月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


忌明けの宴席の話

夢のようだった束の間ヴェネチア渡航から帰国し、時差ボケに悩まされながら迎えたこの週末。
初夏の陽気を通り越し、7月並の暑さを先取りしてきた土日ですが、当方ではちょうど祖母の四十九日に当たります。

理屈は不要ですね。
法要のため静岡に向かい、親戚連中と午後からお寺でお経をあげて諸事済ませたら、夕方からは宴会の始まりです。
半分くらい、親戚のちびっ子の相手をして過ごしていた気もしますが……ドタバタしているうちにあっという間に週末が過ぎてしまう勢いです。
久しぶりにプラレールを引きずり出し、親の実家いっぱいに線路を敷いてやったのがハイライトでしょうか。レールを敷く行為も幾年ぶりかと思いましたが、存外楽しいものです。
もう少し親戚の子が大きくなったら、Nゲージを再開しても良いかもしれないと感じてしまいました。

日曜日も特記事項はないまま、神奈川の実家を経由して帰宅するのみ。特段の寄り道もなく、淡々と過ぎて気づけば月曜日です。
今週はまたしても出張があるのですが……来週こそは何かしたいものですね。


ところで、少し発売から期間が開いてしまいましたが、久しぶりに強烈に心を掴むラノベに遭遇してしました。
どちらも電撃文庫の「賭博師は祈らない」と「オリンポスの郵便ポスト」の2冊。
「賭博師~」は奴隷少女と情に絆された賭博師の物語と、どこか数年前に強烈な瞬間風速が吹いた同人ゲーム“奴隷との生活”を思わせる内容。産業革命期のイギリスを舞台に、陰鬱な背景を負いながらも軽妙な語り口で、王道的な物語が颯爽と展開されます。
期せずして奴隷を手にしてしまい、最初は無関心を装うも段々と放っとけなくなる主人公の変化と、人間的な扱いに徐々に心を開き、たどたどしくも感情を表すようになる少女の組み合わせ……ニッチな層にぐさりと刺さりそうなシチュエーションを、丁寧な伏線と題材の処理で、真っ当な物語に仕上げた印象です。
設定自体が好きな類に読みやすさも加わって、久しぶりに“ドハマリした”という表現が合う気がする一作です。

電撃は思い出した様に1冊完結型の気持ちのよい本を出すので大好きです。
もう一方の「オリンポスの~」も同様に陰鬱気味な背景を舞台に、二人組が世界の果ての郵便ポストを目指す旅物語。嫌いな訳がない代物です。
こちらについては難点を言うこともできるのですが……そんな物はさておいて、淡々と進んだ旅の先にある出会いと別れに目頭が熱くなって、それで十分です。

映画と繁忙期

このところ、何故か妙に仕事が詰まり気味な日々。
閑散期には徹底して暇なことだけが取り柄だと思っていた我が職場、そろそろ最後のメリットすらなくなってきた気がしてしまいますね。

それはさておいて、先の週末も日曜はお仕事だったので活動したのは土曜日のみ。
その土曜日も生憎の天候ということで、高校時代の友人と映画を見て凄くことになりました。
新宿まで出張って見に行ったのは「ひるね姫」なる一部で評判の良いらしいやつでしたが……絵はきれいでした。多く言うことはありません。

その後はキャンプグッズの増備など目論みながら帰路につきました。

久しぶりに特筆すべきことがない週末、土曜だけとは言えのんびりするの悪くはないですね。

静岡の服喪のこと

長期の出張から帰宅し、資格試験をこなしているうちに日記が10年目を迎えて――と、非日常が日常と化していた2017年上期。
ようやく一息つくかと思ったのも束の間、今度は2日土曜の未明に祖母が息を引き取ってしまいました。


時間の問題だろうという話自体は、先週の半ばには告げられていたのですが、よもやの急転直下です。
もう少しは持つだろうと見込んでいた今週末。それでも、生きてるうちにひと目見ておこうと親族が集まっていたのは不幸中の幸いといったところでしょうか。
親族が集まったのですから、土曜の夜は当然のように飲み会でした。
普段よりは控えめながらも相応に飲んで寝入ったこの夜半に、異変に気付いた叔母が家中を起こして、そこからはあれよあれよと事態が進んでいきました。

大慌てで関係各所に連絡し、夜明けを待って諸々の手続きや打ち合わせが動き出します。
祖母宅で通夜を行うことになり、日曜の昼過ぎからは家の片付けが始まりました。祭壇を儲けるため、がらんどうになっていく祖母宅の居間。合間合間には事態を知った血縁者やご近所さんも弔問に訪れるので、対応が必要です。
ドタバタと慌ただしく過ごす間に日曜は終わってしまいました。

月曜には急を知った残りの親戚も集まり始めて、葬儀屋による設営も行われます。
夕方には準備は一段落つき、抜け目なく飲み会をする辺りには「血は争えない」という言葉も思い出されますが……。

火曜から水曜は通夜と葬儀の本番。水曜の昼頃に棺は祖母宅を出て、葬式はお寺で執り行われました。
静岡式の葬送儀礼に、時々驚かされる機会もありましたが、それでも式は恙無く進んでいきます。
齢94での老衰だけあり、悲壮というよりは大往生を見送る雰囲気がありましたが、それでもお骨になってしまったときには、だいぶしんみりくるものがあります。
幸いにも天気には恵まれ、穏やかな春の陽気のもとで葬送儀礼も済んだら、祖母宅に戻って軽く後片付け。
本格的な片付けは木曜以降になるのでしょうが、仕事の都合もあって私はこの日の夜に静岡を発って内房に戻りました。


今日からは平常運転の体制ですが、気分はまだまだ浮足立ったもの。
今週いっぱいは落ち着かない日々が続きそうです。

一昔前のこと

資格試験や諸々の事情が絡まりあい、2ヶ月ぶりに自宅周辺で大人しく過ごした今週末。
試験で日中を磨り潰した土曜は夜もCDや本の補充に奔走してオシマイ。

肌寒い雨天の日曜日も実家に放置されていた先代の自作PCを解体して部品を中古屋に売り払っているうちに日が傾く時間になってしまいました。
大学2年に組み立てて以来、ジワジワと増強しつつもマザーボードとCPUはずっと同じものを使っていた先代機。いよいよもって基盤がヘタってしまい昨年末にお払い箱にしてしまいましたが、今思えば随分長く頑張ってくれたものだとありがたく思います。
比較的新しいSSDだけは引き抜いて外付けドライブにでもしようかと確保しましたが、それ以外は規格も古くなってしまったので然るべきジャンク品好きの手に渡ってもらえればと願うだけです。

夕方からは大学時代の友人、元寮生と新宿で飲んで千葉の部屋に帰る流れでありました。


そんなこんなで雨降り空を窓に見ながら大人しくパソコンと向き合ったり、友人と飲んだりしている日曜日。なんとはなしに学生時代の春休みを思い出してしまいます。
そしてそんな折にふと思い出してしまったのですが、この春で大学に入学してからちょうど10年が経過してしまいます。
この日記を書き始めてからもちょうど10年。日記を遡れば、10年前の今頃は大学入学を控えつつも、高校の図書館に潜り込んでたりしていたようです。
十年一昔、あまり成長した気がしない日々ですが……久しぶりに日記を辿れば、意外と世間ズレしてしまったと思い知らされます。
あの頃から何もなし得てないことだけが、辛いところでしょうか。次の10年はなにかあるといいのですが、どうなることか。
それでもこの日記、初めた頃はネットの流行りに乗った程度の話だった記憶があるのですが、ここまで積み重なるとなかなか辞め時のない壮観な記録。
文章も写真も一向に向上しないようですが、それでも物量だけは自画自賛していいんじゃないかと思えてしまいます。
継続は力なりとは、よく言ったものですね。

年越し近傍の備忘録

新年初出勤も無事に乗り切り、週末が楽しみな年明け水曜日。
山陰旅行から戻り、2016年最後の3日間を有明で過ごし、新年3日間を静岡で過ごした備忘録を拵えましょう。


コミケ初日となった29日はフォロワーの天野しきさんに申し出て、売り子の手伝いで過ごした日。
東方や艦これの本が出る日でもあったのですが、久しぶりのサークル側も楽しいですね。
朝は数年ぶりに始発近い列車に乗って、あの独特の空気を体感。そのまま、一般入場前に会場内に入り、挨拶回りに出たサークル主さんの代理をして過ごします。
開場後も何やかやで売り子に従事し、午後は14時過ぎまで。自分は全く関わってないとは言え、創作物が自分の目の前で売れていくのは楽しいですね。
無事に完売まで見届けたら、別のフォロワーさんも来たのでこの日は解放される流れに。つぼっち氏とぶらぶらと落ち穂拾いをしてから、秋葉原で昼食を取り別れました。
その後、大学院の友人と軽く飲んでから帰路へ。友人と飲んだお店、全く記憶になかったのですがFoursquareでチェックインすると、ちょうど1年前にも来た記録がありました。
実に不思議ですが、日記を見返したらちゃんと書いてあるのですから、一瞬で氷解です。
何気ない事ですが……ふらふらと過ごしているとツイッターの過去ログを追っても記憶にない事象が時折生じます。
そんなとき、この日記が役に立つのだなと、最初に書き始めた理由を思い出す晩でした。


鉄道やミリタリが来るコミケ2日目は、平常通りの昼前参入。
鉄ミリ島は今回から新設された東7ホール。いつもと勝手が違う会場の配置に戸惑いながらも、ぶらくりぶらくりと探索していると、前日もあったつぼっち氏に再び遭遇。
またしばらく会場探索をしてから、今度は憂月氏と合流し昼食会の流れに。ビックサイトから少し離れた東京テレポート駅方面のレストラン街の洋食屋さんで腹ごなしして、企業ブースを探索し、コミケをあとにしました。

余談ながら、その後は高校時代の同級生との忘年会。去年に続いて、1年間の人生の進捗をまとめたスライドを作成して発表し合う形式で進みます。
相変わらず、お互い変わらぬ感じで生きているなぁ……と再確認しながら、ほろ酔いで済まして家で寝ました。


大晦日のコミケ最終日はまたしても昼参入。
高校時代の友人のサークルやフォロワーさんのサークルに差し入れをバラ撒いたりしつつ、本を買い漁り夕方まで。
15時過ぎには珍しくコミケに来ていた大学時代の先輩と合流し、一杯飲んでから静岡へと足を向けました。
ちなみに静岡についたのはちょうど年が変わるギリギリの頃合い。
親の実家に向かいがてらに初詣も済ませて、実家にて新年の挨拶となりました。
翌朝からはお年始進行、親戚のちびっこ連中や二日酔いと戦いつつ、あっという間に3が日が終わってしまいました。


斯様な次第で、やっと日記が追いついたので一安心。

改めて、本年もよろしくお願いいたします。

 | ホーム |  »»

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad