FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


佐渡ヶ島巡航の話

梅雨を引きずるパッとしない日々が続く関東地方。
連日の雨に洗濯物も溜まるばかりで困ってしまいますね。
外出の気力も妨げられて、あまり遠出したい気分になってくれません。

なんて、口では言ってもカレンダーに3連休の並びを見つけてしまえば、体は正直です。
あっという間に外出の算段を立ててしまい、残り日数を指折り数えてしまいます。
見果てぬ旅先の光景には、幾つになっても胸踊らせながらその日が来るのを待ち構えたくなりますね。


そんな訳で、この海の日の連休があった週末は、大学時代の友人と連れ立って佐渡島へ行ってきました。
上越新幹線が長めのトンネルをくぐり抜けた先は新潟県。三国山脈の向こう側は、そこそこ天候恵まれていました!
日頃の行いに感謝しながら、久しぶりの何もない小旅行は順調な滑り出しです。

新潟駅までは各自で移動をこなしていた友人の元下宿生・元寮生と、新潟駅前の佐渡汽船ターミナル行きバス乗り場で合流です。
バスで佐渡汽船ターミナルヘ向かい、1235時発の両津港行カーフェリーに乗り込み、いざ海の向こうへ出発です。
2019_07@佐渡ヶ島004 2019_07@佐渡ヶ島055
佐渡島へ行くには、ジェットフォイルや羽田からの飛行機もあるのですが、今回カーフェリーを選んだのは単なる趣味です。
運賃が安いメリットもありますが、何よりも晴天の甲板で眺める水平線が最高に気持ち良いのが大事な理由です。
旅の始まりは、シチュエーションで気分を盛り上げないといけませんしね。
この後、レンタカーの都合があるためにビールで一杯ができなかったことだけが残念でしょう。

何をするでもなく、写真を撮ったり昼食を食べたりカモメと戯れたりしているうちに、船は2時間半かけて佐渡島最大の港、両津港へ到着です。
2019_07@佐渡ヶ島091 2019_07@佐渡ヶ島100
ここでこの日の夕飯など、少々の買い出しをこなしてから、手配してあったレンタカーを受領して、島の南西部を目指します。

島の中央を横断して、南西岸の主要港小木まで国道350号線を辿り、ここから国道を離れてさらに15分ほど。
なんだかんだと時間を掛けながら移動した末、17時過ぎに目指すべき宿のある町、宿根木に到着です。
2019_07@佐渡ヶ島108 2019_07@佐渡ヶ島116
宿根木は集落内に車を乗り入れられないため、町外れに観光用の無料駐車場が整備されています。
車を駐めて降りたら、今にも不思議に出会いそうな趣ある路地を抜けて、この日の宿「一客一亭の宿 伊三郎」を訪ねました。

この宿、ネットでもほとんど情報の出回らない小さく不思議な宿ですが、その実は古民家を一棟借りして過ごすことができる……知る人ぞ知る名宿です。
宿根木の観光サイトで見つけて、運試し気分で電話してみれば無事に予約できてしまったのですから、これはもう運命ですね。
あらゆる情報が不足していることに、全く不安を感じなかったと言えば嘘になるでしょうが……実際に行ってみれば思った以上に集落の真ん中に位置しています。
料金も一泊3名までは一律で素泊まり1万円、一人頭で考えれば3000円強ですから古民家合宿と考えればなかなかお得なチョイスです。(ちなみに4名以上は、1人毎に3500円追加とのこと)

予約時の指示に従い、到着したとオーナーに電話をすれば、すぐさまオーナーのおじいさんのご登場です。
宿に入れていただき、簡単な手続きや雑談をしながらしばらく過ごしたら、まだ明るいからと町の案内をしてくださることになりました。
2019_07@佐渡ヶ島148 2019_07@佐渡ヶ島150
さて、この宿根木の集落、かつて隣の小木港と並んで北前船の基地として繁栄した佐渡屈指の都市であったそうです。
その繁栄ぶりたるや、往時には尾道から石材と石工を呼び寄せて、石橋や石鳥居をこさえたり、足元を石畳にしてしまう程だったとか。
集落自体は入江の奥、海へ口を開いた広めの谷間にある地形をしています。
谷間のため、海に近いながらも真水の便もよく、そのために人々が集まったのだろうとは、宿のおじいさんの談です。
一方で谷の上側は水はけが良すぎるために農業には不向きな土地柄。漁業は可能ですが、それでも北前船隆盛の時代の繁栄を支えるには産業としての利幅が違いました。
そんな発展性の低い地形が仇となり、世相に取り残されたのが明治初期の頃のこと。ただ、それがために開発の波に巻き込まれることを免れ、往年の特徴的な街並みが今に残る貴重な文化財となっているそうです。
ここ10年ほどの間に知名度も上げてきて、観光地としての新たな一歩を踏み出しつつあるとの次第だそうです。

そんな町並みの特徴は、塩害対策と考えられる土蔵に被さった覆屋や、狭い土地をフル活用するための狭い路地、増改築を繰り返した2階建て以上の建物群です。
なかなか傍目には気付けない興味深い町並みの秘密を、解説付で巡ることができ非常に良い経験となりました。
加えて、本格的な黄昏時には海まで案内していただき、主だった入江内の航路や漁労事情、キレイな夕暮れの見えそうな場所まで教えていただきました。
2019_07@佐渡ヶ島192 2019_07@佐渡ヶ島213
夕日が沈むのを目の当たりにするには、少々方向が南よりでしたが……磯場のアクセントが映える見事な夕景が見れたのは、ひとえに宿の方の案内のお陰でありました。

そんなガイド付きの散歩も日が沈んでしまえば、流石にオシマイです。
宿泊の手続きを済ませたら、オーナーのおじいさんにお休みなさいを告げて、我々だけの時間が始まります。
囲炉裏のある3階建ての木造古民家、1階と2階部分を好きに使って良いとは、ワクワクが止まりませんね!
2019_07@佐渡ヶ島230 2019_07@佐渡ヶ島245
まぁ、やることと言えば、囲炉裏のわきに食材を広げて、晩餐会を始めるだけなのですが……。
一応は宿根木の集落内にも夜間に空いている飲食店があるのですが、私の経験則が警告を告げていたので、先んじて道中のスーパーで食材を調達しておいた次第です。
何事もなければ二次会に供するつもりでしたが……この手の勘は当たるもので、運悪く集落唯一の飲み屋さんは満席でした。
そんなこんなで、囲炉裏の周囲に地酒や地物の鮮魚を広げながら、片手間にはボードゲーム。
宅飲み時代の気分に帰るような、雑なノリの飲み会をして夜を過ごすことになりました。

静かな町の情緒ある宿、雑なノリと言っても心なしか声量は上がらずに過ごした気がします。
ふらりと真っ暗な町や海を探りに言ったりもしましたが、追加のお酒を調達する術もないので、程よい酒量で宴をお開きにして眠りにつくことができました。


一夜明けて、地元の方が川の清掃をする物音で目が醒めた二日目、日曜日。
午前中は引き続き、宿根木の町を観光です。

町の裏手の高台に立つ資料館では、復元された往年の千石船の巨大さに驚いたりします。
2019_07@佐渡ヶ島255 2019_07@佐渡ヶ島262
この小木の郷土資料館、千石船を目玉に据えているようですが、木造校舎の残滓や所狭しと並んだ船乗りに関連する祭具など、興味深いブツの目白押しです。
小さな資料館かと油断して入り込むと、予想外の多様な展示に大いに時間を消費してしまいますので、注意が必要でしょう。

資料館で思わず長居してしまった後は、再び集落に戻って公開古民家巡りです。
2019_07@佐渡ヶ島282 2019_07@佐渡ヶ島299
船頭の家や船大工の家、近年まで人が住んでいた独特の三角形をした家など、土地柄と歴史が詰まった個性豊かな民家を見学する事ができます。
外側からでは一律の板張りにしか見えない家々も、中に入ればそれぞれの生活や趣向を反映した違いが垣間見れたります。
特に背後の大岩をくり抜いて、岩室に使っている家などは……その逞しさに驚かされてしまいました。


さて、一頻り町並みを眺めて、昼食まで取ったら流石に移動を開始です。
次いで向かったのは、佐渡国一宮に列する度津神社です。
2019_07@佐渡ヶ島325 2019_07@佐渡ヶ島327
水害により記録を喪失以来、その創建の由緒は不詳とされているものの、五十猛命を祭神として佐渡国内では随一の規模を誇る神社です。
ただし社名も“わたつ”神社と読むそうで、“わた”と言えば海を指す古語。離島という立地もあることから、本来の祭神は何らかの海洋や航海にまつわる神であった説が有力なのだとか。
何はさておくも、境内地は少し内陸に入った森深い場所にあり、海というよりも山間の霊験を感じる神社ではありました。
無事に御朱印もいただくことができ、これでまた一つ、全国の一宮を巡ることができました。


神社にお参りしたら、いろんな願いが気になりますね。端的にはお金とか、いいですよね。
午後からは少し駆け足で、金山を巡ってみることにしました。
古い町並みにうつつを抜かしていましたが、佐渡と言えば、そうです佐渡金山。
江戸の初期から大々的な採掘が始まり、盛衰を繰り返しながらも昭和20年代まで命脈を保った国内屈指の大金銀山です。
その遺構とも言うべき鉱脈や採掘跡、関連設備は、島中のあちらこちらに点在しています。
なかでも、やはり見に行くべきは一番有名で大規模なところでしょう。
つまり、島の中西部の沿岸、相川地区に集中する相川金山へ向かいました。

もっとも、一つの地区と言えども金山の遺跡は掘り進める坑道から、鉱石を選別して精錬し、延べ棒や大判小判に加工する設備、さらには付帯する装置類の整備工場と様々な施設が車が欲しい距離で散在しています。
数ある選択肢の中から、まず向かったのは昭和期の大増産のために建造され、「日本のラピュタ的風景」の一つとしても度々紹介される北沢浮遊選鉱所でした。
2019_07@佐渡ヶ島347 2019_07@佐渡ヶ島365
これは昭和初期に、戦時に向けての大生産を目指して建造された鉄筋コンクリート造の浮遊選鉱施設です。
浮遊選鉱とは、重量比で鉱石の選別を行う手法のこと。この施設でどのように選別していたかはわかりませんでしたが、一般的には重い鉱物ほど貴金属を含有している可能性が高いため、水で流してより早く沈んで澱んだものを選別する手法です。
段々になっている構造からも、上から鉱石を含む泥濘を流して、重い鉱石を選り分けたのだろうと想像できます。
見渡すほどの巨大さもさることながら、現役時代には全て屋根に覆われていたというのもまた、驚きの光景でありました。

北沢浮遊選鉱場に続いては、隣接する郷土資料館で鉱山町での生活を少しだけ見学です。
“命短し稼げよ鉱夫”とでも言い出さんばかりの時折辛辣な解説文と、鉱山都市に付き物な花街の生活紹介まであり、小さく地味な施設ながら非常に面白い場所でありました。

資料館を見たら、次も資料館――もとい復元された佐渡奉行所です。
浮遊選鉱の斜面を上がった一帯は、もともと相川地区の金山がある沢筋から海に出る玄関口に位置します。
海を見下ろす高台には、町に囲まれるように奉行所が立っており、鉱山都市の統治から金銀の精錬までもを担っていたそうです。
2019_07@佐渡ヶ島383 2019_07@佐渡ヶ島386
立派で威厳のある門構えは流石、江戸幕府の奉行所と言った趣きです。
内部は照明こそ安全のために明るめですが……それでも、広々とした畳敷きの建物は、古民家とは違った魅力がありました。
2019_07@佐渡ヶ島391 2019_07@佐渡ヶ島395
また、併設された勝場跡地では江戸期の選鉱方法が半体験型で展示されていました。
基本的には採掘された鉱石を砕いて、石臼で粉砕し、水と一緒に水溜に流し込んで重い物を選り分ける仕組みです。
しかし、さらに上層に残った鉱石粉も、布を敷いた斜面にもう一度流すことで、もう幾度か重量を選別するのだそうです。
非常に手間と時間のかかる作業に、少しでも効率よく金を得ようとする努力と工夫と執念を感じるような気分でありました。


さて、奉行所見物が終わったあたりで時刻は概ね17時少し前。充実度としても、次の宿への時間としても、ちょうどよいくらいの進捗です。
佐渡金山の坑道も近くにあるのですが、時間的にも内容的にもスルーするつもりでいました。
ところが……ここで一つだけ計算外が発生してしまいました。
佐渡鉱山の前を通りがかったところ、なんと営業時間は17時半までなのだそうです! すなわち、ギリギリ滑り込めてしまいます!
こういう選択肢って判断を鈍らせますね。行かないで後悔より、行って反省です。

窓口に駆け込んで、チケットを買い、いざ江戸期に実際に掘られていたという坑道を見学です。
2019_07@佐渡ヶ島403 2019_07@佐渡ヶ島405
時間制限は30分ですが、微妙に動く蝋人形による展示は実時間以上の情報量とインパクトがありました。
特にスクリュー式のポンプなど、実働しているところは初めて見ます。
理屈では知っていても、どれほど揚水できるのかと半信半疑に思っていたものですが、想像以上の水量に「百聞は一見に如かず」との言葉を思い出させられました。

また、坑道を開く際の独特な神事の様など、土肥金山ともまた違った文化習俗が見られるのもお国柄というやつでしょう。
滑り込みと言えど、来た甲斐があったと言える施設でした。
2019_07@佐渡ヶ島413 2019_07@佐渡ヶ島422
坑道のあとは、歩いて数百メートルの位置にある大立立坑の坑道エレベーターも見学です。
これは外部からも無料で見られる施設。明治期から廃坑まで使用された日本で最初の西洋式坑道エレベーターだそうです。
その鉄骨造の無骨な姿を、森の一角に屹立させる様が、なんともロマンですよね。
良いものを見れたと満足して、金山巡りの締めといたしました。


金山の後はそのまま山越えへ。18時少し前の出発で、19時過ぎの日没を背負って大佐渡スカイラインを駆け抜ける算段です。
このスカイライン、道中は信じがたい急坂に急カーブが連続しますが、一度稜線まで上がるとスカイラインの名に恥じぬ眺望が待っております。
特に途中の駐車場には、両津港と平野部一帯を一望できる大パノラマの展望台があります。
2019_07@佐渡ヶ島441 2019_07@佐渡ヶ島447
あるいは、さらに少し走った先で見た妙見山の山頂に立つレーダーサイトのSF映画のような異物感も魅力的です。
振り返れば西の海に沈む夕日に淡く照らし出される雲海なんてシチュエーションもあります。
2019_07@佐渡ヶ島453 2019_07@佐渡ヶ島459
2つ目の白雲台の展望台で、両津港の町並みを先程より大きめに見下ろしてやれば、主だった眺望点は終わりです。
上り下りの過酷な1時間ほどの道のりですが、稜線上の千変万化の眺望は山登りの楽しみにも通じるものがあります。気持ち良いドライブだったと間違いなく言える天気と道のりでした。

スカイラインから下ってきたら、この日は両津港から加茂湖沿いに車で少し行った温泉宿に宿泊しました。
到着した頃には19時を過ぎていたので、荷物整理もそこそこに夕飯を食べに町まで移動です。
歩いて30分ほどの両津港の加茂湖側辺りが繁華街ということで、それを頼りに夕暮れの町を跋扈し、適当に見つけた飲み屋さんでしばらく反省会となりました。

ところで、余談になりますがこの両津港の町。地図で見れば一目瞭然なのですが北東側を日本海、南東側を加茂湖に挟まれた非常に細長い街になっています。
海と湖を隔てる200m程の砂州の上に、家々がひしめく様子もあまり馴染みがないだけに、不慣れなところに来た感じが大増量です。
ふとした気付きに旅情が満たされるようで、こういう些細なところにも旅の楽しさが詰まっているように感じました。

閑話休題して、別の閑話。
飲み屋を後にした後は、当然のごとくコンビニで追加の酒を調達して、宿で二次会です。
地酒を煽りながら、なぜか劇場版ゆるゆりを見ているうちに夜が更けて……大分日が高くなってから、次の日の朝がやってきました。


そんな訳で、若干ですがお酒が残っている気がする海の日の月曜日。
窓を開ければ、最終日であることが恨めしいほどの大快晴です。なんか、以前もこんなパターンありましたよね……?

この日は最終日。昼過ぎには車を返さなければ行けないので、遠出は控えて加茂湖周辺で楽しむ算段です。
ひとまず向かったのは、佐渡でも有数の歴史と格式を誇る牛尾神社に参拝です。
2019_07@佐渡ヶ島501 2019_07@佐渡ヶ島507
境内は無人であったものの、鬱蒼とした社叢や参道の赤白の鳥居、透かし彫りがふんだんに使われた見事な拝殿が格式の高さを無言のうちにも伝えてくるような雰囲気がありました。
また、下の宮司宅に行けば御朱印も頂けると案内されていましたので、ありがたく頂戴することにします。
このときお邪魔した宮司宅の玄関も、古民家と行った体の趣きある雰囲気であったことは、特筆に値することだと感じました。

神社のあとは、ここからほど近いトキの森公園でトキの見物でもしようとの流れです。
2019_07@佐渡ヶ島520 2019_07@佐渡ヶ島524
ところが幹線道路を外れて車を転がしてみれば、トキの前に「在りし日の夏」とでも言うべき光景に出くわしてしまいました。
青い空、遠くの山並みを覆う綿雲、青々とした田んぼと何もない一直線の道です。
“帰省したおばあちゃん家で出会った近所の白ワンピースと麦わら帽子の少女と一夏を過ごした”ような――極一部のキマった層の間で流布する、共同幻想そのままの光景です。
存在しない、麦茶の氷が動く音と、野球の放送を流し聞くお昼の素麺の世界です。

「イマジナリー夏休みに精神を取り込まれて死ぬ!」などと適当なことを喜々として口走りながらも、何だかんだで絵になる光景なのは間違いなしです。
この風景に出会えただけでも、佐渡島に来た意義があったと言えるかもしれません。
今年の夏を無事に迎えることができた気分でありました。

どうにか夏の誘惑を振り切って訪れたトキの森公園では、日本のトキの絶滅までの経緯や復活への道のりが展示されています。
2019_07@佐渡ヶ島532 2019_07@佐渡ヶ島539
またクロトキなどの類縁種を含めたトキ類の飼育にも取り組み、その様子を比較的近い距離から眺めることができました。

そんなこんなでトキを見てノルマをこなしたら、加茂湖をぐるりと一周するように仕上げのドライブです。
2019_07@佐渡ヶ島550 2019_07@佐渡ヶ島561
どう考えても、幻想の夏を追いかけて細い道に迷い込んでるだけなのですが……こういう行程にない脱線旅こそ、気ままな旅行の醍醐味だと思う次第です。

その後は無事に車を返却して、港周辺で最後の時間つぶし。
お土産を物色したり、港から見える風景を名残惜しげに撮影したりして過ごしました。
2019_07@佐渡ヶ島573 2019_07@佐渡ヶ島576
ちなみに帰路はジェットフォイルで、時間を節約して帰還です。
バス席のような椅子にシートベルトを掛けて、1時間ちょっとの航海で呆気なく新潟港へと帰ってきてしまいました。


16時前には新潟市街へと到着。
流石に手ぶらで帰るには早い時間ですので、市街地をぶらりと巡ったり、川辺で少々お酒を飲んだりしながら過ごして、駅へ。
駅前で再び飲んでから、新幹線に揺られて各々の住処へと帰っていきました。

私も日付が変わる頃には自宅へ。
翌朝、原付きのエンジンが壊れて大変な目に遭うとは露とも知らずに、早々に寝てしまいました。


そんなこんなで今週も4日勤務なことだけが救いな平日の真っ最中です。
むしろ、積もり上がった仕事の山に、本当に救いだったのか、正当な休日行使ができるのかと、不安になるので困りものです。

加えて、原付き故障によるバス通勤も、時間が固定されてしまい夜型の身としてはじわじわとつらいものがあります。
早々の復旧を祈りながら……何とか来週を迎えなければなりません。

風の月山行

梅雨空が重くのしかかる日々が続く関東地方。
気分もどんよりしがちで、出かける気力も減退気味ですが、数少ない夏の週末は使い切っていかねばなりません。
天気予報にやきもきしながら、週末を迎えてみれば、想定よりは良好な天気の見通しです。
ホッと一安心して、山形県は出羽三山の一つ、月山へと行ってきました。


土曜の午前中は野暮用があったので、動き出したのは既に日の高い11時過ぎのこと。
この日は月山登山の起点、鶴岡まで行くことだけが主たる目的です。

上越新幹線で新潟へ至り、羽越線に乗り換えて日本海沿いを揺られること数時間。
久しぶりに鈍行一人旅の情感に浸りながら、列車は北を目指します。
2019_07@月山など015 2019_07@月山など021
空席の多いクロスシートに腰掛け、手持ち無沙汰に車窓と携帯を交互に眺めたり、間近に迫る日本海に感嘆したり……。
ここ数年は疎かにしていた感覚を思い出すような、楽しい列車旅の時間を過ごしているうちに、目的地の鶴岡へ到着いたしました。

さて、鶴岡に着いたころにはすっかり夜の帳が下りる時間帯です。
見上げれば日没直後の幻想的な青紫の空が、徐々に濃い紺色へと変わっていく頃合いです。
2019_07@月山など037 2019_07@月山など038
荷物を置くため宿へ直行するつもりでしたが、気分が変わって少しばかり遠回りしながら向かおうことに。
例祭の準備をする街角の社を覗いたりしながら、暗くなるまでの時間が過ぎていきました。

すっかり暗くなってからは、駅近くの飲み屋で控えめにお酒をいただき、宿に戻ったら22時過ぎには翌日に備えて就寝です。

ところで、余談になりますが、この日の晩に初めて金縛りというものを経験しました。
寝付きが悪いなと思いつつ布団で過ごしていると、不意に足元の方で何かが這いずるような音が聞こえる気がします。
なんか嫌な感じがするなと、無視を決め込むために寝返りを打とうとして、体が全く動かないことに気付く次第です。
金縛りは脳が睡眠と覚醒の合間の中途半端な状態にあるせい、這いずる音もそれに伴う幻聴……と、昔に聞き齧った知識を思い出しながら、ただぼんやりするしかありません。
理屈付けはできても、単純に体が動かないというのは焦るものですね。
変な汗をかく感覚を抱きながら過ごす羽目となりましたが、気付けば何事もなく朝を迎えていたので一安心でした。


恐怖の一幕を挟みながらも、存外にすっきり目が醒めた日曜日は、迅速に準備を済ませたら朝6時の月山八合目行バスに乗って出発です。

途中のバス停で、同行予定の朔さんも乗車しつつ、なすがままにバスに揺られて2時間半ほど。
8時半頃に月山へ向かう車道の終着点、眺望抜群の八合目へと到着いたしました。
2019_07@月山など081 2019_07@月山など083
この日も太平洋側ではどんよりとした梅雨空だったと言う話ですが、北日本の日本海側は感嘆するほど心地よい快晴です。
台風並みの強風が気にかかる状況でしたが、何はともあれ高地らしい深い青と濃い緑に挟まれた素晴らしい空模様の下から、登山を始めることができました。

この月山は庄内平野を囲む山々の主峰の一つ、頂上近辺には万年雪を擁する日本百名山の一つでもあります。
また修験道の霊地、出羽三山の一つにも数えられます。
今となっては車道も整備されている羽黒山や湯殿山とは異なり、今も高い峰の頂上に霊山らしい本宮を構える月山神社。
私が登った道中でも、多くの参拝者が宿坊の御師に導かれて登拝している姿を見ることができました。

そんな霊山の頂上へは、八合目からコースタイムで約3時間。ほぼ稜線を辿るだけの比較的難易度の低いコースですが、強風と低温に気をつけつつ登っていきましょう。

ただし、最初の15分ほどは八合目から連なる弥陀ヶ原と呼ばれる高原湿地帯です。
木道も整備され、ここだけを散策して周回するコースも設定されるほどの見どころあふれる領域でもあります。
所々に池も見られ、時期によっては高山植物の花々が咲き乱れるという、非常に美しい場所。
そういえば、立山中腹にも同様の“弥陀ヶ原”があり、やはり美しい光景でしたね。

そんな散策コースの一角には、御田原神社という月山神社の中之宮も鎮座しています。
体力的に困難な人は、ここで本宮を遥拝することで本宮に参拝したのと同等になるという信仰形態です。
せっかくなので山小屋も兼ねた建屋に参拝し、御朱印を頂戴いたしましょう。
参拝を終えたら、境内裏手の鳥居をくぐって、いよいよ始まる本格的な登山道へと歩みを進めることになります。
2019_07@月山など093 2019_07@月山など113
登山道を少し行った先から弥陀ヶ原を振り返れば、遠目にも美しい高原湿地と青空の対比が見事な光景を眺めることができました。

また、登山道の先も弥陀ヶ原ほどではないにしても、比較的平坦で見晴らしの良い灌木林か草原帯が続きます。
身の危険を感じたのは唯一、雪渓を真っ直ぐに突破しなければならないところだけでしょうか。
軽アイゼンを買っておけばよかったと後悔しつつ、雪の上を慎重に踏みしめて通り過ぎて行きました。
2019_07@月山など123 2019_07@月山など132
雪渓を越えてしばらく行けば、9合目に当たる仏生池小屋へ行き当たります。
ここも宿泊や食事が可能な山小屋となっており、頂上を目指す途上での休憩スポットとして機能しています。
登りは好天に押されて、トイレだけ済ましたら、そのまま通過。ここから、さらに石畳の道を辿って山頂へ至る稜線まで淡々と歩みを進めていきました。
2019_07@月山など150 2019_07@月山など167
稜線の斜度や緩くなり足元が木道に変わった頃から、先刻以来の強風がさらに本格化してきました。
加えて、行く先の雲行きが怪しくなってきたのが懸念事項でしょうか。
吹きつける横風に耐えながら進み、最後の雪渓を渡りきったら、何とか無事に月山山頂の本宮神社に到着です。

到着した頃には周囲は風が運んだ雲に覆われ、風も相まって眺望を楽しむところではなかったのが惜しまれます。
ちなみに月山の山頂は月山神社の境内の内側。祈祷料を払って参拝し拝むことができますが、内部の撮影は禁止です。
石造りの社が石垣に守られた、如何にも山頂に坐す社と行った厳かな雰囲気と、月に縁ある兎の石像が印象的な境内でありました。
2019_07@月山など177 2019_07@月山など180
山頂に参拝後は、少し下った鞍部にある山頂小屋で一休みです。
時間もお昼時なので、食堂で昼食にカレーをいただきました。
2019_07@月山など181 2019_07@月山など184
その後は天気の回復を待って少し様子を見たものの、変わる様子も見受けられないので撤収することに。
天気が良ければ眺望を楽しみたかったところですが、こればかりはどうにもなりませんから仕方ありませんね。
帰路は往路よりも霧がひどいことになっています。
幸いにわかりやすい一本道ですから、道を外れないよう慎重に歩くだけで済みましたが……不明瞭な道での振る舞いは、一度考えるべきかもしれません。

何はさておき、無事に八合目まで下ってくれば、空は出発したときと変わらぬ青空です。
2019_07@月山など215 2019_07@月山など227
無事の到着を祝して、お酒でも舐めながら復路のバスを待って、高原帯での時間の締めくくりとしました。


ただし、この後の復路バスが予想外の伏兵でした。
なんと途中で車両トラブルを起こしてしまい、代車の到着まで下山路の途上で30分ほど足止めを食らう羽目になってしまいました。
時間的に余裕のあった私はまだしも、翌日のため鶴岡駅から特急へ乗り継がねばならない朔さんには大問題です。
困ったことだと思案していたところ、同様に特急への乗り継ぎが必要な乗客は、バス会社が好意で手配してくれた乗用車に乗り、駅まで直行する段取りになりました。
急ぎではない私まで一緒に乗っては筋が通らなくなってしまうので、ここで唐突に朔さんとはお別れです。
先行する乗用車を見送ってから、私は後続のバスの代車に乗り込んで鶴岡駅へと下リました。

当初の目論見では、私も朔さんと同じ列車で新潟に出るつもりでしたが、バスのトラブルでは処置もなしです。
鶴岡で再び夕暮れ空を眺め、軽くお酒を入れてから、夜半の鈍行列車を乗り継いで新潟へと向かいました。
2019_07@月山など232 2019_07@月山など260
予定より大分遅く着くことになった新潟では、特に食事もせずに予約していた宿へ。
雑居ビルのとあるフロア、本棚に囲まれた隙間で寝る不思議なスタイルのゲストハウスで、お茶を啜りながら眠気が追いつくのを待って、この日は就寝といたしました。


そんなこんなで、シレッと有休を獲得して1日フリーな月曜日は、手ぶらで帰っては面白くないので寄り道しながら帰る次第です。
2019_07@月山など261 2019_07@月山など264
経由したのは、実は一度も全線乗車したことのない磐越西線です。阿賀野川水系を沿うように山間を辿り、会津若松を経由して郡山へと向かいました。
車窓の川面の美しさに見惚れながら、ローカル線の旅を満喫して過ごす時間は、何もしていないはずなのに妙に充実感がありますよね。

気付けば会津若松での乗り継ぎもあっさり終えて、東北本線の要衝、太平洋側の郡山に到着です。
郡山は福島県で第二の都市。あまり縁もゆかりもない街であり、鶴岡程度の規模感を予想していたら、新潟にも劣らない賑わいだったことに、駅前で少々面食らってしまいました。

そんな中通りの有力都市で、少しばかり足の許す範囲を散策です。
最初に向かったのは安積国造神社という一帯で一番大きそうな神社です。
安積国造はこの郡山一帯の平野部を指す古い地域名。この地を開拓したと伝わる祖神を待つった神社です。
2019_07@月山など270 2019_07@月山など274
駅からほど近い場所に広い境内を構え、風情と趣のある神社でありました。

その後は安積国造神社から、昭和通り沿いを少し歩いた先にある愛宕神社にも参拝です。
愛宕神社はこんもりとした高台にひっそりと潜むような神社です。
規模も小さく、社務所も開いておりませんでしたが、鬱蒼とした鎮守の森が都市の中とは思えない雰囲気を醸し出していました。
薄暗い鎮守の森の奥に社が鎮座する光景、どちらかと言うと私のなかの神社の原風景に近いものを感じることができました。
2019_07@月山など277 2019_07@月山など295
一転して3社目の阿邪訶根神社は、まさに市街の神社といった雰囲気。
よく手入れされ開けた空気の境内、地域で大切に管理されつつも外部の者も参拝しやすい感じがして、これはこれで嫌いではありません。
社務所の方にも“遠くからわざわざ”と、労いの言葉を頂いてしまい、ありがたい気持ちで御朱印を頂戴することができました。


斯様な次第で郡山で3社ほど近場の神社を巡ったら、諸々の事情と前日の疲れもあるので、少し早い気はしましたが関東へ戻ることにいたしました。
東北新幹線であっという間に東京にいたり、ここからは不本意ながらも内房へ。
夕暮れが迫る18時半頃には自宅へと帰り着くことになりました。


ただし、この後は色々とやることもあってバタバタとして今に至ります。
具体的には山装備の全面的な洗濯や、先週の長雨で溜まった衣類の洗濯、それから期日前投票ですね。
なんやかんやとこなしていれば、この時間になってしまいました。

これでまた明日からは平日運転です。
4日だけで済むとは言え……なかなか、またしんどい日々が帰ってきてしまいますね。
来週末を楽しみに、過ごしていきましょう。

行ったぜ、東北!

1年でも最も冷え込む2月の初旬。今年も例によって、強めの寒波が到来し、北海道では氷点下30℃を記録したとかなんとか。
関東でも小雪が舞い散った建国記念日の3連休は、寒波に乗じて青森観光へと行ってまいりました。


土曜の朝は、東京駅から東北新幹線で一気に新青森駅へ。
諸般の事情で……具体的には指定券が取れなかったせいで、優雅にグリーン車を使ってしまいました。
己の業の深さに慄きながら、新青森駅でフォロワーの朔さんと合流したら、駅ビルで昼食をとっていざ観光です。
雪の奥羽本線に揺られ、最初に向かったのはマンガ「ふらいんぐうぃっち」の聖地、津軽の中心都市弘前です。
2019_02@青森観光018 2019_02@青森観光020
冬の弘前に来るのは初めてのことでしょうか。
雪化粧された町並みは、少々関東育ちには歩きにくいですが……それを差っ引いてもキレイですね。
手始めに「ふらいんぐうぃっち」の作中で、登場人物の一人、犬養さんが住んでいる設定の三上ビルを現認してから、街歩きをはじめました。

雪に覆われた弘前城址は、木々の黒さが際立つモノクロの世界です。
2019_02@青森観光044 2019_02@青森観光052
凍てついた堀端が何よりも美しい光景でしょうか。少しだけ溶けた隙間が、水鏡となって空を映していた様は実に絵になりました。

一方、「ふらいんぐうぃっち」中の喫茶店、コンクルシオのモデルとなった藤田記念庭園は、冬季の無料開放期間中です。
2019_02@青森観光055 2019_02@青森観光056
何故か豚汁も無料配布していたのが印象的。庭園内にはかまくらも設置され、内部でのんびりとくつろぐこともできました。

もちろん、豚汁だけでは飽き足らず、コンクルシオ――もとい大正浪漫喫茶でもお茶をいただきます。
2019_02@青森観光066 2019_02@青森観光081
焼きリンゴとオリジナルコーヒーのセット、雪の庭園を眺めながらいただけば、だいぶ優雅なひと時を過ごせました。

喫茶の後は再び弘前城址公園へ。本丸から望む雄大な岩木山が何よりも印象的です。
刻一刻と変化する雲の様子と、適度に降り積もり凹凸を強調する雪、昼下がりの斜光と相まって、ずっと見入ってしまいそうな光景でありました。
2019_02@青森観光103 2019_02@青森観光116
ちなみにそんな冬季の弘前城址では、夜になると雪灯篭に明かりが灯るイベントをしています。
ふらいんぐうぃっちの雪灯篭もあったのは少し意外ですが……これ以外にも色んな絵や石像があります。
今回は時間の都合で訪れていませんが、夜は夜できっとキレイなことでしょう。

弘前城址を一頻り巡ったら、この日は次の目的地もあるため、五能線を乗り継いで鰺ヶ沢駅へ移動です。
2019_02@青森観光136 2019_02@青森観光144
雪のローカル線の駅、これも風情ですね。

駅から送迎バスで5分足らずの移動。この日の宿“鰺ヶ沢温泉 水軍の宿”に到着です。
温泉と海鮮の宿、雪も降り積もって素晴らしいシチュエーションです。今年も無事に雪見温泉の実績を解除できました。
加えて、今回は珍しく夕飯も宿の中でいただきます。コース料理はボリューム満点、美味しい地酒も飲めて居酒屋とは違った落ち着いた満足感があります。
2019_02@青森観光145 2019_02@青森観光153
さらに夕飯と温泉の後には、雪が見えるラウンジで今再び、安らぎのひと時を満喫します。
とりとめもないことを語りながらお酒を呑み、部屋に戻ってからも「三者三葉のかまくらが崩落する話」を探したり、今期のアニメ「かぐや様は告らせたい」の3話EDを繰り返し観たりして過ごせば、ほど良い塩梅で眠りにつく事ができました。

ちなみに翌朝の朝食も、もちろん豪勢です。
珍しく二日酔いにもならなかったので、朝からお腹いっぱい食べて、心地よい朝を迎えることができました。
2019_02@青森観光158 2019_02@青森観光162
たまにはこういう宿泊体験も良いものですね。


宿をあとにしたら、列車の時間まで少しばかり鰺ヶ沢の町を散策します。
2019_02@青森観光171 2019_02@青森観光173
藩政時代には弘前の外港として繁栄したという港町です。今も漁港として津軽有数の存在感がありますが……そうは言っても、冬の日本海沿いの町。
その光景はなんとも涼しげです。特に川まで凍ってしまった光景は、関東育ちにとっては新鮮にして強烈な印象を与えられます。
さらに海辺に行けば、もっと殺風景です。
夏場は海水浴場となるらしい砂浜も凍りつき、地面はまるでコンクリートのように固まっています。
2019_02@青森観光182 2019_02@青森観光193
さらに波打ち際の柵に至っては、波が柵を洗うたびに凍りついてあたかも樹氷のようになっている始末です。
さらには携帯を確認しようと手袋を外せば、急速に手が痛くなってくる状況。数年来、幸か不幸か経験してなかった、本物の北国の寒さを味わうことができました。

そんなこんなで列車の時間も来たので、鰺ヶ沢駅へ戻り、ここからは一気に青森県を西から東へ。
2019_02@青森観光207 2019_02@青森観光237
津軽から反対側、南部太平洋側の八戸まで移動し、さらに再び進路を西へ。
長距離バスに揺られて、内陸部の十和田湖へと向かいました。

今回の旅行の企画として、温泉に入ることと寒そうなとこに行くことが、2本の柱になっていました。
青森で寒そうなところと言えば、やはり日本海側と八甲田山でしょう。十和田湖は八甲田山の南側、内陸部なこともあり寒さも積雪量も県内有数です。
目的地の選定として、鰺ヶ沢のあとが十和田湖担ったのは必然の流れでした。
ただ、夏季であれば弘前から直接十和田湖へ抜けるルートがあったのですが、冬季運休であることを見落としていたのだけは誤算でしょうか。
宿を取ってから運休に気づき、当初の目論見では弘前経由で向かうつもりだったのが、八戸まで大きく回り込む羽目になったのは、我ながら少し無駄の多い行程かなと感じています。

ただ、そのお陰で出会えたのが、この奥入瀬渓谷の見事な氷瀑です。
八戸から十和田湖へ向かうバス、おいらせ号の十和田湖方面へ向かう便では休憩がてらにこの氷瀑の近くで観光停車します。
2019_02@青森観光254 2019_02@青森観光263
バスを降りて、少しだけ歩けば真冬の奥入瀬渓谷を手軽に散策できるのですから、実に嬉しい配慮です。
また、観光停車以外にもこのバス、道中の車窓案内が朴訥とした語り口で淡々と豆知識を提示してくれて、一聴の価値ありです。
単なる移動時間かと思っていたら、予期せず退屈しない道中になってしまい、やはり何事も行ってみるものだと感じる道程でした。

そんなこんなで、八戸駅から2時間ほどの行程で辿り着いたのは十和田湖畔のホテル十和田荘です。
2019_02@青森観光265 2019_02@青森観光270
雪見のできる広縁があるのがイチオシの温泉宿です。
外は真っ白で、少々吹雪気味。鼻水まで凍りそうな寒さで、既に目的の7割は達した気分ですが、これで終わりでは流石にもったいないですよね。
ひとまず、地図で見つけた最寄りの神社、十和田神社に参拝です。
2019_02@青森観光277 2019_02@青森観光282
十和田神社は名前の通り、十和田湖の湖畔、湖に突き出した半島状の土地に鎮座している神社です。
縁起は判然としないものの、湖を祀った水神的な要素のある神社なのだとか何とか。
かつては冬季は閉鎖されていたそうですが、観光開発されてからは冬でも社務所が開いている……との情報を得ての参拝です。
ところが実際に言ってみれば、参道は雪掻きもされて風情ある佇まいだったのですが、本殿の直下で見事に通行止めです。
時間が遅かったこともあってか、社務所も開いておらず、御朱印集め的には空振りです。
ただ、薄闇の中の静謐な境内は非常に荘厳な雰囲気を醸し出していました。これを堪能できただけでも、来たかいは十分にあったと言えるでしょう。

神社の次はこの日のメインイベント、十和田湖冬物語なるイベントの見物です。
2019_02@青森観光297 2019_02@青森観光342
これは十和田湖の湖畔の広場で2月に行われる屋台やステージ、冬花火に雪像と、まさに冬を物語るイベントです。
屋台村では地酒やビールに郷土料理を楽しめ、毎晩打ち上がるという真冬の花火も空気が澄んで美しいです。
ただ、当然ながら強烈に寒いのが玉に瑕でしょうか。うっかり外で食べようとすると、料理もあっという間に冷たくなり、箸を持つ手はかじかんで動かなくなり、にっちもさっちも行かない状況に陥ります。
屋台に併設された小屋の中で食べるのが正解なのですが、週末の人出に対しては少々手狭なように感じたのが残念だったでしょうか。
それでも、熱燗にせんべい汁、ヒメマスの塩焼きや十和田バラ焼きを味わい、ご当地アイドルのライブにも遭遇できて、楽しい冬の外遊びとなりました。

冬花火を見送ったら、宿で温泉に入り冷え切った体を温めてから部屋でもう一杯。
この日もアニメを見たりしているうちに程よく日付が変わり、眠りにつきました。


青森3日目の朝も、幸いにして二日酔いを免れたので、朝食を食べたらふらりと十和田湖畔を散策です。
2019_02@青森観光359 2019_02@青森観光366
前日に頂戴しそこねた御朱印を参道入口のもう一つの社務所で頂戴し、その後は湖畔から湖を見物です。
青空と氷が織りなす青みがかった白と黒の世界です。静かな朝の湖を研ぎ澄ましたような冷たい空気が覆い、峻厳とでもいった表現が似合いそうな光景でした。
ずっと眺めていたいほどキレイなのですが、しばらくすれば手足の先からジンジンと痛くなってくるので、長居はできないのが難しいところですね。

湖も眺めて満足したら、帰りのバス便の時間が近付いたのでホテルに戻ります。
バスに乗って八戸駅へ向かい、帰りの新幹線の切符を確保したら、少し時間もあるので八戸線で本八戸駅まで行き最後の観光です。
2019_02@青森観光377 2019_02@青森観光381
八戸市街で昼食をとりつつ、おがみ神社と長者山新羅神社に参拝し、それぞれ御朱印を頂戴しました。
また、どうでもよいことですが、この八戸散策の最中、雪が積り、路面が凍りつくほどの気温のはずなのに、十和田湖から戻ってきたばかりのせいか、終始暖かく感じてしまうじぶんがいました。
手袋を外しても、手が痛くならない……ネックウォーマーは手放せないくせに、その程度のことでも感激するほど温かいと思うのですから、人間の感覚なんて相対的なものだとつくづく実感しました。

また、可能であれば市街にあるもう一社、三八城神社にも行きたかったのですが、こちらは列車の時間の都合で参拝できなかったことだけが残念です。

そんな次第で八戸市街を巡ってから、再び八戸線に乗って八戸駅に戻り駅前でお土産とお酒を調達。
名残惜しいですが、新幹線の指定席に記された時間になったら、東京へ戻ることになりました。


斯様な次第で3連休の2泊3日の青森旅行。久々に真冬を満喫する体験となり満足です。
今年の冬は堪能したので、次の旅は温かいところでのんびり過ごす方向にシフトしたいですね。

その前に、安心して旅ができる立ち位置を固めたいところですが……着実に来年度の業務が降り積もりだして、なかなかどうして投げ出したさと責任感の天秤が振れるばかりです。

秋のみちのく自動車巡航

先週に引き続き無理を押しての3連休決行日程。
カレンダー上のお休みでありながら“決行”となってしまう時点で、大いに疑問符ですが、容赦ない事実は如何ともし難いです。
休出せざるを得ない同僚を目の当たりにして、当座の苦境を乗り切っても先はないと、確信は深まるばかりです。


しかし、それはそれとしても決行してしまった以上は後に引けないので、東北に飛び出してきました。
不本意ながら、時間がないので掻い摘んで、日記にしましょう。

土曜の朝は東北新幹線を北上して、一ノ関から久しぶりの東北本線へ乗り換え。
岩手県の平泉駅で最初の下車をいたしました。
2018_09@岩手・秋田散策005 2018_09@岩手・秋田散策019

向かったのは世界遺産として名高い中尊寺です。
金色堂が有名ですが、それ以外にも境内には立派な杉並木や風情あるお堂が立ち並び、思った以上に見応えのある境内でした。
2018_09@岩手・秋田散策051 2018_09@岩手・秋田散策060
もちろん、有名な金色堂も見学し、さらにはお寺の鎮守となる白山神社にも参拝です。

中尊寺の次は、同じく世界遺産に登録されている毛越寺も見学します。
中尊寺が平泉の北辺にあるのに対して、こちらは西の外れに位置。もっとも、町自体が程々のサイズですので、歩いても20分ほどで行くことができます。
2018_09@岩手・秋田散策074 2018_09@岩手・秋田散策079
奥州藤原氏4代のうち、初代清衡が建立した中尊寺に対して2代目基衡が建立したのが毛越寺になります。
一度は堂宇が灰燼に帰すものの、今も平安式の面影を残す庭園が見事なお寺でありました。

平泉をぐるりと巡ったら、続いては約束があるので花巻へ移動します。
ここで、宮古在住のフォロワー、アリソン氏と何故か花巻空港に飛来するフォロワーのみかん氏と合流です。
2018_09@岩手・秋田散策120 2018_09@岩手・秋田散策121
花巻駅で無事に合流したら、ここからはアリソン氏の車で移動する番になります。
花巻神社と鳥谷崎神社で御朱印を頂いてから、盛岡の町へ。
この日の宿にチェックインし、車と荷物を預けたら、3人で盛岡の繁華街へと繰り出しました。

盛岡の町は流石に県庁所在地だけあり、人通りも多く都会です。
美味しそうな選択肢も多々ありますが、地ビールとクラフトビールのお店でまずは一息。
続いて、二次会向きのカフェ風なお店でもう一杯と続き、18時過ぎから22時頃まで夜の街を満喫して寝床に着きました。


日曜日はアリソン氏の車でひたすらドライブする日です。
盛岡を出発して、まずは西の方へ。
2018_09@岩手・秋田散策151 2018_09@岩手・秋田散策171
初めに向かったのは山を越えて秋田県の田沢湖です。
日本一の水深を誇る火山性の湖、水の透明度もかなりのものなのだとか。
2018_09@岩手・秋田散策199 2018_09@岩手・秋田散策207
湖畔には浮木神社、御座石神社と、神社が2社鎮座しているので、ぐるりと湖畔をめぐりながら御朱印集めです。
神社もさることながら、覗き込んだ湖水が噂に違わぬ透明度なのが驚くばかりでしょうか。
エメラルドブルーの水面と、切り立った形がそのまま目の当たりにできてしまう岩場。まるで沈んだら浮かべないのではと想像してしまうほど、透き通った色合いをしていました。

田沢湖を一周したら、そのまま北上して山の中へと分け入り、山間の道をたどって秋田と岩手の県境の山、八幡平へと向かいました。
2018_09@岩手・秋田散策242 2018_09@岩手・秋田散策264
何やかや行っても付いた頃にはそれなりの時間です。
あまり遠くまでは散策せず、高原の風情を味わう方向でふらふらと巡りましょう。
2018_09@岩手・秋田散策280 2018_09@岩手・秋田散策306
山頂直下の駐車場から山頂までは、片道30分ほどの距離なのだとか。
時間があれば山頂まで行きたかったのですが、思いの外距離があり到着したのは16時頃のこと。
その後のことも考えると、見送らざるを得なかったのだけが心残りでしょうか。

この後は諸々の都合もあるため、ひたすら岩手県をひたすら東へ。
内陸側の県境から太平洋岸の町、宮古市まで、ほぼ東西全長を夕方の間に横断してしまいました。
やればできてしまうものなんですね……。
2018_09@岩手・秋田散策320 2018_09@岩手・秋田散策321
この日の晩も、到着後は3人で飲み会の流れ。盛岡ほど繁華ではないですが、宮古の町も飲み屋街はあります。
遅い時間だったせいか、数軒は既に満席でしたが、なんとか座れるお店を見つけて三陸の海鮮を堪能して過ごすことができました。


連休最終日の月曜日は、基本的に帰るだけの方向性です。
ただ、宮古と盛岡を結ぶ山田線は、9時台の列車の次は14時台と超がつくほどの閑散路線。もう少し手頃な時間の列車があれば宮古観光もできたのでしょうが、14時台では流石に遅すぎてどうにもなりません。
起床して早々に9時台の列車に乗り込み、ひとまず盛岡まで戻ることになりました。
2018_09@岩手・秋田散策331 2018_09@岩手・秋田散策341
盛岡に到着後は、折よく開催していたミュージックフェスタを見物し、音楽を肴に露店の地ビールでしばらく過ごしてから、お土産を揃えて帰路につくことにいたしました。


そんなこんなで終わってしまった9月の3連休2連続。いよいよもって研修課題も大詰めの時期に入るため、当面は遠出する予定がありません。
予定がないだけで……行かないとは言ってないですが、どうにも見通しが不透明です。
研修課題も一段落したら、身の振り方も考えたいですし、次の遠出はいつどこになるか……。
死なない程度にどうにかしたいものです。

山形横断家族旅行

一段落したと思った研修が再び生活を蝕む脅威と化し始めた9月第一週目。
数日も誤魔化しが効かないとは、本当にたまったものではないですね……。

しかし、それはそれとして捨て置いても、家族旅行には行かなければなりません。
金曜は退勤後に迅速に荷造りを済ませて、神田のカプセルホテルへ前乗し、土曜の朝に備えました。


そんな訳で朝8時頃に東京発の山形新幹線で家族と合流したら、山形駅までは列車に揺られるばかりです。
山形駅にて駅レンタカーを借り受けたら、いざ2泊3日の山形旅行に出発です。

カーナビに導かれるままに、山形駅から西の方へ。
最初に向かったのは修験道の建築様式を今に残す岩根沢三山神社神社です。
2018_09@山形家族旅行009 2018_09@山形家族旅行022
本来は山伏のための寺院だったという神社。出羽三山への登山口の役目も果たし、往年には隆盛を極めたと言います。
廃仏毀釈の余波により、今では山の中の立派な神社といった雰囲気です。
それでも往年を忍ばせる立派な建物は目を見張るものがあります。
2018_09@山形家族旅行027 2018_09@山形家族旅行046
本殿の祭壇や、天井が高く柱の太い炊事場など、昇殿料を払っても観る価値のある建築でありました。

岩根沢三山神社のあとは、道中の口之宮湯殿山神社を経由しつつ、湯殿山神社へ。
2018_09@山形家族旅行054 2018_09@山形家族旅行055
自家用車は国道から外れて専用の有料道路にを進み、仙人沢と呼ばれる地点まで行くことができます。
ここで、大きな鳥居に出迎えられて、車は駐車場へ。
徒歩か、シャトルバスでさらに山間へと分け入ることになります。
2018_09@山形家族旅行057 2018_09@山形家族旅行058
ただし、バスを降りた先からは撮影禁止、御神体も他言無用の秘密の霊域です。
一見の価値ある非常に良い神社だったとしか、言えないでしょう……。


湯殿山神社から下ったら、次に立ち寄ったのは湯殿山瀧水寺大日坊というお寺です。
こちらは今でこそ、小さなお寺になってしまいますが、廃仏毀釈以前には湯殿山の本山として隆盛を極めたのだそうです。
伝来の法灯を絶やさぬため、出羽三山の主だった箇所が神社へと転換した後も、お寺として維持することを選んだのだとか。
2018_09@山形家族旅行061 2018_09@山形家族旅行079
この大日坊、歴代の寺宝や即身仏も興味深いですが、住職の解説もまた特徴的です。
少々、話が散らばって長すぎるきらいもありますが、あまり神社の由緒書では語られない神仏習合の“仏”側の視点で歴史が語られます。
悪口や下世話な冗談も少々混じりるので、万人にオススメとは言い難いのですが、個人的には面白い話を聞けて良い経験となりました。

ただ、大日坊ですっかり時間を喰ってしまったため、この後の予定がズレてしまったのは、困った点でしょうか。
大急ぎで国道を駆け抜け、この日の宿のある羽黒山の宿坊街へと向いました。
宿坊とは本来、僧侶や参拝者を受け入れる寺院に付帯した宿泊施設です。富士山や武蔵御岳などなど、修験道の盛んな山で多く見られる印象があります。
しかし、昨今では一般の観光客も受け入れるようになっていますし、さらに羽黒山の場合には神社へと転換していることから寺院の付帯としての意義も薄れていると言えましょう。
それでも朝には祈祷が行われたり、食事は精進料理だったりと、相応の形態を遺しているあたりは、今でも普通の観光用の宿とは一線を画する存在です。
この土曜の晩は、そんな宿坊に一泊です。
広い部屋と大きな風呂に、質素ながらも手間のかかった美味しい精進料理。どんなところかと思っていましたが、居心地の良い宿でありました。
2018_09@山形家族旅行094 2018_09@山形家族旅行137
また余録として、羽黒山の出羽三山神社では夜間に五重塔のライトアップを実施中でした。
折角なので見物です。夜の闇に浮かび上がる五重塔は荘厳な光景でありました。


一夜明けて日曜日は、朝ご飯を食べてから、手始めに羽黒山の出羽三山神社本殿を目指すことにします。
羽黒山はその名の示すとおり、ちょっとした山となっています。
宿坊街のあたりに境内の入口があるものの、本殿はここから2千段以上ある石段を登った先に位置します。徒歩で大凡1時間、軽トレッキングと言って良い行程ですね。
一応は車道も整備されているのでバスや車でアクセスすることもできるのですが、折角ですから伝統ある石段と杉並木の光景を体験したいところです。
2018_09@山形家族旅行152 2018_09@山形家族旅行193
そういう次第で、六根清浄と呟きながら行って帰って往復2時間ほどの行程です。
想定以上の急坂に難儀し、途中のお茶屋さんで休憩を挟んだりしながらも、無事に山頂の本殿まで行くことができました。
2018_09@山形家族旅行236 2018_09@山形家族旅行251
月山、羽黒山、湯殿山の三山の神々を祀った神社は、丹塗りの立派な社殿が非常に立派でした。
また何よりも、その名高き石段の風情が、歩いていて楽しい神社でありました。

羽黒山を下山した後は、この旅行一番の駆け足行程の始まりです。
山裾を下って庄内平野へ降り、そのまま広々とした田園のなかを一路、鶴岡の市街地へ。
2018_09@山形家族旅行266 2018_09@山形家族旅行267
下の妹の希望で、致道博物館を見学して回りました。
博物館の後は隣接する鶴岡城内の荘内神社を参拝です。
ご朱印も頂戴したら、市街地で昼食を食べて、今度は庄内平野北部の酒田へ向かいます。
2018_09@山形家族旅行277 2018_09@山形家族旅行283
酒田では最上川水運の拠点、山居倉庫を見物。倉庫裏手の並木道が、大人の休日倶楽部のCMにも取り上げられた景勝地なのだとか。
確かに風情のある光景でありました。

そして、さらにここから最上川と沿うように国道を東へ向かい、山を越えて新庄側へ。
さらに車を走らせて、この日の宿のある銀山温泉まで……実質的に山形県を東西に横断してしまいました。

そういう次第で到着したのは夕刻になってしまいましたが、大正ロマンと名高き銀山温泉の夜景を満喫です。
2018_09@山形家族旅行349 2018_09@山形家族旅行353
宿自体は諸々の都合で、温泉街から歩いて5分ほどのところでしたが、その分広々とした構造で部屋も近代的です。
いずれは温泉街側にも泊まってみたいですが、今回は深山幽谷に忽然と現れる大正ロマンの町並みを見ただけで満足でした。
2018_09@山形家族旅行365 2018_09@山形家族旅行373
ちなみに夜景の光景が有名ながらも、朝の銀山温泉もこれはこれで風情がある光景です。
複雑な大正建築の技巧を見物でき、夜とは別の顔を味わった気分でした。


有休を取って休みとした月曜日は、山形旅行の最終日です。
朝の温泉街観光を済ませたら、一気に南下して山形市方面へ。最後の主だった観光地は山寺立石寺です。
その名の通り、山の上方に貼り付くように堂宇が並び、芭蕉の句にも歌われた名刹です。
また悪縁断ちのご利益もあるとかで……いろいろと思うところがあったりなかったりです。
2018_09@山形家族旅行379 2018_09@山形家族旅行383
まずは麓の本堂に参拝し、道中の安全などを祈願します。
その後は入山料を支払って、石段を一気に登りましょう。
目指すべきは山の上の方にちらりと見えた眺望良好な五大堂と、山かげながら最上部にあたる奥の院です。
2018_09@山形家族旅行422 2018_09@山形家族旅行419
まず先に参った五大堂からは、先程までいた山寺の麓の町並みを一望することができます。
谷底を挟んだ反対側の斜面にも町並みが広がっている様が、なかなかに幻想的で良い光景です。
一方、来た道を見返せば、道中にも段々にお堂が連なり、なんとも現実感の薄い不思議な景色が広がっていました。
名刹と呼ばれるのも納得の風景、坂道に建物が並ぶ光景はどうしてこうもワクワクしてしまうのでしょうか。
ワクワクついでに奥の院の写真を撮り忘れてしまったのも、ご愛嬌でしょう。

悪縁断ちも念入りに祈願して、信心深い心持ちのうえで下山といたしました。

立石寺のあとは帰りの新幹線の都合もあるため、少し早めですが山形駅へ戻ることになります。
途中、最後に近くを通りがかった鳥海月山両所宮を参拝して、最後の観光といたしました。
2018_09@山形家族旅行457 2018_09@山形家族旅行458
もっとも、両所宮に着いたタイミングでにわか雨に見舞われてしまい、あまりちゃんと境内を見学できなかったのだけは残念な点でしょうか。
時間の都合もあったので致し方ないことですが、いずれまたゆっくりと参拝したいところです。


斯様な次第で、山形駅へ車を返し、お土産を物色したら、後ろ髪を引かれながらも帰りの新幹線に乗車です。
楽しかった3日間もあっという間に終わり、現実に帰ってきてしまうのがしんどい限りです。
帰ってきてもしんどくない現実を作りたいところですが……解決には気の長い対応が必要そうですね。

ところで、今回の出羽三山ですが、羽黒山と湯殿山は参拝したものの、実は主峰月山には登拝していません。
山頂に奥宮を擁する月山神社、登山道も整備されて比較的気持ちの良い道のりだそうです。
当面の“登りたい山”リストに、また一つ名前が挙がってしまいましたね。
いつ行けることか……予想も付きませんが、いずれ行きたいものです。

 | ホーム |  »»

カレンダー

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる