月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


北海道の鉄路横断の話

強烈な寒波に襲われたという今週末。
零下20℃に及ぶ凍てつく寒さが北海道を襲い、豪雪地帯新潟でもすら雪で電車が止まる有様だったとか何とか。
幸か不幸か別件の軛により遠出をせずに済ましてしまったので、平穏な関東で他人事のように眺めることしかありませんでした。

そういう次第なので、今週の日記事項はないのですが、話は遡って先週の3連休周辺の回想録に。
正月休みの後半戦、都合よく飛行機のチケットも取れたので北海道へ雪見に行ってきました。


1/4は朝から羽田空港に向かい、釧路便で北海道へひとっ飛び。あっという間に北の大地です。

釧路たんちょう空港からバスに揺られて釧路駅前へ。駅近くのホテルにチェックインして、荷物を預け終えたら既に15時過ぎです。
北の大地の日没は16時過ぎと少し早め、暗くなるまで1時間と少々しかないですが、何はともあれ観光に繰り出しましょう。
2018_01@北海道旅行003 2018_01@北海道旅行013
釧路は道東南部、太平洋に面した河口に港を構える町です。
かつては後背に釧路炭鉱を構えていたそうで、今も化学系の工場などが立地しているそうですが、どちらかと言うと観光と漁業の町でしょう。

何はさておき、まずは駅前で拾った観光地図に神社を見つけたので、御朱印を頂戴に参拝することに。
向かったのは釧路国一宮、厳島神社です。
駅から釧路川を挟んだ川向こう、明治以来の市街地が広がる元町界隈の町外れに聳える小高い丘に鎮座しています。
“釧路国”とは明治初期に律令国に倣って北海道に設置された令制国の一つ。各国に一宮を称する神社が設定されたのもこの頃のことでしょう。
江戸期の創建だそうですが、名に違わぬ賑わいのある神社です。
2018_01@北海道旅行022 2018_01@北海道旅行030
神社の脇の斜面は公園となり、港を一望する展望台もあります。
薄雪の積もり、凍てつくように澄んだ空気と、どことなく背の低くのっぺりとした建物群。北国に来たなと実感する光景です。

また釧路は夕日の町としても観光を推しているのだとか何とか。澄んだ空気と南西側に海を臨んだ地形が夕日鑑賞向きなのでしょう。
日没は16時過ぎのこと、御朱印を貰ったら大急ぎで夕日スポットの幣舞橋へ向かいます。
幣舞橋は市街中心の釧路川を越える一番海側の橋。町の開闢以来、掛け替えられながらもずっとそこにある橋だそうで、夕日がよく見えるオススメスポットとして観光ガイドにも紹介されています。
2018_01@北海道旅行069 2018_01@北海道旅行073
実際には季節が冬至に近すぎたせいか、日没は海ではなく陸地の方になってしまいます。
それでも、その夕暮れ空の美しさは夕日の街を標榜するに十分なほど。更には不完全ながらも“太陽柱”と呼ばれる夕日から光の柱が昇る気象現象にも遭遇することができました。
Wikipedia曰く、風の少ない冬の日に空気中の氷が一方向に配向して太陽光を反射することで観測されるのだとか。
まさに条件としては悪くなかったようです。非常に良いものを見れました。

この後はまだお酒を飲むには時期尚早に感じたので石川啄木の記念館となっている旧釧路新聞社へ。
石川啄木は2ヶ月と少しだけ、この地で仕事をしていたそうで、その当時の足取りと釧路新聞社の活動が紹介されています。
2ヶ月ちょっと働いただけで記念館になるのですから……文豪は凄いと、少し複雑な気分にもなりますね。
2018_01@北海道旅行083 2018_01@北海道旅行119
その後は飲み屋さんで地酒と海の幸、地元料理を堪能し、翌朝は8時過ぎの電車で釧路を後にすることになりました。
ここからは「釧路→網走→旭川→新函館北斗→東京」の通しの乗車券を購入し、途中下車がてらの寄り道観光となります。

この日は釧網本線をひたすら北上して終点の網走へ。
2018_01@北海道旅行126 2018_01@北海道旅行157
車窓は釧路湿原から原生林を抜ける山越えへと変化し、斜里町の付近からは右手にオホーツク海を臨むことができます。

数時間の列車旅で辿り着いた真っ白い町並みが網走です。
網走と言えば名高き網走監獄! 本来の網走刑務所は市街地に立地するのですが、観光地としての監獄博物館は明治期の建屋を郊外の山の上に移設してあります。
丁度よいバス便が無かったので是非もなくタクシーを利用して向かうことにしました。
タクシーの運ちゃん曰く、この日の外気温は氷点下2℃。この季節にしては“暖かい”そうです。実際、日記を書いてる今週は氷点下10℃を下回っているのだとか……見てみたかったような、命拾いしたような……どちらでしょうか。
2018_01@北海道旅行174 2018_01@北海道旅行179
監獄博物館に到着したら、見学の前にまずは併設の食堂で腹ごしらえ。
折角なので現代の刑務所飯を再現したメニューを頂きます。思った以上に質素な見た目ですが、曲がりなりにも公的機関の食事、健康的な味付けというべきでしょうか。不味くはなかったです。

腹ごしらえが済んだら、この旅一番の目的地と言っても過言ではない監獄博物館の見学です。
威風堂々とした往年の門から入館します。
2018_01@北海道旅行183 2018_01@北海道旅行185
館内には戦前の貴重な刑務所関連建屋が立ち並び、幾つかは資料館として、またいくつかは蝋人形による展示となっています。
自給自足のための農機具小屋の展示や、道路開拓に繰り出された時代のタコ部屋の原型となる簡易宿舎、あるいは看守の長屋に監視塔まで移設されています。
2018_01@北海道旅行225 2018_01@北海道旅行266
監獄の暖房は熱が効率よく均等に巡るよう、煙突の形に気を遣っていることなど、なかなか興味深い展示の数々も。
北方まで来た甲斐のある充実の展示内容でありました。

監獄の後は再びタクシーをお願いして、更に山の高いところにある北方民族博物館を見学。その名の通り、北緯45度程度より上に分布する諸民族の民俗資料を集めた博物館です。
トナカイやアザラシなど似たような獣を狩猟の対象とし、脂を食材として珍重したり毛皮を交易の輸出品としたりといった共通点。あるいは各民族独特の楽器や信仰、住宅の様子を紹介しています。
無料で学芸員の方に案内してもらうこともでき、こちらも非常に見応えのある展示を堪能することができました。
2018_01@北海道旅行284 2018_01@北海道旅行291
そんなこんなでこの日も日没を過ぎたら撤収の頃合い。無謀にも帰りは徒歩を選択してしまい、凍てついた夜道を小一時間掛けて下山する羽目に。
たまには……そういう経験も悪くないのかもしれませんが、あまり何度もやることではないと自覚するものです。
下山後、ホテルを目指している途中で遭遇したのが、写真の旧網走刑務所正門。今はお寺の山門となっているのですが、受付の遺構やどことなくいかつい門構えが独特な雰囲気を出していますよね。

この日もチェックイン後は、夜の街に飲みへ飛び出して過ごしました。


翌朝は凍てつくオホーツク海を遠望する河口港を眺めながら、後背の丘に鎮座する網走神社に参拝。
2018_01@北海道旅行311 2018_01@北海道旅行321
網走が漁港として拓かれた時代に勧進された弁財天の祠に端を発する網走一番の神社です。
雪と氷に閉ざされたモノクロ気味の神社ですが、巫女さんも居られて御朱印もいただくことができました。

神社のあとは再び市街に下って網走川を渡り、対岸のモヨロ貝塚を目指します。
橋の上から岸辺を見やれば、休眠状態の捕鯨船も確認できます。往年はこれで北洋に繰り出し、商業捕鯨に精を出していたことなのでしょう。
他にも知床半島などの山並みや、防波堤の向こうの荒れるオホーツク海も望むことができましたが、流石に写真にするには遠すぎる光景でありました。
2018_01@北海道旅行337 2018_01@北海道旅行347
そんな訳で訪れたモヨロ貝塚は、しかしながら雪の下。この雪の下にオホーツク文化を世に知らしめ、弥生時代の代表格とされた登呂遺跡と並んで、戦後真っ先に発掘調査の対象となった遺跡があると思うと、それはそれでロマンかもしれません。
ちなみに石碑のすぐ背後には、貝塚に関する資料館もあり発掘された遺品や発掘の経緯の展示もあり、ちゃんと勉強になるので安心です。

モヨロ貝塚に続いて網走郷土博物館も見学。こちらはより広汎に郷土史や自然についての展示が見られます。
特に網走開拓の経緯は、このような寒冷な土地になぜ和人が住み着いたのかがわかりやすく展示されていて、興味深かったです。
2018_01@北海道旅行349 2018_01@北海道旅行364
そして博物館巡りを終えたら、ラーメンで腹ごしらえして網走駅へ向かい特急に乗って次の町へと向かうことにします。
網走の町、季節と交通手段の都合もあって絶景と噂の能取岬や流氷博物館には寄れませんでしたし、次は夏に訪れたいなと思いつつ、列車は旭川へ向かって走り始めました。

特急は石北線を快調に駆け抜けて、気付けば北見山地も越えた旭川側へ。
到着が見えてくると、ふと寄り道したくなるのが人の性でしょうか。特急では旭川の一つ前、上川駅への到着を告げる車内放送にて、後続の鈍行旭川行きの存在が告げられます。
大急ぎでその列車の旭川到着時刻を調べると17時過ぎと、十分に問題のない時間帯。上川駅に到着し、雪に埋もれた単行のディーゼルカーを見たら即決です。
2018_01@北海道旅行386 2018_01@北海道旅行391
荷物をまとめて特急を飛び降り、雪煙あげて走り去る特急を見送ったら、鈍行列車に乗り換えてガタリゴトリとゆったり旭川駅まで久しぶりの寒い旅を味わいました。

宿の都合で次に下車したのは旭川の一つ手前、旭川四条駅。町外れに位置する駅ですが、旭川駅までも歩いて20分ほどの距離であり、宿はちょうどその中間くらいになります。
都会的な高架駅が雪にまみれながら、国鉄型のディーゼルカーを受け入れる様は、少し不思議な光景に感じますが、こちらではきっと日常なのでしょう。
2018_01@北海道旅行430 2018_01@北海道旅行443
町に繰り出せば、海岸沿いの釧路や網走よりも余程厳しい寒さと深い雪が出迎えてきます。
宿の人に紹介された飲み屋で地元料理を堪能し、その後はもう一つ教えられた日本酒バーで隣席の客と盛り上がりながら日付が変わるまで酒盃を重ねて夜を過ごしました。
記憶も曖昧なまま宿に戻ったら、翌日はひどい肩こりに悩まされたのも、致し方ないことでしょう。


北海道4日目の1/7は体調不良を抱えながらも、函館を目指さなければならない日。
是非もないので、ひたすら鈍行列車に揺られていることにします。
旭川から函館本線を乗り継いで、まずは札幌のすぐ南の白石駅を目指します。
2018_01@北海道旅行476 2018_01@北海道旅行480
道中は雪も多く、雪煙を巻き上げる列車や除雪風景を眺めることができ、雪国感が旅情を掻き立てます。
白石からは千歳線に乗り換えて室蘭本線方面へ下り、そのまま長万部方面に列車を乗り継ぎ。
苫小牧の辺りから太平洋岸に出て、雪が急に少なくなったことが印象的でした。
2018_01@北海道旅行503 2018_01@北海道旅行539
列車は定刻通りに乗り継ぎが進み、長万部で最後の乗り換えをする頃にはすっかり夕暮れ空です。
乗り継ぎに時間があったので、海まで向かって雄大な噴火湾と白い砂浜をぼんやりと眺めて、最後に深呼吸。日没後ももう2時間以上は列車に揺られて、函館に着いたのは19時半くらいのことです。
都合10時間弱、久しぶりに「たくさん、列車に乗れた」と自認できる乗り鉄ができました。

斯様な次第で函館についた頃には周囲は真っ暗。ずっと列車に乗っていたので、肩こりと頭痛も酷いまま。
このまま宿で寝ても良いテンションではあったのですが、しかし本能は函館山に登らない道理も無いとまた、訴えてきます。
2018_01@北海道旅行564 2018_01@北海道旅行573
宿に荷物を投げたら、夕飯で体力回復を図ってから急ぎ足で函館山ロープウェイへ。
終発ギリギリに駆け込んで、展望台に上がれば……無理を押して来た甲斐はある光景です。冬の澄んだ空気に、百万ドルの夜景が煌めき、言葉を失います。
寒さに震えながらも下りの終発まで写真を撮り夜景を眺めて過ごし、感激して宿に戻ります。この日は流石にお酒は飲まずに宿ではそのまま就寝としました。


北海道最終日は函館から新幹線で帰るのみ。時間と都合もあったので、函館朝市と青函連絡船摩周丸の見学くらいで撤収となります。
2018_01@北海道旅行609 2018_01@北海道旅行611
摩周丸は青森の八甲田丸と対をなす青函連絡航路の記念船です。船内は往時の青函航路の賑わいや、連絡船のアレコレを紹介した展示が並びます。
特に歴代の青函航路のポスターは今見ても旅情を誘う逸品ぞろい。これを眺めるだけでも十分に価値があるものでありました。


そんなこんなで帰路は11時前の新幹線で東京へ。
終電にはかなり余裕をもたせた日程なのは、この後最後にもう一イベントあるからです。

向かったのはZeppダイバーシティ東京。年末にも行った分島花音さんのライブに再び参加です。
多くを語ることはないですが、なんとも言えない寸劇にどう反応すべきか悩みながらも、いつもの最高の歌声と演奏に心は幸せで満ちてしまいます。
連休の最後、出勤に備えて心を強くするには最高のイベントになり、なんとかお家へ帰る勇気を掴んで内房へと帰っていきました。


バタバタと慌ただしく過ごした年末年始、その後も新年会に出張と休まる暇のないままここに至っています。
ようやく平常活動かと思いきや、今度は社内試験が待ち受けて今月中は遠出ができなそうな予感。
ままならぬときは本当にどうにもならないものですね……。

越後日本酒鉄道紀行

長丁場の出張でホテル暮らしが板についてきた2017年上半期終盤。
もうすぐ6月も終わりです、1年の半分が過ぎ去ろうとしていますが、冗談ではなく外泊した日の方が多くなってしまいそうです。

そんな外泊年間の一環、先週も延々と出張先で過ごしてどうにか金曜日に一時帰宅。
日曜の夜から再び出張先とあって、ねじ込んだのが土日の新潟旅行です。
土曜の朝に出立して一泊二日、そのまま都内で飲み会をはさみつつ帰宅を省いて出張先に直行する、我ながら大概にアクロバットな行程です。

そういう次第で行って来たるは新潟の企画列車「越乃shu*kura」への乗車案件。友人えめろん氏の熱望に押されるまま、初めてのジョイフルトレイン体験となってきました。


しかして、旅の始まりは北陸新幹線の上越妙高駅から。
名前に惹かれるものはありましたが、まさか降り立つ日が来ようとは思いもよりませんでした。

越乃shukuraはここからえちごトキめき鉄道を直江津へと向かい、信越本線経由で長岡にいたり上越線と飯山線を経て十日町まで向かおう旅程となります。
ただ、少しばかり早く着いてしまったので、駅前の観光から旅はスタート。
IMGP7562.jpg IMGP7564.jpg
開業して少し経つとは言え、駅前はまだまだ開発途上といった風景が広がります。

注目すべきは駅降りてロータリー挟んですぐにある釜蓋遺跡。弥生時代の比較的大きな遺跡群の一角だそうです。
IMGP7565.jpg IMGP7568.jpg
「日本一新幹線の駅に近い遺跡」のウリ文句は、なんとも言い難いセンスですが……資料館の展示は日本海沿いから到来する北陸系と関川沿いに下り来る信州系の文化の交差点としての、上越地域一帯を紹介しており興味深いものでした。
米どころ新潟というともう少し北の方、新潟市や魚沼市をイメージしますが、弥生時代には当時の土木技術的な都合からこの妙高一帯の扇状地こそが稲作の適地だったのだとかなんとか。

閑話休題、束の間の歴史のお勉強から舞い戻って、えめろん氏と合流したら「越乃shu*kura」に乗車です。
汎用性お化けのごとく全国で魔改造される国鉄急行型気動車キハ48系を素体にした特別列車。
IMGP7588.jpg IMGP7590.jpg
1号車と3号車は指定席ですが、真ん中2号車は小洒落た立ち飲み屋さんのような風情。酒類の販売もあるので、車窓を眺めながら立ち飲みが楽しめます。
何を思ったのかえめろん氏、手配した切符は食事も振る舞われる少しグレードの高い方の代物。
場違い感に恐縮しきりなまま上越妙高駅を出発した10時過ぎから、食事とお酒を振る舞われて、朝から貴族な気分です。
IMGP7606.jpg IMGP7615.jpg
出された食事もお酒ももちろん美味しかったのですが、一息ついたら立ち飲みコーナーの方へ。
ジャズの生演奏や酒蔵による試飲イベントも催され、こちらの方も軽い感じで楽しめます。

日本海や新潟の田園風景を眺めながらのひととき。
IMGP7619_20170626222029fc6.jpg IMGP7623.jpg
終点の十日町駅に着いたのは12時半頃、都合2時間半の鉄道旅を終えた頃には、すっかり酔っ払ってしまったのも仕方のないことですね。
お出迎えの横断幕に少し気恥ずかしさを感じながら、下車したらほくほく線に乗り換え。
ここから信越本線、弥彦線を経由して弥彦神社に足を向けました。

彌彦神社も旅程を手配したえめろん氏の要望。
私は何年か前に参拝しているのですが、大きな神社ですし何度も行ってみるのも悪くないですよね。
IMGP7630.jpg IMGP7643.jpg
参道の復路にて昼飯がてらに立ち寄った蕎麦屋さんの庭園が、なかなか見事だったことが一番印象的な事柄でした。

この後は新潟の街に向かい、かの有名なぽんしゅ館に寄ったりしつつ一泊。
翌日は、図らずも新潟駅からSLばんえつ物語号を追いかける形で新津に向かいつつ1日が始まりました。
IMGP7664.jpg IMGP7682.jpg
新津においてはSLと最新鋭の電気機関車のご対面にも遭遇。なかなか面白い……不思議な光景です。

新津にきた目的は新潟市新津鉄道資料館を見学すること。
越後地域の鉄道の結節点であり、今も国内有数の車両工場を擁する鉄道の街、新津の往年の繁栄を伝える資料館です。
鉄道の資料館なのに駅から少し距離があるのはご愛嬌。新津駅前の資料館サテライトにて自転車を借りることができるので安心です。
IMGP7685.jpg IMGP7692.jpg
展示内容は上越線、信越線、磐越線を中心とした新津・新潟にまつわるものが主。
またかつて所在した国鉄の職員養成校で用いられた教材や、機関車の水位計などのようななぜ単体で置いてしまったのか解しかねるようなピンポイントの鉄道部品も見受けられました。
また、屋外には新潟に関わった鉄道車両の静態展示もあります。
IMGP7718.jpgIMGP7739.jpg
この日は偶然にも新潟色の115系の搬入を行っていたようで、クレーンで宙を舞う鉄道車両を拝むことができました。
こういうのを見るのもまた運がいいと言えるのでしょうか。作業だけでも意外と見飽きないものです。

資料館のあとは新潟駅に舞い戻り、昼食を取りつつ駅から歩いて10分程の蒲原神社へ御朱印を頂戴に。
下調べをしていなかったので、現地の由緒書きで知ったのですが式内社“青海社”の流れを汲む由緒ある神社なのだとかなんとか。
IMGP7749.jpg IMGP7757.jpg
別段に大きな神社ではないのですが、お祭りの規模は新潟県内でも有数のものなのだそうです。
参道を跨ぐように渡り廊下が配置された独特な形態の神楽殿が印象的です。
IMGP7754.jpg
何か謂れがあるのかと気になるところですが、この様式の由緒能書きは特に見当たりませんでした。


そんなこんなで御朱印も確保したら、あとは関東に帰るのみ。
引退が噂される二階建て新幹線E4系を選んで乗車し、初上越新幹線で都内へ舞い戻りました。

――で、終わらないのが根無し草の性。
えめろん氏と別れた後、田村ゆかりさんのFCイベント関連で上京していたアリソン氏と合流。
関係するフォロワーのアッシーさん、ヘク猫、さらには元寮生も合流して飲み会の運びとなりました。

当夜中には出張先に出向かなければならない都合上、遅くまでいることは出来ませんでしたが、ギリギリいっぱいまで飲みながら粘って楽しいひと時を過ごし……多少の二日酔いは気合で乗り切る羽目となった月曜日でありました。


そんな次第でまだまだ続く出張生活。終わりは見えないので、仮宿と旅先の往復が続くかもしれません。
自宅なんていらなかったのでは……?

奥会津雪見紀行

年明け最初の3連休。年初の肩慣らし気分から、そのまま間を置かずに休みに突入してしまい、久々に気が抜けるような日程です。
普段からこのくらいのペースで働けていれば、楽なのですが……人生、ままなりませぬね。

世間では成人の日だったり何だったりするようですが、同世代ははるか昔に済ませてしまい、次の世代にはまだ遠い未来な私の周囲には暫く縁もないイベント事。
一方で、経験的に多くの人が年末年始の疲れや出費を引きずって、出足の鈍ると言われるこの連休は、ちょっとしたお出かけ日和だとも言われています。
大概、雪が降ったり寒波が来たりして、大変なことになるのですが、それもまた一興というもの。


そういう訳で、どうせなら「寒い時期には寒いところに行こう」の発想に基づき、土曜日はフォロワーの朔氏と東武伊勢崎線を北へ向けて進発しました。
北千住から乗り込んだ会津田島行きの快速列車は、下今市から鬼怒川方面に進み、さらに野岩鉄道に直通してひたすらに北を目指します。
目的地は終点の少しだけ手前、野岩鉄道と会津鉄道の接続駅たる会津高原尾瀬口駅です。
IMGP0496.jpg IMGP0506.jpg
ここから1日4本しかない路線バスに乗り換えて、さらに揺られること1時間半ほど。
積雪斜面にアイスバーン、単純な山間隘路と、到底バスが通るとは信じがたいような道を抜けて行き着いた先に、目指す目的地がありました。
四方を深山に囲まれ、南には名高き尾瀬高原が控える日本有数の豪雪地帯。地図を見れば山間僻地を絵に描いたような立地、人口密度の最も低いと言われる村、檜枝岐村です。
IMGP0514.jpg IMGP0522.jpg
夏場になれば尾瀬観光に賑わい、立地からは信じられないほど宿泊施設が充実したこの村ですが、冬場は超が付くほどのオフシーズン。
冬季休業中の施設ばかりで、宿泊場所を見つけるのも一苦労な有様です。
都合5軒近くも宿に問い合わせてまで来たのですから、望むは絶望するほどの深雪だったのですが……幸か不幸か、今年は雪が少ない年だそうで家々が埋もれる事も無く程よい雪国感を演出した積雪具合。
肩透かし感を抱かなかったと言えば嘘になりますが、気象現象が相手では嘆いても仕方がありません。

町外れの公園から、集落中心部の神社まで、ぶらりと街を巡って観光しましょう。
IMGP0546.jpg IMGP0583.jpg
檜枝岐村は尾瀬への福島県側の玄関口である他に、独特の田舎神楽や蕎麦文化、木工技術に温泉を観光資源とする小さな村です。
殆どが冬季休業中と言えど、その動物の足跡しかない無人の公園や、田舎神楽では客席になるという大きな神社の石段まで、この時期ならではの景観も当然ありました。
何よりオフシーズンの観光地の閑散ぶりは独特な面白さがあるというもの。道行く人にも不思議な目で見られてしまいますが、凍てつき閑散とした街路は非常に風情がありました。
もっとも、これは少し意外だったのですが、村の家並みや看板類は驚くほどよく手入れされています。“鄙びた観光地”として想起されるような、放棄された看板や機能不全の案内板、廃屋等々と言ったものは殆ど見受けられませんでした。
コンビニもなければ交通機関もろくにないというのに、“時代に取り残された田舎”とはまた一味違った田舎の形を見ることができた気分です。

講釈垂れは脇において、観光後は当然ながら温泉です。予約した民宿にチェックインして受け取ったカードを、歩いて5分ほどの公衆浴場に提示すると入浴することができます。
檜枝岐村はまた、檜材がとれたのが村名の由来になったと伝わる土地。当然、お風呂は檜造りです。
もちろん、露天風呂もありますので、これでようやく去年来のテーマとなっていた「雪見温泉」を履行することができました。

大満足で風呂から宿に帰れば、夕飯は岩魚の塩焼きや刺し身、猪肉の煮物に始まる山の幸。
名物の裁ち蕎麦や、蕎麦のすいとんまで、正直に言えば、途中から食べるのが苦しくなるほどでしたが……残すのはもったいないほど、いずれも美味しい料理ばかりです。
この日の宿の宿泊は私達だけだったこともあってか、宿の方の対応もざっくばらんながら親切そのもの。食後の散歩がてらに二度目の風呂に入り、部屋に戻って軽く晩酌をしていると、りんごの差し入れがあるのですから、感激でありました。
IMGP0626.jpg IMGP0638_201701102216358aa.jpg
そして翌朝は文字通り凍てつくような冷え込みよう。窓のサッシが凍って開かず、日が昇ったくらいになってようやくこじ開けたら目の前にはこの氷柱です。
初めて見る大きさに、部屋が冷え込むのもそっちのけで写真を撮ってしまうのは、物好きの性として致し方ないことでしょう。

この朝は宿の提供する盛りだくさんの朝食を頂いて、駅行きの朝のバスで檜枝岐を離脱です。
もう少し観光したい気もしたのですが、次のバスの時間を考えれば選択肢はありません。

会津高原尾瀬口駅から会津鉄道に乗り込み、JRへの直通を経て終点の会津若松駅で下車。
例年であれば雪景色のはずですが、こちらも今シーズンは雪が少ないのだとか。会津若松市街は何度か訪れたことがあるのですが、朔氏が初めて観光するということで、オーソドックスに“珍しく足元に不安のない”冬の会津若松市街を散策することになりました。
IMGP0680.jpg IMGP0683.jpg
最初に向かったのは式内社の蚕養国神社。何の因果か今まで御朱印収集の流れから漏れていたので、ようやくの回収も兼ねた参拝です。
名前の通り、養蚕を司る神を祀った神社。Wikipediaによれば、養蚕技術の定着を祈願して朝廷が勧進したと考えられるとかなんとか。
規模こそ決して大きくはないのですが、社殿にも絵馬に混ざって繭玉が奉納されていたりと雰囲気を感じる社でありました。

この後も街をぶらりとめぐりましたが、特筆すべきは鶴ヶ城に登ったことくらいでしょうか。
駅前の日帰り温泉で一服したら、早々に地酒の飲み屋で気持ちよくやり、この日の宿へと向かいました。
IMGP0705.jpg IMGP0739_20170110225415f8c.jpg
宿は会津若松から数駅行った会津高田の駅の近くにあるユースホステルです。
ユースホステルなる形態の宿に泊まるのは初めての経験でしたが……部屋が個室でない以外は普通の宿といった風情。唯一の違いは、ゲストハウス同様に同宿者との交流があることでしょうか。
談話室で日付が変わるくらいまで、旅慣れていると思しき方と話をして過ごし、眠りにつきました。

一夜明けて3日目、月曜の成人の日も宿の食事で起動します。
この日、最初に向かったのは宿と同じく会津高田駅を最寄りとする伊佐須美神社です。
初夏のあやめ苑が名高く、また1月14日には奇祭俵引きが行われるというこの神社も、会津では蚕養国神社と並んで有数の歴史を誇る古社だそうです。
IMGP0789.jpg IMGP0770_20170110231012b11.jpg
祭神はイザナミ・イザナギの二柱に加えて、大毘古命と建沼河別命という、畿内からそれぞれ北陸道と東海道を経由して、会津の地で行き会ったと伝わる2柱の古代の将軍です。
考古学的にもこの神社のある会津盆地南部にはヤマト王朝系の古墳等があるそうで、東北への勢力伸長の足掛かりになってい他可能性があるのだとか。
悠久の歴史に思いを馳せたくなるような立地に、鬱蒼とした鎮守の森を抱え豪壮な山門を擁する様は、本当に由緒の深さを感じさせるものでありました。

しかしながら、実際の状況はそこまで悠長な気分に浸っているものでもなかったのが、この日の現実。
前の日の晩から降り始めた雨は、朝方にぼた雪へと変わり、神社にいる頃には一層その勢いを増している状況です。
周囲はみるみる白くなり始め、自分の肩にも積もっていく状況で、おちおち風情を感じる間もなく撤退したのが実情です。

神社の最寄りのバス停から、会津若松市街へ向かうバスに乗り、市の中心部にある末廣酒造嘉永蔵の近くで下車して酒蔵見学。
IMGP0814.jpg IMGP0824.jpg
その後はもう帰るばかりと、郡山方面へ向かう磐越西線に乗り込みました。
途中、猪苗代で途中下車して磐梯山見物などをはさみながらも、郡山からは東北新幹線に乗車。
偉大なる新幹線、乗ってしまえば、あっという間に東京です。


数年ぶりの冬の東北、やっぱり雪景色はいいものです。
今週からは社会も日常も比較的通常営業。死なない程度に頑張りましょう。

磐城を訪ね行った話

7月は7日の七夕の日。生憎の空模様に、ぶら下がる短冊もないですが、年月の巡る速さにだけは驚かされます。
二十四節気も小暑に至り「梅雨明けが近づき、暑さが本格的になる頃」なのだとか。
梅雨場の舐めた暑さから、我が家の薄い壁の真価を問われる時期へと、季節は移るそうです。

しかして本格的な暑さに見舞われるだろう季節を前に、先の週末は避暑地の予習にと金曜から列車を乗り継ぎ北の方へ。
高校来の友人の“総統代行”の配流先、福島県は白河方面へ行ってきました。
自宅を18時過ぎに出立して、新幹線を利用しても新白河に着いたのは22時を過ぎた頃。こう、具体的な事態に直面すると東北って遠いものだと実感します。
ここからは総統代行の車で彼の部屋に。この日はそのままお酒を飲んで寝る流れとなり、動き出したのは翌朝のこと。
2015_07@福島行ってみた0001 2015_07@福島行ってみた0010
のっけから福島県を諦めて茨城県の袋田の滝を観光です。
かの西行法師も歌に詠んだという名瀑です。華厳の滝、那智の滝とあわせて日本三大名瀑と称するなんて説もあるのだとか。
何をもって三大某とするのかはよくわかりませんが、確かに雄大な景色です。
何より滝を成す岩場が、まるでダムのように滑らかで巨大なことが驚きです。
継ぎ目の見えない見上げるような大岩を縫って、水が流れ落ちる様は圧巻の一言でありました。
2015_07@福島行ってみた0013 2015_07@福島行ってみた0016
冬には滝全体が氷結するのだとか。また季節を見て、来てみたいものです。

袋田の滝の後は所用があるため、白棚線なる路線バスに乗車して新白河へ。
このバス路線、古くから鉄道の廃線跡を利用したバス専用道があることで一部で有名なバスです。
2015_07@福島行ってみた0036 2015_07@福島行ってみた0041
本当に車一台分の幅の道を、なかなかな速度でバスが駆け抜けていく様は、唖然とするばかりです。
バス同士の離合は、当然のようにバス停で。あたかも駅施設かのように、バス停の辺りだけ道幅が広くなり上下両面にバス停がある構造です。
行き違いのための待ち合わせもあり、鉄道の面影を感じさせました。

そんなこんなで、この日はこの後に宇都宮で飲み会をしてから実家へ帰還。
実家にて一泊した後、日曜日は買い物だなんだとふらふらして、適当なタイミングを見て千葉へと帰りました。

学会もどきでの蔵王訪問の事

秋めくどころか肌寒さが身に凍みて、上着が恋しくなってきた10月半ば。
紅葉狩りがしたいと思っていたところへ降って湧いたのが、山形蔵王への出張のお話です。

名目は昨年も小豆島へ送られたのと同じ「若手の会」なる学生・研究者の集まりに出席するため。
前回は隔離宿舎に送り込まれてしまいましたが、今回は温泉地ど真ん中ということらしく、発表資料もまとめたら後は楽しみに出発するだけです。


ただし奈良から山形では少々距離があるというもの。
若手の会の前日土曜日から東北入りを許可されたので、仙台に宿を取り松島まで前乗りで観光です。
仙台まで新幹線を乗り継ぎ、仙石線へ乗り換えて小一時間。震災直前に訪れて以来の陸奥の海岸です。
2014_10@蔵王若手の会0002 2014_10@蔵王若手の会0005
寝坊の影響もあって、着いた頃には夕方になってしまいましたが、夕闇の松島もなかなか綺麗です。

津波で被害を受けたと聞いていた瑞巌寺の五大堂も、前回来た時の印象と変わらぬまま。
2014_10@蔵王若手の会0006 2014_10@蔵王若手の会0010
思えば、以前に来た時も朝日を見るためと称して暗闇の中でしたが、今回も似たような光量です。
ただ土曜の夕刻だけあって、土産物店などは相応の賑わいがあり、観光地に来たんだという実感は今回の方がありました。

この後、夕飯は仙台名物の牛たんを食べ、仙台にて一夜を過ごしました。
一夜明けて、日曜日は山形駅まで仙山線で移動し、送迎バスで蔵王温泉へ。
2014_10@蔵王若手の会0029 2014_10@蔵王若手の会0030
秋晴れの心地よい陽気のもと、シーズン外れのスキー場はゲレンデの周囲の森に、少しずつ秋色が添えられている様子。斜面が程よくパノラマを演出し実に雄大な光景が広がっていました。

……が、残念なことに名目上の目的は観光ではなく“若手の会”に出席すること。
宿の会議室に缶詰となり、同世代の研究者の発表を聴講。窓辺から紅葉を覗くことしか出来ないまま日は沈み、その後は懇親会と称した飲み会で夜は更けていきました。

明けて月曜日も基本は同様の発表聴講の時間。前日のお酒が残り、少々つらい午前中を過ごしてしまいましたが、午後からはお待ちかねのお楽しみです。
2014_10@蔵王若手の会0036 2014_10@蔵王若手の会0051
“若手の会”公式の観光の時間です。
ロープウェイに乗り込みゲレンデのさらに向こう。眼下の紅葉が晩秋の如き枯れ葉に、さらには森林限界を越えた荒野に変わる様子を見下ろして、行って来たるは高度約1700m。山形側の蔵王連峰の頂、地蔵岳へと向かいました。
2014_10@蔵王若手の会0066 2014_10@蔵王若手の会0081
西向きの斜面から、荒涼とした秋の灌木林越しに見渡すは山形市街。さらにその向こうには朝日山地や出羽山地が連なります。
一方、南東に目をやれば稜線沿いに道が続き、その向こうには主峰熊野岳の山容が真近に迫っています。
時間が許せば、このまま御釜まで行ってしまいたいところでしたが、流石にそれは許されなかったのが残念なところ。

余談になりますが、先日の御嶽山噴火以来、火山活動に気になる兆候が見受けられる蔵王山。宿にもハザードマップが置いてあったのですが、何故か地図の表題が「蔵王山の恵み」となっている次第。
慌てて作ったので、そういう元地図から修正せずに流用したのか、それとも何か強烈な皮肉でも篭っているのか……真意は不明ですが、なかなかに印象深いものでした。

山観光から帰還したら、再び会議室に篭っての会の続きと懇親会の流れ。
この日は前日の教訓を元にお酒を控えめとして、酸性の強い蔵王温泉のお風呂を満喫してから寝ることが出来ました。

そして、いよいよ持って最終日。
実はこの日に私の発表もあったのですが、それはそれ……無事に終わったら、送迎バスの時間まで少し余裕があったので、ようやく温泉街の観光へと繰り出すことが出来ました。
2014_10@蔵王若手の会0104 2014_10@蔵王若手の会0109
温泉街といえば、元湯に湯気の出る川が定番でしょう。蔵王にももちろんあり、特に酸性が強いせいかコンクリと並んで今も材木が多く使われている点が印象的でありました。
2014_10@蔵王若手の会0119 2014_10@蔵王若手の会0125
水車であったり、斜面に連なる温泉旅館に、狭い路地と最上部の神社。
よく知っている山際の温泉街の要素がここにもほとんど揃っており、それに加えて紅葉のアクセント。
平日なうえ雨模様ということもあり、少し静かな雰囲気ではありましたが、これはこれで風情があって良いものでありました。
2014_10@蔵王若手の会0128 2014_10@蔵王若手の会0129
特に神社の石段と紅葉はよく似合うもの。残念なことに宮司さんの押す御朱印はありませんでしたが、自分で押すことの出来る簡易版の御朱印もあり、折角なので頂戴して行くことにいたしました。

神社は最上部にあるので戻りの道は温泉街から少し外れて、裏道を経由です。
道中に池端の遊歩道があったので、そちらにもちょっと寄り道。
2014_10@蔵王若手の会0154 2014_10@蔵王若手の会0164
もう少し天気が良ければ色鮮やかに映えたのでしょうが……しっとりと落ち着いた綺麗な光景です。
古来からの街区の入口付近には、温泉で出来た滝もあり、滝壺から水煙ではなく湯気が立ち上がる不思議な光景も。
2014_10@蔵王若手の会0174 2014_10@蔵王若手の会0175
こちらは湿度の高い秋雨だからこその光景でしょうか。幻想的ともまた違う、異世界のような光景でありました。

そんなこんなで巡り巡って後は帰るのみ。
2014_10@蔵王若手の会0182
ミニ新幹線こと山形新幹線に初乗車して、東京を経由し一直線に関西へと戻って行きました。
当然、お土産のお酒とともにです!



ところで、ここのところ諸々の準備で遅々として進まない今期のアニメ視聴ですが、ようやく主だった作品が見れてきたので、今期も序盤の感想を。

・蟲師続章2期
アフタヌーン原作の傑作漫画のアニメ版。原作は随分前に完結したと記憶してるのですが、なぜこの時期に続章のさらに2期目をやるのかはちょっと不思議です。
不思議ですが、鉄板間違いなしなので疑念の余地なく視聴します。

・ガールフレンド(仮)
ソシャゲ原作の中身が無い類のアニメ。
中身が無いことは大変良いのですが、なんというかテンポも遅く掴み所がないのが悩みどころ。
今少し頑張ってみるかな……程度です。

・棺姫のチャイカ2期
ラノベ原作の王道ファンタジーなアニメ。1期目の安定感と分割2クールの安心感。
見ない理由が無いまま期待して観れば、期待通りの面白さ。戦闘シーンにも更に磨きがかかっているので、安心して視聴継続です。

・甘城ブリリアントパーク
ラノベ原作のアニメ。普段ならちょっと見ない設定なのですが、京アニでTBS系列で原作付きとなれば、不思議なブランド的吸引力で、とりあえず見ない訳には行かなかった次第。
物語性があるのでどこまでついていけるかは疑問ですが、とりあえずキャラは掛け値なしに可愛らしいので視聴継続です。

・旦那が何を言っているかわからない件
Webコミック原作のイチャコラ5分アニメ。
ひたすら胸が痛いような、砂を吐きたくなるような、そんな感じですが不思議と可愛いので5分程度なら許せるかなと言った印象。
視聴継続です。余談ながら同作者のマンガは今推されてるのか、方々の書店で見かけます。全体的に面白いのがイイ……。

この他に「結城友奈は勇者である」を録画しているのですが、こちらはまだ観れてないので保留の段階。
なんだかんだで今期も観るのが多くて嬉しいですが、手放しでヨダレを垂らせるアニメが未だ見つからないのが辛いところです。

 | ホーム |  »»

カレンダー

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad