた! なんて台詞が浮かびましたが、罠でも何でもないのは明らかなので、肩を落とすだけにしときます。
ちなみに以前逃した「遠野物語」は置いてあったので確保しておきました。

最後にマンガコーナーでめぼしいものを物色。
腐るほどあった"藍蘭島"がほとんど無くなっていたあたり、アニメ化の威力を感じます。
逆にアニメが終わった(よね?)"ヴィーナス・バーサス・バライアス"が出回り始めてました。
本当に……人間って、現金なものです。
(お陰で、私は新しい作品に出会えるのですから感謝すべき立場かもしれませんが)
流し読みした結果、内容も絵も安定して良かったので、とりあえず試供用に1巻だけ購入しました。
妹たちの反応も見てから制式に決定の予定です。


ちなみに帰ってから財布を調べると、一日で2千円以上を消費してました……。
意識してませんでしたが、思いっきり財布の紐が緩みまくりです。
――やっぱり、まだ鬱なようです。



余談ですが、帰ってから昨日録った"リリカルなのはStrikerS"の視聴をしました。
魔法というよりSFにした方がしっくりきそうな描写が多かったのですが、前作を知らないので仕様なのか、ちゃんとした設定があるのかよくわかりませんでした。
意外と小難しい単語が使われていたことも、同様です。
とりあえず、前作を踏襲したなのはの衣装に無理があると感じたことだけは確かです。

ちなみに"教導隊"という単語が出てきましたが読んで字のごとく、他部隊に訓練を施すための部隊のことです。
当然、仮想敵を演じ足りする必要もあるため、隊員は非常に優秀です。

二日目の事

入学式から一日経ちました。
本日は学科ごとの説明と、健康診断の日。

集合時間は平常授業と大体同じ時間帯のようですが、私は7時起きです。
これからほとんど毎日、その時間に起きるかと思うと朝から暗澹たるものを感じます……
(小学生のころと同じになっただけ、ともいえますが)

さて、肝心の学科説明会ですがさっぱりわからない!!
単位とか履修とかについてじっくり説明されたのはいいですが、抽象的な内容がほとんどで、実際に何をどう履修すればいいとかはよくわかりません。
もちろん……"そんなことは自主性に任されるべき部分だから"ということなのでしょうが、内容がややこしいだけに厳しいです。
早いうちに、いい上級生を見つけて教わらないといけませんね。

ただ一つだけ――工学部は大変そうなことだけは、よくわかりました。
専門系の必修ばかりで、受験期並みに勉強しないとヤバイ事態も想定されそうです。



そんな訳で、元気が鉈で切り落としたかのように激減してしまったので、終了しだいサークル新歓で補充をすることに。
昨日のパンフで面白そうだと思ったのは――

・サイクリング(そのまま)
・鳥人間(※人力飛行機。夏に琵琶湖でやる大会はテレビでやってますよね)
・パラグライダー(茨城まで行って飛ぶらしい)
・イラスト
・漫画研究会(コミケに"出る"方という噂が)
・パソコン(なぜかHPはない)
・フリーマーケット(よくわからん)
・レースカー(小型の車を作って、それ向けのレースに参加するらしい)
などなど。
ちなみに鉄道もあるらしいですが、パンフレットがなかったので所在は確認できませんでした。

そのうち、今日は一番上のサイクリングのサークルのバーベキューに参加してきました。
説明によると、月一程度で色々な土地に走りに行き、長期休みはさらに九州や北海道まで出掛けるそうです。
(でも、途中まで電車で行くらしい)
他にも現地までチャリで行って、山に登ったりキャンプしたり、自転車と関係なく旅行したりとアウトドア全般をやるとの事。
しかも普段は部室で引き篭もりもどきをしているというから、なんだか妙ですが、悪くなさそうです。

ついでなので学部の話も聞こうかとも思いましたが――
これは残念なことに誰が工学部かよくわからなかったので話は聞けませんでした。
しかし、やはり"大変そう"と経済学部の人が言ってました。

結論――大学進学を考えてる方、工学部に来ちゃダメだ!!
もちろん、まだ始まってないんですけどね。
明るい話題をほとんど聞かないってのは、何とも不気味ですよ。


余談ながら、バーベキュー。
桜舞う空の下で美味しくいただきました。
先輩に女性もいたので文句なしです。

入学式

昨晩、かのパソに搭載されたチューナーの実験代わりに、藍蘭島の録画を行ったら……、
失敗しました。
チューナーのチャンネル設定をちゃんとしてなかったのが敗因のようです。
気づいたので、後半は無事見れましたけど……。
後日、リリカルなのはで再挑戦の予定。


――と、昨晩はやらかしていたので、微妙なテンションで入学式に行ってきました。

早朝からネクタイを締め、スーツを着て出発。
スーツを着て外出など初めてなので、なんとも違和感があり落ち着きません。
コスプレをするってこういう感覚なのかな? とか考えつつ車内を見回すと同じようにスーツを着た若者がちらほら。
不思議なもので、お仲間がいると思っただけでだいぶ落ち着きます。
ついでに何故か「アリア社長の絵本」を車内で読んでいるヒトもいましたが、こちらは今回は気づかないふり。


そして一時間強、会場は大学ではなく横浜の某所(私自身よくわかってないです)
会場周辺は天気がいいだけに張り切るサークル勧誘と、入り口を探す新入生でごった返していました。
私は前回から学んだのでサークルのパンフは受け取りませんでしたが……たっぷり掴まされた新入生も結構いた模様。
で、そのまま会場内部へ。
前から席を詰めるように座って、式が始まったら――案の定、睡魔が。

大半は学長やその他お偉いさんのお話だったのですが、
見事なまでに抑揚のない穏やかな声で話し続けていただいたので、どこが重要なのかさっぱりわからないまま、徐々に集中力が切れて回復しません。
あるお方など話の間に(覚えてるだけで)4回"それから"と言って、まとまりかかった話を一気に伸ばす妙技を披露してくれました。

なので残念ながら、後半は忘却の彼方。
気づいたら帰り道で、手には出口で支給された(のだろう)袋を提げていました。


ちなみに……支給された袋の中身は生協の書類とサークルのパンフです。
今日は面倒なので一通り目を通しただけですが、いくつかそそられるサークルもありました。

でも――サークルのパンフ…………。
なかには先日もらったのと全く同じものまで……。
表で頑張ってた彼らはいったいなんだったのでしょう?

間隙の日

朝、新聞を開いたら市議会議員のチラシが挟まってました。

「読書するヒマがあるなら稽古しろ!」


――と、書かれていた。(※横に剣道着姿のマスコット)
自己紹介欄の横にポンと載っていただけに意味合いは掴みかねるが、非常に不愉快だ
健康的だとでもアピールしたいのだろうが、市議は兵士ではない。
言論で闘うべきやつが読書を軽視して、何がしたいのか?

……あまり委細書くと何かの法に触れたり、お郷が割れたりしそうなのでこれ以上は書きませんが……。
お陰様で、目が覚めましたよ。



さて、東京は冬の嵐の再来だったようですが、地元はそこまで酷くなかったので、半額セール中のツタヤと古本屋へ行ってきました。
ツタヤの主目標は"AIR"関連のCD、先日見て"鳥の詩"を気に入ったと書きましたが、いい機会なのでそれ(と"青空")をCD音源で聴こうかと思ったからです。
しかし行ってみると借りられていてありませんでした。まぁままあることです
。諦めるしかありません。

そして次の古本屋の目的は柳田國男の「遠野物語」――だったのですが、残念ながらこちらも見つからず。
仕方がないのでラノベを数冊購入して撤退。

結論としては2連敗です。

しかも帰り道には雨脚が強まってしまい、さらに酷い目に会いました。
日ごろの行いが祟ったのでしょう。
何もない日を面白おかしく書くには絶好のネタですが、思い出したくもない状況だったので勘弁してください。


帰宅後、読んだのは「ルカ ―楽園の囚われ人たち―」七飯宏隆(電撃文庫)
地下シェルターに残された最後の人類(と思われる)の少女と、幽霊が演じる偽りの家族と、シェルターを管理する人工知能に関する物語です。

穏やかな(?)終末を扱った世界観が好きな私にはぴったりな内容でしたが、まずまず。
序盤の謎が回収されていないまま完結したようなのが今一つです。
また物語の鍵となる人工知能にしても、開発思想はとても納得のいく上手いものだと思いましたが、心理描写に関しても"ん?"と思う部分がありました。
(もっともこれは"作ってみないとわからない"代物なので仕方がないとも思いました)

と、言うことで悪い点ばかりですが……スッキリ読み終えられたのでそこは良かったです。


さて、明日は入学式

オリエンテーション

午前中は久しぶりに景気良く雨。
昨日しっとりとした云々――と言いましたが、湿りすぎはやはり困りもの。

今日はそんな雨降りの中、生協のオリエンテーションへ行ってきました。
道中は流石に降雨だけあって、交流会のときのような元気な勧誘は居ません。
(なかには傘さして踏ん張る強者も居ましたが)

と言うことで会場に到着次第、語って聞かすべくもないどうでもいい話を長々と拝聴。
生協加入の手続きなども、ついでに行っているうちに午後になっていた様で、いつの間にかお終い。

外に出てみると、空は打って変わってよく晴れてましたがカキーンと空気が冷たい天気。
しかしまだ帰らずに、事前販売のお達しがあった品々を生協で買い物です。
が、雨がやんだせいかどこからともなく大量の勧誘が出現して、外は大騒ぎでした。
まさに"雨後の筍"状態の勧誘の群れを縫うように他の新入生とのろのろ移動。
やっと学んだのですが、こういうのはどうやらひとつ受け取ると負けな様ですね……。
1枚手にしたら最後、持っているパンフレットの上に乗せるように他のパンフレットが滑り込み、仕方なくそれも受け取ると次のパンフが――と、みるみるうちに増えていきます。

そんなこんなで何とかついた生協は意外と大きく、PCに携帯や書籍とか旅行関連まで取り扱っている様子。
なかなか商売熱心で、さっきの説明によるとネット販売にまで対応している模様。
大学周囲は殆ど店のない閉鎖空間だけあって、全てを賄ってくれそうなのは助かります。
もっとも、お勧めコーナーに西尾維新の「刀語」が置いてあったのは、書店としては正しくても生協としては正直、どうかと思いますが……。

そして買うべきもの(実験棟用靴、白衣、必修の教科書)を購入したらそうそうに撤退。
バーベキューをやるサークルがあると言う、おいしい話もあったようですが、残念ながら私が聞いたときにはすでに定員越えだったようで、タダ飯にはありつけませんでした。

結論としては――サークル勧誘の先輩方、寒いなか本当にお疲れ様でした!


余談な上、時系列が前後しますがオリエンテーションの説明中、ペンとパンフのセットがあったせいか久しぶりに絵を描きたいと思いました。
やっぱり私には逃避的な精神状況に追い込まれるべき環境が必要なようです。
もっとも、隣の席に今日知り合った人が居たので衝動は抑えましたが。

バトン消化

突然ですが、この日記はアクセスカウンタがありません。
管理画面側にもない様なので私自身、ここにどの程度の人がいるのか皆目わからないです。
本当は"○○ヒット"とやってみたい部分もあります。
でもやはり現実を見せられるのは怖いので、やる気はありません。



そういうわけでぴょんさんからのバトンです。
前回と同じ題名なのは、手抜きではなく統一性をもたせるためです。

※題はないようです。

*名前を教えて下さい。
・molmol

*名前の由来を教えて下さい。
・ラブひなの"モルモル王国"から。
偶然、手元に13巻があったのが始まりです。

*その名前はいつから使ってますか?
・ALNに書き込みを始めた頃(一昨年の初夏……かな?)

*今の名前は何代目ですか?
・初代

*サイト(ブログ名)を教えて下さい。
・「兵站の鬼を目指して……」

*サイト(ブログ)名の由来は?
・後方支援こそ、何においても最も重要な要素だと信じているから。
しかし……ブログの内容とはまったく関係してきてませんね。
名は体をあらわしてない!

*サイト(ブログ)を開設してどれくらい経ちますか?
・2ヶ月を突破した程度です。
今気づいたのですが、もうすぐ公開から1月経ちます。

*そのサイト(ブログ)は何代目ですか?
・初代

*初めてできたオン友は?
・711番長かミクロン隊長だと思われます。

*いつどこで出会ったのですか?
・ALNのFメール機能と、ハルジオン兄貴の(昔の)サイトのチャット上です。

*現在結構メールしているオン友は何人いますか?
・結構の基準がわからないので何とも……。

*メル友じゃなくても交流のある人は?
・ある程度は。

*相互リンクはしてもらってますか?
・ありがたいことに、してもらっているです。

*相互とブクマ、どっちが多いですか?
・ブクマかな?

*ちなみにこのバトンを回してくれた人とは相互リンクしてますか?
・はい。

*このバトンを、成り立ちが知りたい1~10人の方に回してください。

・このブログをうっかりと見てしまったそこのあなた


微妙に非日常

霧雨がぱらついた湿気た日。
たまにはしっとりした空気もいいものですね。



とは言っても、今日も今日とて先日以来のパソコン弄り。
パソコン関連は未だかつてない大きなイベントですが、大きすぎて日常に組み込まれかけている感じです。
またしてもPCケースを開けて、マザボの歪みをラジオペンチ一本を犠牲に矯正し、急遽隣町まで行って買ったTVキャプチャボードを取り付けたりと、ハァハァしてるうちに一日の大半が終わりました。


どうでもいい話ですが、艦船・飛行機をはじめ、野郎が生活を共にするかのように取り扱うものには代名詞で"彼女"を使うことが時々ありますよね…………ね?
つまり擬人化すれば女の子――もとは英語圏の言い方(辞書にも載ってますよ)ですし、細かい由来なんて知りませんが、世の中そうなんだからきっとパソコンも"女の子"なのだろうな、
――と上の段落を書いてるとき、思い至りました。
そこで、あえて擬人化していやらしく表現してみるのも面白いかも知れないと考えていますが、現時点ではそこまで度胸はありません。


閑話休題。
何日も同じ話題ではよくないので、そろそろ他の話題を持ち出したいところですが……。
残念ながら、今日は初めてA-6"イントルーダー"の着陸態勢を見たことくらいしか、話せる内容が思いつかないので止めておきます。
(厚木基地ネタはもっと長く書けるときまで温存です)

バーサスPC

今日は4/1。
別に嘘をつこうとは思ってませんが、嘘かと思うぐらい暖かい日でした。

本日の最大のポイントは、小遣いもいただいて、やっとARIAが読めた!
以上です。
感想なんか書いても、ARIAに関しては客観性の欠片も入れる気がありません
ですので、あえて省略。そのうち、設定についての考察とかしてみたいと思っておりますが。

この事実だけで、一日の大半を語り終えた事になります。
ついでながら、「ハルヒの分裂」も購入しました。
しかし、こちらはまだ半分ほどしか読んおりません。


――とはいえ、短文はもっと忙しい時期に忙しさを演出するためにもとって置きたいので、今回は暇人らしく他のネタまでいきます。

一通りARIAを読んだ夕食後、昨日組み立てたパソコンをセットアップの続きをしました。
具体的には、お気に入りのソフトを落としたり、データを移送したり、セキュリティを管理したり、スキャナをはじめとするデバイスを移したりと――本体の中が空っぽである以外、すでに何度か経験した手順ですのでこれは順調に終了。

これで問題なし。快調・強力なサブ(自作なので不安はありますから)が出来て良かったよかったと思っていました。

が、よく考えると自室でTVが見れない
今までは自室にあった家族用にチューナーがついていたのでTvが見れたのですが、先日の通り家族用は茶の間へ左遷。
あいにく、今回はそこまで買う気はなかったのですがよく考えれば初めからわかっていた事。
己の不明さに恥じ入ります――と、言うのは大袈裟すぎますが、失敗なのは間違いありません。

そんなわけで急遽、TV開通を目指して色々試すことになりました。
まずはじめに、家族用からチューナーを取り外し、正攻法でノートに取り付けること。
(サブは取り付ける場所がないのではじめから除外です)

最初の壁は妹です。やつら、隣の部屋にテレビがあるのにPCに拘ります。
何を考えてるのか知りませんが、事情は考慮せず強行突破してPCカード部分に挿入されていたチューナーを撤去。
さっさと部屋に搬入して、立ち入り禁止としました。

ドライバはちゃんとインストールされたので正常に動くかとも期待したのですが、音が出ず結果は敗北
色々と設定を弄り倒したのですが、結局、音が出ませんでした。

次にソフト側の問題とも考えられるのでネットでビューアーを検索。
が、これもあたりなし。
なかなかその手のことに向いたソフトはないようです。

そして最後に試したのがビデオデッキ
音が出ないのなら、別系統から音を取ろうという計画です。
まず、チューナー側を外部入力に設定してビデオデッキと映像線(黄色)のみ接続します。
そのご、残りの音の線(赤、白)をコンポの外部入力端子に接続。
ビデオデッキにアンテナ線をつけてすべての電源を入れると……

何とか音つきで見れました
これで急場しのぎは何とかなる見込みが立ちました。

ただし、スピーカーは普段、音楽を聞くためのもの。向きも読書時前提のためPCの画面からするとあさっての方向を向いているため妙な感覚に襲われます。
説明は難しいですが、目の前にあるモニタが幻覚のように感じ本来の画面はスピーカーの方にある様な気がします。
これも刷り込みの一種かもしれません。

時間にして30分程度の作業でしたが、私の感覚では1時間くらい悩んでいたような気がする内容でした。



……やっぱり、明日はチューナーを買いに行こうかな。

奮闘の日

またしても肌寒い一日。
三寒四温とか言うことだろうか?

今日の午後、以前から検討していたアレを購入することにした。
決断してすぐさま電車に乗り込み、隣町のソフマップへ。

ちょうどいいセット販売があって、店員に欲しいと言うとハイハイとばかりに店内をめぐって揃えて下さりました。
で……買ったのがこれ。
DVC00022.jpg
この画像でピンと来た方もいるかもしれませんね。

自作パソコンです。
(ちなみに画像はPCケースです)
資金は先日拝領した入学祝です。

マザーボード:インテル DP965LT
CPU:インテル Core 2 duo E6300
メモリ:……2GB
HDD:日立製 320GB
DVDマルチドライブ(LG製)
OS:ビスタ Home basic
ディスプレイ:イイヤマ製 17インチ

――です。
帰ってからのんびり組み立ててました。
DVC00009.jpg
まずは箱を開封。
パソコンの装置を収めるケースです。

20070506232726.jpg


本屋で入手したマニュアルとにらめっこしながら、中身を収めます。
途中……微妙にマザーボードが歪んでることに気づいたものの、すでに治せる状態ではなかったのでそのまま続行。
インテル社製の耐久性を信じます。

DVC00013.jpg
そして運命の起動――は、成功しました。
一発で立ち上がったのだからうれしい限りです。

その後、無事にビスタをインストールしてひと段落です。
残りの作業は明日。
セキュリティやなんやを積みたいところですし、TVチューナー(ダイレクトオーバーレイ対応)があればうれしいところです。


ちなみに今まで我が拠点にいた家族用PCはお茶の間に。
DVC00006.jpg
ほとんどソニー製が占拠した一角……。
当分はビスタ未対応のソフト用に私も活用する予定。

ところで何かと槍玉にされるバイオですが一年弱使った感想としては――
確かにPCカードのスロットが少なかったり、中を開けてどうこうやるのが困難だったりと拡張性に難ありです。
が、少なくともこれ一機で完結される使い方をしている限りでは、ソフトも充実していて、専用のヘルプまでありとても使いやすいと思いました。


さて……後片付けしないと

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2007-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad