FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


図書室訪問

フライング気味にやって来て、しばらくなりを潜めていた春がやっと地元に戻ってきたような陽気。
……ちょっと狙いすぎな表現でしたね。



今日は高校の図書室に行きました。
司書の方が離任してしまうので、蕨餅を渡そうという企画だそうです。
中心メンバーはもちろん図書委員ですが、なぜか私にもお声が掛かったので参加させて頂きました。

この図書室――ラノベ、コミックどころかミリタリーやオカルトでも予算と法律が許せば入荷してくれるような図書室です。
2年の頃、クラスで話し相手のいなかった私は毎日のように通ってました。
廊下側に掲示されたコミックと文庫の発売予定表もまめにチェックして重宝しました。
今思えば"暗い奴"そのものな行動をしていましたが、ネットの世界に足を踏み入れる下地も、3年のときの妙に濃いクラスに馴染むための素養もここから得たようなものなので、私にとってはとても思い出深い場所です。


集合時間は1100時。
途中、本屋で時間潰しなどして頃合を見てから校内に突入。
既に春休みなので校内は部活動の生徒くらいしかいないため、私服でもさほど抵抗無く入れました。

しかし昇降口を経ず、直接に図書室裏手の司書室に行ってみると司書の方しかいません。
どうやら集合時間ピッタリだったのに私が一番乗りでした。
半ば間接的な召集だったので最初、本気で日付を間違ったかと心配になりました。
司書の方は司書の方で"今日なんかあるみたい"程度の話しかしらない様子。(つまり一応は、日付を間違えてはいないらしい)
仕方なく図書室を見回りながら待ってみることに。
2ヶ月なんて夏休みを少し伸ばしただけのような期間ですが、案外懐かしく感じたのは"次に来るあてはない"という意識が働いたせいでしょうか。

ゆっくり感傷に浸れたので結果オーライかも知れませんが、どいつもこいつも申し合わせたように10分ほど遅れて集合。
後で気付いたのですが、どうもここの人間は"みんな揃った頃に顔を出そうとする"習性があるようです。
気持ちとしては大いにわかりますが……何と言うか。

そして粗方集まってしまえば後は卒業前と同じ。ただひたすら雑談です。
特にこれといった会の形式があるではなく全て流れです。
話の内容も知人の進路先からこの春のアニメまで雑多。
基本的に図書室に入り浸る人間は一癖あるものばかりなので、話題には事欠きません。

雑談の合間に予定通り蕨餅贈呈。
食べられると期待してたが、どうも渡すだけらしい。
これは流石に拍手などして少し改まった雰囲気になりましたが、それも3分持たず。
すぐにまた雑談モードになります。

ちなみに内部はこんな感じ。
DVC00007.jpg
司書室と図書室をつなぐ扉付近から撮影。
可愛いフィギュアが写っているのが確認できると思いますが購読してる雑誌の付録でした。
予測はついたと思いますが……組み立てたのは私です
組んだまま図書室の貸し出しカウンターに放置してみたら、いつの間にか司書室のの住人となっていました。
(他にも付録のポスターを掲示してみたり、下敷きの争奪をしたりと何かとネタを提供してくれる雑誌でした)


そして気がつくと既に14時過ぎ。
徐々に部活のある後輩たちが消えて流れ解散の形に。
残ってた私たち(4名)もお菓子しか食べてないのに気付き、昼飯を食べに校外へ行くことになりました。
しかもそれでお開きだそうです。
最初から最後まで"適当"としか評しようがありませんが、これもまた"らしい"から良しなのです。

その後、家からがめて来た金で軽食に付き合って解散。

明後日からは大学のイベント(ただし自由参加)が散発的に始まります。
時期的に気持ちの区切りをつけるいい機会となりました。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる